• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LC=相棒のブログ一覧

2019年01月08日 イイね!

国に頼れないなら自力で備えるしかない・・・


55歳から始める老後破産を防ぐ知恵

【転載開始】

■人生100年時代・・・
 国に頼れないなら自力で備えるしかない
 公開日:2019/01/08

 定年以降、どうするのか。
こんな質問をすると、
「ウチは継続雇用で65歳まで働けるから」
「年金があるし、なんとかなるさ」といった
答えが返ってきます。

 自分の将来を、まるで他人事のように
考えているサラリーマンは意外に多い。
これから先の人生、予測できない部分
が多いのは事実。
神経質になり過ぎず、ある意味楽観的
に捉えることも大切です。

 ですが、知っておきたいこと、
というか覚悟しておかなければならない
事実もあります。
ひとつは、「医療技術の進歩のおかげで、
私たちは長生きをする傾向にある」こと。
もうひとつは、今さらだけど、
「国のサイフが悲鳴を上げ始めている」
ことです。

 たとえば、オリンピックが終わって5年後
の2025年には、65歳以上の高齢者を
「1.8人」で支えなければなりません。
その先は、1人の年金受給者をさらに
少ない現役世代が支える状況に突き進み
ます。
年金だけではなく、医療や介護、福祉など
の面でも、年々、国の負担する社会保障
給付費はアップします。
一方で、日本の人口減少は当面続くため、
諸問題が抜本的に好転する要因は見当
たりません。

 ですが、年金暮らしの65歳の人も、
55歳で現役のサラリーマンも、
まだまだこの国で生きなければなりません。
人生100年時代などといわれるとゾッと
します。
なぜなら、国の財政に不安が残る状況で
あることは、もはや避けられない状況だ
からです。

 年金額がカットされたり、もらえる年齢
が70歳になったりした時、
「知らなかった」とか「何で年金が減らされ
るんだ」などと騒いだところで、だれも助け
てくれないのです。
長く生きていく可能性があって、国にも
頼れない――。

 この現実に、どう立ち向かえばいいのか? 
もはや、リスクを十分理解した上で現役
時代から備えるしか手はありません。
今を生き抜く知恵を絞り、“小さな実行”を
コツコツ積み重ねる。
それが老後のピンチを回避するコツだと
断言します。

 テレビや雑誌は、「3人、いや2人に1人
は老後に破綻する」
「約300万人が老後破産する」と危機感
をあおります。ですが、そんなことに怯え
てビクビクして暮らすのではなく、現役
時代からできることをしっかり実行すれば、
明るい将来が待っているのです。

【転載終了】

*********************

 人生100年などと簡単に言いますが、
90歳の高齢になると、介護されている人
も介護する人も大変なものです。
高齢の親は、長く子供に迷惑をかけたく
ないと思い、長生きはしたくないと思う
ようになります。

 介護するほうも、介護が長くなると自身
も歳をとり、介護が負担になってきます。

 政権が人生100年などと、何も知ら
ないのに、安易に言いすぎます。

 85歳過ぎたら日常生活さえ大変
なのです。

 20代~40代の方たちは、今より
もっと大変な時代になると思います。

 特に、団塊ジュニア世代は現役中
に親の介護必要になると思います。
施設が足りない可能性もあり、在宅
介護の可能性が高くなるような気が
します。
Posted at 2019/01/08 22:11:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2019年01月08日 イイね!

二島返還解散ではなく・・・


天木直人氏のブログより。

【転載終了】

■二島返還解散ではなく
平和条約解散だとばらした読売新聞

 きょう1月8日の読売新聞が
一面トップでスクープ報道した。

 日本政府はロシアとの平和条約交渉
で北方4島に関する賠償などの請求権
を互いに放棄するよう提起する方針を
固めたと。

 これは、要するに、安倍首相は北方
領土返還合意ではなく、日露平和条約
締結合意を先行させて、国民の信を
問うという腹づもりであるということだ。

 それを読売は暴露したのである。

 私は、安倍首相がプーチン大統領
との会談で、
「在日米軍はロシアへの脅威にはなら
ない」とプーチン大統領に説得したこと
をみずから明らかにした事を報道で
知って、これでは北方領土交渉はうまく
いかないと確信した。

 安倍首相がなすべき首脳外交はその
逆だ。

 トランプ大統領を説得して、返還され
た暁には北方領土には在日米軍を
置かない事を約束させるべきなのだ。

 そうトランプ大統領に約束させた
ところで、プーチン大統領が北方領土
を返す保証はない。

 しかし、少なくともトランプ大統領に
在日米軍は置かないと約束させられ
なければ、北方領土は2島どころか、
すべて返ってこない。

 プーチン大統領は、対米従属から
一歩も抜け出せない安倍首相を、主権
放棄の腰抜け首相と見限るからだ。

 こんな説得をプーチン大統領にする
ようでは、もはや安倍首相では北方
領土返還は無理だ。

 どんなに言葉や密約で国民をごまか
そうとしても、もはや北方領土返還解散
は打てない。

 安倍首相はどうするつもりだろう。

 そう思っていたら、今朝の読売の
スクープである。

 これで合点が行った。
領土問題を棚投げして日露平和条約
締結を先行させるのだ。
そして日韓平和条約の例にならって、
賠償請求権協定を締結して同時に
平和条約を締結する。
おまけに、元島民らが請求する賠償に
ついてはロシアにそれを求めず、日本
政府が肩代わりして負担するという。

 これなら、プーチン大統領は渡りに
船だ。
喜んで応じるだろう。補償を受けられる
元島民も不満はない。
なによりも、2島か4島かという厄介な
問題を棚上げできる。
まさしくこれが、安倍首相が最後に辿り
着いた解散・総選挙のシナリオなのだ。

