• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

BKHのブログ一覧

2014年09月23日 イイね!

第13回 French-French Makuhari開催のお知らせ♪♪

13th French-French Makuhari
プジョー・ルノー・シトロエン・その他フランス車にお乗りの皆様へ
11月23日(日)「イオン幕張店」に集まりませんか?


French-French Makuhariは特に決まったプログラムはありません。
今まで知らないフランス車や、そのオーナーと交流を持ちたい。
フランス車が集まる雰囲気を見てみたい。
いつもの仲間との再会を楽しみたい。
買い物のついでに、寄ってみたい。
French-French Makuhariはそのような集まりです。
特に参加の申し込み、参加表明は必要ありません。
フランス車にお乗りでない方も、ギャラリーとしてご参加いただけます。
日 時: 2014年11月23日(日) 8:30 AM ~ 11:00 AM
     ※11:00にて、解散をお願いいたします
場 所  : イオン幕張店 屋上駐車場 (千葉市美浜区ひび野1-3)
参加費  : 無料
駐車料金 : 千円以上お買い上げで3時間無料
(一般のお客さまと同様です。お買い上げの際レジにて駐車券にスタンプを頂いてください)

  • イオン幕張店との約束で、駐車エリアが決められています。あらかじめ駐車エリアを確認してください。駐車エリア内は誘導スタッフの指示に従ってください。
  • French-French駐車エリアは、French-French専用のエリアではありません。一般のお客さまがエリアに止める可能性もございます。一般のお客さまの駐車を妨げる行為は慎んでいただきますようご協力お願い致します。
  • 駐車場内でイス、テーブルを設置することは禁止です。
      ※ 設置が認められた場合、警告いたします。
  • お帰りの時間、駐車場からの出口渋滞が予想されます。お帰りの際は時間に余裕を持ってお帰りください。
  • トラブルや事故等に関してイオン幕張店及び主催者は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。

“フレンチ-フレンチ”では、トタル・ルブリカンツ・ジャパン よりご提供いただいたTOTAL・elfグッズをご参加の皆様にお配りしています。

お問い合わせはこちら french_french@hotmail.com
または、当blogコメントまで!


当日のFrench-French駐車エリアはこちらです。



French-French Makuhari


連休中日♪♪
11月23日(日)開催!



■グッズを提供してくださるTOTALについて ⇒ トタル・ルブリカンツ・ジャパンのHPはこちらです

■フレンチ-フレンチについて ⇒フレンチーフレンチ公式ブログをご覧ください

■高速をおりてから、フレフレ会場となる駐車エリアまで
【FFMへの入路】①:国道357号線東京方面からフラ車エリアへ
【FFM への入路】②国道357号線千葉方面からフラ車エリアへ

■動画 de フレフレ会場へ(日付は2010年の開催ですが、アクセス方法は同じです!)
French-French-Makuhari会場までの道のり
(誤字がはげしくてスイマセン)


幕張は今秋も開始です♪

Posted at 2014/09/23 22:03:45 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2014年09月15日 イイね!

サマーバケーション at フレンチフレンチファイナル & HCトレーニング

夏休みが取れました。
といっても連休ですね。
思いっきりバケーションします。

メガーヌにLOOK君やらキャンプ道具を満載して先週に引き続き乗鞍を目指します。


先週は、人人人!で嫌になってしまう乗鞍ですが、
今週はこの通り、独り占め!
やっぱり乗鞍は普通の日に行くのが一番です!

嗚呼~きもちいぃなぁ~
と登っていたのもここまで、バス停で一緒にスタートした方。
足におぼえがあるように見受けられます。
私が出発するのを待ってついていらしたので、
先行者を待っていた方に思えます。

3本滝で集合写真を撮ろうとしていたおじさま方が目に留まり、
シャッター押しますよ。
とバイクを降りて、記念撮影のお手伝いをしていると、
その方がようやく私をパスしていきました。

貴方もカメラをお持ちなら撮りますよ。
とおじさま方。
ほとんどシカトしてカメラを突き返すとバイクに飛び乗りその方を追いました。
(面白おかしく書いていますので実際はちがいますよ~)

軽く挨拶して、再び先行します。
が、このころから勾配が上がり、きつくなってきます。
あとはサイクリング、と思っていたが、その方は10mほど距離を置いてついてきました。

失敗したな。
そう思うもどうにもできず、レーシング強度でペダルをこぎます。
しかし、その方と私とで回転が違いました。
私はノーマルにそれも25-12T、その方はコンパクトに25と見ました。

冷泉小屋の近辺でその方はアタックをかけました。
300wは出ていたと思います。
それまでは私とおぼ同じ出力で登っていたはずですが、勾配とともに速度が落ちてきた私がご自分のペース的に気に入らなかったのでしょう。

