• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ピンブールのブログ一覧

2010年07月31日 イイね!

2児遺体事件の裏側を議論すべきだと思うのは私だけ? - 公務員への罰則の必要性



今私、別のニュースを見ていました。ここ数日で発見された事件に、大阪の2児放置の事件があることを知った。

もう大学生と高校生になるとはいえ、同じ2時の父親として、憤りを感じた。

頭にきたモンなんてものじゃない、切れかけた。

放置した親に切れかけたのか?、これはたしかにそう。でも、この背景は私にはよく分からないから、ただの放棄なのか、精神を病んでいたのかわからない。もちろん病んでいたからといって、許されるわけではない。


私が、この事件で、’現時点で’ 本気で切れたのは、この事件を未然に防げるはずだった関連公務員、君達にだ!!


ニュースを見て、愕然とした。

被害者の子供たちがまだ確実に生きていた時期に、周辺住民の匿名の電話で、数回この部屋の異変について報告されているという事実。

そして、この事実に基づいて、公務員が5回も実際の現場を訪問しているという事実。


そして、そのコメント。

「訪問時に、泣き声も無く、返答が無かった。」


これが、この種の事件を未然に防ぐように作られた係りの担当者のコメントである。

留守の様子だから引き上げたって、おまえら、郵便局員か??


こんなやつらに税金を払っている私たちから(私は今も日本にある種の税金を自己申告で払っている)、給料が出ている!!


おまえら、給料返せ!! 

国会! ちゃんと公務員を罰則するべき! 

残念なことだけど、こんないい加減な仕事をして、人の命が「怠慢で消えて」、殺人幇助にも問われないのか? 


これ、実際に殺したのは、この怠慢じゃないのだろうか??


ほんと、何か、おかしいよ!  なんで、なんで、なんで、こんなことが許される??? 






Posted at 2010/07/31 19:46:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 その他 | 日記
2010年07月31日 イイね!

必ず必要な費税の姿 の 一例




月末最終日、午後6時になって、や~っと月末処理の終了のメドがあたってきました。



さて、民主党党首が「消費税を、あげる」といったら、’本音をうっかり言ったら’ 参院選選挙に負けたとか。。。


国民ってそういうものなんですね。 どうして懲りない?? と 思ってしまい方々、私だけではないはず。

例え、与党が変わっても、野党が与党になった瞬間から日本の現実にぶちあたり、消費税絶対必要党に変わるのはわかりきった事。こんな理由で選挙直前まで人気持ち返していた民主党が本当に負けたのであれば、「・・・・・・・・」である。


で、実際きっと ’そう’ なのであろうなぁ。


一般的な消費税増反対派タイプは、想像するに、 とにかく税金上がるの嫌派 や まず公務員無駄使い止めよ派 などじゃないだろうかなぁ?




この2つ、 心情として、 どちらも正しい、 と私は思うけど、 長期的に見て免罪符でも発行しない限り、消費税の導入は避けられないと思う。

じゃ、なんで今の日本の消費税の取り方が問題なんだろうか私が思うところをちょっと。


日本の消費税は、なんでもかんでも、100%の売り買いにかかるのでしょう??


これを聞いたときは、私はこれは不公平だ! と 正直びっくりした。


なぜって、経済的弱者の立場が、まったく無視されてる。 これは、とても優れた国とは、いえない。これでもか!っていう イジメを国が国民のかなり多くの人々にしていると思われてもしかたない、と思う。

私が移住してきた時、オーストラリアではまだ消費税は導入されていなかった。だから、オーストラリアの国会がどうやって消費税を導入していくかの過程をかなり詳しく見れた。

まず、第一に、国民は、政府公務員やその関連事業の無駄遣いを当然追及した。

しかし、消費税導入が必要なことも理解した。日本よりもはるかに健全な状態なのに、それでも理解した。

消費税導入を提案した与党は、失速などしなかった。しかも、最初から10%の消費税である。

(日本のように、「5%で導入して、将来絶対あげない」、なんて約束はしてない。「国民がそんな約束を忘れたこっろに、あげよう」なんてことはしてない。)



そして、ここからが、すばらしい!

