• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月15日

湖北は雪国だった(その1)

湖北は雪国だった(その1) 私の職場には、他の企業で定年を迎え、我社に再就職された方が大勢います。先日、その方々と飲む機会がありました。
最近入社されたその内の一人の方。前の会社を退職後、9か月は家でブラブラとしていたそうですが、家にいてもすることがなくて再就職したとのこと。その方が繰り返し、何度も言っていました。

「趣味がある人は勝ち組」

そうか、俺って勝ち組だったんだ! (実感ないけど)

そして、定年後に大事なことをもう一つ言っていました。それは「夫婦の会話」


その方は、二つともなかったので再就職を決めたそうな。朝晩の食事はともかく、昼飯も出してくれとはとても頼める雰囲気ではなかったとのこと。再就職するまでの日々は、身の置き場もなく、さぞいたたまれない毎日だったんでしょうね。
私もほぼ1年後には定年。年金も満額は65才からだし、どうにか健康ですから、まだまだ働く気ではいますが、これは他人事じゃねぇわ。
夫婦の会話ねぇ・・・。そっちはこの方同様の負け組だわ。

で、勝ち組を極めるべく、連休の中日の日曜、ちょっと遠征して野鳥撮影に行ってきました。出かけた先は湖北野鳥センター
以前から湖北のオオワシのことは、松尾池などでカメラマンさん達から聞いてはいました。どうやら山本山という海苔屋さんのような名前の山にいるらしいことも。でも、何となく気後れして正確な位置までは聞けないままでしたが、先日、各務野自然遺産の森で出会った顔見知りの年配カメラマンさんに、まだ行ってないのか?てなことを言われて、湖北野鳥センターに行けばオオワシの居場所も分かると教えられ、やっと重い腰が上がった次第。

名神高速道路から北陸自動車道に入り、小谷城というスマートインターで降ります。時間は1時間ちょっと。まあ、ほどほどの遠さ。でも、インターを降りると田畑は一面の雪! 暇な人はグーグルマップなどで岐阜市と湖北野鳥センターの2点を見比べていただきたい。ほとんど緯度は同じ。この朝、出発した岐阜市は雪など全くなかったのに、湖北は一面の雪でどんよりとした重い空。時折、雪も舞います。

センターは琵琶湖の外周道路に面して建っており、料金は200円。琵琶湖側は全てガラス張りになっています。カメラマンも何人かいました。オオワシの資料もいろいろと展示してありました。
その内の1枚がこれ。



ここに来るオオワシの性別について。鉤鼻っぽいのがメスの特徴だそうな。そう言えば西洋のおとぎ話に出てくる魔法使いのお婆さんは、みんなこんな鼻だな。関係あるのか? とにかく、ここのオオワシは推定20歳くらいで、オオワシとしてはかなりのご高齢らしい。いつ来なくなっても不思議ではないそうな。だったら、撮らなきゃね。
でも、この天気じゃセンターの人もどこにいるのか掴んでないみたい。とりあえず、外に出て周辺を物色。



センターのすぐ前の島と言うか浅瀬の様子。吹雪いてるのがお分かりいただけるでしょうか?





マガンでいいんでしょうか? 初見初撮りですね。こんな天候じゃなきゃもっと鮮明に撮れるとは思うんですが。



トビもたくさん飛んでました。雪の状況はこれで分かっていただけると思います。

雪がやみ、ちょっと明るくなると、皆さん、山本山へ。オオワシを撮らなきゃ帰れないもんね。



前方の後ろ姿は女性カメラマン。正面が山本山。

山本山に行く道中にも野田沼という池があって、ここにもカモ類がいます。







湖北が雪国である状況説明として十分ですかね。

センターから山本山までは、約1.2㎞、徒歩で約15分。私はセンターの駐車場に車を停めて徒歩で向かいましたが、そうでない人も。



カメラ、望遠レンズ、三脚は重いもんねぇ~。
冬場は農作業もないから、それほどでもないのかも知れませんが、地元の人には迷惑かけてますねぇ。岐阜ナンバーも多かった。

山本山の麓に着くと、先着のカメラマンさん達は、山にレンズを向けてセットしていますが、私はどこにいるのかさっぱり分かんない。「あの白いところ!」なんて教えてもらってやっと分かりました。



漠然と私は、「猛禽類=褐色系の羽」と思い込んでいました。でもオオワシは違う。白と黒。
そして、また降り出した雪の中を飛び立ちました。

 

まるでオオワシだけ切り抜いて、白い背景に貼り付けたように見えるかもしれませんが、そんな加工はしてません。
しかし、色もですが、今まで見てきた、オオタカだのトビだのハヤブサだのノスリだのとは、大きさもプロポーションもまるで違う。この時はちょっと感動しました。

この雪で、AFも迷う迷う。ろくなのはありませんが、続いてご覧いただきます。





ここでまたしても吹雪がきつくなる。せっかく来たんだし、簡単には引き揚げられないと、暫く耐えましたが、これじゃ近くにオオワシが来ても分からない。それにとにかく寒い! カメラを抱えてセンターの隣にある道の駅に退避。諦めて帰り支度の人達もいました。

ここで暖を取りながら食べたお汁粉はうまかったなぁ。
そうこうしていると、また明るくなってきたので、さすがに私も車で山本山まで。車で行くと荷物が楽なだけじゃなくて、吹雪いても車の中でやり過ごせる。地元の皆様、ごめんなさい。

すると再び、オオワシが飛び始めました。
「帰った奴ら、ざまー見ろ!」と勝ち誇った雄たけびを上げているカメラマンさんがいました。気持ちは分かる!















