• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Y塾長のブログ一覧

2014年07月06日 イイね!

インフィニティ+メルセデス・ベンツ初の合体車☆

インフィニティ+メルセデス・ベンツ初の合体車☆日産の新型スカイライン(インフィニティエンブレム)へメルセデス・ベンツのCクラスなどに搭載されているメルセデス製2リッター直噴ターボエンジンが搭載されたグレードが発売されているので、ずっと気になっていたのですが実車を初めて見てきました。








これがメルセデス製、直列4気筒2リッター直噴ターボエンジン型式“274930”最高出力211PS/5500rpm 最大トルク35.7kgf.m/1250-3500rpm 燃料消費率13.6km/Lを誇るエンジンです。




200GT-t Type Pを軽く試乗をさせてもらったのですが、車両重量1670Kg+5名フル乗車という悪条件にも関わらず低速から太いトルクを発生させるエンジンだけあって終始重さを感じさせないパワフルな走りを体感出来ました☆

そして高回転へのスムーズな吹け上がりとパワーの炸裂感は予想以上でした!

今回の新型スカイラインはメインの350GTが3.5リッターV6エンジン(306PS)+モーター(68PS)のハイブリッドなのですが、どうしても購入費と維持費がそれなりに高額になってしまうので、このダウンサイジングターボエンジン搭載の200GT-tも新型スカイラインとの相性はなかなか良くて魅力的だと思いましたね☆
Posted at 2014/07/06 01:10:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗&次期愛車探し | クルマ
2014年06月29日 イイね!

新型コペン試乗2

新型コペン試乗2新型コペンを岡山ダイハツ野田店へ試乗に行ったのですが、今回は2台の試乗車が用意されていて黄色が5MT、赤色がCVTの試乗車だったので超短距離だけでしたが2台とも試乗をしました。

今回は前モデルよりエンジンの低中速トルクが太くなっているので、CVT車でもストレスが少ない運転が可能となり超短距離の試乗でも軽快さと高級感とのバランスの向上を体感することが出来ました☆

5MT車で高回転まで回すと、なかなか低音が効いた勇ましい排気音になるのでオープン状態で走っていると結構ヤル気にさせてくれましたよ♪






スタイリングは前モデルと比べて相当スポーティになりましたね。しかし前モデルのような丸目ライトバージョンが後々追加発売されるそうですから、外装キットを組み替えれば、どちらのバージョンにも変身させることが出来る面白いボディ構造だそうです(^^)




リヤのスタイリングは少しミッドシップのようにも見えて、私的にはなかなかのカッコ良さだと思いました☆





純正シートが軽四として考えると、なかなか手の込んだ作りで体のフィット感やホールド性とのバランスも良くていい出来だと思います。 願わくはハイトアジャスターが標準装備されていたら、もっと評価は上がったのですが・・・





5MTのABCペダルです。軽四ボディなので、どうしても足元がタイトになり全体的に左よりですが、前モデルより進化しているとは思います。しかしフットレストが非装着なことが残念でなりません(`´)
Posted at 2014/06/29 00:26:26 | コメント(5) | トラックバック(0) | 試乗&次期愛車探し | クルマ
2014年06月25日 イイね!

新型コペンを試乗(☆。☆)

新型コペンを試乗(☆。☆)先日、新型コペン5MTとCVTそれぞれの試乗車があったので短距離ですが軽く試乗をしてきました(*^□^*)


詳細はまた改めてブログへ載せますが、ひとまず何でも効率重視で車といえばエコカー全盛の時代に、ミニサイズながらも本格的なスポーツカーを、また再販してくれたダイハツに心から感謝です☆ヽ(▽⌒*)
Posted at 2014/06/25 11:19:03 | コメント(6) | トラックバック(0) | 試乗&次期愛車探し | クルマ
2014年06月20日 イイね!

新型スバル レヴォーグの2リッターターボを初試乗☆

新型スバル レヴォーグの2リッターターボを初試乗☆今日は某人物から新型スバル レヴォーグの2リッターターボエンジン搭載車の試乗がついに解禁されている!!

