• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年03月07日

オオゴトになって来たぞ。

オオゴトになって来たぞ。









リアショックの取り付け変更と併せ、シートベルトの固定方法も変更したいと
考えています。

ロールバーと共締めでベルトアンカレッジを付けたクロスバーを付けているのですが、
この際、シートバックのフレームトップチューブに直付けしようと考えました。

実現すれば、アイボルトやベルト金具も省略出来るのでスッキリと収まるはずです。

しかし、トップチューブは直径19mmと細いので、補強する必要が有りそうです。
ショックのアッパマウントとトップチューブのセンターを溶接し、トラス構造
(3角形)を作れば良かろうと考えました。

溶接の火花でドカンとなったら大変なので、ガソリンタンクを外します。
何やら、オオゴトになって来てしまいました。

また、パイプとパイプの溶接をしなければなりません。
溶接は苦手なので、この構想が実現可能か?先ずは溶接の練習です。

width=500


手持ちの19mmのパイプを用意しTIGでジジィーとやったら、
途中からジジッ、カーポポーと音が変わり、穴が開いてしまいました。
1tですのでチョット私には難しすぎる様です。
100Aでは電流が強すぎるのかな???

もう少し練習するか、計画変更するか考えないと・・・・
フレームの肉厚はいくつなのだろうか?
フレームに穴開けちゃったら取り返しがつきませんよね。

どうしましょう。ホント、オオゴトになってきました。

ブログ一覧 | Seven DIY | 日記
Posted at 2009/03/07 21:01:16

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

気になる車・・・(^^)820
よっさん63さん

前、後ろ、横、タフト 40ミリアッ ...
シュピーゲルさん

今日も洗車から
AngelPowerさん

日曜日の朝ラーは最高に美味い❣️「 ...
ミムパパさん

GLA からEQA... テンキー ...
晴耕雨読さん

水無月は水の月
ライトバン59さん

この記事へのコメント

2009年3月7日 21:34
溶接。。。未知の世界!
個人で扱う分には資格は要らないんでしょうが私ならイライラしそう。。。(笑

クロスバーにガセット溶接してフレームはハーネス兼用ボルト止めが無難そうですね!
気分は良くないかもしれませんが。。。(笑

コメントへの返答
2009年3月7日 22:27
講釈先行型ですのでこのような時、馬脚を現してしまいます。(笑泣)
技術って出来る事が一番大切なのですが・・・
フレームに直溶接は危ないかもですね。ボルト固定に軌道修正かなぁー。
2009年3月7日 21:45
100A!(@@
t=10mmでも穴が空くかも?(^^;;;
スチールの1mmなら、25~30A位でも十分すぎるくらいではないでしょうか(^^;
あと、ガスレンズを使ったほうがきれいにできますよ(^^

下の写真はクリックすると、大きくみえるんですか?私のPCではリンク先が見えないのですが・・・
コメントへの返答
2009年3月7日 22:32
修行が出来とりませんね。
明日、また練習してみます。

写真スイマセン。変な文字入れちゃった。
Macなものでリンク先のURLがうまくコピペ出来んのですよ。
2009年3月7日 22:11

リンク先のURLのお尻にゴミがついてます「L」ってww
コメントへの返答
2009年3月7日 22:23
有り難うございます。
見よう見まねで写真を貼付けているので変な文字が入ってしまいました。

溶接もPCも初心者です(笑)
2009年3月7日 22:34
こんな溶接機あっていいなぁ~

アーク溶接で何でも作ってるけどクオリティーが(汗
コメントへの返答
2009年3月7日 22:48
ワタスも昔はアークで作っとりました。バチバチッとやって溶接棒がくっついて離れ無かったり。(笑)

