• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年05月12日

死ぬまで働く日本の若者 「karoshi」の問題。


BBC

【転載開始】

■死ぬまで働く日本の若者 「karoshi」の問題

 エドウィン・レーン、BBCワールドサービス経済記者

 日本人の労働時間の長さは世界でも
トップクラスだ。
若者たちの中には、文字通り死ぬまで
働く者もいる。
そこで政府に対し、対策の強化を求める
声が上がっている。

 西垣迪世(みちよ)さんは、一人息子の
和哉さんが新卒で日本の大手通信企業
に就職したことを誇らしく思っていた。

 和哉さんはコンピューターが大好きだった。
競争の激しい日本の新卒採用市場で、
素晴らしい就職先をつかんだように思われた。

 だが調子がおかしくなり始めたのは、
わずか2年後のことだった。

 「息子は私には忙しいと言いながらも、大丈夫
だと話していた」と迪世さんは振り返る。「でも私
の父の葬儀があって帰省した時、起きられな
かった。『ちょっと寝かしてくれ』と言い、時間に
なっても『無理だ。今日悪いけどオカン寝かして
くれ。明日はちゃんと行くから』と言いました」。

 西垣さんは後になって息子の同僚たちから、
和哉さんが当時、昼夜休みなく働いていたこと
を知らされた。

 「いつも終電まで仕事をして、終電を逃すと
会社の机に顔を突っ伏せて朝まで寝た。一番
ひどい時には徹夜で翌日の夜10時まで、37
時間連続勤務がありました」

 それからさらに2年後、和哉さんは薬の飲み
過ぎで亡くなった。27歳だった。
日本で働きすぎによる死を意味する「karoshi」、
過労死だと正式に認定された(訳注・英語の
原文も「karoshi」と表記)。

 日本には長時間労働の文化がある。
これは1960年代から言われていたことで、
新しい現象ではない。
だが近年、人目を引くケースが相次いだことに
より、過労死問題は再び注目されるようになった。

■ひと月当たりの労働時間

 2015年のクリスマス、広告会社の電通に勤めて
いた高橋まつりさん(当時24)が飛び降り自殺した。

 亡くなる前には残業が月100時間を超え、
ろくに眠っていなかったことが分かった。

 若者から労働問題の電話相談を受け付けている
非営利組織(NPO)、「POSSE(ポッセ)」の岩橋誠
さんによれば、このような話は特に企業の新入社員
にとって、珍しいことではない。
POSSEに寄せられる電話の大半は長時間労働
の悩みだという。

 「やりきれないのは、若者たちがほかに選択肢は
ないと感じていること」だと、岩瀬さんは指摘する。
「そのまま辞めなかったら100時間残業を強いられる。
一方で辞めれば生活できなくなってしまう」。

 近年は雇用の安定が崩れてきたため、
状況は一段と厳しくなっていると岩橋さんは語る。

 「過労死は1960年代、70年代にも起きていたが、
大きな違いがある。当時は長時間労働を強いられ
ても終身雇用が保証されていたが、今はそういう
わけにいかない」

■残業文化

 公式なデータによると、年間の過労死は数百件
とされる。
なかには心臓発作、脳卒中、自殺が含まれる。
しかし活動家らは、実際にはそれよりはるかに
多いと主張する。

 最近の調査は、日本では残業が月80時間を
超える従業員のいる企業が全体の4分の1近く
を占めると指摘する。
残業代が支給されないことも多い。
また12%の企業には、月100時間以上残業する
従業員がいる。

 これは重要な数字だ。
月80時間の残業は、死亡率が上がる境目の
ラインとされているからだ。

 日本政府に行動を求める圧力は強まっている。
だが同僚や上司より先に帰ればいやな顔をされ
るという、数十年来の労働文化を打ち破るのは
容易なことではない。

 政府は今年、毎月最終金曜日には従業員を
午後3時に帰すよう企業に促す「プレミアム・
フライデー」を導入した。
また労働者に向けて、もっと休暇を取るよう呼び
掛けている。

