• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おぽよんのブログ一覧

2018年11月15日 イイね!

バルブクリアランスとドライブスプロケット

やっと普通に乗れるようになったカブ。
こんなもんでいいのかな?という疑問を抱きつつ
ぼんやりネットで検索していると
FIのカブはバルブクリアランスの規定値が
キャブ車よりも広く取られているようなので
再調整することにしました。



昔のカブ系エンジンのタペットカバーは
ねじ込み式だったのですが
FIのカブはM6のボルトで2本留め。
あとは何ら変わることはありません。



ずっとクリアランスは0.05mmと思っていましたが
FIは0.10mmで合わせて行きます。
若干ノイズが増えましたがしばらく様子を見ることにします。



次にドライブスプロケットの変更を行います。
AA04は13-46というスプロケットが標準なのですが
今回は前側を13から14に変更します。
余談ですが14インチのカブプロは13-43となり
今回の14-46とほぼ同じ減速比となります。



これは標準の13T、この手のエンジンの標準的サイズです。



そしてこちらが14Tです。
変更する際には2つの注意点があります。



ひとつは13Tと比べスプロケットの形状が異なるので
フィキシングプレートの形状も変わります。
出来ればセットで交換することをオススメします。
自分は別々に用意したため時間が掛かりました。



もうひとつはチェーンカバーの裏にあるステーが
14Tだと当たってしまうので削る必要があります。



あまりキレイではありませんが加工後です。
市販で加工済みのプレートもあります。
またはJA10は14Tなので流用可能です。



試運転の感想は全体的にスムーズになったのと
1速のギクシャク感が無くなりました。
結果としては良かったと思います。

Posted at 2018/11/15 17:25:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | スーパーカブ | 日記
2018年11月03日 イイね!

フロントウインカーとフロントバスケットとスロットルボディとクラッチダンパーゴムとカムチェーン

もうカブの作業は終わりだろうと思っていましたが
やはり細かい作業がいろいろと残っていましたので。



はじめに左前のウインカーの接触不良から。
電球の寿命ではなくメインハーネスの不具合のようで
取り回しを変えたらあっさり直ってしまいました。



次にフロントバスケットの取り付けを。
カブのカスタムで使っていたカゴもあったのですが
標準的な白だったのでやはり黒いカゴをということで。



純正は押さえのバネが付いているので便利ですね。



次に冷間時にエンストを起こすことがあるので
スロットルボディの清掃を。



エアクリーナーボックスを外してケミカルで洗浄。
今回は家にあった
クレのエンジンコンディショナーを使用しました。



最後にアイドルスピードコントローラー内を清掃。
ここはパーツクリーナーを染み込ませた布で拭き取り。



パッキンも新品に交換します。



次に一次側のクラッチ内にあるダンパーゴムを交換します。
古くなってくると変形して固くなり異音が発生します。



シューとドラムの状態がひどくて削れています。
これではダンパーゴムのほうも。。。



やはり固くなっていて潰れていました。
交換出来て良かったです。



左側に回り次はカムチェーンの交換です。
もうこの辺は何度も開けておりますので。



ガイドローラーとスプロケットを外せば
スルスルとチェーンが外せます。
較べてみると長さは変わらないのですが
横に向けるとしなってしまいます。



すべて元に戻してエンジンオイルを注入して
エンジンを始動すると明らかに静かに。
少し暖気した後に試運転をしてみると
クラッチ側の異音は若干残るものの
普段乗るのには支障のないレベルになりました。
ただスローが若干上がってしまったので
ECUの学習機能が落ち着くまでは様子をみます。



最後にちょっとイヤなものを見てしまいましたが。。。
Posted at 2018/11/03 15:13:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | スーパーカブ | 日記
2018年10月20日 イイね!

エンジンオイルとリヤスプロケットとドライブチェーンとカムチェーンガイドローラー

異音の原因が判るまでとりあえず
前のエンジンからの使いまわしだった
エンジンオイルを交換してみました。



カブ乗りの定番と言われているホンダのG1です。
現在G1以外のオイルも検討しておりますが
次は部分合成油のG2(粘度は同じ)にしようかと。



実走はほとんどなく1時間未満の始動でしたが
こんなに汚くシャバシャバしたオイルが出てきました。
フラッシング効果があれば良いのですが。



次に引っ掛かりのあるリヤタイヤの点検を。
センタースタンドをかけてリヤタイヤを回してみると
途中でチェーンがパンパンになってしまうので
スプロケットを確認するとと摩耗が激しい箇所があり
チェーンが上手くかみ合わないことが判りました。
フロントは問題ないのでリヤだけ新品に交換します。
17インチなので46Tです。14インチになると43Tになります。



併せてドライブチェーンも交換します。
420-106Tなので110Tを用意しました。



自転車用のチェーンカッターしかなく
幅が合わなかったのでディスクサンダーで切ります。



外したスプロケットと比べると
パッと見は判りませんが。。。



やはり駆動方向に削れています。
もう限界でしたね。



スプロケットとチェーンを交換して調整と注油をして完了。
チェーンカバーに隠れてしまいますが
キレイなチェーンは気持ちイイですね。



そしてエンジンの異音の追及を。
先日カムチェーンテンショナーのローラーを
交換したのですが実はこの手のエンジンには
シリンダーの横にガイドローラーが付いていて
こちらが機能しなくてもテンションが掛かりません。
開けて確認するとローラーがチェーンに当たっていません。



すぐに新品を手配しました。
中華エンジンで見た目も違うのですが
純正番号から調べていったら
なんと昔の横置きと同じローラーでした。
それも社外品があったのも驚きです。



そして本日交換作業をしました。
通常の作業ではレッグシールドを外して
マフラー、インマニ、カムギヤー
シリンダーヘッドと外してローラーを外すのですが
このエンジン(AA04E)はカムチェーン周りの
スペースが広いので、左側のレッグシールドだけ外して
テンショナーの油圧を抜いてカムカバーを開けたら
指を突っ込んでローラーを外すことが出来ました。
しかしローラーがクランクケース内に
落ちる可能性大なのであまりおすすめ出来ませんが。



新旧のローラーを比較してみます。
もちろん右側が新品です。



こうして見るとかなり減っていることが判ります。



交換後テンショナー横の穴から
テンショナーの油圧を確保するためのオイルを
任意で注入したあとエンジン始動。
しかし交換前とあまり変わらずがっかり。
気を取り直して暖気後10分ほど試運転。
するとカムチェーンのテンションが掛かったようで
異音はほとんど消えてしまいました。



最後に軽く洗車をして作業完了。
これで問題なく通勤で使えるようになりました。
仕入れたときは廃車同然のカブでしたが
2か月弱で作業が終わり予算もかなり少なく
結果としては良い乗り換えだったと思います。

とりあえずこのカブの復活作業は完了です。
Posted at 2018/10/20 17:13:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | スーパーカブ | 日記
2018年10月14日 イイね!

マイナートラブル

昨日より通勤快速となったカブですが
ナンバーを付けて保険を掛けて
実際に公道へ出して走ってみると
あちこちと小さなトラブルが出てくるもの。



やはり毎日問題なく走ってもらわないと困るので
お仕事から帰ってきてすぐにガレージに行き作業開始。
ナンバー灯を交換してついでにメーター球もLEDに。
リヤタイヤの引き摺り感はリヤスプロケットの磨耗。
ちょうど良いテンションでチェーンを調整して
スプロケットは後日交換することにします。



ついでにクラッチ廻りの点検を。
オイルストレーナーはゴミが詰まっていて
全くオイルが通らない状態でした。
クラッチのレリーズも問題は無かったのですが
組み直したら更にスムーズに
ギヤが入るようになりました。




最後にタペット調整をして完了。
EX側が若干広かったせいか
エンジンからの異音もかなり減りました。
来週また通勤で使ってみて様子を見てみます。
(今回は画像がほとんどありません)
Posted at 2018/10/14 08:08:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | スーパーカブ | 日記
2018年10月09日 イイね!

