• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おぷてー@ア艦これのブログ一覧

2016年03月30日 イイね!

ムッシュビバビバ【タイヤです】

ムッシュビバビバ【タイヤです】「ドイツの技術は世界一ィィィ!」

ドイツは凄いんですよ。
メーサーシュミットBf109・フォッケウルフFw190・Ta152といった優秀なレシプロ戦闘機や、ロケット戦闘機コメート、ジェット戦闘機Me262などなど。
そしてガルパンで一気にメジャー?になったドイツ戦車の数々。
3突、4号、パンターにティーゲル。
当時の工業技術ではまさに世界一の国家でした。
もちろん今でもメルセデスやBMW等から生まれてくる数々の工業製品を見ても世界最高峰技術を有しているのは疑いようがありませんね。

いきなり何を言い出したんだコイツは?とお思いかと思いますが、まぁこうゆう事です。


今回履き換えたミシュランPS3の生産国がドイツでしたのよ。
ただそれだけで少し叫んでみたんだぞい。
ミシュランはフランスの会社ですので正確にはドイツの技術では無いのですけれども。
そこは、ほら、アレですよ。
「お堅いドイツ職人が規律をクソ真面目に守って妥協なくタイヤを作っている」
一般的にはドイツってそんなイメージですので、なんか超良さそうじゃね?

しかし実際のドイツとゆうのはだな。
「仕事の事よりウィンナーの焼き加減に五月蠅いオッサンが水代わりにビール(もちのろんでドイツビール)を煽りつつタイヤ転がしてる」
これが正しいドイツ。(筆者の偏見です


まだ履き替えて昨日の今日ですから50㌔くらいしか走らせていないのでインプレも何も出来る状態では無いのですが、見た目は大分変わりました。
コレが今までのDZ101です。

195/50を7インチ幅のホイールにセットして少し引っ張り。
大きめリムガードが張り出してシャープな感じです。

そして今回のPS3はこんな感じ。


総統閣下もご満悦のプルンプルン。

205/50の標準リム幅が6.5インチなのでほんの少し引っ張りになりますが、プルンプルンなサイドのお陰でとても優しそうな感じです。
例えるなら…そう、幼い頃に近所に住んでいた優しいお姉さんのような…

しかしながらそのお姉さんも幼い私を残して結婚をされてですね。
どこの馬の骨とも分からん男の許へと嫁いでいったんですわ。
くそ、俺の初恋の人を返せ。

対してDZ101はお洒落で元気な女子高生って感じでしょうかね。
短いスカートからビッ!と細くて長い足が眩しい、そんな感じか。
あ~、はいはい、妄想乙~。


ショップでの履き替え作業していた写真を見て「スタッドレスですか?」とコメントして来た方がいました。
確かに…見えない事も無いな。
私の周りにはスポーツグリップタイヤ信者が多いからでしょうか。
こうゆう「普通の形したタイヤ」を見忘れてしまったのでしょうねw
スポーツタイヤの多く(メジャーな物はほぼ全部)はブロック剛性を出す為に、こんな風にサイドに切れ目が沢山あるとゆうのは無いですもんね。

今回PS3を選んだ最大の理由がウェット性能です。
「PS3のウェット性能は凄い」とゆうのが使用者の大多数の感想でした。
同時にセカンドグリップタイヤ同等のドライグリップ性能も併せ持っているらしいです。

最高かよ。

天候や路面の変化が多いロングツーリングが好きな私にはピッタリ。
まだ慣らし中ですのでレスポンスや細かい感触等は分かりませんが、昨日今日で少しだけ感じた事があります。

「転がりが良い」
…ような気がする。

タイヤの外径が大きくなったのですが、出だしの鈍りや加速の鈍りが感じられません。
外形を大きくするとまずココの部分に変化が出るのが普通なのですが。

左:DZ101 195/50R16
右:PS3 205/50R16

見ての通り1センチくらい違います。
外径が変わるとファイナルを変更した事と同じ効果(この場合ギア比はワイドへ)が出るのですが、転がりが良いのかほとんど加速に影響は出ませんでした。
これは嬉しい誤算でした。

そして5ミリほど車高が上がり…最低地上高が9センチ確保です、やったね。
おまけにフェンダーとの隙間も更に埋まって低く見える、やったね。
そしてリヤフェンダーの爪折りミスって少し波うっちゃった、やっちまったね。


やる気オーラがゼロ。
スポーツタイヤなのにこの「ボクはやりましぇん」感は好みが分かれそうです。
私は信号待ち等で隣にソレっぽい車が止まるとタイヤに目が行ってしまうのですが、記憶に無い程にこのタイヤを履いているのを見た事が無いのです。
たまにゴルフやカレラ等が履いているのを見るくらい。
もしかしたら日本車との相性が良く無いのか?とも思ってみたり少し不安ですが、色々と走り込んでみたらレビューしてみたいと思います。


