• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

成田のオッサンのブログ一覧

2013年01月27日 イイね!

雪の松尾池

雪の松尾池ニュースでは、また都内で雪が降るなんて言ってますが、当地では先週の金曜の夜から降り始め、土曜の夜にどうにか止んでくれました。今朝は晴天!



今朝9時頃の我家周辺。結構積もりました。お陰で午後は1時間ばかり雪かきをさせてもらいました。
で、こんな日、カメラが趣味の人間は、普段では撮れない雪景色を撮りに,わざわざ出かけようとするもんなんですよ。私もいつもの松尾池に出かけてみました。



池の少し下にある駐車場からの景色。



今日の松尾池。
池に着くと、案の定、5・6人のカメラマンさん達が早くも陣取っていました。やはり誰も考えることは同じようです。



松尾池のオシドリは数がグッと減ってしまいました。今日は雪を乗せた枝の下で日向ぼっこ?



いつもの餌台にも雪が積もりましたが、ヤマガラの食欲はいつもどおり旺盛。

タイトル画像もヤマガラですが、このヤマガラなぜか枝の折れ口が気になるようで、盛んにつついていました。

ヤマガラなどを撮りながら時間を潰してカワセミを待ってたわけですが、突然現れて、アッという間に餌を取って、サッサと行ってしまいました。あまりにも一瞬のことで誰も1枚もシャッターを切れず。せっかく雪の積もった枝にとまるカワセミをと思っていたのに・・・。

ところが、今日は、私にとっての初物、それも2種を撮影でき、収穫の日でした。

まずは、クロジ。



クロジはスズメ目ホオジロ科に属する鳥で、近縁種のアオジはここで撮ったことがありますが、クロジは初めて。「Yachoo! オンライン野鳥図鑑」によれば、クロジの観察難易度は「4」。アオジは「1」で、あのサンコウチョウでさえ「3」。つまりサンコウチョウより珍しい鳥なんです。もちろん、私には初めての鳥。おそらく観察難易度4の野鳥を見るのはこれが初めてなんじゃないかな?
実は、クロジが撮れたのは他のカメラマンさんのお陰です。ほとんど老人ばかりのカメラマンさん達、正直なところ、排他的な雰囲気もあるし、ちょっと付き合いにくいな思うところもあるんですが、とにかく野鳥に詳しいし、目ざとい。私だけならクロジが来てることに気づかなかっただろうし、気づいてもアオジだとしか思わなかったでしょう。やはり年の功は有難いなぁ。

もう一種の収穫はジョウビタキのメス。





150-500mm望遠ズームにテレプラス(×1.5)での撮影ですが、2枚ともノートリミングです。つまりかなり近くまで来てくれたってことです。羽毛の細かい様子まで鮮明に撮ることができました。カワセミもこれくらい近くまで来てくれたらなぁ・・・。

ジョウビタキのオスはまだ見たことがありません。調べてみると頭部が帽子を被ったように白くて、面白い姿をしています。メスがいるからにはオスもいるはず。いつかはこの目にしたいものです。


Posted at 2013/01/27 23:11:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 野鳥 | 日記
2013年01月23日 イイね!

ぶつからない!?ミニカー

ぶつからない!?ミニカーまあ、タイトルとタイトル画像から大方の察しは付くと思います。
同僚がスバルのお店で試乗して、アイサイトのキャンペーンのミニカーを2台もらってきて、いらないからと2台とも私にくれました。

これが実になかなかよくできてる。ちゃんと障害物を感知して手前で止まります。

このCMも皆さん、よくご存知でしょう。よくできたCMですよね。



ついでに第1弾も。これもよくできてる。



で、こいつの仕組みがどうなってるのか、分解してみました。おもちゃの分解なんて数十年ぶりです。


当然ですが、ぶつかりません。


電池は国産、三菱製。単4電池2本使用。ちゃんと始めからセットされています。



ボディーを外してみました。意外にも基盤まである凝った機構を積んでました。左側がフロント方向です。



フロント部のクローズアップ。発光ダイオードのようなものがありますが、光るわけではありません。赤外線?



