• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LC=相棒のブログ一覧

2019年02月03日 イイね!

ガソリンスタンドが急速に減少する背景・・・


livedooa!NEWS

【転載開始】

■ピーク時の約6万件から半減
 ガソリンスタンドが急速に減少する背景

 ガソリンスタンドが急速に減少!
 インフラとして役に立たなくなる危険

 ガソリンスタンドは、1994年のピーク
時には約6万件であったが、現在は
約3万件と半減し、さらに減り続けて
いる。
要因は行政の政策などいろいろある
のだが、『車の燃費が良くなった』こと、
『車の走行距離が少なくなった』こと、
『車の台数が激減した』ことなどが考え
られている。
『景気の後退』と『安全性を高める』政策
などが背景にあり、カーシェアやEVなど
が普及してくると、数が減りすぎて、
もはや遠くに出かけることが出来なくなる
ことや、夜間の走行が難しくなったりする
ことが懸念される。
山間部では、ガソリンスタンドまでの距離
が実用にならないほど遠くになってきて
いる。
また、コストダウンなどの狙いからセルフ
スタンドが増えているが、すでに約1万件、
ガソリンスタンド全体の1/3ほどになって
きている。

 一方で、EVの急速充電スタンドが、
ガソリンスタンドに代わる役割を担って
いるのだが、約7,000件と増えてはいても、
バッテリー性能との関係で、ガソリン
スタンドに替われるまでには役に立たない。
それは、EVの航続距離が短く、約30km
ごとに充電スタンドが必要との試算もある。
また、1回の充電時間が40分で80%充電と
時間がかかりすぎ、台数が増えれば実用
にならない事態が起こる。

 自宅で夜間充電を行って限られた範囲
で走行する使い方が、かえってガソリン
スタンドが閉鎖してしまった地域でEVを
普及させるかもしれない。
それでも、バッテリーの寿命が5年ほどに
限られていては実用に不足であり、
ガソリン車にとって代わるには、中古価格
などの問題が難問だ。

 現在、急速に実用化を目指している
「全固体電池」が実用化されると、
EVの実用性能は一気に上がることとなり、
価格次第で普及が進むかもしれない。
しかし、その一方で、ガソリンスタンドの
閉鎖はさらに加速することが考えられ、
EV・PHEVとガソリン車・HVとの入れ
替わり時の混乱がないように考えて
ほしいものだ。
幸いEVは家庭で充電できるメリットがあり、
全固体電池などで電池の性能が大幅に
上がれば、一気にガソリン車にとって
代われる可能性がある。
急速充電スタンドも、設置費用がガソリン
スタンドに比べて格安であるので、
急速に普及するであろう。
コンビニとのコラボが、日本では大きな
可能性を示している。

 ガソリンスタンド難民の救済には、
EVが役に立つ可能性が高く、意外に地方
のほうが、普及が速いのではと考えられる。
現在は高価なEVの価格設定がカギとなる
だろう。
都市部ではカーシェアが広がると思われる
が、地方はシェアの利便性も持てず、
やはり安価な車両開発と、何らかの補助が
有効であろう。

 採算が難しくなったガソリンスタンドの
維持は現実味がなく、国内でも全固体電池
の実用化と共に、急速にガソリンスタンドの
閉鎖と、EVの普及が進むかもしれない。

【転載終了】

************************

 現金のみのスタンドがあるのですが、
セルフより安いってどういうこと・・・?

 カードの手数料がないからでしょうか?
灯油も配達するところより11円安なので、
灯油缶で買いに行ってます。(近いので)

Posted at 2019/02/03 20:45:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2019年02月03日 イイね!

