• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

成田のオッサンのブログ一覧

2017年11月13日 イイね!

E39の眼球移植

E39の眼球移植珍しく、今週二回目の投稿です。

気になってたんですよ。愛車のヘッドライトカバーの曇りが。2013年の5月に「E39の角膜手術 」なるブログをアップして、曇りを磨いて透明感を取り戻す作業の工程を紹介しました。その後、また曇りが気になって同じことを繰り返してみましたが、以前のような効果はありませんでした。表面の硬い皮膜層を全て剥がしてしまったからのようです。比較的柔らかいプラスチックだけでは、磨いてもすぐに曇ってしまい、ある程度の期間、透明感を維持することもできなくなってしまいました。

これを解決するには二つの選択肢があって、一つ目はヘッドランプアッシーをきれいなのと取り替える。もう一つは、現在のヘッドランプカバーにウレタンクリアー塗装をして硬い皮膜を作る。
もちろん二番目の方が安いに決まってますが、手間がかかる上にうまく行く保証がない。失敗したり、効果がなかった場合はバカらしい。
交換の選択肢については、毎日ヤフオクを眺めておりました。出てますね、新品も中古も。片方だけの出品も結構あって、安いんですが、左右別々に落札すると左右で不揃いのみっともない状態になる可能性もあり、手を出せません。

新品が状態がいいのは決まっていますが、当然高い。安いところで5万円台から12万円台までありますが、まず、こんな古い車にそんな費用かける価値があるのかってことが私を躊躇させます。
また、高いのを我慢すればそれで全て丸く納まるのかと言うと、私の車の場合、そう単純な話でもない。明らかに欠陥だと思うんですが、持病とも言えるヘッドランプの光軸調整ロッドの”折れ”がいずれ発生するので、それを予め対策品に交換しておくと安心できます。つまり新品の購入費用の他にその交換費用も考えなければならない。

そんなこんなで悩んでいると出て来ましたよ。これだと思える商品が。中古美品で光軸調整ロッド対策済みの商品が。初値は35,000円。超美品というわけではなさそうですが安い。応札者は私一人で楽々落札。ま、こんな古い車のパーツなんてそう需要はないですよね。

で、先日の土曜日、中学時代の友人である元整備士のところに持ち込んで交換してもらいました。落札したときは、ネットに交換記事もあるし、こんなの自分で交換できるわいと考えていましたが、甘かった。友人のところに持ち込んで正解でした。コネクターがなかなか外れなかったし、ケーブルの接続も自分一人ではどれがどれやら分からなかったかも。



↑交換前の左目。小雨に濡れておりますが、曇り具合がよく分かると思います。



↑落札した品。まあ、きれいです。ヘッドランプアッシーの下に銀色の箱が見えますが、ちょっと改造してあるらしい。



↑右眼球摘出後の写真。廃車感が漂いますな。



↑左眼球移植後。一番上の写真と比べてください。



↑両眼移植完了後に屋外で撮影。

生まれ変わったよう・・・と言いたいところですが、目ざとい方はお気づきかも。ボンネットの変色部分に。長年の屋外駐車でボンネットの塗装表面のクリア層が、部分的に剥がれて変色しています。それとBMWのエンブレムも色が剥げてますね。
家族からは「まだ乗るの?」なんて言われてますが、エンジンの調子もまずまずだし、ここまで手を掛けたんで次の車検でこの辺も手当しましょう。

Posted at 2017/11/14 23:13:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | E39 修理 | 日記
2015年11月23日 イイね!

そろそろ考え時なのか?