との怪情報が舞い込んできたので(笑)早速、岡山スバル中島店に寄ってみました♪

試乗車のグレードは“2.0GT-S EyeSight”のトップグレード車☆


前回は1.6リッター直噴ターボ“DIT”を試乗して、ブログへ簡単な試乗レポートを載せたのですが、今回の試乗車は長らく試乗を楽しみにしていた最強エンジンの2.0リッター直噴ターボ“DIT”です!

試乗コースは近年、新型車が発売されると必ず指定される岡山スバル中島店の試乗コースの中で最も面白くない(笑)街中だけの短距離、短時間の試乗コースでした(´`)

しかし、そのあっという間に終了してしまうような試乗コースであっても、2.0リッター直噴ターボ“DIT”のケタ違いのパワー&トルクの凄さがすぐに体感出来るほど、このエンジンはとにかくハンパ無いです!!

長い間、スバルのエンジンを色々と体験してきましたが、これ程ゼロ発進から車重を感じさせないエンジンは初めてです!!

アクセルペダルを踏み込んだら踏み込んだだけ超ダイレクトにエンジンが反応して、驚異的な鬼加速を発生し、あっという間にここでは書けない速度へと達してしまいます(汗)

しかも、その速度領域までの到達時間がとにかく速い!

私が乗り継いできた従来のEJ20ボクサーターボエンジンでは、よほどのエンジンチューニングを施さない限り、この瞬間移動のような低中速の鬼加速を体験することは出来ないですね。

あと、その超ハイパワーのエンジンに負けない極めて強靭なボディ剛性とレガシィ時代からすると熟成の領域に達しているかとも思える純正採用のビルシュタイン製ダンパーなどがもたらす抜群の安定感のシャシー性能。そしてブレンボなどの有名メーカー製高級ブレーキキャリパーではありませんが、フロントに17インチローター&2ポットキャリパーを採用して十二分に優れた制動力とブレーキ剛性を発揮していました。

一瞬だけでしたが、それなりの速度に達した際に今までのスバル車とは比較にならない程の高速安定性を感じました。それは某ドイツ車が世界に誇るAWD駆動方式の車を運転した際に感動した高速安定性に勝るとも劣らない安定感のように思えましたね☆

本来はもっと多くのことをチェックしたいのですが、なんせ本当にあっという間に終了する試乗コースなので、これぐらいしか違いが分かりませんでした(´`)

また、いずれ試乗する人の数が落ち着いた頃に、もう一度ジックリと試乗をしてチェックしたみたいと思います。





スポーツグレードの“S”のみに標準装備されるブラックべゼルのLEDヘッドランプです。

カタログに「コントラストを強調したブラックべゼルが、より精悍でスポーティなフロントマスクを演出します」と記載されていますが、まさにその通りに非常に精悍でカッコイイヘッドランプだと思います!





実車を見てもらうと、より分かり易いと思いますが、従来の腰高スタイルが当たり前のスバル車ではありえないような純正状態なのに隙間が少ないホイールアーチ!!

これだったらカッコが悪いから・・・という理由で、無理して車高調やダウンサスで車高を落とさなくても別に悪くない美しいバランス感だと思います。

今の私ならば、これで十分ですね♪




前回でも述べましたが、もはや従来のスバル車とは別物とも思えるほど劇的に質感もクォリティも大進化した内装です。 “S”グレードのみに標準装備される高触感本革巻ステアリングホイール&シフトレバーを初めて体感しましたが、某レ〇サス車に純正採用されている高級本革と同じぐらいの上質な触感だと思いました。




これが「圧倒的な悦びを創出するスポーツユニット」2.0リッター直噴ターボハイパフォーマンス“DIT
”です。 

このエンジン&車の凄さと良さの真髄は実際に運転してもらった人ではないと分からないので、興味がある方は是非一度スバル店へ試乗に行ってみてくださいね♪
Posted at 2014/06/20 23:30:33 | コメント(7) | トラックバック(0) | 試乗&次期愛車探し | クルマ
2014年05月18日 イイね!

スバルの新型車レヴォーグを初試乗☆

スバルの新型車レヴォーグを初試乗☆今日は私の長年の直感で、そろそろスバル中島店ぐらいで新型車レヴォーグの試乗が出来るのではないか??

と思ったので、何の下調べもアポイントもとらず久しぶりにスバル中島店に寄ってみると・・・


ぬぉぉぉ!!!???