ぱっと、リアディレーラーにタイヤを擦るくらいにつけてしばらく楽させていただくことにしました。
軽いギアといっても、きついのは変わらないようです。
先ほどはバビッと私をパスしましたが、先行すると苦しんでいるように見えました。

タイヤをバチバチ擦りながら(実際擦っていない)駆け上がっていたので、
後で聞くと途中の方は我々が知り合いだと思っていたようです。
しかし、大雪渓を前に勾配がきつくなると、私はついについてけなくなりました。

高い回転でくるくる回されると全く対処できないのです。
完全に私の負けです。ノーマルクランクってやっぱり重いですよ。
36コンパクトが早くも恋しくなってきました。


レーシングな強度で登ってしまいました。
もう一本やろうと思っていたので、かなり不安です。


って、はい。
その2本目ですが、相当ダレダレです。
3本滝で写真なんか撮ってます(笑)
足もつりそうで、今なら登山者にすらおいて行かれそうです。。。


この後は何時もの梓水苑でBCを設営。
完全にお酒が切れて手が震、、、否、おなかぺこぺこ足がくがくで、
やっとの思いでテントにもぐりこみました。
えと、20時以降の記憶がありません。

その為か2時に目が覚めました。
この日はフレンチフレンチに参加するため、尼崎を目指します。
しかし、松本を4時過ぎにたてば9時に間に合います。
ですので2時ってのは早すぎます。
なんとか寝なおすのですが、どうしても3時には寝ることを維持するのが難しくなりました。

ええい、ままよ!
と尼向けて出発!
この日は通ったことが無い中央道と名神高速経由の大阪行でした。
大垣、関ヶ原、滋賀県って美しいところですね。
あんなにきれいな景色、見たことありません。
綺麗な山並み、聞いたことない地名、すべて新鮮でした。

途中、朝食やら時間調整やらして無事にイオン尼崎店へ到着
まず出迎えてくれたのは。

ことらの弟さんのDスーパー
中の適当なエリアに止めればよかったのですが、
私はDスーパーの前に止めさせていただきました。

その後、皆さんに無事ご挨拶できました!
車です、車ですって!
しかし、今回は車です、車で来たのです。
と説明する必要がありました。
皆さん、それは不評だったようです。

中2階の駐車場に車を止めて、
やおらLOOK君を組み立てて、
空気読めない格好でスロープを上がる。
そうすれば良かったのか。。。

主催者にかかる迷惑を間違いなくここにいる誰よりも知っています。
というか、身に染みています。
それは夢ですよできません。
儚い夢ですよ(泣)


尼崎っていえばGSです。
GSが列をなす姿はここでしか見れません。
この日は、まだこれからいらっしゃるのでしょうか。


ぴかぴかに磨かれて、カメラの露出がドアンダーです(笑)


こちらのターボもピカピカで鏡のように景色が写っていました。
皆さん、普段通り、エンジンルームをのぞいてみたり、
車一台一台の写真を撮ったり。
フレンチフレンチの楽しみ方の、その元祖がここにはあるな。
と再認識しました。
年4回あったフレンフレンチ、参加される方は皆知り合いで、
車を止める場所も何かを申し合わせたかのように自然と決まります。
誘導なんて必要ありません。
車を止めた瞬間から、この仲間。ここでしか、この雰囲気はありません。
みーさんがめざし、私が夢見る雰囲気です。


えっへへ~
4でいらっしゃいましたね!!


幕張ではお目にかかれません。


アミ8とのことですが、素晴らしいですね~
はうもんさんに解説頂きました。
Bさんも来れば良いのに。。。


幕張では。。。
(普通にみれます)


もとは206がずらっと並んでいたエリア。
今は208が並びます。面白いのがプジョーという同じコミュニティであり、
車種に限定された閉塞感はありません。
プジョーを含めみな同じ仲間。面白いですね。


私らが頭に思い浮かべるフランス車とはこんな感じでは?
取り回しできるサイズ、こじゃれた室内、でもマニュアル。
本来こうだった。。。
とははうもんさんと涙しながら覗かせていただきました。

久しぶりにフレンチフレンチを参加者として楽しんでいます。
やっぱり尼崎のフレフレは最高です。
ここはほかにない雰囲気があります。
車を止めた瞬間から、みんなが仲間なのです。
ヘンな話ですが、京都ナンバーをみて、
すげー!京都ナンバーだよ!
と声を上げてみましたが、ここでは普通でした。
すみません、習志野ナンバーの私がむしろエイリアンでした。。。