国会では、「社会的経済的弱者をどうやって、守るか」このあたりが、果てしなく、議論された。

なんでも官でも消費税をかけるのか? 収入が増えないのに、どうやって弱者は生活を維持できるのか? いや、それはまずい。


では、食品に消費税をかけるのか? 家賃は? などなど。

結果、簡単にまとめると、こうなった。

家賃は、消費税を取らない。理由は、家に住めなくなることがわかっていてそれを行うのは、人のすることではない。

では、食品は? これは、ぜいたく品と、そうではないものにわけよう。 ぜいたく品とは? 贅沢品とは、特に必要が無い食生活としよう。 それは、例えば、レストランでの食事。 これは、必要ではない。 また、加工された食品。デパートで売られている惣菜など。これは、自分で作れる。作らないのは、怠慢といえるだろう。

すなわち、すぐ食べられるように加工済みでない食品、には消費税がかからないことになった。

あらゆる調理前の’素’な食品だ。 野菜とか、肉とか、魚とか、そのたいっぱい!

だから、自宅で生活する経済的弱者の生活は、何も変わらないことになった。

電車やバスなど公共交通手段だって、本当にお金が無いなら、割引申請が出来る。



消費税導入をしやすくするために、同時に、車の税金をめっちゃ安くした。(<-これは、私は反対だった)  

政府は、飴も忘れないww


とにかく、こういう国も、あるっていうことです。 経済的に日本よりもはるかに貧乏なはずのオーストラリア、なんだけどなぁ。







Posted at 2010/07/31 16:56:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーストラリア雑記 | 日記
2010年07月30日 イイね!

ねじれ国会。。。  健全になっただけじゃん


月末処理の真っ只中、あんまり疲れて、しばらく見なかったニュースを見てみて、驚いた。

民主党が参議院で議席を失って、「ねじれ国会」となった、と立派なTV会社までが大騒ぎしている。

これってさ、まったく、ばかげた話。

国会運営をその理論から見れば、ねじれてるから、いいんじゃん。

本来あるべき形にが、実現してる。


衆議院も参議院も絶対多数がとれていた、そんなわけのわからない時代が続いたからこそ、だれも今の日本を止められなかった。

悪法も悪慣習も、正す方法が無かった。


’もし’、政治家たちが、本当に日本の将来を考えるような人たちの集まりであったら、党派を越えて、このねじれ国会の衆議院でさんざん議論して通った議論を、参議院でさんざん議論して通った法律は、きっと良いものであるはずなのだが、この辺が「今の」政治家にしてみれば、この論法は素人だということになるのだろう。

まさに日本船は、どこへ行こうとしているのだろう。


離れて遠くから見る我が母国。 どうなっていくことやら。。。


ーーーーー

庶民の私は、わが身を救う自分のお仕事に戻ります。。。
Posted at 2010/07/30 22:14:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 その他 | 日記
2010年07月22日 イイね!

下着ドロの果てに??



あんまりに、お久しぶりで、申し訳ございません。


ですので、私らしく笑い話から(笑)


もちろん、これも、お約束の「実話」です。


家族に病人が出て、それに付きっ切りの上、日々の雑用も忙しく。。。。、もう半年です。最近やっと落ち着きを見せ始め、ほっと一息できればと、と思っている次第です。



おっと、まずい。早速私事を話し始めてしまった。話を戻しましょう!笑い話。笑い話っとww



この実話。私の友人に最近起きた話です。

この人、女性なんですが、小さな子供二人抱えて1年ほど前に離婚をしました。
いろいろな金銭問題を残しながら、子供二人をつれて、アパート暮らしを始めた矢先のことです。

その部屋は、古びた昔ながらのアパートの1階の角部屋にありました。

このアパート、古いだけあって、水の問題があり、洗濯機を室内に置いてはいけない規則で、外においていました。


この女性、なかなかの美人なんです。

で、もともとこの彼女はストーカーや下着ドロの被害は、学生時に一人暮らしを始めたころからずっとあって、中々自分は魅力的だということを、嫌でも感じる、そういう人生なんですね。


離婚してからも、そんな被害が続いていて、ある意味、子供を抱えるまでの歳を重ねたとはいえ、日々男で無しの生活の中で、色々とおびえる生活をしていたわけです。


それがとある日、彼女が今までに人生で経験したことが無い、下着ドロ事件が起きました。




みなさん、下着ドロって当然、干してある下着やらなんやらを盗んでいくわけです。気持ち悪いだけでなく、経済的に少なからずダメージを追わせられるわけです。下着だって日々盗まれては、経済的に馬鹿になりません。


とにかく、離婚して、お金も無く、彼女は日々とても困っていました。スーパーから買い物袋を抱えて小さな子供たちと帰るその無言の後姿が ’もしかしたら’ その毎日のありていや辛さを雄弁に物語っていたのかも知れません。