あと、コレ使ってみたわ。


ワコーズのフューエル1ね。
「2タンク使うとえぇでぇ!めっさキレイになるでぇ!!」
と、ワコーズさんのHPに書いてありました(文言は違いますが内容はそんな感じ)。
そこまで言うならやってやんよ、と2タンク分の2本を使いました。
距離にして1000㌔くらいです。
なんでもエンジン内のカーボン除去してくれるらしいので、10万㌔のインテグラのエンジンもさぞキレイに…

中が見えないから確かめようが無いですよね(汗

と「信じる者は救われるアイテムだったかぁ…」と半ば諦めてましたが、プラグ見れば分かるかも?と思い車検前点検がてら外してみました。
焼けは良好、ギャップも問題無し。
付着しているカーボンはと言うと…何だかいつもより層の厚さが薄いような…

軽く力を入れてウェスでゴシゴシとすると…


簡単に取れる。
ココのカーボンって結構ガッツリと付着していて、カッターの背の部分で削らなきゃ取れないのですよ。
それがこんなに簡単に取れたのにはビックリです。
この事から恐らくエンジン内(ピストンヘッドとかバルブ周辺)もカーボンがそれなりに除去されているのでは無いかと想像できます。
簡単に落ちたとゆう事は、再付着しにくくなっているのかも。

信じる者は救われた。
(と思う。)
しかし当然ながらオイルを汚すので頻繁に使うのは辞めた方が良さそうですね。
使うならオイル交換前かな。


ちなみにスリップマーク案内に小さいムッシュもおるんやでw
Posted at 2016/03/30 21:10:40 | コメント(9) | トラックバック(0) | インテグラ | クルマ
2016年03月27日 イイね!

覚えていますか?例のアレ。

覚えていますか?例のアレ。ダメと分かっていても止められない。
堕ちる瞬間の気持良さを忘れられずに誘惑に負けて…

それが「こたつ寝」。

その副作用がスゴイ。
スゲー身体だるいのぉ。
気持ワルイよぉ、頭痛いよぉ、ヒモ生活したいよぉ。
(最後のは関係ありません)

土曜日の朝がそんな感じでした。
くそぅ…それもこれもあのクソ上司が悪いんだ…(完全に八つ当たりです


酷い頭痛でしたが取り敢えず大須へ向います。
するとどうですか?
あれだけ酷かった頭痛が、スッキリ爽やか脳内に春風が舞い始めてクソ上司の顔がカワイイ女の子のように思えて…それは無いな。
だってあの人、タンス臭いんだもん。
タンスで寝起きしているんじゃないかってくらい。
ふむ…地震が来ても安全そうだな…。

頭が冴え渡った所で事務用品の買い物をします。
4月から始まる新年度を機会に新しい名刺入れが欲しかったんですよ。

本革製の名刺ケースです。
今までは金属製のペコペコするヤツでしたが、出来る社会人はこうゆう所から滲み出る何たらカンたらで…のような?そんな感じ。


私は「出来ない社会人」ですので問題ありません。
こうゆう所から滲み出る何たらカンたらで…うへ…うへへ…

おっと、つい奥底に隠されている(皮膚の下1ミクロン、深い)キモチワルサが滲み出てしまいましたね。
いつもは上手くカモフラージュ出来ているのですが。
ところで「キモチワルサ」って「ドコサヘキサ」みたいで身体に良さそうですよね?
漢字で書くと「気持悪さ」なのに。

その他にも文学小説(冴えカノ新刊)や日本の伝統菓子(うまい棒他)を購入して大須を離れました。
最近の大須はこんな感じですね。
長居せずに用事が済んだら即離脱。
長居してると余計な物まで買っちゃいますので。
これ以上カードが火を吹くとヤバイ(汗

さて…帰りますか…


うぉぉぉぉ!



うわぁぁぁぁ!



うぉぉぉぉ!


色々と疲れましたw


さて、ようやくタイトルの用件です。
みなさん覚えていますか?
私がブログにも上げる大好きだった例のアレが終わりを迎え…

例の…、そう例のアレ…





「例の紐」が届きました。
注文したのが昨年の7月でしたのでコレッぽっちも覚えていませんでした。
ヘスティア、神過ぎるだろ…(元々神です


見上げると「ふふん♪」のような感じです。
素晴らしい。


上から見るとまた違った表情に見えます。
「どうだい?ベルくん?」
素晴らしい。


数あるヘスティアモデルからこのホビージャパン製を選んだ理由の一つがこの部分の造形です。
紳士なオマエラには何も語る必要もあるまい。
素晴らしい。


もう車なんて要らないよ!(ご乱心


(スッキリ)


さて、例のモーニング海鮮の件です。
いつも敦賀まで食べに行っているアレですアレ。
29日で早朝営業が終わるので、先日すーやんと食べに行きました。
あの日が最後、食べ収めだな…と決めていたのですが…


おはよう海鮮丼。
いつもの鯛まぶし定食では無くて、一番最初に頼んだのと同じ「漁師のまかない丼」にしました。

いつものように開店時間の6時に着いたら…すでに満席でした。
皆さん同じように食べ収めに来たとの事です。
地元の方だけでなく、大阪、三重などの他府県ナンバーもポチポチと。


