• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おぷてー@ア艦これのブログ一覧

2017年11月26日 イイね!

零戦、離陸する。

零戦、離陸する。泣けた。

果たしてこれが何泣きなのかは分からない。
ただ訳も無く泣けて仕方なかった。


県営名古屋空港。
13時30分に小さな単発機が離陸した。


小さくてスマート。
美しいシルエット。
零式艦上戦闘機22型。

22型(にーにー型)とは2番目の機体に2番目のエンジンとゆう意味。
各型ある零戦の中で最もバランスが良かったとも言われている型。


カメラを構えて写していたが、意識は全く以て液晶の外、媒体を何も通さない生の眼が零戦に吸い込まれていてピントどころかブレにも気が付いていませんでした。
「あぁ、あぁ、あぁ…」って感じで眼は離れず、スマートな機体が空気を切り裂く音に胸がいっぱい。




私は正直な所、零戦は兵器としては落第生だと思っている。
登場した時点でほぼ究極の形であった為に、戦局に合わせた発展が思うように出来なかった事。
脆弱な防弾性能な為による打たれ弱さ。
メリットであるハズの長大な航続距離による搭乗員への大きな負荷による損耗増大等。

それでも、中国大陸から太平洋まで縦横無尽に5年間必死に戦い抜いた零戦は、日本の誇りだと思うし最高の戦闘機だと思わずにはいられない。


両翼に輝く日の丸に叫びたくさえなる。


大空を舞う零戦をこの目で見れる日が来るとは思っていなかった。
ありがとう。
Posted at 2017/11/26 23:15:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 徒然なる事 | 日記
2017年11月22日 イイね!

クマーと行く四国旅行記 2

 クマーと行く四国旅行記 2秋終了のお知らせ。
ついこの間まで夏の暑さに苦しんでいたのに、もうコタツから出られなくなっている冬ですよ。
秋どこ行った、秋。

どっかの誰かさんのブログで「近江牛バーガーが最高で(訳:店員の子が大島優子似で最高)」とゆうのを見かけたのが気になって仕方が無かった週末。
滋賀ワンダーランド好きな私にとってソレは逃す事の出来ない案件なのです。
待っていろよ、大島優子。
と、バーガー。



気が付けば京都府舞鶴。

関ヶ原IC降りてスグの交差点が中山道・北国街道・伊勢街道の3街道が交わる交通の要所なのです。
ココを左折して中山道を進んで滋賀県彦根辺りで大島優子バーガー食べるのが当初の予定。
気が付けば北国街道へ直進して舞鶴美味いづるへ。


近場でバーガーのハズが、海風冷たい(雨も降ってる)舞鶴岸壁に連れてこられた、いけちん。
見ての通り結構厚着してたけど、それでも足りない。
ホント寒い。
頭皮寒い。


「ふゆつき」はマリンユナイテッド側で整備中。


「あさぎり」
怪しげな空模様の通り、晴れたり土砂降りになったりで大変でした。
数年前に「弁当忘れても傘忘れるな」と舞鶴のパン屋さんの主人から聞いたのを思い出した。
当然、傘忘れた。


岸壁展示「過去と未来」
もちろん未来なのは左のカブ。
だってな、あと50年くらいは動いてそうなオーラを感じるんやコイツには。

そろそろお腹空いて来たね。
舞鶴と言えば新鮮な海のs…



「東郷平八郎のビーフシチュー」
海軍と言えばグルメ。
洋食だって舞鶴うまいづる。


と、併せて食べたい「肉じゃがピザ」。
肉じゃが発祥の地と言われている舞鶴らしいメニューです。
肉じゃがの優しいタレとピザの刺激的な甘辛具合が絶妙に絡み合って和洋セクロスしてる。
舌が「あっ、コレらめぇ~」って言ってるのが分かります。


俺氏を完堕ちさせた館「フォレスト」。
良く見ると森の喫茶店みたいな洋風オシャレな外観は前面だけで、隙間から見えるその後ろは瓦屋根の和風建築でした。
拘りの和洋融合が料理だけでは無かった模様。




