• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LC=相棒のブログ一覧

2018年03月03日 イイね!

羽生結弦「国民栄誉賞」授与に漂う安倍官邸のセコい計略!?


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■羽生結弦「国民栄誉賞」授与に漂う安倍官邸のセコい計略
 2018年3月3日

 政府がフィギュアスケートの羽生結弦(23)に
国民栄誉賞を授与する方針を固めた。
4年前のソチに続き、平昌五輪でも金メダルを獲得。
66年ぶりの連覇という偉業のほか、右足首のケガ
を乗り越えて国民を感動させたことが評価されたと
いう。

 偉業は確かだが、どうしてもにおってくるのが
首相官邸の思惑だ。

 政治学者で元衆院議員の横山北斗氏が言う。

 「なんだか変ですね。羽生選手は立派な成績を
収められたのだから、国民栄誉賞を受ける資格は
あるでしょう。ですが安倍内閣はいま、国民の信用
を失っている時期。国会の審議ではウソのデータ
で裁量労働制をゴリ押しし、森友問題では財務省
が作成した決裁文書の内容が変わっていることが
発覚。そんな折に羽生選手への授賞ですからね。
賞の乱発で国民の目を政治問題からそらそうと
いう意図が見えてきます」

 歴代内閣の支持率と国民栄誉賞の相関関係も
気になる。
たとえば2000年4月に発足した森喜朗内閣。
4月の朝日新聞の調査では支持率は41%だったが、
すぐに急降下。
5月、6月はともに19%だった。
それが10月に高橋尚子に国民栄誉賞を贈ると
23%まで回復した。

 麻生太郎内閣も同賞を利用したふしがある。
08年11月の支持率37%が12月には22%
に失速。
これに危機感を抱いたのか、09年1月に遠藤実に、
7月には森光子に授与した。
ただし支持率は回復できなかった。

 安倍内閣で注目は今年2月の羽生善治と井山裕太
への授賞だ。
昨年のモリカケ問題で内閣支持率が低下。
時事通信の調査では29・9%まで落ちた。
そうしたネガティブイメージの払拭を狙うかのように、
昨年12月13日、政府は羽生・井山のダブル受賞の
方針を示した。

 ちなみに羽生結弦に国民栄誉賞を贈った場合、
安倍政権では7人目になる。
安倍首相は3日現在、在任2260日だ。
安倍首相に次いで授賞人数が多いのは中曽根内閣。
在任1806日で、長谷川一夫や植村直己ら4人に
贈った。

 「羽生選手への授与はこの秋の総裁選に向けた
人気取りもあるでしょう。秋までにもう1、2人に贈る
かもしれません」(横山北斗氏)

 安倍首相の宣伝ツールとも言える国民栄誉賞。
もうやめたらどうか?

【転載終了】

*************************

 個人的には、「国民栄誉賞の資格」は
十分あると思います。

 ただ、東北復興の活動に乗じて、
「国民会議」が羽生選手を利用しようと
しているというのがあります。

 要するに、「国民会議=安倍晋三」は
改憲の広告塔にしようとしているという
疑いです。

 批判を受けるようなところで利用しないで
ほしいですね。
Posted at 2018/03/03 19:29:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2018年03月03日 イイね!

1強体制に異変・・・

日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■1強体制に異変…裁量労働制断念から始まる「安倍降ろし」
  2018年3月3日

 白旗を掲げ「裁量労働制の拡大」を断念した
安倍首相。
最大の理由は、自民党内の反対があまりにも
強かったからだ。
しかし、これまで安倍首相が党内の反対に
屈することなど考えられなかったことだ。
力が落ち始めているのは間違いない。
この先、自民党内で“安倍3選阻止”“安倍降ろし”
の動きが強まってもおかしくない。

■官邸の意向を軽んじ始めた自民党

 つい最近まで、首相周辺は「裁量労働制の拡大」
も強行突破できると甘く考えていた。
しかし、先週23日(金)に自民党内から
「裁量労働制拡大」の分離案が浮上すると、
風向きが変わったという。
27日の自民党の厚労部会では
「法案審議が持たない」と公然と批判が噴出。

