• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LC=相棒のブログ一覧

2019年02月15日 イイね!

怪文書は予告していた・・・


(日刊ゲンダイ)

【転載開始】

■怪文書は予告していた・・・
 ゴーン被告弁護人“電撃交代”の裏側




【転載終了】

***********************

 大鶴氏と弘中氏は因縁の相手と
いえますね。

 中東における大手の販売代理店が
日産を訴える動きを見せているという
情報もあります。

 この代理店は、中東で強い発言力
があり、仮に取引解消となれば、他の
代理店も追随して離反するかもしれず、
日産側も大打撃を被る可能性もある
との観測も。
Posted at 2019/02/15 20:01:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2019年02月15日 イイね!

東京五輪、大不況下で開催が現実味・・・


Business Journal

【転載開始】

■東京五輪、大不況下で開催が現実味・・・
 日本電産の業績悪化が日本経済の
 死活問題である理由

 1月中旬、衝撃が走った。
日本電産が今期の業績予想を
下方修正したからだ。
日本電産の2019年3月期は、
従来見通しの増収増益予想から
一転、減収減益となる見込みだ。
たかが一企業の下方修正では
ない。
“優等生”である同社の減収減益
は電機業界全体の失速感を象徴
する。
ちなみに同社の減収は10年
3月期以来9年ぶりとなる。

 日本電産は毎年M&A
(合併・買収)を実施している。
18年にも多くの買収があり、
今期は期初に米国家電大手の
ワールプール(Whirlpool Corporation)
からブラジルの大手冷蔵庫用
コンプレッサメーカー、エンブラコ
(Embraco)も買収している。
こうした寄与があるにもかか
わらず、今期は減収となるのだ。
繰り返すが、これは日本電産
固有の問題ではない。
日本の電機業界全体、あるいは
日本経済全体の足元の状況で
ある。

 誰もが認めるカリスマ経営者で
ある日本電産の永守重信会長は、
業績予想修正の会見において
「(18年の)11月、12月には尋常
でない変化が起きた」とも
「記憶にない落ち込みだった」とも
コメントしている。

 パナソニックや三菱電機の下方
修正にはそれほど驚かない。
むしろ日本電産をはじめ、京セラ、
さらにはディスコなどこれまで業界
を牽引してきた好業績企業の失速
見通しに国内景気の失速を実感
する。

■需要の減速は一過性か、継続的か

 念のため補足するが、すべての
企業が業績予想を下方修正して
いるわけではない。
19年3月期1~3四半期を終えた
時点で業績予想を上方修正して
いるところもある。
しかし、その多くは
「4~9月が想定を上回った」という
のが理由であることも注視しなくて
はならない。昨年終盤から景況感
が変わったことは間違いない。

 問題はこの需要減速は一過性の
ものなのか、継続的なものなのか、
という点である。
半導体製造装置のメーカーTOWA
は、やはり先に業績予想を下方
修正しているが、このなかで、
19年3月期第3四半期(18年
10~12月)から悪化した需要は
足元の第4四半期(19年1~3月)
にも継続しており、現状は
「底が見えない状況」になっている
とする。

 同業のディスコも
「上期は底堅く推移していたものの、
下期に入り設備投資意欲の低下が
顕著になった」と失速感を示す。
足元で「底を打った」という話はまだ
なく、やはり底ばい傾向が今なお
続いているとみるべきだろう。

■20年、不況のなかでの東京オリンピック

 業界では、とりあえず東京オリンピック
まで景気は上向くだろうと多くの人が
思っていた。
これが背景となり、東京オリンピックの
前に消費税率を上げてしまおうと
なっていた。
しかし、ここにきてそのシナリオが
崩れ始めている。

 昨秋からの需要減速の大きな
要因である米中貿易摩擦に
ついては、これから改善される
可能性もゼロではない。
トランプ大統領には焦りがみえる。
一気に米中貿易摩擦が回避され、
中国需要が回復する可能性もある。

 しかし、そもそも中国での経済
失速にはかねて懸念があり、
いつかはバブルが弾けるという
見方は根強い。
そういう意味では、中国での
景気減速が一時的なもので、
今後は回復するという予測より、
今回の米中貿易摩擦を契機に
一段と失速する可能性のほう
が高い。
そうなると底は一段と深くなる。

 ともかく国内景気は大きな
転換点を迎えており、それゆえ
の日本電産の9年ぶりの減収
である。
日本電産がくしゃみをする環境
であれば、国内多くの電機業界
各社は風邪をひいているのかも
しれない。
多くの企業が風邪をひくと、
中小企業のなかには死活問題
に陥るところもあるだろう。

 リーマンショック以来の不況は、
もうそこまで来ているのかもしれ
ない。
しかし、今年秋にはそれでも
消費増税は実施されるだろう。
今回はもう延期できないだろう。
そうなると、景気の失速を決定的
にする可能性がある。

 東京オリンピック後の不況が
これまで懸念されていたが、
東京オリンピックそのものが
大不況のなかで開催される
可能性が出てきた。
(文=高橋潤一郎
/クリアリーフ総研代表取締役)

【転載終了】

**********************

 安倍政権は、デフレを脱却でき
ないうちに、消費増税8%おこない、
自らの名前を付けた「アベノミクス」
の足枷になってしまいました。

 さらに、今年の消費増税10%で
致命的な不況のスイッチを入れて
しまうかも。
Posted at 2019/02/15 17:22:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2019年02月15日 イイね!