敦賀の寒い朝にこの「あら汁」が最高に美味かったんですよ。
遠くから来て食べるだけの価値あるモーニングでしたが、これで本当に食べ収めです。
次は昼営業に来て敦賀を楽しむとします。
(昼のメニューは少しお高いのよ。でも豪華。)


購入して2年経ってすっかりと馴染んだ感がありますが、馴染めば馴染むほど不満が出てくる物でもあります。
欲望の塊で出来ている人間なんてそんなもんですわ。
快適性ウンヌンはこの車に求めるのはナンセンスですのでどうでも良いのですが、制動に関してイマイチ掴みきれないとゆうか…。
サーキット用のタイヤだと限界位置が分かるのですが、普段用のDZ101での限界位置が掴みきれません。
ストーリアでDZ101を履いている時はそんな事は無かったのですので、足との相性と履き方(結構引っ張り)なのかなと思い始めています。

腕だろって?そんなの分かっているわい。



ABSが無い方が扱い易いぜ!
…なんて思っていた時期もありました。
良く出来たABSは走りのジャマしないから、ホントに自然にアシストしてくれますから。
ストーリアのABSですか?雪道とか凍結路とかで簡単に事故れますよ?
ブレーキ踏んでも一切制動せずに普通に転がり続けるあの感覚…思い出すだけで寒気がします(汗

今日は天気も良く気温も低くは無かったので少し寄り道を。
福井県と滋賀県の県境を越えた、とあるポイント。


琵琶湖。
相変わらず大きいです。
いつも走っている湖岸道路が対岸40㌔先にあるのですが遠すぎて霞んでしまい見えません。


彦根側は人多いのですが、コチラ側は釣り人が1人2人居るくらいで静か。


未だに絞りとか露出とか意味分かんないけど、それなりに写せる一眼レフって凄いですね。
入門用のミラーレスなんですけどね、小さいし軽いし気軽に使えるのが気に入っています。
ヒキニートに憧れる行動派の私にはピッタリだと思うの。
改めて格安で譲ってくれたスポーツMさんには感謝です。
もうお値段の数倍は楽しんでいますぞ。
これからも使い続けて骨の髄までしゃぶり尽します。


編集無しで私のポンコツ腕でこれだけ写っていれば満足。
どの道本格的な一眼を使いこなす自信無いですし。
何でか分からないのだけれども、露出とか絞りとかのアレやソレが全く頭に入って来ないのですわ(汗
カメラに興味無いワケでは無いのに…おぷてーさん七不思議の一つ。
ちなみにずっと平社員なのも七不思議の一つ。
おかしいなぁ、ちゃんと毎日仕事行ってるのになぁ。
(そんなんだから偉くなれないのです)


そう言えば大(かわいい)魔法使いレレイ氏(GATE出演)もこう言っています。


「質を求めればキリが無い」と。
自分に必要なレベルの物であれば、それ以上は我慢せよって事ですね。
そう考えると…レンズ沼にハマらないで済んで良かった、マジ良かった。
アイツら親指立てて溶鉱炉に沈んで逝くようだからな、レンズ沼とゆう溶鉱炉にw

…とは言え。

譲れない物があるのは人それぞれでしてね。
私にも譲れない物があります。
キリが無いと言われながらも考えた末に出した結論がコレです。


タイヤ買ったわ。
今のタイヤ、まだ5分くらい山残ってるけど潮時です。
色々考えた末に決めたミシュランPS3への変更ですが、吉と出るか凶と出るか。
寒い日も暑い日も、晴れの日も雨の日も、毎日乗る車だからこそ単純にドライグリップだけ求めてハイグリップタイヤを履くのはナンセンス。
晴れた休日しか乗らないよ!って羨ましいセカンドカー持ちはそれでも良いんだけれども。
車体や足回りに掛かる負荷も大きいでしょうしね、素の良い状態で長く乗りたいからそうゆうのはもう辞めた。
…って気付くまで大分掛かかりましたです。
このビバンダムな肥満おっさんタイヤがどのようなカーライフを味わせてくれるか楽しみです。





しつこいようですがコチラは最高でした。



Posted at 2016/03/27 19:13:05 | コメント(10) | トラックバック(0) | 徒然なる事 | 日記
2016年03月23日 イイね!