そしたら、いろいろな思いが頭を駆け巡りました。
みーさんとふらっふらになりながらここまで来たこと。
遺影を胸に、再会しに来たこと。
この日も普通にいらしている、沢山の仲間を紹介してくださいました。
一緒に食事にも行きましたね。
帰りの事なんて、何も考えていませんでした。
実態、名古屋で力尽き、車の中で寝て過ごしましたね。


ここでの開始は最後ですが、
何時もと、まったく変りなく開催している様子に、
胸にあついものを感じました。

私が幕張を引き継いだ際、
SiFoのF代表からそれとなく頂いた言葉。
「続けること」
でも、当時私は幕張の開催のめどを立てて、
言わばイケイケでした。
その言葉の重みを正確に理解していませんでした。

しかし、続けること。これこそ本当に難しいです。
この後身をもってそれを知りました。
続けること。これはとても重く、そしてこれ以上ないステータスです。
尼崎も10年以上にわたり続けてきました。
10年です!
伝説と言えると思います。

それだけに、尼崎の開催は、今後も
心の奥底で、毎回開催され続ける。
というような気がします。

はうもんさんが、嗚呼、帰りたくないな~
と話されていました。その気持ちはよくわかります。

私は、尼崎の開催は今回もずっと続いている。
そんな気になりたくて、
これで終了です!とアナウンスされるシーンに立ち会う勇気が無くて、
てか、梓水苑のお風呂の時間に気になって。。。
お先に失礼させていただきました。

物思いにふけり松本に帰る車中、
いろいろなシーンが蘇ります。

これっきりなのですが。
しかし、それも代替の場所が決まるまでの間です。
それまでの間、ちょっとの休憩、またみなさんに、何事もなかったかのように再会できると思います。


松本に帰ると、
寝不足と疲れからか、19時以降の記憶がありません。

翌朝、どれだけ眠ったのでしょうか?
5時過ぎに目が覚めると、今回のトレーニングで最後の〆となる、
ツールド美ヶ原コースを目指しました。

最強激坂
乗鞍がKingステージなら美ヶ原はQueenステージです。
今年のレースは、過去最悪の成績でしたが、それでも、私はこのコースが大好きです。
一年に何度来てもいいコースです。

でも、最強激坂はホント最強です。
斜度で言うと、筑波山のつくば道の方がきついです。
でも、いかれちゃってるつくば道の斜度と、ぎりぎり狂っているこことでは、
ここの方がきつく感じるのは不思議です。
この後に続く20kmのヒルクライムを考えると、無茶できないという恐怖心もあります。

しかし、最強激坂をノーマルクランク25Tで登るのは久しぶりです。
クランクが止まりそうです。腕が焼き切れそうです。
本当に、このコースが好きで走りに来る方はどうかしていると思います。
(あれ?さっきと言ってること違う??)
こんなに苦しい思いを、わざわざしにきて、○かじゃないのか?
ここを登る人はそのまま○ねばいいのに。。。
と突然ネガティブモード全開に。

きつかったです。
でも不思議です。
下山すると、お酒が切れた体のように欲するのです。


先日の乗鞍畳平も寒かったですが、
美ヶ原も寒い!!


松本の市街地を眼下に望みます。
えと、ムスカ大佐風に言うと、どうでしょう?
「みろ!松本が・・・」


写真ではすごい小さいですが、槍ヶ岳が見えます。
これは珍しいです。
槍、大喰、中岳、大キレット、北穂高、涸沢、奥穂が見えます。


乗鞍も良いですけど、
美ヶ原もなかなかいいですよ。

内容の濃いサマーバカンスでしたが、
とても充実していました。

追伸
業務連絡師匠へ
giuliaさんとhaya_4さんがお呼びです。
いきますか(自転車で)?
Posted at 2014/09/15 20:43:29 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日記
2014年09月07日 イイね!

復調のキザシ

JCA全日本ヒルクライムシリーズ戦最終戦
「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」
に参戦してきました。

いつもなら、7月をピークに8月は下降線をたどる調子ですが、
今年は冬にパフォーマンスを上げ、氷で落車、肋骨をやってから調子が狂い、
春先から体重が3kgも増えてしまい。。。
(しかしエンデューロでのパフォーマンスは良かった)
JCAヒルクライムシリーズも、愕然とするタイムで消化していました。

しかし8月に入ってから、平地でのパフォーマンスを落としてでも体重をもとに戻す試みを進めていたため、今回は何とか復調させたいと思っていました。

通行止めの中央道を何とかやり過ごし乗鞍入り

LOOKの新型を見たり


畳平でぶらぶらしてみたり。
畳平、お花畑でした。
イワキキョウ、コイワカガミ、トウヤクリンドウ、ヨツバシオガマ、コマクサなどをみて、もうこれで十分。
特にイワキキョウなんて、駐車場の車止めブロックの隙間で咲いているので、ガッツリお花と会話を楽しんできました。

なんでもクマがでて、登山道が数本閉鎖になっていまして、
歩き回れなかったのが残念。
でも、クマがでた!といってオレンジと黄色のベストを着た人が集合するわけではなく、レンジャーが双方近寄らせないようにする様子は、いいね。
ヒグマはやばいけど、ツキノワグマは案外かわいいもんです。

受付時間を終え、そろそろ静かになった出店で掘り出し物を探そうと思っていたら?