ガソリンスタンドが急速に減少する背景・・・


livedooa!NEWS

【転載開始】

■ピーク時の約6万件から半減
 ガソリンスタンドが急速に減少する背景

 ガソリンスタンドが急速に減少!
 インフラとして役に立たなくなる危険

 ガソリンスタンドは、1994年のピーク
時には約6万件であったが、現在は
約3万件と半減し、さらに減り続けて
いる。
要因は行政の政策などいろいろある
のだが、『車の燃費が良くなった』こと、
『車の走行距離が少なくなった』こと、
『車の台数が激減した』ことなどが考え
られている。
『景気の後退』と『安全性を高める』政策
などが背景にあり、カーシェアやEVなど
が普及してくると、数が減りすぎて、
もはや遠くに出かけることが出来なくなる
ことや、夜間の走行が難しくなったりする
ことが懸念される。
山間部では、ガソリンスタンドまでの距離
が実用にならないほど遠くになってきて
いる。
また、コストダウンなどの狙いからセルフ
スタンドが増えているが、すでに約1万件、
ガソリンスタンド全体の1/3ほどになって
きている。

 一方で、EVの急速充電スタンドが、
ガソリンスタンドに代わる役割を担って
いるのだが、約7,000件と増えてはいても、
バッテリー性能との関係で、ガソリン
スタンドに替われるまでには役に立たない。
それは、EVの航続距離が短く、約30km
ごとに充電スタンドが必要との試算もある。
また、1回の充電時間が40分で80%充電と
時間がかかりすぎ、台数が増えれば実用
にならない事態が起こる。

 自宅で夜間充電を行って限られた範囲
で走行する使い方が、かえってガソリン
スタンドが閉鎖してしまった地域でEVを
普及させるかもしれない。
それでも、バッテリーの寿命が5年ほどに
限られていては実用に不足であり、
ガソリン車にとって代わるには、中古価格
などの問題が難問だ。

 現在、急速に実用化を目指している
「全固体電池」が実用化されると、
EVの実用性能は一気に上がることとなり、
価格次第で普及が進むかもしれない。
しかし、その一方で、ガソリンスタンドの
閉鎖はさらに加速することが考えられ、
EV・PHEVとガソリン車・HVとの入れ
替わり時の混乱がないように考えて
ほしいものだ。
幸いEVは家庭で充電できるメリットがあり、
全固体電池などで電池の性能が大幅に
上がれば、一気にガソリン車にとって
代われる可能性がある。
急速充電スタンドも、設置費用がガソリン
スタンドに比べて格安であるので、
急速に普及するであろう。
コンビニとのコラボが、日本では大きな
可能性を示している。

 ガソリンスタンド難民の救済には、
EVが役に立つ可能性が高く、意外に地方
のほうが、普及が速いのではと考えられる。
現在は高価なEVの価格設定がカギとなる
だろう。
都市部ではカーシェアが広がると思われる
が、地方はシェアの利便性も持てず、
やはり安価な車両開発と、何らかの補助が
有効であろう。

 採算が難しくなったガソリンスタンドの
維持は現実味がなく、国内でも全固体電池
の実用化と共に、急速にガソリンスタンドの
閉鎖と、EVの普及が進むかもしれない。

【転載終了】

************************

 現金のみのスタンドがあるのですが、
セルフより安いってどういうこと・・・?

 カードの手数料がないからでしょうか?
灯油も配達するところより11円安なので、
灯油缶で買いに行ってます。(近いので)

Posted at 2019/02/03 20:45:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2019年02月03日 イイね!

ガソリンスタンドが急速に減少する背景・・・


livedooa!NEWS

【転載開始】

■ピーク時の約6万件から半減
 ガソリンスタンドが急速に減少する背景

 ガソリンスタンドが急速に減少!
 インフラとして役に立たなくなる危険

 ガソリンスタンドは、1994年のピーク
時には約6万件であったが、現在は
約3万件と半減し、さらに減り続けて
いる。
要因は行政の政策などいろいろある
のだが、『車の燃費が良くなった』こと、
『車の走行距離が少なくなった』こと、
『車の台数が激減した』ことなどが考え
られている。
『景気の後退』と『安全性を高める』政策
などが背景にあり、カーシェアやEVなど
が普及してくると、数が減りすぎて、
もはや遠くに出かけることが出来なくなる
ことや、夜間の走行が難しくなったりする
ことが懸念される。
山間部では、ガソリンスタンドまでの距離
が実用にならないほど遠くになってきて
いる。
また、コストダウンなどの狙いからセルフ
スタンドが増えているが、すでに約1万件、
ガソリンスタンド全体の1/3ほどになって
きている。