おはようクマ。
四国旅行2日目(11/4)です。
夜も明けきらないうちに宿泊地だった甲浦駅を出発して室戸岬到達です。
「四国は温暖」と勝手に思い込んでいたので薄着で行動していましたが、気温低くてブルってました。
こうゆう時は毛皮なクマーが羨ましい。


徐々に明るくなって来て、雲に隠れながらヤツの姿が見えて来た。


アッカリーン。
6時半過ぎにようやく登場です。
GWに北海道を旅した際には4時くらいにはもう明るくなって来て驚きましたが、季節と緯度経度の違いでこんなにも時間差があると思うと。
日本、意外と広いな。


とゆう訳で。
2日目は中岡慎太郎ニキに見送られて室戸岬からスタートです。
※彼は京都近江屋で坂本龍馬とだべっていた所を何者かに襲撃され龍馬と共にバッサリされてしまう(合掌)

室戸岬から安芸市へ向けて海岸線を1時間ほどドライブです。
信号も少なく気持良く走れます。
地元高知ナンバーは飛ばし気質なのか、追い越し可能区間に入るとバンバンと追い越して行きます。
私も含めて旅行者であろう他府県ナンバー数台は完全に置いてけぼりでしたw

人口密集地に入るといたる所にこんな構造物が現れます。
津波避難場所のようです。
12~3メートルの高さはありますので、何も無いよりは心強いですね。
愛知県では見た事ないけど、東海地震が来たら沿岸部住民は轢かれる覚悟で名古屋高速にでも駆けあがるだな。


安芸城跡。
平野部にぽっこりある小さな山(岡)にある平山城で、散歩するには丁度良い…

と思っていたら、結構な山道なのでクマーはダッコして登るハメに。
重…。


本丸跡より土佐湾方面を。
山自体が余り高く無い上に、急斜面でスグ下に住宅が迫っているから自宅の裏山を登って来た感が強いです。
(我が家の裏には山では無く、ガソリンスタンドとゆうカチカチ山が存在しているのですがね)
ココは見晴らしもそこそこなのでお散歩コースには良い。


「野良時計」
120年間動き続けていたようです。
今は観光シーズンやイベント時にのみ稼働しているとか。
この時は撮影時間の記録と照らし合わせると10分くらい誤差があるので、動いていたのか動いていなかったのかドッチだろ?


秋はコスモス。
春は菜の花が沿道に咲いているようなので、春もオススメ。

朝早くから行動すると時間に余裕が出る物で。
昼ご飯まで2時間くらい公園で読書タイム(クマー昼寝)してました。


オススメ。



安芸のしらす丼。
新鮮なしらすがたっぷりブチ込まれた丼です。
プリプリとして美味い。
開店時間に行ったのですが、すぐに満席になりました。
食べ終わって店を出ようとしたら凄い行列になっていて、早目に入った事にホッとしましたわ。


車いっぱい。向いにはバイクいっぱい。
陽が出てると秋(春)でもクマーは車内でエアコン掛けて留守番なので、犬連れの旅は曇天の方が好ましい。
とは言っても景色的には晴天が最高ですからこの辺りは歯がゆい所です。
(雨はトイレ的に最悪)

高知県と言えば維新志士の宝庫。
その先駆け的存在「武市半平太」の元住居(今は他の方が住んでいる)と記念館を訪問です。

半平太先生の漢前さと土佐勤王党の語呂が厨二的にカッコ良くて買ってしまった。
コースターは腐らない。


生活している人がいるのでモチロン入れません。
日本家屋の長い縁側に憧れています。
庭に面した廊下な。
あの廊下でミニ四駆を走らせてみたかった小学生人生だった(団地住まいだったのよ


日本の夜明けぜよおじさん。
坂本龍馬の人気は流石ですね。
観光客が多くてクマーもキョロキョロと大変でした。


桂浜は景色も良く…


相変わらず波の音は苦手なようで隙あらば遠ざかろうとします。
川べりも苦手なようなので水の音が嫌いみたいです。
それでもお風呂でお湯を掛けられるのは好きみたいで、リラックマになるクマ。