 法定の有給休暇は年に20日間だが、休暇を
ほとんど取らない労働者は現在、全体の約35%
を占める。

■一斉消灯

 東京都の豊島区役所は今年1月から、職員が
帰宅せざるを得ないように、午後7時に庁舎内を
一斉消灯するという手段に打って出た。

 担当する上野仁・政策経営部行政経営課長は、
「目に見える形で全庁的な取り組み」を目指した
と話す。

 「超過勤務を減らすだけでなく、効率的な仕事
を進めて仕事の生産性を上げて、それで自分
自身の時間を確保して、その時間をそれぞれの
自己実現のために楽しんで使ってもらいたい、
トータルで働き方を変えていきたいという思いを
込めて取り組んでいる」と課長は言う。

 効率に着目したこの発言は、的を射ているかも
しれない。
日本は労働時間の長さは世界でトップクラスでも、
労働生産性は主要先進7カ国中で最下位だ。

 だがこうした対策は断片的で、問題の核心に
取り組んでいないと、活動家たちは言う。
若者たちは度を越した激務や長時間労働の
せいで命を落としているのだと。

 活動家たちによると、解決策はただひとつ。
従業員が残業できる時間に法的上限を設ける
ことだ。

 政府は今年、残業時間を月平均60時間までに
制限する法改正を提案した。
ただし企業の「繁忙期」には月に100時間までの
残業が認められる。
これは過労死の警戒ラインを大きく超えることに
なる。

■もっと対策が必要

 政府が労働者の福祉を犠牲にして、企業と
経済の利益を優先していると批判する声もある。

 30年前から過労死問題を研究してきた関西大学
の森岡孝二名誉教授は、
「日本人は政府を頼りにしているが、裏切られて
いる」と話す。

 その間にも若い労働者の過労死は続き、
遺族支援団体のメンバーが増え続ける。

 息子を亡くした西垣迪世さんは、日本は大切に
するべき労働者を逆に殺してしまっていると言う。

 「目の前の利益、儲けることばっかりに近視眼的
になってしまって、少し遠くを見通してこの国を造っ
ていく、会社を運営していく、という自信がないんだ。
怖いんだと思います」

 「息子たちは仕事をすることを嫌っていません。
良い仕事をしたいと思っています。そして能力も
持っています」

 「その子たちを、うつ病などの病気にしたり、過労死
で亡くなってしまうまで使わないで、ちゃんと健康的
に働かせていただいたら、会社もそしてこの日本の
国も栄える。生産性も絶対に上がると思っています」

(英語記事 The young Japanese working
  themselves to death)

【転載終了】

************************

 これだけ働いているのに、日本の競争力
が落ちているのは何故なのでしょうか?

 労働者が疲れ切って、逆に効率が落ちて
いるのかも?

 個人的にも現役時代、18時間連続勤務が
一週間続いたことがありました。

 理由は、当時旬だった光ケーブルの量産
製造が夜勤からスタートする為、夜勤製造
が終わるまで技術課の立ち合いが必要だった
ためです。
 
 本当に、今思えば、よく倒れなかったなと
恐ろしくなります。
ブログ一覧 | ニュース | 日記
Posted at 2018/05/12 07:04:43

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ブラック労働を輸出する
素浪人☆さん

アホか!
楽農家さん

残業100時間までオッケーな風潮に ...
waiqueureさん

日本人はどうして「週休3日」に抵抗 ...
利根川の天然水さん

本当に過労死なのか精査した方がいい
仁政さん

日本の先生はやらんでええ仕事ばっか ...
waiqueureさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「日本人は手遅れになるまで、手を打たない。 http://cvw.jp/b/457233/41513053/
何シテル?   05/22 16:02
子供達が結婚し独立。 孫の誕生を楽しみにしている、 おじいちゃん予備軍です! 毎日の「ブログ」更新を目標にしています。 車歴     ①サ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

オヤジ(ジジイかな・・・笑)年代です。
クルマ大好き人間、大歓迎です!
時事ネタが多いので、うざかったらスルーお願いします!
どぞ!よろしく!

息子年代の若い方も、歓迎です。
45 人のお友達がいます
macモフモフmacモフモフ * ☆AQUA☆AQUA *みんカラ公認
TZ-RTZ-R 纏
かっぽちゃんかっぽちゃん ディスカスディスカス

ファン

57 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
我が家“三代目ランクルブラザース”となります!(笑
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ランクルを所有したかったのですが、 80を我慢して、念願の100を手に入れた、 ドノーマ ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有。 通勤カーでした。
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ちょっとだけいじりました!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.