リアのクローズアップ。斜めにモーターをセットし、ウォームギアで後輪を駆動しています。残念ながら4躯ではありません。



リアのギアの様子。

最後に You Tube に添えられてた一句。

愛妻と 愛車を守る アイサイト

お後がよろしいようで。

Posted at 2013/01/23 00:18:36 | コメント(4) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2013年01月19日 イイね!

4,800円で iPod Classic が新品に

4,800円で iPod Classic が新品にiPodで音楽を聞きながら通勤しています。私の携帯はiPhoneですから、それに音楽を入れれば荷物が減って良さそうなもんですが、多分、それだと電池が一日持たない。それと、現在iPodに入っている音楽は落語を含め5,000曲弱で40GB。私のiPhoneは一番安いので16GBしかHDの容量がありませんから。それでApple製品を二つ持ち歩いています。

iPodもいろいろありますが、私のはiPod Classic 第6世代 80GB。数ヶ月前からこいつの電池の調子がおかしくなりました。持ちが悪くなっただけでなく、電池のレベルゲージは半分以上を示していたはずなのに、突然電源が落ちたり。今までこのブログでも何度か書きましたが、車の中でもカセットアダプターを介してiPodで音楽を聴いています。車の中だと充電もできるので問題ないんですが、通勤途上ではどうしようもない。買ってすぐの頃は一度充電すると3日くらいは持ったような気がしますが、最近は毎日充電しても持たないことがあるくらいです。電池の劣化ってやつですね。

iPodをお持ちの方はよくご存知かと思いますが、iPodはユーザーで電池交換ができません。アップルに送って交換してもらうことが前提になっています。ネットで調べてみると6,000円以上します。何とか安くできないか? 調べてみると、ちゃんと自分で交換するキットが通販で3,000円台で売られています。さっそく注文してトライしてみました。でも・・・・できない。
YouTubeにも交換の動画が上がっています。



みなさん最初のボディーの分解で苦労してます。真似してやってみてもできない。電池交換キットに同梱されているプラスチックの棒をボディーの隙間に差し込んでボディーをこじ開けるんですが、あれこれやってみても一向に差し込めない。その内にその棒を折ってしまいました。_| ̄|○

結局、自分での交換は断念して更に検索してみると、私の世代のiPodはボディーの上下面が金属になり、分解は超難関で、こじ開けられたとしても元に戻らない可能性があると・・・・。

アップル・ストアに持ち込むことに決めました。
こじゃれたアップル・ストアは私にはちょっと敷居が高い。ラフな格好かつ一癖ありそうな店員もちょっと近寄りにくいけど、一人を捕まえて用件を伝えると予約を取ってくれと。まさか待たされるとは。予約を取ると私のiPhoneに予約内容のメールが来るのはさすがと思いました。

予約の時間に名前を呼ばれ、用件を伝えると4,800円で交換と言われました。交換の費用を私が間違えていたようです。4,800円なら始めから自分で交換なんて考えるんじゃなかった。でも、話を進めて行くとどうも店員さんと話が噛み合わない。よく聞いてみると電池だけの交換じゃなくて本体を丸ごと新品と交換するらしい。しかも私のと同じ80GBモデルはもうないので現行モデルの一つ前のモデルである160GBのモデルに! それが4,800円で! 
確か、私が買った時は3万円くらいしたはず。それが4800円で上位モデルに・・・。
驚きました。はっきり言って美味しいと思いました。一方で、何か腑に落ちない感も・・・・。
結局、iPodの原価ってこんなもんなんじゃないの? だからこんなサービスができるんじゃないの?
ま、新しくて容量も増えたiPodが手に入ったんだから良しとしよう。

美味しい交換には幾つか条件があります。
・電池の容量が初期の50%以下であること
・機能が壊れていないこと
・ボディーがへこんだりしていないこと
などです。
Posted at 2013/01/19 17:39:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記
2013年01月14日 イイね!

