• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

成田のオッサンのブログ一覧

2016年03月31日 イイね!

Firsttime Lucky・・・金華山のハヤブサ

Firsttime Lucky・・・金華山のハヤブサ早いもので今年度も終わりですね。定年までのカウントダウンをひしひしと感じるお年頃です。

それはさて置き、今月初旬、最近の定番である自然遺産の森に出かけました。ゆっくりと家を出たこともあってアカゲラは姿も見えず、ミソサザイを待つも、チラッと姿を見せただけで、気配がありません。結局1枚も撮らずに帰ることに。そこで、ちょっとだけ面識のあるカメラマンさんに声をかけられ、金華山のハヤブサはもう行ったかと聞かれました。
以前からその話は聞いていて、気にはなっていましたが、正確な場所が分からなくて二の足を踏んでいたところでした。その方に登山口などの場所を教えてもらい、モニターでその方が撮られたハヤブサも見せてもらいました。
「へぇ、こういう風に撮れるんですか。」
「ホントはねぇ、ハヤブサが空中で餌渡しをするところを撮りたいんですけど、これがなかなか撮れないんですよ。」
「ほお、なるほどね。そんなことをするんですか。」
などと、感謝しつつも適当に相槌を打つ私。

そして、先週の土曜日、行ってみました。岐阜市のシンボル岐阜城をいただく金華山は、何度も登ったことがありますが、東口は初めて。まず、登山者の多さに驚きます。そしてその内の高齢者が占める割合にも。途中からは足元はほとんど岩場になり、登山靴が必要な登山道です。
望遠レンズを付けたカメラと三脚を背負い式のカメラバッグに入れ、私の足で休憩を取らずに登山口から20分程度のところでカメラマンを発見。面識のある方々です。その時点では私の他に2人だけ。登山道の脇に三脚を据えるという感じで、想像以上に安定した撮影ポジションは確保しにくい場所でした。



ハヤブサの巣は写真の赤丸の中。距離は数十メートル。



撮影ポイントから望遠端で撮った岐阜城。どうして日本人はこうも電線に無頓着なんでしょうか? 観光地だというのに。



撮影ポイントから南東方向を望む。各務原市方面です。



卵を温める親鳥を撮ったりしていましたが、いかんせん、遠い。画質はこんなもんです。

ところが、動きがありました・・・・。







巣を飛び出した一羽がもう一羽とランデブー。何やら餌を渡したじゃありませんか! 
一連の動きが終わったあと、他のカメラマンの方から、「初めて来てあれが撮れるなんて運がいいですよ。」と声をかけられました。ただ「あれを前から撮りたい」とも。なるほど、今回は後ろ姿ですからね。そりゃ前からの方がいいでしょう。しかし、人間は欲が深いなぁ。今日のところは私は見れただけで満足。

実はこの時の餌は獲れたてのものではなく。最初の写真の→の岩の後ろに隠してあったもの。ハヤブサって、獲った餌を保管することもあるんですね。初めて知りました。

そして暫くすると、遠くに何やらぶら下げたハヤブサの姿が。



獲物を掴んで比較的近くを旋回!







これには一同興奮。一連射浴びせた後、モニターで確認すると、獲物はハト。それも足輪が付いてますから飼鳩ですね。飼い主はここでこんなになってるなんて想像もしてないでしょうね。
このときもこの獲物は岩場の陰に隠されました。

いやぁ、初めてだってのに収穫の多い半日でした。正直、画質には満足してません。でもそれがこれからの意欲を増します。これから孵化すると親鳥の活動がもっと活発になりシャッターチャンスが増えますが、同時にカメラマンの数も増えるそうで、撮影場所の争奪戦になりそうです。
しかし、こりゃサンコウチョウの飛来時期と重なるな。体が足りない。


Posted at 2016/04/01 01:00:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 野鳥 | 日記
2016年03月27日 イイね!

長女の卒業式

長女の卒業式一昨日は長女の大学の卒業式でした。

以前にも書きましたが、長女の入学の時に、ただ大学に家が近いというだけで学部の後援会の理事を頼まれて引き受け、4年に進級するときに「年に2回来ていただくだけですから」との甘言に乗ってよく考えもせず後援会長を引き受けてしまいました。
後援会長ともなると卒業式(正確には「学位記授与式」)には親としてではなく、来賓として出席。席は客席の前列くらいだろうと思っていたら、案内されたのは舞台の上! それも前後2列に用意された前列! 煌々と照明が当たり、隣は前学長! 場違い感ハンパない! 来るんじゃなかった・・・。
しかもこんな席だとは思わなかったもんですから、私の衣装は濃い目とは言えグレーのスーツ。他の方は全員が黒い礼服。そうですよね、卒業式と言えば普通は礼服ですよね・・・消え入りたい・・・。

式が始まり、私の気持ちも落ち付いてくると、卒業証書や修了証書(大学院)を受け取りに来る各学科の代表の学生も冷静に観察できるようになります。なにしろそれを観察するには特等席でしたから。
総じて男子大学生は、おかしいくらいにガチガチに緊張しているのに対して、女子学生は口元に笑みすら浮かべて落ち着いているのが印象的でした。
外国からの留学生も何人か登壇しましたが、システム工学の大学院の代表は中国(あるいは台湾? 名前からしか判断できないので)の小柄の女子学生でした。地方大学も意外に国際化してるようです。

