• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年08月08日

海外メディアが日銀を完全無視へ・・・?


MONEY VOICE

【転載開始】

海外メディアが日銀を完全無視へ。
詭弁が通じず、黒田日銀がついに「敗北宣言」
※抜粋

■ウォール・ストリート・ジャーナルは一切報道せず

 日本の主要メディアは
「副作用に配慮した金融政策の修正」が
行われたかのように大きく取り扱ったが、
THE WALL STREET JURNAL 日本語版
(以下WSJ)では、今回の日銀金融政策
決定会合については会合があった事実
も含め一切報道していない。

 WSJの「経済~金融政策ウオッチ」では、
7月27日に開催されたECB理事会後の
ドラギ総裁の会見の内容から、7月31日~8月1日
に開催されたFOMC、さらには8月2日の
英イングランド銀行の利上げなど、主要国の
金融政策に関するニュースが並んでいるが、
日経新聞の一面トップを飾った日銀政策委員会
については何も取り上げていない。

 WSJが国内で大きな注目を集めた今回の
日銀政策委員会について一切報道をして
いないのは、「ニュースとしての価値がない」
からに他ならない。

■10年国債の利回りが急上昇

 黒田総裁が長期金利の変動幅として従来に
比べ「上下倍程度が念頭」との見解を示した
ことを受け、国債市場では10年国債の利回り
が一時0.145%まで「急上昇」した。

 そして、日本のメディアは今回日銀が長期
金利の誘導上限を0.1%引き上げたことが、
世界的な金利上昇をもたらしたかのような
報道をしている。
しかし、これは日銀を買い被ったものでしか
ない。

 黒田日銀は頑なに現状の金融緩和政策
の継続、さらなる強化を目指しているが、
世界の金融環境は大きく変化してきている。

■世界の金融環境は大きく変化している

 6月以降だけでみても、FRBを筆頭にトルコ、
香港、フィリピン、メキシコ、カナダ、インド、
そして英国と、世界の多くの中央銀行が政策
金利を引き上げている。

 これは、世界の金融環境が昨年までの
「金融緩和政策を背景とした通貨安競争」の
段階を終了し、新興国を中心に「資本流出に
よる通貨安防止のための利上げ」局面に
移ったことを物語った動きである。

 世界的な金利の上昇は、日銀が長期金利
の誘導上限を引き上げたから起きたものでは
なく、世界の金融環境の変化に伴って起きた
ものでしかない。

■10年国債の利回りが急上昇

 黒田総裁が長期金利の変動幅として従来に
比べ「上下倍程度が念頭」との見解を示した
ことを受け、国債市場では10年国債の利回り
が一時0.145%まで「急上昇」した。

 そして、日本のメディアは今回日銀が長期
金利の誘導上限を0.1%引き上げたことが、
世界的な金利上昇をもたらしたかのような
報道をしている。
しかし、これは日銀を買い被ったものでしかな

 黒田日銀は頑なに現状の金融緩和政策の
継続、さらなる強化を目指しているが、世界の
金融環境は大きく変化してきている。

■世界の金融環境は大きく変化している

 6月以降だけでみても、FRBを筆頭にトルコ、
香港、フィリピン、メキシコ、カナダ、インド、
そして英国と、世界の多くの中央銀行が政策
金利を引き上げている。

 これは、世界の金融環境が昨年までの
「金融緩和政策を背景とした通貨安競争」の
段階を終了し、新興国を中心に「資本流出に
よる通貨安防止のための利上げ」局面に
移ったことを物語った動きである。

 世界的な金利の上昇は、日銀が長期金利の
誘導上限を引き上げたから起きたものではなく、
世界の金融環境の変化に伴って起きたもので
しかない。

■完全なる敗北宣言

 今回の金融政策決定会合で黒田日銀は
市場にサプライズを起こすことはできなかった。
それどころか、物価見通しを下方修正するなか
で、実質的な「マイナス金利政策の縮小」に
追い込まれた。