 一方で、EVの急速充電スタンドが、
ガソリンスタンドに代わる役割を担って
いるのだが、約7,000件と増えてはいても、
バッテリー性能との関係で、ガソリン
スタンドに替われるまでには役に立たない。
それは、EVの航続距離が短く、約30km
ごとに充電スタンドが必要との試算もある。
また、1回の充電時間が40分で80%充電と
時間がかかりすぎ、台数が増えれば実用
にならない事態が起こる。

 自宅で夜間充電を行って限られた範囲
で走行する使い方が、かえってガソリン
スタンドが閉鎖してしまった地域でEVを
普及させるかもしれない。
それでも、バッテリーの寿命が5年ほどに
限られていては実用に不足であり、
ガソリン車にとって代わるには、中古価格
などの問題が難問だ。

 現在、急速に実用化を目指している
「全固体電池」が実用化されると、
EVの実用性能は一気に上がることとなり、
価格次第で普及が進むかもしれない。
しかし、その一方で、ガソリンスタンドの
閉鎖はさらに加速することが考えられ、
EV・PHEVとガソリン車・HVとの入れ
替わり時の混乱がないように考えて
ほしいものだ。
幸いEVは家庭で充電できるメリットがあり、
全固体電池などで電池の性能が大幅に
上がれば、一気にガソリン車にとって
代われる可能性がある。
急速充電スタンドも、設置費用がガソリン
スタンドに比べて格安であるので、
急速に普及するであろう。
コンビニとのコラボが、日本では大きな
可能性を示している。

 ガソリンスタンド難民の救済には、
EVが役に立つ可能性が高く、意外に地方
のほうが、普及が速いのではと考えられる。
現在は高価なEVの価格設定がカギとなる
だろう。
都市部ではカーシェアが広がると思われる
が、地方はシェアの利便性も持てず、
やはり安価な車両開発と、何らかの補助が
有効であろう。

 採算が難しくなったガソリンスタンドの
維持は現実味がなく、国内でも全固体電池
の実用化と共に、急速にガソリンスタンドの
閉鎖と、EVの普及が進むかもしれない。

【転載終了】

************************

 現金のみのスタンドがあるのですが、
セルフより安いってどういうこと・・・?

 カードの手数料がないからでしょうか?
灯油も配達するところより11円安なので、
灯油缶で買いに行ってます。(近いので)

Posted at 2019/02/03 20:45:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2019年02月03日 イイね!

ガソリンスタンドが急速に減少する背景・・・


livedooa!NEWS

【転載開始】

■ピーク時の約6万件から半減
 ガソリンスタンドが急速に減少する背景

 ガソリンスタンドが急速に減少!
 インフラとして役に立たなくなる危険

 ガソリンスタンドは、1994年のピーク
時には約6万件であったが、現在は
約3万件と半減し、さらに減り続けて
いる。
要因は行政の政策などいろいろある
のだが、『車の燃費が良くなった』こと、
『車の走行距離が少なくなった』こと、
『車の台数が激減した』ことなどが考え
られている。
『景気の後退』と『安全性を高める』政策
などが背景にあり、カーシェアやEVなど
が普及してくると、数が減りすぎて、
もはや遠くに出かけることが出来なくなる
ことや、夜間の走行が難しくなったりする
ことが懸念される。
山間部では、ガソリンスタンドまでの距離
が実用にならないほど遠くになってきて
いる。
また、コストダウンなどの狙いからセルフ
スタンドが増えているが、すでに約1万件、
ガソリンスタンド全体の1/3ほどになって
きている。

 一方で、EVの急速充電スタンドが、
ガソリンスタンドに代わる役割を担って
いるのだが、約7,000件と増えてはいても、
バッテリー性能との関係で、ガソリン
スタンドに替われるまでには役に立たない。
それは、EVの航続距離が短く、約30km
ごとに充電スタンドが必要との試算もある。
また、1回の充電時間が40分で80%充電と
時間がかかりすぎ、台数が増えれば実用
にならない事態が起こる。