…ま。



龍馬や半平太に興味無いだろ、オマイラ。
待たせたな。
昼のランチ時合わせてアップしたる。









高知、お前は最高や。
道の駅ならぶ土佐佐賀にて、高知の本気に完堕ちおぷて。



≪食後≫
温泉に漬かった後に、当日の宿「道の駅四万十大正へ向いナビ通りに走ります。



グーグル先生よりは比較的まともな道路を案内しやがってくれますヤフーナビ先生ですが、「この道しか無いから」とギッタンバッコンしてしまう悪路山坂を案内されてしまいます。
カツオ出ちゃう、カツオ。
とうとう四国が本気出して来よった…(汗


2日目の移動距離は250キロ。



Posted at 2017/11/22 12:25:36 | コメント(6) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年11月12日 イイね!

クマーと行く四国旅行記 1

クマーと行く四国旅行記 1休暇もおしまい。
明日からまた社畜生活に戻ります。
嫌だ、会社行きたくない。

…のですけれども。
旅先で色々と買って食べて飲んで遊んで来たので、その分は稼がねばなりませぬ。
お仕事がんばるぞい(棒


四国は海の幸・山の幸に溢れた良い所でした。
特に海の幸には大満足です。
高知のカツオとかもうね…ビックリした。

そんな旅行記を書く前に。
四国から帰宅して「肉食いたいな、肉」となりましてね。
良い魚を食べたら良い肉を食べたくなったんですよ。
再び行って来ました、焼肉バンバン。

琵琶湖西岸にありますので自宅から2時間半くらい掛かりますが、休暇中ですので時間はあります。
ダラダラとインテグラを走らせ肉まっしぐら。


牛バラ定食。
美味い。

膨れた腹に苦しみつつ、「そうや、あそこで消費してくか」と寄り道します。
杉並木で有名な「メタセコイア並木」がバンバンから近いのを思い出しました。
キレイな杉並木にインテグラを停めてカッコインテグラな1枚を撮ったるんやで。

そんな気合いも現地に着いたら萎えた。


あ、ウソ。
こんなには居なかったけど。
家族連れや、老人会(多分)や、カップル(氏ね)や、カメラマン(真昼間の車道に三脚立てんな)がウジャウジャしよる。
自動車やバイクの往来も激しのでサッと停めてピッと写すくらいしか出来ませんでした。


看板とか入ってるけどコレが限界。
いつかリベンジ。


ここからが本編。


【0日目~1日目】
3日(金)の夜8時に愛知を出発しました。
取り敢えず四国への前進基地として選んだ淡路島へ、前夜に乗り込んでおきます。
宿泊地に選んだのは淡路島警察署横にあるコンビニ駐車場(すごい広い)。
治安は最高なので安心してご就寝です。


安心お宿の前で朝のお散歩(ウン○

四国には知り合いが1人も居らず少々不安でしたが、みん友のみん友(友達の友達ってヤツやな)である「白ちゃんさん(香川)」と「fooさん(山口)」が私の四国旅行を知って出迎えてくれました。
いやはや、ありがてぇ。
恐らく私の連れである女(クマー)目当てでしょうけども、ありがたい事です。


畑と農家なエリアをグルグルと走りまわり、ついに目的のブツを発見した3台。
ココにある、ココに行けば居る、とゆう確証が無かったので見つけるのに苦労しました。
それがコレよ。


「農民車」
4輪駆動…リーフサスペンシション…コイツは強い(確信
淡路島限定で走行可能な車両らしいです。
色々規定はあるみたいなのですが、鉄工所レベルで製造。
淡路島特産の「タマネギ」を如何に効率良く運搬出来るか…を考えて設計。
他にも肥料を撒き散らすマシーン等、バリエーション豊富なようです。
今回はタマネギの時期で無かったのか、それともすでに農民車からメーカー車へ切り替わっているのか。
お目に掛かれたのはこの1台のみでした。


白ちゃん「ランボルギーニ・アワジシマ」
なるほど、うどんの食い過ぎは脳に毒が回るらしい。

ランボルギーニと農民車の見学の次に洲本へ移動です。
淡路島の中では海岸沿いにある市街地にあたります。
城跡が残っていて昔から栄えていた感じ。

洲本城跡。
ミニマムな天守閣はハシゴ外されていて入れないでやんの。ケチね。


大阪湾に面しているので天気が良ければ対岸の堺や和歌山が見えるらしい。
この日は少々崩れ気味でしたので薄らと…見えそうで見えない感じ。
それにしても海の水がキレイだな。
愛知の海水浴場である知多なんて茶色だったような。
足の先が見えなくて怖いのよ(沈んでそうで、アレが