“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ!


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■やはり“首相案件”「毎月勤労統計」
 賃金カサ上げのシナリオ
 公開日:2019/02/14

 「毎月勤労統計」の賃金かさ上げ
は「首相案件」――。
2018年1月に突然、調査方法が
変更され、賃金がカサ上げされる
ことになった「毎月勤労統計」。
やっぱり、安倍首相周辺が関与して
いたことが発覚した。

 13日の衆院予算委で安倍首相
は、企業サンプルの入れ替えに
より数値が大きく変動することに
ついて、15年の段階で、当時の
首相秘書官が厚労省の役人から
説明を受けていたことを明らかにした。

 質問した財務省出身の大串博志
議員(立憲民主)は
「秘書官の耳に入るということは、
役所では“総理ご関心事項”と言う
んですよ」と語った。
14日の衆院予算委で、厚労省と接触
したのは、中江元哉首相秘書官
(現・財務省関税局長)で、15年3月末
だったことが明らかになった。
この後、統計の“見直し”は一気に進んだ。

■核心を突かれムキになった安倍首相

 15年10月の経済財政諮問会議で、
麻生財務相は
「サンプル事業所の入れ替え時に変動
がある。改善方策を早急に検討して
いただきたい」と「毎勤」の調査方法に
ケチをつけた。
その結果、毎勤統計の500人未満
事業所の抽出調査は「総入れ替え方式」
から「一部入れ替え方式」に変更され、
18年から実施された。
入れ替えは3年ごとに行われる。

 “総入れ替え”すると、倒産直前の企業
や生まれたての企業など低賃金の企業
が多く含まれるため、賃金は低く出る。
そこで、“一部入れ替え”に変更し、賃金
を上振れさせたのだ。

 調査方法の変更には統計委員会の
委員などから異論もあったが、
「首相案件」だから、ゴリ押しできた
のである。

 大串議員に追及された安倍首相は
ムキになって言い返した。

 「2015年は平和安全法制で1000問
質問を受けた。これ以外は持ってこない
でという状況だった。統計なんかに関心
を示すわけないじゃないですか。根本的
に知りませんから」
「毎勤は毎月見ませんよ」

 核心を突かれるとムキになるのが
安倍首相の特徴である。

 政治評論家の山口朝雄氏が言う。

 「統計見直しに、早い段階から首相秘書官
が動いていたということは重要です。麻生
財務相のみならず、安倍首相自身が大きな
関心を持っていたということです。森友、加計
のケースと同じで『首相案件』だったから、
官僚が忖度し、普通なら無理なことでも進ん
でいったのでしょう」

 どんな力が働いたのか――
徹底解明すべきだ。

【転載終了】

**********************

 これだけ悪事に絡んだ首相もないですね。
Posted at 2019/02/15 10:02:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2019年02月15日 イイね!

良好な経済指標ズラリ民主党政権は本当に“悪夢”だったか!


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■良好な経済指標ズラリ
 民主党政権は本当に“悪夢”だったか
 公開日:2019/02/14

 「悪夢のような民主党政権」――。
10日の自民党大会で安倍首相が
発した言葉が物議を醸している。
予算委員会で発言の撤回を求めた
岡田克也元民主党代表に対し、
安倍首相は「経済政策について主に
批判させていただいている」と、
アベノミクスが成功しているかのよう
に話していたが、経済指標で比べて
も、民主党政権の方がよかった事例
がたくさんあるのだ。

 まず、実質賃金が今より高かった。
民主党政権(2010~12年)の
実質賃金の平均賃上げ率は2.59%
で、第2次安倍政権(13~18年)は
半分以下の1.1%だ。
経済アナリストの菊池英博氏による
と、第2次安倍政権の発足以降、
実質賃金は年平均で15.8万円も
ダウンし続けているという。

 財務省の法人企業統計を見ると、
アベノミクス以降、企業が稼ぎを
人件費に回す割合の「労働分配率」
は下がり続け、17年度は66.2%
と43年ぶりの低水準だった。
一方で、企業の内部留保は6年連続
で過去最高額を更新。
17年度は446兆円にまで膨れ
上がった。
民主党が下野した12年度の304兆円
から、労働者に分配せず、142兆円も
増やしてきたのだ。