 決定的だったのは、二階幹事長が官邸の要望を
無視して「予算案の衆院通過」を1日遅らせたことだ。
しかも、わざと官邸の耳に入るように
「自民党は官邸の下請けじゃない」とドスを利かせて
いる。
「安倍1強」のこの5年間、自民党が官邸の命令に
逆らうことは、ほぼ皆無だった。

 官邸の意向を、党が軽んじるようになったら、
政権は長くないのが過去のパターンだ。
江田憲司衆院議員も、ツイッターでこうつぶやいて
いる。
<官邸主導だった政治に、党が一矢報いたと
いうこと><私の経験からも「官邸主導」が
「党主導」になっていくと政権の終わりが見えてくる>

 それでなくても、安倍首相は、総裁3選できる
のかどうか、不安を強めているという。
「安倍1強」を支えてきた有力派閥の“安倍離れ”
が顕在化してきたからだ。

 なかば公然と“反アベ”で動きだしているのが、
かつて“参議院のドン”と呼ばれた青木幹雄氏(83)
だ。
周囲に「まだ総裁選まで半年ある」「なにが起こるか
分からない」と漏らしているという。

 「額賀派に所属していた青木さんは、いまでも
隠然たる力を持っています。とうとう“親アベ”
だった額賀さんを派閥領袖から外してしまった。
秋の総裁選では、衆参54人の第3派閥を“反アベ”
でまとめるつもりでしょう。青木さんを無視できない
のは、第4派閥“岸田派(47人)”の実質的オーナー
である古賀誠と、第5派閥“二階派(44人)”のトップ
二階俊博とツーカーだということです。青木―古賀
―二階の3人の共通点は“安倍1強”に不満を強め
ていることです。3つの派閥が手を組めば、総裁選
の構図はガラリと変わってきます」(自民党関係者)

 危機感が強い安倍首相は、はやくも“多数派工作”
に動きだす始末だ。
当選1~3回の自民党議員を3夜連続で公邸に
招いて会食している。
「安倍チルドレン」が、最大の支持基盤だからだ。

 さらに、岸田政調会長、麻生財務相とも2夜連続、
それぞれ個別に食事している。

 「自民党内には、安倍首相に対する不満が充満
しています。結局“お友達”しか重用しないからです。
ほとんどの自民党議員は活躍の場がない。安倍
3選となったら、この5年間、要職に起用されな
かった議員は、さらに3年間、日の目を見ないこと
はハッキリしている。安倍3選阻止、安倍降ろしの
動きが強まる可能性は高いでしょう」(政界関係者)

 「裁量労働制拡大」の断念は、安倍首相の終わり
の始まりなのではないか。

【転載終了】

**********************

 安倍降ろしは何度か話題になって
いますが、昨年末あたりから重鎮の
顔がチラツキ始めてきましたね。

 本音は、3期もやらせたくないという
ことなのでしょうかね?
Posted at 2018/03/03 10:31:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治 | 日記

プロフィール

「毎日世論調査:内閣支持率36% 前回比5ポイント増 http://cvw.jp/b/457233/41647366/
何シテル?   06/25 10:02
子供達が結婚し独立。 孫の誕生を楽しみにしている、 おじいちゃん予備軍です! 毎日の「ブログ」更新を目標にしています。 車歴     ①サ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達

オヤジ(ジジイかな・・・笑)年代です。
クルマ大好き人間、大歓迎です!
時事ネタが多いので、うざかったらスルーお願いします!
どぞ!よろしく!

息子年代の若い方も、歓迎です。
44 人のお友達がいます
☆AQUA☆AQUA *みんカラ公認 macモフモフmacモフモフ *
かっぽちゃんかっぽちゃん 虎彦虎彦
ディスカスディスカス 纏

ファン

57 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
我が家“三代目ランクルブラザース”となります!(笑
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ランクルを所有したかったのですが、 80を我慢して、念願の100を手に入れた、 ドノーマ ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有。 通勤カーでした。
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ちょっとだけいじりました!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる