• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

若林葉子のブログ一覧

2010年08月30日 イイね!

ご報告その2

さてETAP-1は、リエゾン429.75km
→SS218.37km→リエゾン6.82kmの
合計654.94km。

リエゾンが長いとはいえ、
初日から650kmはなかなかしびれました。
しかもこのSS、長いロックセクションと3000m級の山越え。
ロックセクションはとにかくパンクしないよう慎重に行きました。
ゴールしたのは23時半ごろ。



ETAP-2は、479.03kmのSSと26.24kmのリエゾン。
2日目は水責めの日でした。
小さな川をいくつも渡り、大きな川渡りもあって、
何とか終わったーとホッとしたのに、
ビバークから数キロのところが、雨で行く筋もの川ができてしまっていて、
しかも、もう辺りは真っ暗。
よく見ると、地元のクルマが水没して助けを求めたりしている。
水に入ったあとは、ただ「止まるな、止まるな」と祈る気持ちで向こう岸へ。
あとから聞くと、エントラントでもここで水没してしまった人がかなりいたとか。




そして今回のハイライトがETAP-3でした。
SS284.73km。
距離が短い日は、たいていハードなルートと相場が決まっています。
この日は私にとって初めてのデューンが待っていました。
デューンの手前からサンドが始まるのですが、
絶対ブレーキを踏まない、ハンドルを切りすぎないなど、
自分に言い聞かせてはいても、なかなか難しい。

菅原義正さんからは、「2日目のあの川が渡れたのなら大丈夫だよ」と励まされていましたが、
数年前は丘のような地形だったデューンが、
地形がずいぶん変わり、丘の向こう側が切り立った急斜面になっていて、
菅原さんは、私たちは「100%戻ってこれないだろう」と思ったそうです。
斜面を登るのも大変でしたが、てっぺんに登りきるまで向こう側が見えない怖さ。
そして登ってみたら、まるで真っ逆さまにも思える急斜面。
心底、びびりましたねー。
そんなときはブレーキを踏むのはご法度ですが、
でもアクセル踏むのは相当に勇気がいります。
距離にすれば10kmほどのデューンでしたが、
途中、登れずに何度かやりなおしたりして、
無事、超えられた時は、レイコさんと二人、泣きました。

レイコさんがいなければ、決して抜けられなかったと思います。
ダメなときには迷わず下りて、自分で歩き、砂の硬いところを探したりして、
大きな声で叱咤したり、励ましたり、誉めてくれたりして。

ゴールに着いたときには、菅原さんががっしりと握手してくださいました。
忘れられない一日です。
そして、偶然にもこの日、ローリーが車内にオンボードカメラを取り付けていて、
私とレイコさん二人の必至のやりとりがばっちり残っています。
「俺、感動した。YOU TUBUにあげるよ」なんて言っていましたが、さてどうなるでしょうか。

ETAP-4。
リエゾン26.09km→SS588.33km。計614.42km。
この日は比較的順調だったのですが、陽が落ちてから、1カ所ミスコースし、
なんだかすごい山の中に分けいってしまい…恐ろしい逆バンクの連続。
ミスした場所まで戻って、正しいピストを探すのだけど、
あるはずなのに、ない。探しても探してもない。
そのとき、ふっと地元のバイクが、探しているピストから出てきて、村の方向へ!!
急いでそのあたりを探したのだけど、やっぱり見つからない。
途方に暮れたとき、今度は村の方からまたバイクがやってきた。
その人にビバークのある「ZOUMOD」に行きたいと説明すると、「ついてこい」。
そうしたら、あれだけ見つからなかったピストにちゃんと導いてくれたのでした。
本当に不思議な体験。
無事着いたのは、なんと日付の変わった2時半。
長かったー。

ETAP-5は休息日。
ZOUMODは砂漠のオアシスで、“木陰”があるんです。
オイル交換をしたり、荷物の整理をしたり、生き返ったような気持ちになりました。
夜はチームアピオのみんなで宴会。






ETAP-6。
SS489.89km→リエゾン15.47km。
SS108.26km→リエゾン4.69kmの合計618.31km。
距離は長いけれど、比較的ハイスピードなルート。
比較的順調でしたが、ただし、背丈ほどもある草深くて砂っぽい場所を、
しかも道なき道をカップ走行しなければならないところがあって、
そこは前を行った人たちのタイヤの轍を見失わないようにと緊張しました。
ここ行けるの? ちゃんとどこかにつながるの?
と不安を口にしたくなるようなとりとめのなさでした。
またまた深夜の帰還。


ETAP-7。
2本のSSを含めた、480.83km。
この日のことが少し記憶に薄いのですが、
雨で道が川のようになったのはここだったかなー。
普通はピストにできた轍の跡を素直に走ると良いのですが、
タイヤが走る二本の轍が全部細い川になってしまって、
そうするとその二本の川を、器用にまたがなくてはならず、
おまけにあっちにもこっちも水たまりができていて、もう大変。
それから一ヶ所、ものすごいマディに遭遇。
いきなり道が泥沼に変化するのですが、もうライダー地獄絵図。
彼らにぶつからないように、でも自分がはまらないだけでも必至です。
「止まるなー。ハンドル切るなー。行けー」と礼子さん絶叫でした。

そしてETAP-8。
ウランバートルへ向かう211.15km。
ここでもいくつか山を越えたので、なんだか天井の世界のような場所を走りました。
てっぺんの逆バンクはやっぱり心臓が冷たくなりましたねー。


オート部門ではいっつもびりでしたから、
一番長く走ったETAP-4のSSは、なんと17時間58分。
早く走れば、それだけ疲れないし、
明るいうちに戻れるからミスコースのリスクも少ない、ということなんですよね。

でも最後までクルマの調子は良くて、パンクをしなかったのはラッキーでした。
大きな石を噛んでしまって、少し脱出に手間取ったのが一回、
最終日に泥の穴にすとんとハマったのが一回。
でもこれはすぐに脱出。


大変ではありましたが、一面に咲く花畑や、
地平線にパノラマのように広がる蜃気楼、
馬、ラクダ、羊、山羊、イヌ、ヤク、キツネ、タカ、小鳥たち。
モンゴルの大自然はやっぱり素晴らしかった!

Posted at 2010/08/30 02:42:27 | コメント(4) | トラックバック(1) | ラリーレイド | 日記
2010年08月26日 イイね!

ご報告

ご報告モンゴルから日本に帰って、一週間。
彼の地が涼しかった(寒かった)こともあり、
日本の猛暑になかなか身体が慣れません。
ふうふう言いながら過ごしています。

この一週間で、いろんな方から写真をいただいたので、
ちょっとずつご報告します。

1枚目の写真は、スタート前日の8日。
ウランバートル郊外のヌフトホテルで
積荷の整理や最終チェックをしているところ。
寒くて、薄手のダウンを着ています。

この日は、朝からけっこうバタバタしました。
GPSは予備も含めて、2台持って行ったのですが、
アメリカ人のライダーのGPSが動かなくなったというので、
1台、貸してあげたのです。
彼はその後、見事にMoto部門の1位に輝くのですが、
途中、転倒した際に、貸してあげたGPSを壊してしまったそうです。
(その後、どうやって走ったのかは聞きそびれてしまいました)
貸す=壊れたり、なくしたりするリスクがあるということなのですね。


この写真は、日野のカミオン。
2011年ダカールラリーのテストを兼ねて、菅原照仁さんが運転。
カミオンが爆走すると、本当に迫力ありますよー。
ハラホリンという町にビバークした日、
朝青竜が、このカミオンに乗ったのでした。
あまりの凄さに、驚いたそうです。
(私たちはまだSS中で会えませんでしたが)


そして、TEAM SUGAWARAのシンボルでもある鯉のぼり。
菅原さんが、私たちのジムニー1300に付けてくださいました。
夕方、陽が傾いてくると、
鯉のぼりが影となって、走り出すんです。
毎日、本当に励まされました。

モンゴルラリーについては、レイコさんはもちろんですが、
桐島ローランドさんのパートナー、井手さんのブログも面白いです。
モータースポーツ初めて、オフロード初めてという井手さん。
私も興味しんしんで読んでいます。

Posted at 2010/08/26 02:01:06 | コメント(1) | トラックバック(1) | ラリーレイド | 日記
2010年08月17日 イイね!

完走しました!

完走しました!モンゴルラリー初日の報告以来、ビバーク地の電波状況が悪く、更新できなくてすみませんでした。無事に8日間を走り終え、今日ゴールできました。リタイアを除けば一番最後ですが、クルマもトラブルなし、人間も元気。本人は心から満足しています。毎日毎日が山場で、本当によく走りました。初めてのデューンはあまりに大変で、それでもスタックせずに超えられたときは、思わずレイコさんと二人涙しました。菅原義正さんも、毎日、私たちの帰りを、今日は大丈夫か、今日は無理なんじゃないかと心配してくださって、完走を誰より喜んでくれました。またおいおいblogで毎日の様子や、モンゴルの素晴らしい景色などご紹介しますが、まずはご報告まで。応援、本当にありがとうございました。
Posted at 2010/08/17 00:42:08 | コメント(16) | トラックバック(1) | ラリーレイド | 日記
2010年08月10日 イイね!

ラリー初日

ラリー1日目。一時間ほど前に無事ゴールしました。夜になっちゃいましたけど人間もクルマも大きな問題もなく、元気です。私はレイコさんのナビに助けられて、シビアな場面も何とかクリアできました。明日も調子に乗らず、約500kmゆっくり確実に走りたいと思います。
Posted at 2010/08/10 01:46:51 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記
2010年08月08日 イイね!

準備万端?

準備万端?今日は最終準備でおおわらわ。朝からフル回転でした。GPSの入力チェックやイリジウムのチェック、最終車検、などなど。多分、最後になるだろうシャワーも浴びて、今日はそろそろ就寝です。明日は4時半起き、7時スタート。トータル655kmです。慎重に、慎重に。
Posted at 2010/08/08 22:34:57 | コメント(5) | トラックバック(0) | ラリーレイド | 日記

プロフィール

ahead femme(ファム)編集長の若林葉子です。フリーマガジンaheadに関わるようになったのは6年前。クルマに乗り始めたのも同じ頃。まだまだクルマ歴が短...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

115 人のファンがいます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.