村のほっとステーション。

村のほっとステーション。     上野発の夜行列車降りた時から、
終着駅は雪のn(J○SRAC対策

カシオペアとゆう夜行列車の運行が終了しましたね。
これで上野発の夜行列車が無くなる事になります。
…てか若い人はこの歌詞知らんですよね。
このページを見てくれる人の割合は比較的若い方が多いのですよ。
20代前半とか結構多い。

これはひとえに私の発想と行動がヤングでイケイケなシティボーイ風であるからだと自負しております。
これからもよろしくチェケラッチョ。



なんだろ、かいててしにたくなってきたよ


生きる為に大事なのは食う事だ。
ってワケで、スーパー等へ食い物を買いに行くのは誰でもやっていますわね。
私も週に1度くらいの割合でスーパーかドラッグストアに行きます。
最近はドラッグストアでもパンとか豆腐や玉子等の食品が売っているので「スーパーに行くほどでも…」とゆう時はソチラで済ませています。
菓子パンとかお菓子はソチラの方が安く買える場合が多いですからね。
これぞ主夫の知恵です。
誰かお嫁に…

日曜日、ポカポカ陽気でしたが特に予定も無く。
「食料を買いに行かねばならんなぁ…」と近所のスーパーへ向ったのですが、いつも同じスーパーだといつも同じ物しか買いません。
料理のレパートリーが貧弱ですのでね、同じ食材しか買わないとゆう。
これが主夫の実態。
誰かお嫁に…



そんな平凡な食卓へ刺激を入れようと久しぶりに違うスーパーへ向いました。
自宅から車で30分程走って到着したのがココ。

岐阜県は八百津にある「後藤食品」。
ココのスーパー、そこらにあるスーパーと比べて品揃えが少し変わっているんですよ。
他では置いていない商品とかがお値打ち価格で買えます。
逆に少し高いか?とゆうのもあるのでそこは主夫の能力の見せどころになります。


「ヘボあります」
蜂の子の事らしいのですが、コレは少し勇気がいるので買いませんでした(汗


カップやきそば…のハズ。
まだ勇気が出ずに食べていませんけれども…マウンテン的な何かなのか?


昼前でしたので普通のエビフライ弁当(割引価格で150円)にしました。
値段はアレですけど、至って普通に美味しい。

ココ、八百津とゆうのは近くに丸山ダムとゆうのがありましてね。
ダムがある場所とゆうのは大抵の場合ドライブコースに最適な道路が整備されているのですよ。
丸山ダムも同じような状態でして、少々ドライブしてから帰る事にしました。
初めて走る道路ですので楽しみです。

広く整備されたワインディングを気持よく流して行くと大きな橋に出ました。
橋の手前には大きな駐車スペースも。
これは景色も良さそうで最高の場所じゃなないか!?


そう思っていた時期もありました。




…マジか。


景色どころじゃ無くなってきたンゴ。

会社の同僚に聞いたら有名な所のようです。
余りこうゆう所に興味本位で来るのは良く無いのですが、路面とコースが良好なので良いドライブコースになっているのは確かなようです。
気にし過ぎも良くないよな?


34R。
広々とした車線に勾配あるコースですので存分に楽しめそうです。


まさかのデルソル。
キレイな個体を見るのは何年ぶりか分からないくらい、そして久しぶりに走っているデルソルを見ました。
やっぱりB型エンジンの甲高い音は気分が盛り上がります。
そう言えば最近会社の後輩でEG6を購入した子が居ましね、ロールバー組み込みドンガラにおっ立ちリヤスポ。
いわゆる「環状仕様」だったんですよ。
ソレのエキゾーストノートがこれまた…(お察し


橋を後にして、更に奥地へと走らせます。
広々とした道路がいつの間にやら車1台通るのがやっとの峠道になり…対向車が来ない事を祈りつつ進んだらこんな場所へ。


コンビニ?そんなのねぇよ村。
商店はあった。やってなかったけど。
でもヤマトさんの配達車は走り回ってたから生活に困る事は無さそうです。
クリック一つでアマゾンから翌日配送されるこの時代、通勤できるならこんな静かな場所に住むのも幸せかもしれない。

…って、軽く考えて移住したら「大須遠いやないけ(怒」「ちょっと酒のツマミを買いにコンビニまで…徒歩3時間(汗」となりそうなのでやめておこう、そうしよう。


更に進むとようやく幹線道路へ出ました。
すると「たこ焼き屋」が現れました。
他に店も無いのにいきなり「たこ焼き屋」さんですよ、山の団子屋ならず山のたこ焼き屋。

こんな山の中じゃ客なんか…

と思いきや。
地元の人がオヤツに買いに来たり(建築事務所の人が接客用に買いに来た)、ツーリングやドライブの休憩で入ってきたりと結構繁盛しているっぽい。

愛想の良いお姉さんが世間話しながら焼いてくれます。

昼食を食べてから時間も経っていたのでガッツリ食べたいなぁ…と中学生を注文しました。
「中学生を注文しました。」

突然何を言い出してんのこの変態は!?と思った?
いや…小学生でも良かったのですがね、ここはガッツリと中学生を…


妹(3個)があれば、なお良し。


たこ焼きを摘まみながら店のベンチでボケーっと。
色々思い浮かべては消え、消えては思い浮かび…
あのグッズは買うべきなのか…とか、あのメーカーのタイヤに変えてみようか…とか。
中学生を食べながら、ジックリと中学生を味わいながら食べてた…

…ら、30分くらい経ってたぞい。


ノンビリするには最高のロケーションだろ?
おやつの追加もスグに出てくるし…これぞセレブの休日。
(たこ焼き10個食い尽くすセレブがいればの話だが)

目的地が無いドライブってのもなかなか面白いもんですね。
買い物がてら時間潰しに足を少し伸ばしただけでしたが、運転欲を発散できました。

土日の山間部はこうゆうのが多くて刺激を受けながら走れるのが良いです。
市街地を走っていると息がつまりそうなんじゃ…と言うと都会連中に怒られそうです。
都内の道路を走っている人って辛抱強いですよね。
あの信号の引っ掛かる頻度は拷問に近いです(汗
名古屋人だったら間違い無く暴動が起きるレベルよ?