淡路島特産はタマネギと農民車の件で書きましたが。
あるんですよ、タマネギをふんだんに使用したコレが。


あわじ島オニオンキッチンとゆうバーガー屋さんにあるんです、タマネギなバーガーが。
味は「タマネギの甘みでとても優しい感じ」です。
ガツン!と濃い味になれたファーストフーダーには少々物足りないかもしれませんが、これはこれで落ち着いて食べたくなるシロモノです。
ビーフもどことなく優しい味わいで…え?これ淡路牛なの?
て事は…


どうやら先ほどのランボルギーニだった模様(合掌


バーガー部の活動後は、とうとう四国へ上陸です。
人生初の四国、ジックリと踏みしめながら…



スバル車乗りはどうして飛ばし屋ばかりなんやて(怒
もう「びゅーん!はいっ!四国入国!」、だよ。
気が付いたら鳴門海峡を突破していましたよ。
県境プレートなんて無かった。(記憶に無い


山坂をツーリングしながら展望台で。
直4、水平4、水平6、見事にバラバラやな。
お二人とはこの日まで面識が無かったのですが、繋がる時はどうとでも繋がるようで。
共通のみん友達よ。
お前らの話題にもなったぞ(ガチロリ確定説他

2人と別れてから徳島県を一気に南下します。
徳島に観光、最初に目を付けたのがコレですのよ。


阿南市になる「横田自販機コーナー」です。
徳島市内ですか?
阿波踊りくらいしか思いつかなかったのでスルーしました。


そんなに珍しくも無いんですけど、うどん自販機。

の右2つ横にあるドリンク自販機。




生姜湯かぁ…(汗
このタイプの実働機は見た記憶が無いので見たかった。

それでは意を決して…


無難にうどんにしました。すまん。
生姜湯をひり出させる勇気は出ませんでした。

更に南下して日和佐市辺りで日暮れを迎えます。


17時過ぎにはほぼ真っ暗。

「ひわさ屋」とゆう食事処で夕食にしました。
小さなお店なのですが、カウンター席もあるのでボッチでも入り易い(サーチ済み


「阿波尾鶏としいたけ侍の揚げおろし ¥1112」
店の外観からしてお高いのかと思っていましたが以外とリーズナブル。
この「しいたけ侍」の侍(サムライ)って何なのか聞きたかった。
今でも気になる。


阿波踊りよりも阿波尾鶏。
大変美味しゅうございました。
(後の話ですが松山で泡踊りも賞味されます)

日和佐で温泉に浸かり、1日目の宿泊地を目指して更に南下します。
そこは阿佐海岸阿佐東線の終点。


甲浦駅。(何だか魔界村みたいな1枚だな)

本来なら室戸岬まで延線して、土佐くろしお鉄道と接続…の予定だったようですが。
甲浦まで造ったところで資金枯渇、終了になったとゆう悲しいお話。


なのでこの凄いブツ切れ感。
2本くらい車両の到着・発車を見ていたが利用していた客は1人だけだった。
マジ悲惨。


唯一の乗客である彼氏を見送る彼女。
高校生くらいでしたが、青春を感じる良い風景でした。
しかし乗車前にホーム入口の階段でロングタイムハグプレイしてたのはギルティ。
精神的苦痛を受けたので謝罪と賠償を要求しる。


四国1日目はここで終了。
20時半くらいで終電なので静かにご就寝可能な鉄の駅。



0日目が茶色、1日目が黄色。
470Km。
Posted at 2017/11/12 21:51:47 | コメント(8) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2017年11月02日 イイね!