 安倍首相がひとつ覚えで
「史上初めてすべての都道府県で1倍
を超えた」と威張る有効求人倍率に
しても、民主党政権の上昇トレンドを
受け継いだ恩恵が大きい。

 「リーマン・ショックの影響で、09年
1~3月期の経済指標は軒並み大幅
なマイナスでした。有効求人倍率も
09年に0.47に落ち込んだが、民主党
政権で回復し、12年に0.80まで戻し
たところで安倍政権にバトンタッチしま
した」(経済評論家・斎藤満氏)

 それに、雇用が増えればいいという
ものでもない。
総務省の労働力調査によれば、
安倍政権で非正規雇用が220万人も
増え、全体の37.3%を占める。
年収200万円以下のワーキングプアも
100万人以上増えている。

 おかげで、「貯蓄ゼロ世帯」も増加の
一途。
金融広報中央委員会の調査では、2人
以上世帯の貯蓄ゼロ世帯は17年に
31.2%と過去最悪を記録。
18年はなぜか22.7%に大幅改善
したが、これは調査方法を変更した
からだという。

■「庶民には暮らしやすかった」

 都合の悪い数字はいじり、大本営
発表で見せかけの景気回復を演出
する。
それがアベノミクスの本質ではなかった
か。
鳩山政権で過去最高の11位を記録
した「報道の自由度ランキング」も、
17年には72位まで順位を落として
しまった。

 民主党政権の経済政策は、決して
間違っていたわけではない。
内閣府の「暦年実質GDP」のデータを
比べると、民主党政権は10年の
489.6兆円から12年の519.2兆円
まで6.1%も伸ばした。
東日本大震災があったにもかかわら
ずだ。
一方の安倍政権は17年の530.1兆円
まで2%程度しか成長していない。
16年にGDPの算出方法を変更して
カサ上げしても、実質成長は民主党政権
に遠く及ばないのだ。

 「GDPの6割を占める個人消費が、
民主党時代は増えていました。個人
を犠牲にして資産家や大企業を儲け
させる安倍政権よりも、勤労者の生活
を重視する民主党の経済政策の方が、
国民は暮らしやすかったと思います」
(斉藤満氏)  

 民主党政権は、自民党や既得権者に
とっての悪夢だったということだ。

【転載終了】

***********************

 ペテン政権と言われる所以ですね。

 このような情報を知らないのが、40%
の安倍内閣支持者です。

 経済政策の優劣は安倍政権2年後に
数字として出てきていました。
Posted at 2019/02/15 09:29:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2019年02月15日 イイね!

ネトウヨ専門紙も逝ったか・・・


ネットゲリラ氏の記事より。

【転載開始】

■ネトウヨ専門紙も逝ったか

 産経新聞が異常な勧誘で
問題になっている、というんだが、
「10年後からの7年契約」で
電動自転車が貰えるとかで、
年寄りを騙して契約させている
らしいw
 何故、10年後からなのか?
 ひとつには、家族にバレない
ようにするためw
 翌日から新聞が届いたら、
クーリングオフで拒絶されるw
 あと、ワザと守れないような
契約にしておいて、違約金を狙う。
年寄りが、「10年後からの7年契約」
なんて、その前に死んじゃうわw


<時事ドットコム>
 産経新聞の販売店が高額な景品で
長期契約の勧誘を行っていたのは
景品表示法に違反する疑いがある
として、大阪府消費生活センターが
同法に基づき、産経新聞大阪本社
(大阪市浪速区)を立ち入り検査
していたことが14日、分かった。
関係者によると、大阪府内にある
産経新聞の販売店は、高額な景品
と引き換えに1人暮らしの高齢者ら
に長期の新聞購読契約を勧誘。
解約を申し出たところ、高額な
解約金を求められたとして、府など
に苦情が寄せられていたという。


 産経新聞は以前からこの商法を
やっていて、液晶テレビだったな。
32インチの液晶テレビで年寄りを
釣っていた。
まぁ、100万円の壺売って霊感商法
やっていた連中なので、こういうのは
得意ですw

【転載終了】

**********************

 なんか、やばいことやってますね。

 元々、大手新聞紙とは思えないような
新聞社でしたからね。
Posted at 2019/02/15 07:39:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記

プロフィール

「月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘・・・ http://cvw.jp/b/457233/42638359/
何シテル?   03/22 18:48
子供達が結婚し独立。 孫の誕生を楽しみにしている、 おじいちゃん予備軍です! →2018年12月25日、 念願のおじいちゃんに なれました! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
我が家“三代目ランクルブラザース”となります!(笑
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ランクルを所有したかったのですが、 80を我慢して、念願の100を手に入れた、 ドノーマ ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有。 通勤カーでした。
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ちょっとだけいじりました!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.