リアボックス取り付け

カブはもちろんメットインではないので
ツーリングや通勤などに使用する場合
ラゲージスペースの確保に苦労します。
以前乗っていた90カスタムのときは
ホンダ純正のリアボックスを付けていましたが
最近ではホームセンターなどで売っている箱を
取り付けるのが流行っているようです。



「アイリスオーヤマ 職人の車載ラック専用ボックス
密閉ハードBOX ブラック/オレンジ MHB-460」
通称「ホムセン箱・アイリス箱」のブラックverというらしいです(笑)
簡単なモノですがキーロックがあるのも決め手となりました。



早速荷台に乗せて位置決めをします。
シートのほうに寄せて付けるとこんな感じ。
ただこの位置では背中にボックスが当たってしまいます。



今度はテールのほうに寄せてみます。
これなら当たらないしちょっと後ろに座れば
寄りかかることが出来るのでこの位置にします。



早速取り付けることにしますがここで問題が。
今までのプレスフレームのカブの場合
左右に隙間があったので取り付けが簡単だったのですが
このカブはパイプフレームにカバーがしてあるので
キャリアの取り付け面がフラットで
工具の入るスペースがありません。



そこで今回は配管用のUボルトを使用して
キャリアの下側から挟み込む方法を取りました。



またキャリアと箱の間にはゴムシートを挟みます。
これで振動やきしみ音を無くし更に密着性を高めます。



キャリアを外して箱の裏面に当てて位置決めをして
Uボルトの位置が決まったら穴を開けていきます。



写真が一気に飛んでしまいましたが
大きめのワッシャーを挟んで留めたら完成です。
位置決めの際には左開きにしていましたが
サイドスタンドを掛けたときのことを考えて
右開きに変更して取り付けました。



通常のボックスはグリーン/グレーのカラーなのですが
今回はブラックのケースにして正解でした。



そして本日、役所からナンバーを交付され
あとは保険を掛ければ公道復帰となります。
先月ママチャリより安く仕入れたこのカブは
エンジンが水没していて始動も出来ず
つんつるてんのフロントタイヤには
大蛇のようにはびこる
パンク修理材が入っていて
転倒してハンドル周りは壊れていて
載せ換えたエンジンもカムチェーンがたるんでいて
テンショナー廻りを交換してと
いろいろとトラブルを抱えていましたが
何とか乗れるようになりホッとしました。
Posted at 2018/10/09 21:29:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | スーパーカブ | 日記

プロフィール

「なんとなく自分で書いたブログの投稿を数えてみたら375ありました。愛車紹介も35、ちょっとびっくり(笑)」
何シテル?   06/13 22:10
いとこの兄ちゃんに洗脳されて ガキの頃から大好きなKP61スターレット。 今までに3台、足掛け20年ちょっと乗っていました。 みんカラのブログでは修理日誌...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

mixiと並行して書いていて
みんカラにはブログに書いている
車両のことしか基本的に書きませんので
各車の絡みが無い場合や
リアルにお付き合い
させていただいている以外の方は
お断りさせて戴く場合がございます。
申し訳ございませんが
ご理解のほど宜しくお願い致します。
65 人のお友達がいます
キャニオンゴールドキャニオンゴールド * あっきー.あっきー. *
toyomarutoyomaru warabistwarabist
きんちょ.きんちょ. トシのKP61トシのKP61

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ポーターキャブ マツダ ポーターキャブ
赤帽を辞めて会社員になっても やはり荷物が積めるクルマが 必要ということが判ったので タ ...
ダイハツ ミラジーノ ダイハツ ミラジーノ
転職を機に我が家に来たミラジーノ。 友人より破格で譲って戴きました。
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
3台目となるKP61です。 2011年10月に縁あって関西からやってきました。 2台目と ...
スバル サンバー スバル サンバー
3号車(NAの赤帽車)が450000kmを超え エンジンのパワーダウンをはじめとする老朽 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.