• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年08月25日

登山本格復帰(ヒトよりも熊の方が通行量多いと言われたルートヘ)

数年ぶりです。
北アルプスに行ってきました。

鎖骨を折って、さらに肩回りの肉がなくなり、重いザックを背負うことができないでいましたが、負荷をかけてみる時がきました。

いつでも、さわやか信州号は新宿からそんな戦地へ直行してくれます。
今回もお世話になりますが、上高地で浮かれた気分にはなれず、ここではいつも緊張します。それはソロで登っていたあの頃の、次ここに帰ってくるのかわからない。という心情から来ます。

今回は、その気ありませんが、人よりも熊の方が多いと言われていたルートを通るため、怖いのです。


8月って花が無くて面白くない時期。
と思っていましたが、キツリフネが咲いていました。

徳本峠までの道は慣れていましたが、それでもやっぱり山道は応えます。
おまけに途中から雨が降り始め、ハードな登山の体をなしていました。

今回も、自転車用のジャージ、自転車用のレインウエアを装備していました。
ただ、肝心な帽子だけは登山用のレインハットをかぶりました。
登山用のレインハットはとても笠が大きいので、これだけで体にかかる雨水を軽減することが可能です。

自転車用のレインウェア。結果はとても具合良いです。
雨で体を冷やすことはありませんでした。

徳本峠に到着。

今回は自転車のウェアシステムを登山に持ち込んでみました。
ベースレイアーに、ジャージです。
ただ、登山は自転車よりも数歩前に進んでいます。
今、登山のウェアは夏でも4レイヤーになっているのです。
下から、ゼロレイヤー、ベースレイヤー、ミッドレイヤー、アウターレイヤーです。
アウターレイヤーは、ハードシェルなので自転車にはそもそもありません。
雨や早朝、風が強い時に使うハードシェルがアウターレイヤでーす。

注目するのがゼロレイヤーです。
トランスポートレイヤーなどいろいろな名称がありますが、既存のベースレイヤーの下に着て、汗を拡散させるために使っています。

今回は、自転車のベースレイヤーをゼロレイヤーに、自転車ジャージをベースレイヤーに、夏季登山用のパーカーをアウターレイヤーに使いました。

登山では、人は濡れるだけで死にます。
自転車は雨に降られるだけで死ぬことはありません。聞いたこともありません。
しかし、登山は雨降っただけで人が死にます。
今年も、7月に富士山でそれが原因で人が死にました。疲労凍死と言います。
それほど山では濡れる事を注意する必要があります。

自転車のウェアはそれを克服するであろう。
自転車の発汗量は、逆に登山の比ではありません。
と考えていました。

徳本峠に到着した時点で、雨に濡れることはなかったが、
汗でベースからアウターまでびしょびしょ。

乾燥室で乾かしましたが、自転車のジャージは翌朝まで乾きませんでした。
あれだけ、速乾性に優れていそうなジャージですが、実は一度濡れたら乾きません。
仕方ないので、翌朝着ながら体温で乾かしました。
自転車のジャージって、乾かないものなんです。


翌日は徳本峠から大滝山を目指します。
ここは昔、熊しかいないので行くな!と言われていた道です。


この様な感じで、高い湿度の登山道になるわけですが、
途中、獣臭い箇所が沢山あって、やヴぁいなこれって思いました。


北アルプスだというのに、高い湿度で生えている植物も様子が違うように見えます。


そんな獣臭い道をあえいでいると、突然空に登る道に繋がります。やっと北アルプス的になってきたか。


この苦しい登りもあと少し。


景色が全く変わった。なんぢゃこりゃ??
眼下に望めるのは、街の構造物だ。
これが大滝山南峰からの景色でした。


大滝山から蝶ヶ岳を望みます。北アルプスらしい長めです。


もう夕方になり、誰もいない稜線で気持ち良い時間です。


大滝山からちょっと登り返すと蝶ヶ岳山荘です。


山荘の夜は、ストーブがありがたいものでした。


翌朝、蝶ヶ岳から見る槍ヶ岳方面の景色は圧巻でした。


蝶ヶ岳からまた樹林帯に入り下山します。


徳沢に到着。下界に戻ってきました。


これから上に上がる登山者が通過して行きます。


登れない山。明神岳を望みます。

徳沢で下界に戻った喜びを感じながら、後は酔っぱらいながら上高地まで下るまでです。

ちょっと蝶ヶ岳から徳沢まで頑張りすぎて、今でも筋肉痛が酷くて階段が下れません。

それでも、やっぱり山は良いですね。
ブログ一覧 | | 日記
Posted at 2018/08/25 21:03:47

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

🚴秋冬ウェア 雨ニモマケズ 買い ...
ganmo.wさん

【自転車】早朝峰山
tacoboseさん

痛サイクルジャージ買いました。(* ...
kinzazaさん

チネリクローム
けびん@ゆーろRさん

🚴秋冬ウェアは楽しい❗ でも、パ ...
ganmo.wさん

レーパン、半袖
白パジェロさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「2018年秋 ‟第20回French-French-Makuhari” 開催案内 http://cvw.jp/b/454226/42008462/
何シテル?   09/30 14:57
Clioに乗ってまだまだフランス車初心者です。 ドライブに、サーキットに、というものよいですが、せっかくのほほんとしたフランス車。マイペースにカーライフが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ボジョレーワイン委員会 
カテゴリ:ワイン
2010/10/09 19:45:23
 
電子国土ポータル 
カテゴリ:山
2010/08/20 22:56:40
 
勝沼酒造 
カテゴリ:ワイン
2010/08/20 22:54:46
 

お友達

ファン

55 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
レースの遠征でいかに快適であるか。 レースでダメージを負った体で運転が可能か? 万が一レ ...
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
-Modification- Kit Sport Exhaust OZ Ultraleg ...
スバル レガシィ スバル レガシィ
親の車です。 スバル車のよさを知った車です。
その他 その他 その他 その他
【FFM】French-French-Makuhariへのインフォメーションはこちらです ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.