そろそろ考え時なのか?久々に愛車に関するお話。

実家に愛車で出掛け、帰りにエンジンがかからなくなり、あわててJAFを呼んで会員になったのは今年の4月のこと。その時は故障でもなんでもなくて、ハンドルがロックされていてエンジンがかからなかっただけという、アホみたいな話でしたが、自分だけならそれにすら気づかなかった可能性もありますから、有難かった。既に女房がJAFの会員だったので、家族会員ということで入会金は半額で済みました。

それから今日まで、既に4~5回、JAFのお世話になってます。二度目は娘のアパートに行ったとき。その時のトラブルは何だっか忘れてしましました。忘れてしまうくらいしょーもないことだったってことです。その場で治りましたから。

それ以降は、割と鮮明に覚えています。深刻でしたから。
9月のことだったと思います。その少し前から、”CHECK COOLANT LEVEL"という警告が点いたり消えたりしていましたが、点きっぱなしでもなかったんで、その内に水を足してやればいいやと高をくくって運転してたら、いきなり”COOLANT TEMPERATURE"。水温系を見ると確かに高い。その内にエンジン出力が落ちて、エンジンがガタガタと振動。ちょうどいつもガソリンを入れているスタンドの近くだったんで、そこに車を入れて、給油し、そ~っとラジエターのキャップを開けて水を足しました。確かに水位は低かったものの、すぐにフロートが上がってきました。なんだこの程度かとまた車を走らせていると、また”COOLANT TEMPERATURE"。その直後に予想もしない”STOP ENGINE”の警告! これにはさすがにビビッて、すぐに路肩に車を停め、エンジンも切りました。交通量の少ない道路だったのが不幸中の幸い。
JAFに連絡すると1時間ほどかかるという返事。受け入れ先のディーラーにも連絡を入れ、状況を話すと、熱でシリンダーヘッドが変形しているとエンジン交換しかないと死の宣告・・・。

JAFはちょうど1時間ほどで到着し、免許を取ってから初めての前輪を持ち上げた牽引を経験しました。

ディーラーに着くとさっそくメカニックがラジエターに水を入れてくれたようでしたが、3Lも入ったとのこと。私が水を足したときはエアを噛んでいて少ししか入らなかったのかも知れません。変形はなさそうだととのことで、ホッと一息。しかし、修理には13万円強のお金が必要でした。

そして、今月に入ってまたも、”CHECK COOLANT LEVEL"の警告が。直したばかりなのにおかしいと思いディーラーに持っていくと、前回は冷却水のタンクとパイプから漏れていたが、今回はラジエターとその周辺からの漏水とのこと。ただ、今回はわずかな漏れなので必ず修理しなければならないというほどでもないとのこと。修理をする場合の見積もりは11万円強。
いささか釈然としない気持ちもありましたが、もう大金をかけるような車ではないと思っていたので、警告が出る度に水を継ぎ足して乗っていました。ところが、段々と警告の間隔が狭まり、仕方なく修理の予約を入れたのが先週の火曜日。
悪いことは重なるもので、その頃からバッテリーの警告ランプが点いたり消えたりするようになりました。おそらくはオルタネーターだなと見当は付くものの、実はオルタネーターは既に3・4年前に交換しています。
オルタネータは交換済み + 警告が出ていても点いたり消えたり + どうせ土曜にはディーラーに持っていく
この3つの条件が重なり、能天気な私はまだ大丈夫と高をくくって娘を迎えに岐阜駅に向かったのが先週の木曜の晩の10時過ぎ。要するに前例から学ぼうとしないんですね、私は。
まず速度計などのインジケーター類が消灯し、次にヘッドライトも消え、最後にはエンジンの動きも怪しくなってきて、またしても路肩に停車。
来てくれたJAFの人は、予備のバッテリーを繋いでとりあえず自宅まで帰るという提案をしてくれて、それに従いました。予備バッテリーを繋ぐと、あっさりとエンジンがかかり、いつもの調子で自宅まで帰れました。これなら土曜にディーラーに行くのもこの方法でと思いましたが、渋滞の多い昼間に止まってしまうと危険だから、またJAFを呼んで積載でディーラーまで行ってくれとのこと。
そして一昨日の土曜日、近所の目を気にしながら愛車は積載車の荷台へ。
ラジエター等とオルタネーターの交換で21万円也。ボーナスを当てにしたカード払いにしました。ああ、これでレンズが買えなくなった・・・。
帰りがけにディーラーの営業さんが「これで出切ったんじゃないですか。」と言ってくれました。だといいんだけどなぁ。

