• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年03月31日

虎塚古墳ライド

ひたちなか市にある虎塚古墳が春に公開されるのでトレーニングがてら見学しに行ってきました。

走るのがメインくらいに考えていたので、
休憩もそこそこ、
片道100kmですのでまあ丁度良い距離です。

6号線を水戸までひたすら北上するのですが、
感覚的には宇都宮よりも近い気がします。
実際は同じ100kmなのですが。

途中、幅寄せして来るトラックに頭にきて、
重い荷物をつるしていることを忘れ、ムキになって走っていたのも効いたのか。


着いてしまいました。血眼になって古墳まで来ましたが、
虎塚古墳はとても大きい古墳でした。

こぶが二つ見えるので前方後円墳なのかもしれません。
予想以上でしたので興奮してきました。


これが入り口なのですが、
は~い、どうぞ見て行ってください。
という感じではなく、人数および時間制限がある、管理されたものでした。
それも、入り口のドアは密閉される構造になっていて、
中は湿度が90%以上に保たれるように加湿器をつけていました。

観覧室はとても狭く、ムッとする湿度と雰囲気に、これはただ物じゃない感じを受けました。

人が二人見れるほどの小さい小窓、それも気圧がかけられるような、
まるで潜水船の窓から真っ暗な暗闇しか見えませんでした。

それでは明かりを消します。と言われ、同時に石室側の明かりをつけると、
この分厚い気密窓の先に石室壁画がぼんやり現れました。
この現代から遠く1300年前を覗ける分厚いガラス窓が、
むしろそれを演出する装置にも思えて、当時に思いをはせました。
そんな潜水船からみた1300年前の石室壁画は、予想以上にはっきりと、
リアルな印象を受けました。

7世紀ですからね。
タイムトライアルの聖地、不動峠のスタート地点として有名な
平沢官衙遺跡が確かこのころか、その後時代の役所ですよね。
このころになると、文章が微妙に残っていない時代だと思いますが、
どのような人の墓で、この壁画にはどのような思いがあったのでしょうね。
そんな当時を思うと興味が尽きません。


桜が古墳を彩っていますが、今の私にはあの壁画の事しか頭にありません。

丁度私が午前中最後の観覧者だったようで、何と入り口から消毒していました。
あの気密室にカビが生えると石室内にも入ってしまうのだそうです。
何せ湿度90%ですので、カビと隣り合わせなのではないでしょうか?
高松塚古墳の件もありますからね。
ここは是非後世にも残ってほしいと思います。
余談ですが蘭が喜びそうな湿度です。

して、隣接するひたちなか市埋蔵文化財調査センターにこの石室のレプリカがあると聞き、見てきました。

もう涙ものでした。
これです。
もしかしたら、1300年前は、いや、塗りたてはもっと赤かったのかもしれませんね。
この正面の二つ並んだ丸、意味は分からないそうです。
所説あるそうです。ちなみにその下に並んでいる線は弓矢の矢だそうです。
何でしょうね。
目ではないか?そんな気もします。
正解はないので、どうぞ思いをはせてください。

帰りは輪行をキメさせていただきます。

前回、山梨で苦しんだこのサドルバックですが、
山さえ登らなければ、意外といけるかもしれません。
バイクはなんか云う事聞いてくれるような気がします。
さらに、ダンシングもバイクを振らないように意識すればできるようになりました。
もしかしたら、いいかもしれません。
ただ、ザックにせよ、サドルバックにせよ。
錬金術ではありませんので、しっかり重い荷物の分の代価は払うことになります。


輪行も抵抗がありましたが、やってみると行けるもんですね。


そして何よりコレですね。

ブログ一覧 | Road to T | 日記
Posted at 2018/03/31 19:51:00

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

朱雀さま、世紀を超えて遇えたね。
☆フロッガー@SSC1さん

万葉の時代に思いを馳せて…~奈良・ ...
Pordogさん

日本の原風景!
ちいこさん

飛鳥、古墳巡り(3)
八浜さん

飛鳥美人に誘われて🎵
SHARAKUさん

雨の合間をぬって。。。
響さん

この記事へのコメント

2018/04/01 03:05:43
そこまで来たならもう一息!(笑)
コメントへの返答
2018/04/02 22:06:37
自転車入れさせてください!!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「2018年秋 ‟第20回French-French-Makuhari” 開催案内 http://cvw.jp/b/454226/42008462/
何シテル?   09/30 14:57
Clioに乗ってまだまだフランス車初心者です。 ドライブに、サーキットに、というものよいですが、せっかくのほほんとしたフランス車。マイペースにカーライフが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ボジョレーワイン委員会 
カテゴリ:ワイン
2010/10/09 19:45:23
 
電子国土ポータル 
カテゴリ:山
2010/08/20 22:56:40
 
勝沼酒造 
カテゴリ:ワイン
2010/08/20 22:54:46
 

お友達

158 人のお友達がいます
naopeinaopei * kazkaz *
hiko206hiko206 * goo1.2Tgoo1.2T *
shigemitoshigemito * guyanguyan

ファン

55 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
レースの遠征でいかに快適であるか。 レースでダメージを負った体で運転が可能か? 万が一レ ...
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
-Modification- Kit Sport Exhaust OZ Ultraleg ...
スバル レガシィ スバル レガシィ
親の車です。 スバル車のよさを知った車です。
その他 その他 その他 その他
【FFM】French-French-Makuhariへのインフォメーションはこちらです ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.