唐突ですが、英梨々さん誕生日おめでとう。


Tシャツは腐らない、でもタンスから溢れている。
タンス買わなきゃ!


4月から2期放送決定!
…の報に狂喜したのだけれども、よくよく確認したら2017年の4月だったとゆうオチ。
それまでに色々グッズ展開して製作費確保なのですよね?
分かります、分かります。
協力しますよばかやろう。


【おまけ】
ドライブ途中ですれ違ったダンプカーの散弾攻撃を食らったの。
小石を沢山巻き上げられて「鬼は外~」されたの。


許さない、絶対に許さない。


…頑張って修理したぞい。
目立たないくらいに直りました。
この補修材(800円/2回分)は優秀。



Posted at 2016/03/23 14:46:51 | コメント(11) | トラックバック(0) | 徒然なる事 | 日記
2016年03月19日 イイね!

【ホントごめんて】ツーリング先で出会ったのは因縁の…w

【ホントごめんて】ツーリング先で出会ったのは因縁の…w「子々孫々」(ししそんそん)
「因縁」(いんねん)
「宿敵」(宿敵)
ざるそば(かわいい)


今回の旅はこんな旅。
何やらドロドロしていそうな感じですね、言葉的に。
さて今夜もドロドロした血生臭いお話の始まりです。
最後のざるそば(かわいい)は今回とは何の関係もありません。
ただ語呂的に並べてみたかっただけ。


ざるそば(かわいい)


15日(火曜日)
前日のホワイトデーは特に何も無かったので(ペッ!)夜の9時半に就寝しました。
そして深夜3時に起床。

~その3時間後~


おはよう敦賀港。
みん友の「すーやん」とモーニング海鮮を食べに敦賀に来ました。
いつもはボッチ行動か同乗移動のですので誰かとツーリングするのは久しぶりなのですが、やはりツーリングは楽しいですね。
休憩の時に「さっきのコーナーがさぁ」とか「あの時の加速は…」とか、そうゆう楽しみがあります。


そして今日も今日とて「鯛まぶし定食」。
ココ「どんと屋」は今月29日で朝営業を終了してしまうので、恐らくこれが最後のモーニング海鮮になると思うと…また一つ楽しみが減るのが残念でなりません。
次を探そw

モーニング文化とゆう東海地方民とはいえ朝3時に起きるのはなかなか辛いものがありましたが、来る度に舌を満足させてくれました。
早朝ドライブとゆう楽しみも同時に提供してくれた事にも感謝です。
こうゆうキッカケでも無いと「敦賀」とゆう土地には縁が無かったですしね。
また観光がてら行ってもえぇな、敦賀。


「倉庫GUY」


インテRのシャープな造形とNDロドスタのグラマラスな造形の対比。


お尻プルンプルン。


ロングノーズグラマラス美人。
いかにも前後バランスが良さそうなプロポーション。


それにしても目ツキが悪い2台である。
衝突安全の絡みでボンネットが高くなっている昨今では、薄い横長ライトとゆうのがなかなかお目に掛かれなくなって来ました。
NDは先ほどの真横からの写真を見ると分かり易いのですが、ノーズを尖らせることに事によって薄型ライトが違和感なく収まっています。
丸目のカワイイライトも好きですけどね、スポーツカーと言えばコッチかな。


倉庫前で「日本海の海風パナイ(鼻汁)」と小一時間遊んだ2人が次に向ったのは、ココ。


「一乗谷朝倉氏遺跡」
時代は戦国。織田信長によって攻め滅ぼされた朝倉氏が本拠としていた場所です。
一乗谷には京の都から移ってきた公家も多くおり、北陸随一の都市として発展していました。
しかし信長の侵攻により一乗谷は3日3晩業火に包まれて消失してしまいます。
そして朝倉氏滅亡後は、一乗谷より北西に位置する北ノ庄が織田支配の拠点となり、一乗谷は土や砂に埋もれていってしまいました…
この事から「日本のポンペイ」と言われているそうです。
40年程前から発掘調査が始まり、当時の一乗谷の繁栄具合が分かるようになって来ています。


最後の朝倉家当主である朝倉義景の屋敷跡。
規則正しく並んでいる石は、建物の柱の土台です。
殿様の屋敷の割には余り広く無い?そう思った??