その時のキンチョー感がトラウマになってるのかしら?どうも溶接ってなるとキンチョールな気分なのです。
じっくりと勉強せなあかんようです。
2009年3月7日 23:25
TIG溶接、懐かしいです。
最初の仕事が鉄鋼業なので、経験はあります。
TIGは綺麗ですよね~。
厚さによる、電流あわせ方やアークを切るタイミング、トーチの高さ、タングステンの形状、ウェービングなど溶接法などに記載されています。
難しい手法だと、厚さや溶接するものによりますが、トーチを母材につけて、8の字を書くように転がすように手を動かすと、マフラーなど良く見る、美しい綺麗な模様になります。
いろんなやり方がありますが、タングステンの先端は常に尖がっていないと、良いアークが出ません。
そういえば、アークが綺麗に出なくなったら、高速カッターなどで研いでいました。(スペアーは何本か持っていて、常時交換してました)
研ぐ時は、サンダーでもで来ますが、あまり先端が細く鋭く研げませんでした。
頑張ってください。
コメントへの返答
2009年3月8日 0:34
経験者のコメ感謝!!!
自己流では上達しないですね。
明日もう一度チャレンジしてみます。
いま色々調べております(汗)

アークは横にそれている様でした。
融けた部分が繋がらないのでじっくりやっていると穴が開いてしまう様です。
電流は強すぎかも知れませんね。
溶接する部分をキチンと合わせる事も大切かな?なんて考えています。


2009年3月8日 10:27
写真のタングステン(アークの出る棒)の先端が、爪楊枝のようにとがっていない気がします。
トーチの後ろの部分を、回せば外せますので、研いだ方が良いです。
タングステンと母材の距離は、物にもよりますが、思いのほか近いです。


まず、黒皮などはサンダーなどで綺麗に取って下さい(銀色になるくらい 仕上がりが違います)
溶接機の設定は直流パルス溶接、ミドルパルス100~300ヘルツ溶接電流は80~100Aでしょうか?(昔のことで、うる覚えです)
パルス電流は、溶接電流の半分くらいだったと思います。
穴が開くのを恐れて、低い電流でやるときちんと付きません。
高めの電流でパッと溶かしてやる感じですか。
弱い電流は、時間がかかる為、以外と熱が入って母材が溶けて孔が開きます。
連続で溶接する場合はかなり早くトーチを動かさないと溶け落ちますので、この辺はウェービングの練習が必要です。(タングステンと母材の距離は常に一定です)

遮光ガラスの番数も使いやすさ、見易さがあります。
お好みでやり易い番数を使うといいでしょう。

あと、TIGは、比較的他の溶接より目を焼きます。
アークを長時間?直接見ると目が焼けて、次の日には目が開かないくらい痛くなります。(涙がボロボロ出ます)
1時間くらい冷やせば、直りますが、最初は失明したかと思うくらい激痛です。
お気を下さい。


パルス無しの強めの電流で、付ける方法があります。
まずは、母材が解け落ちする前に、まずいと思ったらアークを切ることがお勧めです。

タングステンの研ぎ方は、削った鉛筆の芯くらいの角度、先に述べてとおり爪楊枝くらいです。触れたら痛いくらい尖らせて下さい。

いつも色々、エンジンのことを含め、教えて頂いて感謝しています。
私が、教えられることはこの位ですが、今後もよろしくお願いします。
コメントへの返答
2009年3月8日 20:06
色々と教えて頂いて感謝です。
今日一日TIGと戯れ、チョット見えて
来た感じです。
キモはパルスの様ですね。
ウィービングも大事ですね。
(まだ充分動きませんが  汗)
今日の練習を整理し、また練習する
つもりです。
サポートよろしくです。(感謝)

おすすめアイテム

プロフィール

「ローラーロッカー2個目 http://cvw.jp/b/469643/45209076/
何シテル?   06/19 17:04
皆様はじめまして。オートバイやら車が好きで、我がバーキン号は育成14年になりました。DIYでどこまで理想に近づけるかがプロジェクトとなっています。宜しくお願いし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

愛車一覧

バーキン その他 バーキン その他
20年以上養育しております。体力、気力が続く限り、理想の車に 近づけようとあれこれ改良し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.