オオワシは山のかなたに消えて、この日は撤収。

あっさりと撤収を決めたのは理由があって、明るい内にこいつを確かめるため。



弟から、名神高速道路を走っていると、すぐ近くに白鳥が見えたと連絡が入り、確認してきました。
黙々と田んぼに撒かれた餌を食べているようで、ほとんど首を上げない。・・・つまんない。



高速道路との位置関係はこんな感じ。ちゃんと管理してる人がいるようで、あぜ道に柵があって、これ以上近づかないようにとの警告がありました。絵にならないから、もう行かないよ。

しかし、オオワシはいかんな。通えば何とかなりそうな誘惑がある。私は嵌ったことはないが、まるでキャバクラのオネーチャン。
結局、翌週も行った私でした。その辺は次回。













ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/02/23 22:25:49

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

湖北は雪国だった(その2)
成田のオッサンさん

2週連続湖北へのオオワシ撮影行
プラチナロビンさん

さかよしさん運転C43クーペ他2/ ...
プラチナロビンさん

ワシのなる木・・・・
人も車もポンコツさん

流氷残る、ウトロ・シリエトクへ
美瑛番外地さん

オオワシさんとの出会いを求めて長野 ...
CB1300SBさん

この記事へのコメント

2018/02/24 15:28:29
ご夫婦の会話の部分に反応して・・・
でも成田のオッサンさんは、よくご家族のライブの遠征にも同行されていらっしゃいますし、そういう意味で会話はいろいろあるんじゃないのかなー、なんて思いましたがいかがでしょう?
コメントへの返答
2018/02/24 21:42:15
あれはイベントですからね。日常ではありませんから。
どこにも出かけずに、一日中二人だけで過ごせと言われたら、二人ともかなりストレス溜まりますよ、きっと。
そうした日常がスムーズに過ごせるかどうかが分かれ目なんだと思います。
2018/02/25 00:20:15
こんばんは。
父ちゃんが退職してもうすぐ3年になります。1年は腰の手術とリハビリで済んでしまいましたが、今もほぼ1日中転がってテレビを見ています。
あれでよくも飽きないなと思います。
手術のせいで未だに体中が強ばって痛いと言ってますが、日頃ゴロゴロしてたら誰でもそうなりますわ。
タバコもやめないしどんどん肥るし、忠告すれば怒鳴り散らします。
朝も夜も据え膳ですよ、いつまでご主人様してるんでしょうね。

成田さんはこんなふうにはならないと思います、カメラも登山もいい趣味ですよね。

とは言え、婆ちゃんが88歳をすぎて少々認知も来てるので旦那が家にいてくれるのはありがたいです。
でないと私も働きに出られないもんねぇ。

すみません、愚痴ってしまいました。
オオワシかっこいいですね~。
体にも雪が積もってるような白い柄、私は北海道の動物園で見たことがありますがでっかかったです。
こんなのが滋賀にいるとはびっくりです。

寒い中お疲れさまでした。
なんだかんだ言いながら今日は娘たちと旦那とで鳥羽まで行って来ました。
帰りに寄りたかったけど無理でした(´;ω;`)

コメントへの返答
2018/02/25 00:49:52
定年後も働こうとするときに一番大事なのは、何といっても健康ですよね。私らが生きてる間にも年金支給が70才からになるでしょうね、きっと。でもそれだともらう前に死んじゃう人もそこそこいるだろうし、その前に、働きたくても働けない人がたくさんいるでしょうね。そういう人たちをどう救うかが問題になってくるでしょうね。

ご主人、少なくともタバコはお止めになるべきでしょうね。昨年は同い年の同僚を肺癌で亡くしましたから、強くそう思います。タバコを隠すなり捨てでもそうすべきかと。

うちの親も、ホント、寝たきりではないというだけ。昨日は有給休暇を取って親父を診察に連れて行きましたが、車の乗り降りから全てを手伝わないとできません。院内は面倒臭いので車いすを借りて移動しました。耳が遠いので認知症かどうかすら分かりません。それから、オムツを当てています。本格的介護も目前かな?

オオワシの関連ブログが表示されるので、たどってみましたが、「ワシのなる木」なんてタイトルのブログがありますので、見てください。北海道にはうじゃうじゃいるみたいですね。一度、そんな場面も見てみたいですね。

さすがに湖北は鳥羽の帰りには無理かと。
もう少ししたら、北に帰るんでしょうね。また来年、来てくれればいいんですが。
2018/03/02 00:09:55
夫婦の会話は少ないけど、趣味ならあります。
これって勝ち組になるのかな…
まずは会話を増やす努力をすべきですね(汗)
コメントへの返答
2018/03/02 00:23:30
半分勝ち組、つまりハンカチ組・・・なんて。(うまくまとまったな)

会話を増やす努力ですか? 向こうもその努力をしなきゃね・・・と言い訳をしつつ、何もしない。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@渥美格之進  外国人はやっぱりファントム狙いなんでしょうね。」
何シテル?   11/29 21:32
昔、メルマガで漫画のコラムを書いてました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

全日本模型ホビーショー 2015 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/30 22:59:15
 
クリーンでエコなnonchanとしては。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/06 20:04:24
ダイヤペット、1/40、日産ブルーバードU 個人タクシー、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/23 22:46:37

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
E39の大人しさの中にもキリッとしまったところのあるデザインが好きです。アメリカでは不人 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.