ホンマにあるやん・・・


ナンバー付きのレヴォーグが!!!(汗)


担当営業マンのT氏に聞くと、まさしく今日からコッソリと試乗が出来るようになったそうな・・・

我ながら見事に大当たりした直感に驚きました(笑)






今回、試乗したグレードは最もベーシックな1.6GTのリニアトロニックでボディカラー“スティールブルーグレー・メタリック”でした。

レヴォーグには1.6リッター直噴ターボDITと2.0リッター直噴ターボDITの2種類のエンジンがラインナップされているのですが、この試乗車はグレード名どおり1.6リッター直噴ターボDITです。

最近のスバルがウリにしている運転支援システムのアイサイトver3が、このグレード1.6GTのみ装着されておらず他のグレードはすべて標準装備だそうです。その分1.6GTの販売価格は247万円と比較的お買い求めしやすい御値段となっております☆

今回の試乗コースはスバル中島店の試乗コースの中で最も距離が短く周辺の市街地をグルっと一周するだけのコースなので、試乗車の性能がほんの一部分しか分かりにくいのですが、それでも走り始めてすぐに今までのスバル車とは一味も二味も違うことが体感出来ました!

やはり最も分かり易い点はエンジンですね。ついにロングストローク化された新開発のFB16だけあって、長年に渡りスバルの主力エンジンであった高回転はいいが低中速トルクが細いショートストロークエンジンEJ20などに比べて、圧倒的な低中速トルクの太さで抜群の乗り易さに仕上がっていました♪
3名乗車でも余裕の発進加速を発揮してくれて、特に街乗りレベルでは十分過ぎるパワーとトルクを発揮してくれます。

走行性能は全体的に高いレベルに仕上がっていると思いました。スバルAWD伝統である抜群の安定感はより一層進化し、ハンドリング性能もワゴン車としてはシャープですが、扱い易くスポーティなコーナリングで走る楽しさに満ちた走りが楽しめました☆

私は以前に旧BL型レガシィを所有していたことがありましたが、このレヴォーグはBL BP型レガシィと細かな点で共通点が多く雑誌などでも書いているように、BL BP型レガシィの正常進化形のような気がしました。運転していると不思議と懐かしさが込み上げてきましたね(´`)

エクステリアのデザインも彫が深い造形が美しくカッコイイですし、内装の材質やクォリティが格段にアップして高級感が増しています。少しでも気になるという方は是非とも試乗をされることをお勧め致します♪





駐車場の奥にヒッソリと置かれていたBRZの試乗車。 最近、道路を運転しているとトヨタ86やスバルBRZを一台も見ない日が無い・・・とも思えるほど多くの台数が普及していますが、このBRZ専用色のWRブルーは意外と遭遇する機会が少ないですよね。

どの色でもカッコいいのですが、しいて言うと、このWRブルーが一番好みです☆☆
Posted at 2014/05/18 00:37:51 | コメント(7) | トラックバック(0) | 試乗&次期愛車探し | クルマ

プロフィール

「みんカラを退会 http://cvw.jp/b/475525/33554318/
何シテル?   07/11 20:56
岡山で約10年ほど前からメーカーを問わず多種多様なスポーツカー好きを集めて1~2ヶ月に1回ぐらいのペースで、お気楽なツーリング主体のオフ会やナイトオフ会を私の気...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

クルマ好きでマナーを守ってくださる方でしたら、どなたでもお友達登録をお待ちしております♪ なお今年からはあまりにも長期間、絡みor反応が無い方は申しわけありませんが、こちらにて解除をさせて頂くことにしましたのでよろしくお願い致します。
169 人のお友達がいます
カドゥーとVMGカドゥーとVMG * カシーカシー *
AUTOWAYAUTOWAY *みんカラ公認 celi@tSceli@tS *
ZENGARZENGAR スターゲイザー☆スターゲイザー☆

ファン

61 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ Kei kei塾長号 (スズキ Kei)
将来的にセカンドカーになる予定の車を先に購入しました。 古い年式の車ですが、前オーナー ...
スバル インプレッサ WRX STI GRB塾長号 (スバル インプレッサ WRX STI)
ノーマル状態で素晴らしい走行性能とデザインの車なので、その良さを崩さないようにライトチュ ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
前愛車です^^  EJ20 2リッターNA DOHC16バルブAVCSエンジン(5MT) ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.