 自宅で夜間充電を行って限られた範囲
で走行する使い方が、かえってガソリン
スタンドが閉鎖してしまった地域でEVを
普及させるかもしれない。
それでも、バッテリーの寿命が5年ほどに
限られていては実用に不足であり、
ガソリン車にとって代わるには、中古価格
などの問題が難問だ。

 現在、急速に実用化を目指している
「全固体電池」が実用化されると、
EVの実用性能は一気に上がることとなり、
価格次第で普及が進むかもしれない。
しかし、その一方で、ガソリンスタンドの
閉鎖はさらに加速することが考えられ、
EV・PHEVとガソリン車・HVとの入れ
替わり時の混乱がないように考えて
ほしいものだ。
幸いEVは家庭で充電できるメリットがあり、
全固体電池などで電池の性能が大幅に
上がれば、一気にガソリン車にとって
代われる可能性がある。
急速充電スタンドも、設置費用がガソリン
スタンドに比べて格安であるので、
急速に普及するであろう。
コンビニとのコラボが、日本では大きな
可能性を示している。

 ガソリンスタンド難民の救済には、
EVが役に立つ可能性が高く、意外に地方
のほうが、普及が速いのではと考えられる。
現在は高価なEVの価格設定がカギとなる
だろう。
都市部ではカーシェアが広がると思われる
が、地方はシェアの利便性も持てず、
やはり安価な車両開発と、何らかの補助が
有効であろう。

 採算が難しくなったガソリンスタンドの
維持は現実味がなく、国内でも全固体電池
の実用化と共に、急速にガソリンスタンドの
閉鎖と、EVの普及が進むかもしれない。

【転載終了】

************************

 現金のみのスタンドがあるのですが、
セルフより安いってどういうこと・・・?

 カードの手数料がないからでしょうか?
灯油も配達するところより11円安なので、
灯油缶で買いに行ってます。(近いので)

Posted at 2019/02/03 20:45:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2019年02月03日 イイね!

ロイター試算の18年実質賃金、0.4%減に下振れ! 


ロイター通信

【転載開始】

■焦点:ロイター試算の18年実質賃金、
 0.4%減に下振れ 2/1(金) 配信

[東京 1日 ロイター] -
 厚生労働省が不適切な調査を行って
きた毎月勤労統計で、適切処理して
再集計したデータを基にロイターが
試算したところ、2018年1月─11月の
実質賃金の水準(定例給与)は、前年比
マイナス0.4%だった。

 同省が昨年までの不適切調査で公表
してきた同マイナス0.1%から減少幅
が拡大している。
個人消費の拡大の起点となる実質賃金
の下押しは、政府の政策判断や市場の
見通しにも大きな影響を与える可能性
が出てきている。

<実質賃金、定例給与では2年連続実質で
 マイナスの可能性>

 「今回の再集計でそれほど大きな影響
は受けておらず、これまでの賃金動向の
判断に影響はない」──。
西村康稔官房副長官は1日の会見で、
前日に続いてこう強調した。

 しかし同副長官が指摘した再集計とは
18年1月に実施された、サンプル入れ
替えの影響を勘案しない賃金の再集計値
のみ。

 サンプル入れ替えによる段差を取り除き、
かつ同じ事業所で比較した実質賃金が
公表されれば賃金の実態が把握しやすいと、
この問題を追及して政府・与党側と対峙して
いる野党側は指摘する。

 複数の関係筋によると、厚労省は4日以降
にこの数字を公表する見通しだ。

 ロイターは、同省が公表し、データ入手が
可能な「サンプル入れ替えを勘案しない
ベース」での実質賃金の再集計値を使用し
試算を行った。
給与実態を最も典型的に反映していると
エコノミストの多くが認識している
「毎月受け取る定例給与」を対象に実質賃金
をはじき出した。