外から見るとこんな感じ。
結構大規模。
手前は馬場で馬の修練等が行われていたようです。
出陣前に兵が集結してたりもしたのかな?
…そんな光景が目に浮かびます。
そして屋敷の後方上部には庭園や一族の舘も広がっていました。
更に後方の山には「一乗谷城」とゆう山城が(汗
途中までしか登りませんでしたが、大きな石垣や防塁がありスケール感に圧倒されます。


これ程まで大規模な遺跡だったとは…参ったわ。


町民の住んでた地域。
井戸が生々しくて…コワイ…。


このタイムスリップ感。
一部地域が立体再現されています。
武家屋敷と商家の地区なのですが、当時の空気を身体全体で感じられるようです。
…にしても、この2人(スタッフさん)の距離感に俄然興味が湧きます(ゲス

「身体全体で感じられるようだ」と言いましたが、訂正します。
本当に「感じられます。」
ほれ、これ見てくれよ。


尾張兵同士の戦い勃発。
敵方の屋敷で見つけたお宝(ヲタグッズ)を奪い合っての事案との事。
(この後信長様に滅茶苦茶怒られました)


足軽大将すーやん。
500円で着付けしてもらえて敷地内を歩けます。
これがなかなか重くて10㌔あるんです(汗
歩くとガチャガチャとまるでロボのようですが、当時の本物は3倍の30㌔!
レプリカはアルミを使用しているのですが、本物は鉄なのでそれだけ重いそうです。
こんなのを来て何十kmも行軍して戦うって…当時の人はタフ過ぎだろ…。


「井戸の前で打ち取られた俺侍」
…の設定だったのだけれども。
どう見ても「二日酔いでゲロ吐いている足軽」にしか見えない1枚。
本当にどうもありがとうございました。


朝倉氏…時代劇やドラマでも「暗いイメージ」があったんです、私の中で。
朝倉義景が信長に攻勢を掛けられてから家臣達が出兵拒否をしたり、一乗谷から逃げ延びる途中で家臣の裏切りにあい自害して果てる…とゆう最後からも何だか薄暗いような感じがして。


しかし、実際に足を運んでみたらこんな大きな街が確かに存在していて活気に溢れていたのだと気付いたら、少しだけイメージが変わったような気がします。
灰色な想像に明るい色が付いたような、そんな感じですかね。


「お ま え も か」
一気に桃色へと色付き始めた瞬間。


~歴史紹介ビデオの間にて~

受付の姫(推定60後半)が私達にニコニコしながらこう聞いてきたんです。
姫:「お兄さん達はどっから来たのかね?」

おぷて&すーやん「愛知っすよ!いやぁ、かつての敵ですね?w」

姫:「…。」(無表情で何も言わない)

おぷ&すー:「(汗)…あっ、ビデオ始まったな!」

姫:「…。」(無表情で何も言わない)

おぷ&すー:(内容が頭に入ってこねぇぇぇ…!)

どうやら土地の人には未だに恨まれているようです、多分(汗
戦国大名と言えばその土地の英雄みたいなモノですからね。
それを滅ぼした相手は子々孫々まで…ってかw
…ちょっと怖かったんだぜ(汗


と、こんな感じで一乗谷では色々とありましたが想像していたより遥かに充実した時間を過ごせました。
次回来た際には消火器詐欺師の方法を見習って「滋賀の方から来ました。」(滋賀とは言っていない)と言おう、そうしよう。
※滋賀(近江)を治めていた浅井家は古くから朝倉家と縁が深く同盟関係にあった。


一乗谷から再度敦賀方面へ。
冬の日本海は波が激しいです。
しかし沿岸部なのにこんなにキレイだとは思ってもみませんでしたわ。
だって愛知の知多半島の海なんて濁って底が見えないですからね、あそこでは泳ぐ気になれない。
足元に何か手を伸ばして来そうな…のが居そうだしな(汗


今回はNDロドの運転席に座らせてもらったんです。
動かさずにアクセルを少し煽った程度なんですけど。
FRスポーツ独特の「囲まれ感」は人によっては狭い!と感じてしまうようですが、長くFFに乗り続けていると羨ましい空間です。
あの囲まれてる感は戦闘機のコックピットみたいでテンション上がるんですよ、ケニーロギンスが脳内で歌いだすのですよ、デンジャーソーンなのですよ(愛知県の交通網も

反面「おや?」と感じたのがアクセルに対するエンジンの反応です。
最初の踏み出しの領域での反応が非常に薄いのです。
インテグラに限らずワイヤー式の車はそれこそ足の親指を少し動かすだけで反応するくらいなのですが、同程度の動きには反応しません。
以前レンタカーで通勤に使用していたレガシィやフィット3も似たような感覚でした。
電動スロットルの特性だと思いますが、イマイチこの部分だけは好きになれません。
しかし鈍感にした分、力を抜いてゆったりと走る際には楽になりそうです。
そして電スロ車にはこのアクセルの反応具合を任意に切り替えられるスロコンなるアフターパーツがありますので、ワイヤー式の旧式車には無い懐の広さもあるとも言えなくも無いですね。