箱を開けたら(11)・・・可変翼機の元祖

箱を開けたら(11)・・・可変翼機の元祖前回のブログがトラだったから、今回はジャガーで・・・なんてわけではありませんが、今回ご紹介するのは、PLANET社の1/72 XF10F-1 Jaguarです。
猫族の機名からお分かりのように、実機はグラマン社の開発した機体です。グラマン社といえば映画「TOP GUN」でも有名になったF-14を製造した航空機メーカー(1994年にノースロップ社と合併して現在はノースロップ・グラマン社)。
F-14といえば可変翼の代表的な機体。米軍だとこの他に戦闘爆撃機のF-111、爆撃機B-1などが挙げられるでしょうか。ロシア空軍でも戦闘機だとMIG-23、MIG-27、爆撃機でもブラックジャックなんてのがありましたっけ。いずれも比較的最近の機体ばかりですが、実は私が生まれる前にも、試作機で終わりはしたものの、可変翼機が存在したことをご存知でしょうか? それが今回ご紹介するXF10F-1 Jaguarです。

例によってWikipediaの受け売りですが・・・

F10Fの開発は戦後すぐの1947年に始まりましたが、開発段階で海軍が順次要求を拡大していったために、要求仕様を満たすために1949年に思い切って可変後退翼の採用を決めました。
主翼後退角は13.5度から42.5度まで変化し、重心の変化を抑えるため、後退角を増すごとに主翼取り付け位置が前方へと移動するという凝った機構を採用していました。
1952年5月19日に初飛行しましたが、機構の複雑性による重量過大・低整備性と、搭載するジェットエンジンJ40が非力であった事により、期待した性能を発揮できませんでした。特に後退角の変化により飛行特性が変化するため、非常に操縦がやりにくい機体になってしまったのが、一番の難点でした。後の実用可変後退翼機は、電子技術による補正で飛行特性が変化しても操縦特性が変わらないようにしていますが、この時代の技術では不可能でした。そしてスチームカタパルトとアングルド・デッキの実用化により、空母での離着艦が容易になった事が、本機の開発意義を失わせました。計112機が発注されていましたが、1953年4月に計画はキャンセルされました。


ここからキットのご紹介。キットのメーカーは PLANET models という、マイナーな機体しか商品化しないチェコの会社。お値段は5,460円もしました。まあ、私も安いとは思いませんが、マイナーな機体でフルレジンのキットですから、このくらいでしょう。よく行く模型店で取り寄せてもらったんですが、ネットで検索するともっと高い価格のものばかりでちょっと得した気にもなってるくらいです。

コクピットとシート。
分かりやすくするために墨入れがしてあります。コクピットの下は前脚の収容庫になっています。シートの出来はまあまあと言ったところでしょうか。コクピットの方は・・・・。でも資料もないので手の入れようがありません。






左から水平尾翼と垂直尾翼。
可変翼がこの機体の最大の特徴であることは間違いありませんが、このデルタ翼機を小さくしたような水平尾翼も他で見たことがありません。








左側胴体。
まるでサツマイモ。インテイクは開口しているものの、スライド金型など使ってあるはずもなく、穴があいてるだけで、インテークダクトもなければ、インテークリップもありません。何もしないわけにはいかないでしょうね。






左主翼上面。
実はマイナーな機体にも関わらず、1/72ではもう1社、ANiGRANDというアメリカの会社からもこの機体のキットが出ていまして、そのキットは大方のF-14のキットの主翼と同様に歯車で両翼が展開したりしますが、このキットは開閉を選択して固定です。





デカール。
そこそこ良質なものに見えます。デカールの品質保護のためにこの袋は開封していません。作るのが何年先になるか分かりませんからね。








キャノピー。
バキューフォームのキャノピーが二つ入っていました。予備があるのは安心できます。





















組説。
左上の図を見ていただくと、主翼の開閉どちらかの状態を選択し、それに合わせて付け根の一部を削れと指示があります。いかに瞬間接着剤が強力だと言ってもイモ付けでは主翼はもげるでしょうね。ここは胴体を貫通する桁を作るなどして主翼を固定させるべきでしょう。






完成した姿。
2009年の岐阜コクピットの展示会で展示してあった作品です。主翼のフラップを切り離し、下げ状態にしてあるなど、あちこちに手が入れてあり、かなり達者な方の作品とお見受けしました。
今にして思えば、この作品が頭の隅にあって、今回、買おうとしたのかも知れません。





さ、点検も済んだし、積んどくか。

Posted at 2013/01/14 23:30:50 | コメント(4) | トラックバック(0) | 模型 | 日記
2013年01月12日 イイね!