もし、小出しで無く、冷却系全ての交換とオルタネーターの交換が一度に来てたら、34万円かぁ・・・。車の乗り換えを真剣に考えたかもなぁ・・・・。

でも、こうも考えるんですよね。2002年新車登録の愛車ですから、今年で13年。走行距離も14万キロ弱。これは免許を取って以来、私にとって全く未知の領域。メンテいらずの国産車であっても整備費用がそれなりにかかる更年期じゃないでしょうか。
大金をかけてしまったことだし、心なしか、いや実際に軽快さが戻ったような気がします。それに次の車と言っても特にほしい車も見当たらないのも事実。最近の車のこねくり回したようなデザインが好きになれない。燃費は確かに気になりますが、もう暫く、できれば20万㎞を見れるくらいまで付き合いましょう。

最後になりますが、これで4~5人のJAFの方にお世話になったわけですが、どの方も丁寧な接客で感心しています。見習いたいくらい。仕事も手際が良く、何より安全に配慮が感じられます。できればお世話にはなりたくないのですが、またお世話になるとしても安心して頼めます。
これだけお世話になっても、会費以外、一切払っていません。私くらい元を引いてる会員はいないかも。
Posted at 2015/11/23 23:46:40 | コメント(6) | トラックバック(0) | E39 修理 | 日記
2013年05月04日 イイね!

E39の角膜手術

E39の角膜手術私の職場では最近、目の手術をする方が相次いでおります。眼球にメスを入れるわけですから、想像しただけで怖くなってしまいますが、術後の感想を聞いてみると、意外にと言うか、やはりと言うか、やって良かったとの感想が支配的。私も視力については人のことは言えません。メガネこそかけていないものの、最近は特に左目の視野の一部がボケて見えることが気になってます。そんなに遠くない先に、私も眼球にメスを入れたりすることになるんでしょうか・・・・・?

と言うことで、ゴールデンウィークで時間があったこともあり、私も懸案であった愛車のヘッドランプカバーのクモリの除去をすることにしました。
みん友の ひろ@V60 さんが、以前、「暑い中せっせと磨いてます」というブログをアップしていらっしゃって、その中でXC90のヘッドランプカバーをひたすらピカールで磨いて透明度を取り戻したことをご報告されています。
これはこれで参考になりましたが、やはり同一車種での施工例の方が気になります。検索して「E39 ヘッドライト表面の曇りの除去」という記事を見つけました。ま、この記事もそう特別なことをしているわけではなく、番手の粗い水ペーパーから徐々に細かいものに変えて磨いて行き、最後にコーティングするというものです。ピカールも持ち合わせていますし、使ったこともありますが、水ペーパーは模型用に各種取り揃えていて使い慣れていることもあって、E39関係の記事を参考にすることに。

ところで、手術に入る前に一言。
どうして、メーカーはこんな耐候性が低い材質のヘッドランプカバーを採用してるんでしょうか? 確かにガラスに比べれば軽くて燃費の向上に寄与するし、事故の際のけがを減らす効果もあるでしょうし、デザインの自由度も高いでしょう。しかし、ほとんど例外なく、どこのメーカーのヘッドランプカバーも経年により白濁しているようで、私は不完全な材質と思わざるを得ません。それじゃ交換を前提にしているかと言えば、それも否。私の車種だと後期型はヘッドランプアッシーごと取り換えるしかないとのこと。つまり20万円オーバー。
これからの新車はこの辺、どうなってるんでしょう? 相変わらずであるなら、メーカーには改善の努力をお願いしたいですね。

愚痴はこの辺にして、手術に。

タイトル画像と同じ写真ですが、手術前の状態。この写真ではクモリは分かりにくいかな。









ヘッドランプカバーを斜め前から。この角度だと、クモリや細かいすり傷、中途半端にはがれたコーティングなどがお分かりいただけると思います。








まずは、周辺をマスキングテープで養生します。










全体を600番の水ペーパーで磨いたあと。ここまで来るのには、結構時間がかかってます。下の方にまだコーティングが残っているのが分かります。








ある程度予想はしていたことですが、600番では作業がはかどらないので、更に粗い400番を投入。ちょっと勇気がいりました。でもこれで全体的にコーティングを落とせました。