…と、もっともらしい事を書きならべてみましたが、電スロ車で興味を魅かれるのは反応をコントロールできるウンヌンでは無い。
一番興味深く羨ましいのは…


オートクルーズ機能(スロコン内蔵)を簡単に追加できる事。


長距離移動があると足がツルのよ、最近(汗
ビタミン不足なんじゃろか…。



海風で冷え切った身体には「豚そばブラック」を。
すーやんにはバリバリジョニーとの2択で迫ったのですが、比較的お腹の優しいコチラ側をチョイスされました。
ふふふ…ジョニーを知らずして滋賀観光大使にはなれまいぞ。

でもまだ湖西とか信楽方面は良く分からないのですよ。
何だかピンと来るモノが無くて(湖西・信楽地区の方スマソ
ココがいいよ!とかココ美味しいよ!とかありましたらドシドシ教えて欲しいです。

長浜で身体を胃袋から温めた2人が次に向ったのは「醒ヶ井宿」。
以前も紹介しましたが、東から滋賀入りした際に入口にあたる宿場町です。

「何も無い、だがそれがイイ。」


キャッチコピーとしてはこんな感じか。
前回も似たような事を書いた気がするけど…そろそろ醒ヶ井住民にコロされるかもしれん。

第一村人に歓迎されました。


今日も地蔵川は透き通っていてキレイです。
そしてとても冷たい。


水は冷たいのですが、もうそろそろ春ですよ。






何も無い。だがそれがイイ。



水が冷たい、と先ほど書きましたが、地蔵川にはこんな言い伝えがあります。
「伊吹山に大蛇が現れて住民を脅かしている。
それを討伐する為に日本武尊(やまとたけるのみこと)が出向いて来たが大蛇の毒にやられてしまい熱病にかかってしまった。
そこでこの地蔵川にある岩に腰掛けて身体を冷やすと熱病は治ったとゆう…」

写真の真ん中くらいにある岩(看板が立っているヤツ)がその腰掛けた岩と伝わっています。
本当かどうかは分かりませんが、あったような気がしてくる雰囲気はあります。
ひっそりと静かなだけに(やったね!


朝3時に起きて12時間以上もぶっ続けで走って遊んでいながらも疲労を感じずに動けているのは、私が若いとゆうのもありますが、私が若いとゆう証拠なのですが。
同行者の存在もあります。
1台に同乗だと多少なりとも気を使ってしまったり話まくって疲れたりしてしまうのですが、2台に分かれてのツーリングですと運転している間はプライベート空間にいるワケですので運転にだけ集中すれば良いワケですよ。
ですので好きなアニソン聞こうが電波ソング垂れ流していても「チョットこれは…飛ばすね~(汗」と気を使う事も不要なんですやったー。

いやいやいや、私はそうゆうのは聞きませんけれどもね?
世間一般のヲタクな方々の場合ですよ。
大人な私が聴くのは…洋楽?みたいな?
デ、デンジャーゾーンとかケニーロギンスとか?(それしか知らないとは言っていない


ハイウェーイ トゥ ザ・危険が危ない愛知ゾーンへ。
関ヶ原ICから名神に乗りそれぞれの帰路へ着きました。
帰宅したのが17時半。
距離は350㌔とそれ程走っていませんが中身の濃い1日でした。


おつかれさんま。
Posted at 2016/03/19 22:29:54 | コメント(8) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2016年03月13日 イイね!

青春時代の交通戦争

青春時代の交通戦争「青春ってどんな味?」
「う~ん?甘酸っぱいw」

とか言うじゃないですかぁー。
淡い恋のイメージとかしちゃうじゃないですかぁ?





ふざけんじゃねーよ。
どんな味かって?
ドブ川のような味だよ。



いや、飲んだ事ないのですけれどもね。
腐っていてゼリー状になってたボトルコーヒーを間違って飲んだ味よりは不味い(実話)とは思う、多分。
この話は長くなるのでリクエストでもあればまたいづれ近いうちにでも。
…したくねぇな、吐き気が…。


車検が近い&10万㌔目前なので準備と整備に余念が無い最近です。
ヲタ趣味ばかりやっていると思われるのも心外ですのでココらで一発「車大好き!みんなのカーライフ楽しい!」とでもかましておかなくては。


車検に際して懸念材料だった「シートレール」問題。
ブリッドのフルバケを使用しているのですが、シートレールは違うメーカー(ショップオリジナル)の物を組み合わせて装着していました。
コレ、アカンのですよね(汗
基本的に同じメーカーの物を組み合わせて使用しなければダメ(違っても強度証明があれば良いとも、ただ色々と面倒臭いらしい)とゆう決まりがあるので現状ではバツです。

車検の時は純正シートに戻して…とゆうのも一つの方法ですが、元に戻せば保安基準適合外に戻す事になりますのでモラル的にもアウトだろ?と真面目でピュアな私は思うワケですよ。
もうホント、私の中のピュアピュアな部分がそう訴えてくるのです。
え?キモチワルイって?

おい、オマエ、ケツの穴から手突っ込んでピュアピュア言わせるぞ?

元々気に入らなかった某ショップのシートレールを捨てる良い機会ですので、ブリッドのシートレールに交換しましたピュアピュア。

萌える、この分厚いアルミと黒いレール部分に萌える。
そうは思いませんか?