トラをめぐるアレコレ

トラをめぐるアレコレ今朝、朝食を口に運びながらテレビを見てると、アカデミーの候補作品をいくつか紹介してました。その中で最も私を惹きつけたのはこれ。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日


トラと少年が二人だけで、いや一人と一頭だけで漂流する物語のようですね。原作はベストセラー小説のようですが、しかし、面白い設定を考えるなぁ。
普通に考えれば少年が食われて終わりですが、227日も漂流するんですから、いつしか少年とトラとの間には友情が・・・みたいな展開なんでしょうね。予告編からもその辺の匂いがします。
今月には日本でも3Dで上映されるようで、これは見ねば!
アカデミー作品賞の方は・・・・多分、もっと渋いのが取るんじゃないかな? CGが多用されてるようだし、3Dなんて飛び道具は敬遠されるでしょう。選考委員の方々はもっと保守的な作品が好きなんじゃないかな。

で、”トラと面白い設定”で連想ゲームのように思い出したのがこれ。



そう、「ちびくろサンボ」。トラがヤシの木の周りをグルグルと回るとやがて溶けてバターになった。それでホットケーキを焼いて食べたなんて、そんなブッ飛んだ発想はなかなかできませんよ。
で、また、ふとおかしなことに気づいたんですよ。

アレッ、サンボはいかにも低開発国の少年に見えるけどバターって知ってたのかな? ホットケーキなんて食べたことあるのかな? 設定に矛盾がないか?

調べてみました。こんな時はWikipediaがホントにありがたい。

もとは軍医であった夫とインドに滞在していたスコットランド人、ヘレン・バンナーマン(ヘレン・バナマン)が、自分の子供たちのために書いた手作りの絵本であった。1899年に英国のグラント・リチャーズ社より初版が刊行された。多くの海賊版によって広く流布した。

著作権の混乱から、アメリカではいわゆる海賊版が横行した。改変された箇所も多く、特に絵は原作と違うものが使われることが多かった。その多くは主人公をインドの少年から、アメリカに住むアフリカ系黒人の少年に置き換えたものであった。このことが、後に人種差別問題と深く関わってくることになる。
 

つまり、元々はインドが舞台でインド人の少年が主人公の物語だったようですね。それがアメリカで主人公が黒人の少年の物語に改変され、その形で日本にも入ってきたようですね。

興味深いのは以下の部分。

しかしトラが登場する箇所に関しては、当時のアメリカの海賊版編集者の多くが実物を見たことがなく、イメージできなかったためか、改変を免れている。こうして一部の海賊版では、アフリカを想起させる背景描写と、インドを想起させるトラの混在が行われるようになった。

アメリカ人といえども、19世紀末の頃にはまだトラを見たことがない人が大半だったようですね。
子供相手の童話ですから難しいことはいいようなものの、アフリカ大陸にはトラはいませんから黒人とトラの組み合わせが設定としておかしいですね。

でも、このお話、子供心に好きでしたね。単純に愉快なお話ってことで楽しんじゃいけないのかな?


Posted at 2013/01/12 01:04:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@finding0111 いや、家族がどうせ行くんでしょって言うもんだから、つい。」
何シテル?   11/19 12:28
昔、メルマガで漫画のコラムを書いてました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

全日本模型ホビーショー 2015 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/30 22:59:15
 
クリーンでエコなnonchanとしては。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/06 20:04:24
ダイヤペット、1/40、日産ブルーバードU 個人タクシー、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/23 22:46:37

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
E39の大人しさの中にもキリッとしまったところのあるデザインが好きです。アメリカでは不人 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.