そして徐々に細目の水ペーパーに変えて磨き、1500番まであてたところ。あまり透明度は戻ってませんね。








ピカールで磨くと、かなり透明度が戻ってきましたが、まだくすんだ感じ。









ワックスをかける前に使うコンパウンドで磨いてみました。もうこの辺になると効果があるのかないのか分からなくなります。








イマイチ透明度が戻らないので、いよいよ模型用の研磨剤を投入。タミヤの研磨剤を粗目、細目、仕上げ目の順にかける。スッキリとした透明度が得られました。







手術した右目と、していない左目の比較。写真の右の方から光がさしていることもあって、左目のクモリが強調されていて、正確に比較できませんが、やっただけのことはあることがお分かりいただけるのでは?






今回使用したケミカル類。左からピカール、コンパウンド、タミヤの研磨剤粗目、細目、仕上げ目。
この後、ナノハードクリアを塗りましたが、塗り方が下手だったのか、かえって透明度が下がってしまった。ま、気になるならやり直せばいい。
ここまで2時間弱。ま、こんなもんでしょ。慣れればもっと早くできるでしょうね。




さて、まずまずの天気だし、左目の角膜手術にとりかかるか。
Posted at 2013/05/04 15:13:30 | コメント(8) | トラックバック(0) | E39 修理 | クルマ
2009年11月25日 イイね!

これが1,533円!?

これ↓をなくしてしまいました。

    

どこに落としたのか分かりません。簡単に落ちるようなものでもないと思うのですが、とにかく気付いたらなくなってました。結構目立つので放置するわけにもいかず、ディーラーでしか手に入らないだろうと、ディーラーに赴きました。
「あの~、リアバンパーのですね、牽引のときに開けるところのキャップあるでしょ、あれをなくしちゃったんですけど、幾らですか?」
内心、ひょっとしたら以前の電球の260円を下回る金額で買えるんじゃないのかと、ディーラーで買う部品の最安価記録更新を狙ってたんですよ。(ギネス申請は諦めてますよ)
で、見積書を見ると、1,533円!
はぁ? ただのプラスチックの蓋でしょ。おまけにこんなことが書いてありました。

部品に塗装がしてありませんので、塗装費用が別途必要になります。

「これって、塗装にはいくらかかるんですか?」
8,000円くらいだったかと・・・」
「はぁ??」
高々3㎝四方の板を塗装するのに8,000円だと~! ようし、分かった。自分で塗ろう!

1,533円で買った部品の塗装前の状態がこれ↓

     

黒いままです。

まずは、ホームセンターのカー用品売り場で見つけて確保しておいた、これ↓で脱脂。ホントに必要な工程なのかどうか疑問は残りますが・・・。

          

そして、同じくカー用品売り場で買ったタッチペンで塗装。取り寄せてもらいましたが、一応、BMW用のチタンシルバーがちゃんとあります。

          

そして、これが仕上がり。違和感なし! うんと安く済みました。

     

ところでこの部品、正式にはなんて呼ぶかご存知ですか?

トーイング・ヒンジ・フラップと言うそうです。


Posted at 2009/11/25 23:11:05 | コメント(6) | トラックバック(0) | E39 修理 | 日記

プロフィール

「@kumi1961 地元のバス停の近くの街路樹が倒れててビックリ!」
何シテル?   09/05 22:08
昔、メルマガで漫画のコラムを書いてました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

全日本模型ホビーショー 2015 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/30 22:59:15
 
クリーンでエコなnonchanとしては。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/06 20:04:24
ダイヤペット、1/40、日産ブルーバードU 個人タクシー、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/23 22:46:37

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
E39の大人しさの中にもキリッとしまったところのあるデザインが好きです。アメリカでは不人 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.