…とゆうような工業製品フェチな友人を募集しております。
(「この輝きがいいだろぅ…」と言いながら恍惚の表情でスリスリするハイレヴェルな紳士のお相手が出来る程では無いのでそうゆう変t…紳士はご遠慮下さい)


O2センサーも交換です。
萌える、ニーソで締めつけられてプリっとした太ももに萌える。
そうは思いませんか?

…ソッチ系の友人は募集していません。
もう十分に呆れるくらい間に合ってますw


ガタの無いシートと何となくスムーズさが増したようなエンジンに気分も良く、少しドライブをして来ました。
岐阜県の武芸川にある道の駅。
後輩Nとその彼女(俺氏を「お兄ちゃん」と呼んでくれる。天使、マジ天使)と待ち合わせてランチタイムを。

特産の「つるむらさき」を使用したソバです。
※つるむらさき:食べれる草、健康にいいらしいよ?

手打ちソバにつるむらさきが練り込まれていて麺は緑色です。
ここのソバ、なかなか美味しいです。
コシもあり食感もツルツルとして満足度は高いです。
今回は天ソバにしたので草の味はしませんでしたが、ザルソバなら風味が味わえるかもしれません。

小一時間道の駅で2人としゃべってから「福井に行って来るわ!」と別れたのですが、途中まで(ほんの数キロ)行ってから「やっぱり帰ろ」と家路に着きました。
ふっ…とやる気が途切れる…

これはあれか?
5月病ってやつか??(まだ3月です

とゆうのも明日からは早番勤務ですからね。
早く帰って月曜日さんの訪問に備えるのです。

あぁ、鬱だ、氏のう。

氏のう、とゆうか氏にそうになりながら通学していた青春時代を思い出す場所がココなんです。
今ではすっかりと平和な空気になっています。
これが20年とゆう月日の流れ。

木曽川に掛かる名鉄犬山橋。
通称「ツインブリッジ」と言いいます。
この鉄道橋の右隣りに自動車用の橋が掛かっていて並走しているのです。
だからツインブリッジ。
なんで氏にそうに?と思いますよね。
それでは当時の動画がありましたのでご覧ください。
はい、どうぞ。



まじで死にそうだったから(汗
当時は原付…ホンダのモトコンポでこの橋を渡って通学していたのです。

コレね。
これで車の横をチョロチョロ走りながら橋を渡るのですわ。
線路の上も電車が居ない時は車道ですので走れるのですが、このモトコンポのタイヤが小さいのでハンドルがアッチへコッチへ取られるんです(汗
そうこうしていると後ろから「ペーポーパー♪ペーポーパー♪ペポパポー♪」と赤い悪魔が迫ってくるんですよ。
殺される…っ!と横に逃げるのですが「ゴリゴロゴリ」と車輪の音を響かせながら肩が触れそうな間隔で通り過ぎていくんです。

信号も無く遮断機も無く…自動車と電車がガチで共存しつつ戦争していたあの橋。
ここが私の初めての交通戦争の場所でした。


交換用のデスビキャップを作りながら、懐かしい動画を観て青春時代を思い出しています。
…生き残れてヨカタ(汗
Posted at 2016/03/13 23:11:43 | コメント(12) | トラックバック(0) | 徒然なる事 | 日記

プロフィール

「来週もホルモン買って行くw」
何シテル?   10/14 18:13
晴れた日は駐車場で遊んでいます。 走るのも好きでサーキット走行と、ジムカに参加をしたりします。 定められた枠(レギュレーション)の中でいかに速くカッコ良...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ハブ外径加工とTIMKENハブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/05 20:24:14
96スペックのリア用ハブ代替案2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/05 20:24:08
96スペックのリア用ハブ代替案1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/05 20:24:01

お友達

【ヲタモダチ方針】
突然のお誘いにはビックリしてしまい応じられないと思います。
コメント等ある程度交流ができましたらでお願いします。

でも、もう一度良く考えた方が良いんじゃないですか?
申請相手の人、ヲタオッサンですよ?

76 人のお友達がいます
ゆう@ゆう@ * 秋山  澪秋山  澪 *
とよりんとよりん * 豊田華冠豊田華冠 *
ゆきンこゆきンこ * 八咫烏@CCV八咫烏@CCV

ファン

91 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
黒ヘッド(B16A)→青ヘッド(F20B)→赤ヘッド(B18C-R)へとステップアップ。 ...
ホンダ リード100 ホンダ リード100
ソラヲト号引退から僅か1ヶ月で2輪復帰。 やっぱりサブが無いと不便なので。 大事な「足」 ...
ダイハツ ストーリア 夕張 (ダイハツ ストーリア)
チェック!チェック!! 小さい、すばしっこい、小食。(最近オイル喰うけど) サーキットか ...
ホンダ トルネオ トルネコ (ホンダ トルネオ)
通勤用。 ストーリアが会社の通勤車指定メーカーでは無い事を理由に会社敷地外の駐車場へ移 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.