「北九州・福岡・小倉」:訳 物騒

「北九州・福岡・小倉」:訳 物騒あと1日で腐ったリアルよサラバ。

勤続15年のリフレッシュ休暇(9日間)が土曜日からスタートします。
ここ半年くらいボロ雑巾のように使い回されている状態が続いているので、
仕事の事はサッパリと忘れて自然豊かな四国ドライブを堪能して来ます。
休暇明けの月曜日のはわわが今から目に浮かぶけどな。
こうなったら大天使アイちゃん求めてボクも電車通勤に変えよう。
会社まで駅から徒歩1時間くらい掛かるけど(ド田舎村

先週の金曜日に北九州の小倉からシャープ君が遊びに来ました。
年に1度の大遠征。
この流れもかれこれ3年目ですね。


豊郷小学校でダイハツ、ダイハツ、ホンダ、ホンダ(パートナーは野良犬
聖地巡礼スポット、とゆうよりも。
最近はすっかり待ち合わせスポットとして訪問しています。
「せっかくだし、定番の噴水前で1枚撮ったら?」
と勧めましたが、「あぁ、まぁ、いいですわ。」とスルーされる豊郷様。
かつては撮影の順番待ちしてたのに…泣ける。


京都のmac-eさん
エッセをトミーカイラー仕様にカスタムされてました。
なかなか熱いトミカイ愛の持ち主でしてね。
京都訛りの関西弁でトミカイについて語ってくれました。
んん…この関西なイントネーションで…この語り方…

そうや、彼と似てる。


<私信>
らっくるさん、お元気ですか。
青森はもうクソ寒いでしょう。
貴方の大好きな熟女人妻の同人誌をお買い求めに秋葉原へ来られるのを一同楽しみに待っております。


らっくるの事を思い出しつつ腹も減り。
3人で昼飯に行こかと。
「どこでもいいっすよー」とシャープ君が言いました。

ふむ…それなら…
(ナビで琵琶湖の対岸を指差しながら)
じゃ、ココな。




琵琶湖をグルッと回り込み1時間半走って辿り着いたのは「焼肉バンバン」。
半月くらい前の京都帰りに、この前を通り過ぎてから気になって仕方無かったのよ。
アレは絶対にうみゃー店だと。


上ホル定食!
うめー!甘ぇー!肉甘ぇー!!

向いのmac-eさんが食べてたのは牛バラ定食だったかな。
国産牛で、日によっては近江牛とか仕入れて出て来るらしい。
アッチもめっさ美味そうでした。


思いがけずのオフ会でしたが、時間が経つのが恨めしいくらい楽しみました。
本当に…

俺ってダイハツ車のオフ会にしか参加していないような気がするわ(汗


と、ゆう訳で。



やって来ました、アキハバラー。
琵琶湖一周(するハメになった)から愛知へと戻った翌日。
シューター君のMAXに同乗してのアキバ入国です。
途中でルゥ君もピックアップしたので交通費もパーキング代も3分割。
まさにウィン・ウィン・ウィン。
今回は特に欲しい物はありませんが、浮いたお金でアキバの美味しい物でも食べましょう、そうしましょう。

アキバカ連中と合流して、いつものパトロールを。


フレームアームズオッサーンズ。
これは非常に酷い(最悪
ファンの皆さまに対しては大変申し訳無く…


フェイト展にもお邪魔しました。
晒しポージングのモデル係がすっかりと板に付きましたね、シャナ君。
私はFGOもしていないしアニメも見ていないので全く分かりませんが、何故だかキャラ名と性格等は知っていたりします。
恐ろしいな、エロ同人誌とゆう存在は。


ゲーマーズにはゲーマーズ!の天道花憐(神)の直筆サイン。
金髪ポンコツにハズレ無し。
桐崎千棘しかり、澤村スペンサー英梨々しかり。
(ニセコイ)    (冴えカノ)



みんカラ繋がりであるアキバカ+αの集まりでしたので、車談義に華が咲いてました。
ワタシらだけだと「パンツ」「モグモグ」「妹」「ロリコン」「ライヴ」「足の裏」といった、文化的研究成果の発表と講評を車の前で延々としますからね。


それぞれ自分の車が大好きなので、あーだこーだ言った所で自分が満足してるからどうでもえぇねん的なユルイ自動車集団です。
「タイヤ替えたんや、ふーん。それよかまたゴルフ行くの?」
そうだね!行きたいね!


