• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年01月11日

今年の日本経済、安倍首相と黒田日銀総裁が最大の危機要因になる!


Business Journal

【転載開始】

■今年の日本経済、
 安倍首相と黒田日銀総裁
 が最大の危機要因になる

 私の株式投資の師匠の
年賀状を紹介する。

 「7054円から24270円までの
上げ幅の1/3押し(18531円)、
半値押し(15662円)が下値の
メド。2019年の安値は、この
2つのメドの中間を想定して
います」

 単純計算で2で割ると
1万7096円。
1万7000円の攻防戦が今年
前半と後半にあるのでは
ないか、と師匠の年賀状から
私は読み解いた。
1万7000円台だと日本銀行が
大量に買い込んだETFが
含み損を抱えることになる。
日銀の保有株の損益分岐点
は1万8000円台前半との見方
が有力だ。

 株価を強引に上げてきた
“黒田日銀”が行き詰まる。
安倍晋三首相はどうするの
だろうか。
日ロ領土交渉しか頭にない
だろうから、株価にまで気配り
はできまい。
1月4日に開かれた全国銀行
協会の賀詞交歓会の
黒田東彦・日銀総裁の挨拶が
気になった。

 「マーケットのことはマーケット
に聞けというが、マーケットは
真相を教えてくれない。自分の
判断でしっかりとした政策を
行っていく」

 アベ・クロミクスが破綻し、
自信を失った姿を見たような気が
した。
マーケットは常に真相を教えて
くれる。これは歴史が証明して
くれている。
マーケットに正面切って対峙でき
なくなった人に金融のカジ取りを
任せるのは危険である。
私の師匠の年賀状はこう説く。

 「(今年の相場は)岩戸相場から
40年不況にかけての類似を想定
してきましたが、これは捨てる必要
がなさそうです。現役の皆さんは
1200円(225種平均株価)防衛が
あり、(それに失敗して)底抜け
した史実を知っているのでしょうか」

 株価を下支えするために1964年
1月、中立的機関として日本共同
証券が設立され、いわゆる
“ダウ1200円防衛戦”が展開され
たが、決め手にならず、昭和40年
不況へとつながった。
1200円防衛には完全に失敗。
1100円の大台を割り込み、
山一證券だけでなく他の証券会社
にも取り付け的な動きが波及した
故事である。歴史をきちんと認識
しない為政者に我々は日本の
政治・経済・外交のカジ取りを任せ
ざるを得ない。
これが2019年の最大の危機である。

■日経平均株価

 1月4日、大発会の日経平均
株価の安値は1万9241.37円
(773.40円安)だった。
1月1日付日本経済新聞では、
20人の経営者が株価を予想。
安値を2万1000円、2万円、
1万9500円とした6人が初日で
アウトとなった。
ロス率は3割である。
新浪剛史・サントリーホール
ディングス社長は安値1万9200円
(1~3月と10~12月)としていた
からスレスレの危険水域。
ただ、新浪氏は1月3日付読売新聞
の「景気・戦略30人の回答」では
1万9000円~2万4000円としていた。
日経新聞では安値1万9200円、
高値2万6000円(7~9月)。
これではまるで二枚舌ではないか。
事務方がつくった回答をきちんと
チェックしていなかったということ
なのか。
日経と読売のアンケートで毎年、
こうした相矛盾した回答が出る
のは、どうしたわけだろうか。

 読売では30人中19人がアウト。
ロス率は63%強に達した。
本気で回答しているのだろうか。
読売ではNTTの澤田純社長が
株価、為替ともノーコメント。
わからないのならノーコメントが
正しい判断だ。

 読売で安値を2万2000円とした
のは坂井辰史・みずほフィナン
シャルグループ社長、鈴木純・
帝人社長の2人。
回答をいつ出したかにもよる
(おそらく18年12月中旬だろう)が、
先見の明がなさ過ぎる。
安値2万1000円としたのは
平野信行・三菱UFJフィナン
シャル・グループ社長、清水博
・日本生命保険社長、片野坂真哉
・ANAHD社長、深澤祐二・
JR東日本社長、後藤高志・西武HD
社長、磯崎功典・キリンHD社長、
川村和夫・明治HD社長、井阪隆一
・セブン&アイHD社長、津賀一宏
・パナソニック社長、進藤孝生・
新日鐵住金社長、澤田道隆・
花王社長、杉森務・JXTGHD社長
の12人である。
2万円は西井孝明・味の素社長、
中田誠司・大和証券グループ
本社社長、安永竜夫・三井物産
社長、東原敏昭・日立製作所
社長、八郷隆弘・ホンダ社長の
5人だ。

 日経で“失格”となった6人は
TDKの石黒成直社長(安値2万円
、3月)、富士フイルムホール
ディングスの古森重隆会長
(同2万円、1~2月)、
SMBC日興証券の清水喜彦社長
(同1万9500円、2月)、
ユニ・チャームの高原豪久社長
(同2万1000円、8月)、大和証券
グループ本社の中田誠司社長
(同2万円、2月)、味の素の西井
孝明社長(同2万円、10~12月)
である。
中田、西井の両社長は読売でも
同様の回答をしている。

■為替

 株価と同様な状況で財界の
見通しが甘いので省略します。

【転載終了】

********************

 一般的には、大納会で704億円も
介入して2万円維持をいるので、
大発会も厳しいとみていたと思います。

 財界の見通しも甘く、日本経済に
不安を残す材料にしかなりません
でしたね。

黒田東彦・日銀総裁。
>「マーケットのことはマーケット
に聞けというが、マーケットは
真相を教えてくれない。自分の
判断でしっかりとした政策を
行っていく」・・・

 聞かないで好きかったやったから、
こんなことになったんでしょうね。
判断するノウハウも持ってない
くせに。

 今後も、18000円維持に介入
すれば、益々ドツボにはまることに
なります。

 市場を壊したことに怒りを感じます。
ブログ一覧 | 経済 | 日記
Posted at 2019/01/11 14:26:01

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ホントかぁ?
take-cさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「辺野古「県民投票」不参加表明沖縄県“アベ友”5市長の評判! http://cvw.jp/b/457233/42427520/
何シテル?   01/20 09:41
子供達が結婚し独立。 孫の誕生を楽しみにしている、 おじいちゃん予備軍です! →2018年12月25日、 念願のおじいちゃんに なれました! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
我が家“三代目ランクルブラザース”となります!(笑
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ランクルを所有したかったのですが、 80を我慢して、念願の100を手に入れた、 ドノーマ ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有。 通勤カーでした。
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ちょっとだけいじりました!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.