リョウさんがたまたまいらしてご挨拶できました~
会えたら運が良いくらいに思っていましたが、この人気がなくなってきたタイミングでご挨拶できたのは幸運でした。

あとは宿に帰って

これで体重が2kg増えようが、もういいのです!


食べて~、飲んで~出来上がってきました。
20時以降の記憶がありません。

翌朝。と言いますか、夜中から降る雨の音が大きく、こんな感じでは走れないと思っていました。
チーム内で随分もめました。走るのは?走らないの?

しかし、100%雨になると確信していた私は、走らない選択枠はないつもりでした(よ?)
誰よりも早く出走準備を整えると、チームメイトも覚悟を決め始めていたようです。

さて、宿の入り口が丁度15%位の坂道になっていて、そこを何往復もしてアップします。
その頃雨はまだ降ったり、やんだりを繰り返していて、すでに朝の段階でびしょびしょでした。

それでもスタートの時間にはやんでいて、まあまあ良い環境でスタートできました。
スタート直後、私は先頭集団にいました。
5倍くらいのパワーで登る先頭集団でしたが、マイルドでむしろ遅さすら感じていました。

しかし三本滝が近づくにつれ、私はジョジョにペースダウン。
270w位を維持して登っていました。

朝のUPが足りなかったのか、それとも今週1回しか乗っていないローラーが原因か、とにかく体がついてきません。
250w以上出ているので悪くないはずですが、どこか限界付近で走っているような感じがありました。まだまだ余裕があるはずですが。

乗鞍はだらだらと登りが続いて、リズムが作りにくいです。
ある程度登れば平坦、と言うことはなく、登り、登り、登り、
さらにコーナーにゴール地点からの連番が振られていて、いまどの辺を走っているのか、あとどれだけ残っているのか?がリアルタイムにわかるようになっています。
例によってキャップのツバでそれらを隠して気にしないつもりでした。

後はヒマですね。
こんなにヒマであると感じたことは過去なかったと思います。
ヒマなので、同じペースの方を追っていました。
コンパクトクランク、インナーロー近辺でとにかくくるくる回している方でした。
ついて行ってみるのですが、面白いことがわかりました。

斜度がきつくなると、その方の一定ペースで回している方が早く、
斜度が緩むと大きいギアを履いている私の方が早い。

抜かしては抜かれ、それをずっと繰り返していました。
しかし、その時が来ました。
斜度がやおらきつくなり、私は24Tで立ちごけしそうな回転に陥り、ダンシングを駆使する必要が出てきました。
そうなると一定ペースでくるくる回す方は、やっぱり斜度がきつくなっても一定のペースでした。そうなると私はついていけません。

でも、それはわかっていました。
私にはその回転で登ることはできません。
そお言えば、今のギアの上に28Tがあることに気づき、ここに至ってようやく使いました。

結果は、到底納得いくタイムではありませんでしたが、
それでも昨年と比較して絶不調であった今年のタイムの中にあり、
ようやく復調のキザシが見えた感があります。


乗鞍も、こんなに晴れることがあるのですね。

さて、9月末は赤城です。
乗鞍で復調とあっては赤城は調子の波に乗りたいです。
それには9月の連休などたくさんある休みを使って走り込みをしないと。
Posted at 2014/09/07 21:55:08 | コメント(2) | トラックバック(0) | Road to T | 日記

プロフィール

「酒田スナップ http://cvw.jp/b/454226/41796825/
何シテル?   08/04 21:06
Clioに乗ってまだまだフランス車初心者です。 ドライブに、サーキットに、というものよいですが、せっかくのほほんとしたフランス車。マイペースにカーライフが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

ボジョレーワイン委員会 
カテゴリ:ワイン
2010/10/09 19:45:23
 
電子国土ポータル 
カテゴリ:山
2010/08/20 22:56:40
 
勝沼酒造 
カテゴリ:ワイン
2010/08/20 22:54:46
 

お友達

ファン

57 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
レースの遠征でいかに快適であるか。 レースでダメージを負った体で運転が可能か? 万が一レ ...
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
-Modification- Kit Sport Exhaust OZ Ultraleg ...
スバル レガシィ スバル レガシィ
親の車です。 スバル車のよさを知った車です。
その他 その他 その他 その他
【FFM】French-French-Makuhariへのインフォメーションはこちらです ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.