愛媛では水道を捻るとポンジュースが出る。
ウソか本当か知らない(ウソ)けど、愛媛に行くのが楽しみではある。


こゆうのを見ると改めて「キモーイ」と思う。
もちろん撮影している本人もその一味なのだが。
着用している本人達もそれは重々承知でカッコイイ!とはコレッぽっちも思ってはおりません(多分
私達ももういい歳なので、インナーにヒッソリと着て街を歩くだけで心が落ち着くとゆうか、ぴょんぴょんしちゃうとゆうか。
それこそ車と一緒で自己満足の世界。
…ん?夏ですか?
思い切りオープンに着て楽しんでますね。いい歳なのに。


そんな感じの、いつも通り+αなアキバカでした。
自分の車で来ていないと、全く以て自動車談義はどうでも良くなる。
エンジンよりもエロ同人の話をしようよ、って気分ですわい。


「また来るやで。」
翌日の朝にアキバより帰宅して。
ひと眠りしてからて九州へと帰って行きました。
この瞬間はいつも無事に送り出せてホッとするやら寂しくなるやらなんやで、おまえら。
(この後滅茶苦茶嫁枕した)



【今日の戦果】
最初に書いてある通り今回は付き添いでしたし、欲しい物も定期購読していた書籍類くらいでした。
特に事故を起こす可能性もありませんでした。

買うスピードに読むスピードが追いつかないのは問題です。
1日35時間くらい欲しい。


芸術の秋なのでしゃーなし。


コタツのスイッチの事かな?
寒くなりましたからね。
喜んで入れましょう。

妹コーナーなるスポットが設置されていたので無事にホイホイされてしまいました。
お兄ちゃんはハンドル切り損ねて大事故です。
K-BOOKSには魔物が棲んでいる…

…いえ、そんな大袈裟な物でも無いですね。
最近流行りのペダルの踏み間違いみたいな感じでしょうか。
とは言っても、アキバタイプRにはアクセルペダルの横にはアクセルペダルしか無いので控えめに言って死のレーシングカー。
運転補助なアイサイトくらいじゃレジの前までに止まれねぇってもんです。
お陰さまで、浮いた交通費はスッカリ帳消しです。



いっかんのおしマイケル。
Posted at 2017/11/02 21:41:08 | コメント(6) | トラックバック(0) | アキバカ | 日記

プロフィール

「楽しい週末(今日だけ)」
何シテル?   05/20 14:40
晴れた日は駐車場で遊んでいます。 走るのも好きでサーキット走行と、ジムカに参加をしたりします。 定められた枠(レギュレーション)の中でいかに速くカッコ良...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

リアディフューザー・純正流用 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/07 13:44:38
2013 「道場破り」 in 美浜サーキット  ドラテク編  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/18 14:48:10
DC2/DB8廃番パーツ情報(これまでのまとめ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/23 12:51:45

お友達

【ヲタモダチ方針】
突然のお誘いにはビックリしてしまい応じられないと思います。
コメント等ある程度交流ができましたらでお願いします。

でも、もう一度良く考えた方が良いんじゃないですか?
申請相手の人、ヲタオッサンですよ?

79 人のお友達がいます
とよりんとよりん * ハラQ@L-Ev.ⅥハラQ@L-Ev.Ⅵ *
猫ぱんち☆猫ぱんち☆ 豊田華冠豊田華冠
octoct にけにけ

ファン

91 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
黒ヘッド(B16A)→青ヘッド(F20B)→赤ヘッド(B18C-R)へとステップアップ。 ...
ホンダ リード100 ホンダ リード100
ソラヲト号引退から僅か1ヶ月で2輪復帰。 やっぱりサブが無いと不便なので。 大事な「足」 ...
ダイハツ ストーリア 夕張 (ダイハツ ストーリア)
チェック!チェック!! 小さい、すばしっこい、小食。(最近オイル喰うけど) サーキットか ...
ホンダ トルネオ トルネコ (ホンダ トルネオ)
通勤用。 ストーリアが会社の通勤車指定メーカーでは無い事を理由に会社敷地外の駐車場へ移 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.