• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LC=相棒のブログ一覧

2019年01月10日 イイね!

災いがますます広がり深まることを憂慮する2019年の年始!


永田町の裏を読む

【転載開始】

■災いがますます広がり深まることを
 憂慮する2019年の年始
 公開日:2019/01/10

 明けましておめでとうございます。
と、まあ、型通りに挨拶をしては
みたものの、到底おめでたいとは
言えないのが2019年である。
昨年の漢字は「災」だったが、
今年はその災いがますます広が
り深まるのではないか。
その最大の根源は米国のトランプ
政権で、この1月に発足丸2年を
迎えるけれども、すでにまともな
閣僚・スタッフは残らず去ってし
まい、糸の切れた凧のようになって
一体どこへ飛んで行ってしまうのか、
もはや誰にも予測不能。
このトランプ政権の行方こそが、
世界の安全保障と経済安定に
とって最大の“脅威”である。

 英国のブレグジットも先行き混沌
で、3月にはEUとの離脱条件に
関する合意を欠いたままの離脱
という破滅的なハードランディング
に突き進む公算大。
英国と米国という2つのアングロ
サクソン国家がダッチロール状態
に突き進んでいるのは、19世紀
と20世紀の覇権国家として世界
をリードしてきた両国が、いまだ
に自分たちがやりたい放題にして
も世界は後ろに従ってくるにちがい
ないという幻覚にとらわれて、世界
と自国の関係について落ちついて
考えることができない認知障害に
陥っているためである。
この2つの老大国をどうやって介護
して、慢性的徘徊や突発的暴力の
危険を抑えられるかどうかが、新年
の世界的な中心課題である。

 翻って、日本にとって何が災い
かといえば、それはまさに安倍
政権である。
トランプとの親しさをテコにして、
この国を浮揚させようというのは
時代錯誤としか言いようがなく、
その矛盾は今年早々から、TAG
交渉開始などを通じて顕在化する
だろう。

 くしくも本コラムは、第2次安倍
政権発足直後の13年1月に連載
が始まったので、今月で丸6年に
なる。
これだけ毎週のように安倍批判を
続けてきても一向に政権が倒れ
ないのだから、言論の力など知れ
たものだと思うけれども、しかし、
このところ都内の街頭や地方の
講演会場などで
「毎週、日刊ゲンダイを読んでますよ」
と激励されることがしばしばある。
ほとんどは60~70代のシルバー
世代だが、まことにありがたいこと
である。
この世代の人たちに流行の挨拶は
「安倍政権が倒れないうちに死ぬ
わけにはいかないよね」というもので、
逆に今年、仮に安倍が行き詰まって
倒れたりすると、この世代の方々が
“生きがい”を失ってしまわないか
心配である。

【転載終了】

*********************

 トランプ政権は、最後の軍産人脈で
ある、マティス国防長官が辞任がしま
す。

 シリア撤退を反対していた唯一の
閣僚を閣内から排除したということ
であり、シリアの内戦は収束に向か
う可能性が出てきました。
只、イギリス、フランスなどは、いまだ
に駐留しているようですが、国内事情
を考えれば何れ撤退せざるを得ない
でしょう。

 イギリスは、EU離脱で欧州の小島化
することになり、日本が呼び掛けている
TPPに参加することになるかも?

 私もシルバー世代ではありますが、
もうしばらく気力が続くなら、情報発信
を続けていきたいと思います。
Posted at 2019/01/10 10:01:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治 | 日記
2019年01月10日 イイね!

災いがますます広がり深まることを憂慮する2019年の年始!


永田町の裏を読む

【転載開始】

■災いがますます広がり深まることを
 憂慮する2019年の年始
 公開日:2019/01/10

 明けましておめでとうございます。
と、まあ、型通りに挨拶をしては
みたものの、到底おめでたいとは
言えないのが2019年である。
昨年の漢字は「災」だったが、
今年はその災いがますます広が
り深まるのではないか。
その最大の根源は米国のトランプ
政権で、この1月に発足丸2年を
迎えるけれども、すでにまともな
閣僚・スタッフは残らず去ってし
まい、糸の切れた凧のようになって
一体どこへ飛んで行ってしまうのか、
もはや誰にも予測不能。
このトランプ政権の行方こそが、
世界の安全保障と経済安定に
とって最大の“脅威”である。

 英国のブレグジットも先行き混沌
で、3月にはEUとの離脱条件に
関する合意を欠いたままの離脱
という破滅的なハードランディング
に突き進む公算大。
英国と米国という2つのアングロ
サクソン国家がダッチロール状態
に突き進んでいるのは、19世紀
と20世紀の覇権国家として世界
をリードしてきた両国が、いまだ
に自分たちがやりたい放題にして
も世界は後ろに従ってくるにちがい
ないという幻覚にとらわれて、世界
と自国の関係について落ちついて
考えることができない認知障害に
陥っているためである。
この2つの老大国をどうやって介護
して、慢性的徘徊や突発的暴力の
危険を抑えられるかどうかが、新年
の世界的な中心課題である。

 翻って、日本にとって何が災い
かといえば、それはまさに安倍
政権である。
トランプとの親しさをテコにして、
この国を浮揚させようというのは
時代錯誤としか言いようがなく、
その矛盾は今年早々から、TAG
交渉開始などを通じて顕在化する
だろう。