 その結果、18年1月─11月の実質賃金は
前年同期比マイナス0.4%となった。
同省が昨年まで公表していた値を基に試算
した同マイナス0.1%と比較すると減少幅
は拡大した。

 17年の同マイナス0.1%からもさらに落ち
込んでいることがわかった。

<低い賃上げ率、背景に日本経済への将来不安>

 物価の伸びにさえ追い付けないような鈍い
賃金の伸びは、毎年の賃上げが少ないこと
にも一因がありそうだ。

 安倍晋三首相はこの問題を追及される度に、
アベノミクスにより春闘でのベースアップが復活
しボーナスも過去最高だったと強調している。

 しかし、連合集計でみると最近の2%前後
の賃上げ率のうち、定期昇給分を除く賃金
底上げ分は18年春闘で0.5%程度。
これは名目賃金であり、18年物価上昇
(生鮮食品を除くベース)で0.9%の上昇
を差し引くとマイナスとなる。

 東京大学大学院の柳川範之教授はこう
した状況について
「本来、企業がベアをもっと上げていれば、
将来の絵も変わっていたはずだ。所得と
消費と企業部門の好循環が実現していた
はず」とみている。

 一方で「家計だけでなく企業も、将来不安
が大きいことに問題がある。企業も賃上げ
にも慎重にならざるを得ない」と指摘する。
企業を責めるより、社会全体が日本経済の
先行き不安を感じる現状を改革に注力すべ
きとの見解を示した。

<政府は10月の増税判断には「無関係」との立場>

 毎勤統計を信頼して賃金雇用情勢を分析
してきたエコノミストからは
「信頼性の高い賃金統計がなくなってしまった
ことが深刻な問題」(第一生命経済研究所・
副主任エコノミスト、星野卓也氏)など、
賃金動向の実体が把握できなくなったとの
声は多い。

 しかし、西村官房副長官と同様に、
「これまでの政策判断に影響しなかった。所得
に関する判断は、毎勤統計だけで行ってきた
わけではない」と、ある経済官庁幹部は説明
している。

 ただ、政府の景気判断を行う「月例経済報告」
では、雇用・所得環境の引用資料は主に毎勤
統計を使用。
時折、賃上げ率のグラフを付け足すなどして
いるだけだ。

 過去2年間の実質賃金が伸びが鈍かった
ことが判明し、今年10月の消費税率引き
上げの判断への影響も気になるところ。

 だが、先の経済官庁幹部は増税の必要性に
ついて
「財政資金が不足していることが最大のイン
センティブだ。今年10月の消費増税は教育
無償化や国土強靭化など、さまざまな政策
の財源となっている」と指摘。
増税判断に毎勤統計の問題が影響すること
はないと断言する。

 予定通り増税が実施されれば、物価は
少なくとも19年度に1.1%、20年度に
1.5%上昇する(日銀見通し)。

 ベアがそこまで届く経済環境にあるのか、
消費は腰折れしないのか──。
賃金の実態把握ができる統計の必要性が、
一段と意識されることになりそうだ。

(中川泉 編集:田巻一彦)

【転載終了】

*************************

 実質賃金がマイナスなのだから、
物価が上昇すれば益々景気が
落ち込むでしょう。

 そもそもの間違いが、物価上昇で
トリクルダウンを狙ったのですが、
消費増税を3%したことで賃上げ
しても消えてしまっています。
(輸出大手だけですが)

 一般消費者の購買意欲を削いで、
消費が進むはずがありませんよね。
Posted at 2019/02/03 11:51:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記

プロフィール

「朝日・産経世論調査安倍4選どちらも「反対」が過半数超え! http://cvw.jp/b/457233/42624931/
何シテル?   03/19 15:59
子供達が結婚し独立。 孫の誕生を楽しみにしている、 おじいちゃん予備軍です! →2018年12月25日、 念願のおじいちゃんに なれました! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
我が家“三代目ランクルブラザース”となります!(笑
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ランクルを所有したかったのですが、 80を我慢して、念願の100を手に入れた、 ドノーマ ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有。 通勤カーでした。
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ちょっとだけいじりました!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.