 黒田日銀はこれまで今後の具体的な追加緩和
の手段として、「マイナス金利の深掘り」と
「長期金利操作目標の引き下げ」が「中心的な手段」
になるとの考えを示してきた。

 その黒田日銀が、一転「強力な金融緩和継続
のための枠組み強化」で、「金利は、経済・物価
情勢等に応じて上下にある程度変動しうるもの」
という表現で金利上限の引き上げを容認すると
同時に、「マイナス金利が適用される政策金利
残高を、長短金利操作の実現に支障がない範囲
で、現在の水準から減少させる」という表現で
マイナス金利の縮小を図ることを決めたものである。

 つまり、「強力な金融緩和継続のための枠組み強化」
の実態は、黒田日銀が「今後の追加緩和の中心的な
手段」として来た「長期金利操作目標の引き下げ」と
「マイナス金利の深掘り」の両方を放棄する「敗北宣言」
だといえるのである。

■市場をコントロールできなくなった黒田日銀

 市場にサプライズを起こすことで存在感を発揮しよう
としてきた黒田日銀が、サプライズを起こす能力を
失ったということは、市場をコントロールする能力を
失ったことと同義である。

 日銀は昨年から「金融緩和を強化すれば2%の
物価上昇は達成できる」と繰り返すオオカミ少年を
政策委員、副総裁に就任させてきた。
しかし、日銀がいくらその場その場を詭弁で乗り
切ったとしても、結果が伴わないことで市場はもう
オオカミ少年のいうことには耳を貸さなくなっている。

 WSJが日銀の金融政策決定会合について全く
報じていないのも、日銀をオオカミ少年とみなして
いるからかもしれない。

 国内では「異次元の金融緩和」の副作用として、
金融機関の収益悪化や市場の流動性の低下など
の懸念が指摘されている。

 しかし、黒田日銀が最も警戒しなければならない
「副作用」は、これまで詭弁を繰り返し過ぎたことで、
市場が日銀の意思に従って動かなくなること、
日銀が市場のコントロール能力を失って来ている
ことである。

【転載終了】

************************

 安倍3選によって、「アベノミクス」失敗
を認める機会を失うことも考えられます。

 黒田続投は「アベノミクス」の継続のため
なのでしょうが、この先はどう誤魔化して
いくんでしょうかね?

 もう、日本は世界経済に影響を及ぼさない
ということでしょうかね?
ブログ一覧 | 経済 | 日記
Posted at 2018/08/08 08:48:05

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

傷だらけのボディを、復活させたいで ...
龍騎士さん

「乗る」ならFR、「使う」ならFF
P.N.「32乗り」さん

キラキラさばおハウス
ma_miさん

今年のカーオブザイヤーはなんだろう
セキュリティーのプロテクタさん

商品名が素敵゚+.゚(´˘`人)゚ ...
uuchiさん

お客様の声をいただきました。 アク ...
倉地塗装さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「“アップル・ショック”で株価暴落・・・日本企業21社に大打撃! http://cvw.jp/b/457233/42184409/
何シテル?   11/14 20:07
子供達が結婚し独立。 孫の誕生を楽しみにしている、 おじいちゃん予備軍です! 毎日の「ブログ」更新を目標にしています。 車歴     ①サ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

オヤジ(ジジイかな・・・笑)年代です。
クルマ大好き人間、大歓迎です!
時事ネタが多いので、うざかったらスルーお願いします!
どぞ!よろしく!

息子年代の若い方も、歓迎です。
44 人のお友達がいます
☆AQUA☆AQUA *みんカラ公認 macモフモフmacモフモフ
かっぽちゃんかっぽちゃん TZ-RTZ-R
ディスカスディスカス 虎彦虎彦

ファン

57 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
我が家“三代目ランクルブラザース”となります!(笑
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ランクルを所有したかったのですが、 80を我慢して、念願の100を手に入れた、 ドノーマ ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有。 通勤カーでした。
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ちょっとだけいじりました!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.