 衆参同日選はある。
そして、その大義名分は、北方領土返還
ではなく、日露平和条約締結なのだ。

 まず日露平和条約締結という歴史的
偉業を達成する。
そして北方領土問題を解決する。
その時まで自分が首相でいなければ
いけないと訴える。
自民党総裁3選どころか4選してでも
北方領土は自分の手で取り返すという。
こんな子供だましの外交を見抜けず、
衆参同日選挙を許すようでは、野党は
お終いだ。

 それにしても安倍首相はいい度胸だ。
こんな子供だましの外交を読売新聞に
スクープ報道させて手の内をばらしても
選挙に勝つつもりだ。

 どうして勝つつもりなのか。
その秘策については次のメルマガで明か
したい(了)

【転載終了】

**********************

 結局、プーチンにしてやられたという
ことでしょう。

 この政権にやらせていると、国益を
損なうだけですね。
Posted at 2019/01/08 10:02:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 外交 | 日記
2019年01月08日 イイね!

野党共闘を妨げているのは・・・


田中龍作ジャーナル

【転載開始】

■野党共闘を妨げているのは・・・
 与野党が打ち揃う「連合」の新年会
 2019年1月7日

 戦前戦中のような翼賛体制が復活
するのだろうか。
そんな光景を見せつけられた―

 きょう都内で、日本最大の労働組合
「連合」の新年交歓会があった。
日頃、選挙でお世話になっている
野党の党首らは、当然馳せ参じた。
自民党の厚生労働大臣、経団連の
副会長、公明党の前・現代表、
社民党の党首らも足を運んだ。

 連合は共産党系の全労連と労働現場
で熾烈な主導権争いをしているため、
交歓会に共産党は呼ばない。
ここまで書けば、野党共闘を妨げている
のは誰なのか、お分かり頂けよう。

 挨拶に立った神津里季生会長は、
「ILOが100周年を迎える」だとか
「労働サミットのホスト国になる」だのと
高邁なお話に終始した。

 昨年、過労死促進法といわれる高プロ
(高度プロフェッショナル制度)を通して
しまったことなどは おくび にも出さな
かった。
さすがは戦わない労働組合のリーダー
である。
安倍首相と親しい間柄との説もあるほど
だから、驚きもしない。

 続いて登壇した根本匠厚労相は、
「賃金が上昇を続けている」だの
「有効求人倍率が上がっている」だのと
ご高説を垂れた。
賃金以上に物価や社会保障費が
上がっており、実質賃金は下がっている。
社会の高齢化で労働人口が減少すれば、
有効求人倍率は上がるに決まっている。

 決して景気がいいわけではない。
どころか労働者の暮らしは苦しくなる
一方だ。
根本厚労相は現実離れもいいところだ。
労働者ならば怒って当然なのにブーイング
の一つも出ない。
連合が「経団連労働部」と言われるゆえん
だ。

 労働問題に詳しい弁護士は
「(連合は労働者が)厳しい時にちっとも助け
てくれなかった。存在意義が問われる」と
諦め顔で語った。

【転載開始】

************************

 連合は、30有余年前に「労使協調」
路線に舵を切った時点で終わって
います。

 組織率も全労連に比べ、低下して
いるようです。

 若い層は、労働組合が何のために
あるのか?
何をやってるのかしらないでしょう。
組合に入らない若い人が結構いる
ようですね。

 笑い話のような話ですが、連合の
ある組合が、会社側からのリストラ
の提示でどうしていいかわからず、
全労連系組合に相談したなどという
話もあります。

 連合の運命は、ポーランドンの
「連帯」と同じ道をたどるような気が
します。
政治に深入りしすぎ、組合員の信用
を失ったのが原因です。

 役員でさえ、闘争の仕方がわから
ないでしょうから、組合役員は総務
にやらせたらいいでしょうね。

 失礼、皮肉です!
Posted at 2019/01/08 09:12:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2019年01月08日 イイね!

東京一極集中に異変 成長率、全国平均下回る !


日本経済新聞

【転載開始】

■東京一極集中に異変 成長率、全国平均下回る
 2019/1/7

 東京への経済の一極集中の流れが
止まっている。
東京都の成長率は全国平均を下回り、
総生産が全国に占める割合もじりじり
と下がってきた。
地方から人口流入が続いているにも
かかわらず、そのペースに経済成長
が追いついていない。
このまま勢いが衰えれば、
アジアなど海外との都市間競争にも
影を落とす。(松尾洋平)

 内閣府がまとめる県民経済計算を
みると、東京の経済規模が思った
ほど拡大していない姿が浮き彫りに
なる。

【転載終了】

**********************

 日本の成長率低下は、すでには数年前
からのことですね。

 地方の疲弊が原因ではないでしょうか。

 地方で生産、消費していたお金を東京
の本社が吸い上げていましたが、地方の
消費が減少し、生産も減少し、本社の
利益が減少したためなのでは?

 必然的に競争率も低下しています。

 2019年の株価を4万円と予測した
エコノミストがいましたが、公的資金
を湯水のように投入しても2万4千円
止まりです、何を根拠にしているので
しょうかね?

 ましてや、いい材料もないと思うの
ですが。
Posted at 2019/01/08 08:10:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記

プロフィール

「“自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり! http://cvw.jp/b/457233/42529255/
何シテル?   02/20 11:16
子供達が結婚し独立。 孫の誕生を楽しみにしている、 おじいちゃん予備軍です! →2018年12月25日、 念願のおじいちゃんに なれました! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
我が家“三代目ランクルブラザース”となります!(笑
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ランクルを所有したかったのですが、 80を我慢して、念願の100を手に入れた、 ドノーマ ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有。 通勤カーでした。
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ちょっとだけいじりました!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.