ある日、不思議なことが起こりました。
なんと洗濯物が、増えていたんです。


さっきまで回していた洗濯機。脱水が終わった洗濯物を取り出し干そうとすると、なんと、下着が増えていました。

女性モノ下着が、洗濯機の中に、放り込んであるのです。脱水済みの止まったタンブラーの一番上に、’ひょい’って置いてあるのだそうです。

「なんだこれ??」 と思ったわけです。

「もしかして、私の心の声が届いての、天の采配か?」

「でも、神様。。。。、こういう贈り物は。。。冗談にしても気持ち悪いぞ。。。!」って。

確かに一枚でも多くの下着ドロからの被害を避けたい思っていた彼女にしてみても、こういうものは素直に喜べるものでもないし、実用に使えるものでもありません。

だって、新品かもしれないけど、袋には入っていないんだもん。(そういう問題ではないか!?ww)

とにかく、それは、普通の下着、だったそうです。



すると、次の日、また下着が入っています。
「えっ??」 ってなものです。これもまた、普通の下着。



こんなことが何度か続いたらしいんです。上の下着だったり、下の下着だったり。


といって、「洗濯完了後の他人の洗濯機に勝手に、下着を入れないで下さい」なんて、おかしな張り紙をすることも出来ません。だって、近所みんなが見るんだもん。



とにかく、生まれてこの方、下着が盗まれて減ることはあっても、増えることは無かったわけです。だから、かなり不思議です。

そして、この神様からかもしれない、プレゼント。だんだんエスカレートして行きました。


どうやってエスカレートしていったかというと、

真っ赤なふりふりとか、
シースルーとか、
○○付きとか、
○○有りとか、
とにかく、かなりキワドイものオンパレードになってったわけです。

普通の下着なんか、プレゼントされなくなりました。袋の入ったままの新品もあったそうです。でも、そんなの、はけません。



ちょうどこの頃、私と電話することがあり、こんな奇妙な体験をしている、と近況報告で教えてもらったわけです。



私は、言いました。

「それって、もしかして・・・パンツねずみ小僧??

「パンツは、天下のまわりもの??」
「持てるものから、貧しいものへ??」 パンツ社会共産主義??


「きっと、クリスマスは、靴下じゃなくて、パンツをつるしておいたら、その誰かは特大の何かくれるぞ!うん、絶対それがいいぞっ!」


その女性。そんな冗談を笑いながらも、
「私、そんなに私お金に困っているように見えるのかなぁ?」

などなど、ふざけて馬鹿話をしていたんです。実際、内心は、とても怖かったろうと思います。


でもね、実は、これ、後日談があって、ある休日、その送り主が、わかりました。
ある下着ドロが、その果てにやっていた行為だったんですよ。
でもこれは、あまり良い話ではないので。。。。。ここではご紹介しませんw 
というか、この紹介した現代ねずみ小僧事情の話自体、いいはなしじゃないか??www


PS
Ume隊長。もちっと仕事のほう待っててくださいね。息抜きに、これ書いているだけで、暇じゃないんですww サボっているわけではないので。。。。 信じてねっ!


PS2
暑さ対策の記事。半分書いて、半年はったらかしになってしまっているのですが、日本まだ7月ですが相当暑いんでしょうか?今見たらアクセスがあるみたいなので、もしかしたら、残り半分UPするかもですw これ、かなり、実用的ですよ。
Posted at 2010/07/22 22:04:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記 その他 | 日記

プロフィール

「寒さに、震えてます。」
何シテル?   07/10 23:58
暖かい皆様のアドバイスを頂き、おかげさまで、普通に走るようになりました。有難うございました。 これからストリート向けライトチューンをレポートできたらと思い...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/7 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達

ゆっくり、楽しく行きましょう!
たぶんどちらかというと、”ぼや~”としている方です。

現在メイン車はRですが、車全般、好きです。お友だちの車種なんでも大歓迎です!

友人関係に意味を持ちたいと思っています。数集め目的と思われる場合、大変申し訳ありませんが、拒否もさせて頂きます。
15 人のお友達がいます
kan3kan3 * 32乗り32乗り
HolaHola GT-RGT-R
ゴキちゃんゴキちゃん じゃんきぃーじゃんきぃー

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
中古で購入しました。エンジンルーム内は、ほとんどドノーマルだと思っていましたが、どうも全 ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
名前がついていて、マックスといいますw もう22(was18)万キロになりますが、走行 ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
とても大好きで、最高に調子がよく、思い出深い車でしたが、路上駐車中に運転の下手な2台の車 ...
トヨタ カローラ トヨタ カローラ
日本で最後に乗っていた車です。

過去のブログ

2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.