 くしくも本コラムは、第2次安倍
政権発足直後の13年1月に連載
が始まったので、今月で丸6年に
なる。
これだけ毎週のように安倍批判を
続けてきても一向に政権が倒れ
ないのだから、言論の力など知れ
たものだと思うけれども、しかし、
このところ都内の街頭や地方の
講演会場などで
「毎週、日刊ゲンダイを読んでますよ」
と激励されることがしばしばある。
ほとんどは60~70代のシルバー
世代だが、まことにありがたいこと
である。
この世代の人たちに流行の挨拶は
「安倍政権が倒れないうちに死ぬ
わけにはいかないよね」というもので、
逆に今年、仮に安倍が行き詰まって
倒れたりすると、この世代の方々が
“生きがい”を失ってしまわないか
心配である。

【転載終了】

*********************

 トランプ政権は、最後の軍産人脈で
ある、マティス国防長官が辞任がしま
す。

 シリア撤退を反対していた唯一の
閣僚を閣内から排除したということ
であり、シリアの内戦は収束に向か
う可能性が出てきました。
只、イギリス、フランスなどは、いまだ
に駐留しているようですが、国内事情
を考えれば何れ撤退せざるを得ない
でしょう。

 イギリスは、EU離脱で欧州の小島化
することになり、日本が呼び掛けている
TPPに参加することになるかも?

 私もシルバー世代ではありますが、
もうしばらく気力が続くなら、情報発信
を続けていきたいと思います。
Posted at 2019/01/10 10:01:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治 | 日記
2019年01月10日 イイね!

市場が怯える“アップル・ショック”第2幕・・・


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■市場が怯える“アップル・ショック”第2幕
  株価1万8500円も 公開日:2019/01/10

 次の暴落はいつか――。
乱高下の続く株式市場に不穏な
ムードが漂っている。

 8日、日経平均は続伸し、
2万円の大台を死守した。
それでも不安の声は高まるばかりだ。

 「米中貿易戦争は北京で開かれた
次官級協議を受け一息ついたと
伝わっていますが、トランプ大統領が
いつ豹変するか分かりません。そう
なったらドル円相場はリスクオフの
流れが鮮明となり、円高に向かい
ます。大幅安となった大発会(4日)
の悪夢が繰り返されるかもしれま
せん」(市場関係者)

 大発会は一時、773円安まで売ら
れた。
NYダウの暴落(660ドル安)を引き
ずった格好だが、そのキッカケは
米アップルの業績下方修正だった。
クックCEOが投資家への書簡で、
18年10~12月の売上高予想を
5~10%引き下げたと明かしたのだ。

 「実は、いま水面下でアップル・ショック
第2幕がささやかれています。前回は
あくまで売上高の下方修正でした。利益
ベースの下方修正があるのではないか
と市場は怯え始めています。年初の
株安より激しい暴落に襲われるかもしれ
ません」(証券アナリスト)

 昨年暮れ、日経平均は一時、昨年来
安値となる1万9000円を割り込んだ。
現在は2万円前後での推移だが、
再度のアップル・ショックで市場は崩壊
しかねない。

 「1万8500円まで下落する危険性が
あります。日経平均のPER(株価収益率)
はきのう時点で11倍台とすでに低水準
ですが、米中貿易摩擦などの悪材料を
考えれば10倍台まで低下しても不思議
はありません。1万8500円で約10・5倍
です。次のアップル・ショックが、その引き
金を引くかもしれません」
(IMSアセットマネジメント代表の
 清水秀和氏)

 アップルは今月中にも利益ベースの
下方修正に踏み切る可能性がある。
そうなったら、アップルに部品を供給して
いる村田製作所やTDK、ロームなどは
株安にまっしぐらだ。
日経平均が1万8500円で止まるといいが…。

【転載終了】

***********************

 GPIFは、昨年14兆円超の損失を
出し、190兆円あった年金総額が
165兆円まで減少しています。

 2019年度の景気後退で、16000円
の株価も予想されている現状で年金は
際限なく溶けてしまいます。

 ある金融関係に努める若い方ですが、
何れ、脱サラして農業をするつもりだと。

 要するに、将来年金が当てにあらない
ので、農業をやり自給規則できるように
したいそうです。

 地銀には、危機感があるようです。

 聞いたところでは、農業をやろうとする
若い方は決して少なくないそうです。

 ちゃんと安倍政権を見ている方は、
家族のことを考え、防衛策を考えて
いるようです。

 多分、都心の若い方よリ地方の方の
が危機感を持っているのでしょう。

 都心の1000万前後の高収入の方の
預貯金のなさが問題にもなっていますね。

 地方は何とか暮らしていけますが、
都心の方はお金がないと難しいそう
です。
Posted at 2019/01/10 08:52:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記

プロフィール

「“自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり! http://cvw.jp/b/457233/42529255/
何シテル?   02/20 11:16
子供達が結婚し独立。 孫の誕生を楽しみにしている、 おじいちゃん予備軍です! →2018年12月25日、 念願のおじいちゃんに なれました! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
我が家“三代目ランクルブラザース”となります!(笑
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ランクルを所有したかったのですが、 80を我慢して、念願の100を手に入れた、 ドノーマ ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有。 通勤カーでした。
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ちょっとだけいじりました!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.