式が終わると各サークルの在校生が卒業生を取り囲み、記念写真を撮ったり胴上げをしたりと、この辺はどこの大学も一緒でしょうね。
タイトル画像は長女(右)と仲の良いお友達。もちろんレンタル衣装。



後ろ姿のバレリーナやメイドは言うまでもなく男子学生。すね毛だらけのバレリーナは、ホントおぞましかった。



会場を道路の反対側から撮影。右の方の山頂に小さく見えるが岐阜市のシンボル、岐阜城。

今回の卒業式会場の長良川国際会議場の設計は、あの安藤忠雄。なのに竣工時には、なぜか、どの建築雑誌にも1ページも掲載されなかったといういわく付きの建築物です。長良川側は階段状になり、花火の時には格好の観覧席になるように設計されていますが、もちろん内部にも見せ場がこさえてあります。











場違い感は味わったものの、普段なら入れない安藤建築の裏側も見れたのは今回の収穫でした。

あ、そうだ。今回の卒業式ですが、学長が 君が代 を斉唱しない方針であることに、馳文部科学大臣がいちゃもんを付けていましたが、予定通り 君が代 はありませんでした。それを取材するためだと思いますがマスコミも来てましたね。
しかし、夕方のニュースを見るとお隣の名古屋大学も 君が代 なしらしいし、過半数の国立大学が君が代斉唱なしとのこと。なんだ、騒ぐようなことじゃないじゃん。



卒業式のあとは、学校に戻って教室で「卒業・終了を祝う会」。
私はこれで4回目の出席ですが、毎年これを楽しみにしていましたが、もう出られないかと思うと寂しい。何が楽しみだったかは、写真をご覧いただければおわかりいただけるはず。

娘の卒業は嬉しいと言えば嬉しいが・・・、まさか卒業時に別姓になっているとは思ってもいなかったぞ。



Posted at 2016/03/27 16:26:47 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年03月23日 イイね!

冬の野鳥お蔵出し(その3)・・・ジョウビタキ

冬の野鳥お蔵出し(その3)・・・ジョウビタキ今更冬の野鳥でもないだろうって声が聞こえてきそうですが、せっかく撮り溜めた写真が、このまま日の目を見ないのもアレなんで、お付き合いください。それにね、少なくとも先日の日曜にはまだジョウビタキいましたよ。まったく季節外れでもないってことで。
今回のジョウビタキも全て自然遺産の森で、新しいズームレンズで撮ったものです。



タイトル画像と同じ個体です。やはり新調したレンズは前のと比べると解像してくれるようです。



見返りジョウビタキ。

自然遺産の森では、なぜかジョウビタキとルリビタキのメスが「私を撮れ!」と言わんばかりに近くに来てアピールしてきました。下の写真もその一枚。ノートリミングです。



雪を背景にしたジョウビタキのメス。

Posted at 2016/03/23 23:19:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 野鳥 | 日記
2016年03月23日 イイね!

冬の野鳥お蔵出し(その3)・・・ジョウビタキ

冬の野鳥お蔵出し(その3)・・・ジョウビタキ今更冬の野鳥でもないだろうって声が聞こえてきそうですが、せっかく撮り溜めた写真が、このまま日の目を見ないのもアレなんで、お付き合いください。それにね、少なくとも先日の日曜にはまだジョウビタキいましたよ。まったく季節外れでもないってことで。
今回のジョウビタキも全て自然遺産の森で、新しいズームレンズで撮ったものです。



タイトル画像と同じ個体です。やはり新調したレンズは前のと比べると解像してくれるようです。



見返りジョウビタキ。

自然遺産の森では、なぜかジョウビタキとルリビタキのメスが「私を撮れ!」と言わんばかりに近くに来てアピールしてきました。下の写真もその一枚。ノートリミングです。



雪を背景にしたジョウビタキのメス。

Posted at 2016/03/23 23:19:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 野鳥 | 日記
2016年03月19日 イイね!

今日のウグイス

今日のウグイス1日に2度の投稿は初めてではなかったと思いますが、久しぶりであることは間違いありません。

暖かくなりましたね。もう冬の野鳥の写真は場違い感ハンパない。

昨日、名古屋市内の高級住宅地に住む同僚が「ウグイスって撮ったことある? いや、実は、贅沢なことを言うようだけど、最近は朝からウグイスがうるさくて、休日でも寝てられないんだわ。でも鳴き声はするんだけど、姿が見えないんだよね。」などとぬかしやがりました。
確かに贅沢な悩みだ。私なら即座に起きてカメラを手にします。



てことで、雨が上がってから、例年サンコウチョウを撮りに行く森にでかけて撮ってきました。ウグイスを狙ったことがある方はよくご存じだと思いますが、ウグイスは藪や葉にかくれて囀ります。今回もしつこく囀りを追い回してやっと撮れましたが、枝かぶりは避けられずこの程度。近くに梅も咲いていたんで、そこにとまってくれたら最高だったんですが。まあ、こちらの思い通りにはなってくれません。



こちらはよく行く 道の駅やないず の土手で撮ったタンポポと土筆。もうこんな季節だったんですね。
Posted at 2016/03/19 23:46:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「小野リサのコンサートに来ています。ピアノがめちゃくちゃいい!」
何シテル?   04/27 19:12
昔、メルマガで漫画のコラムを書いてました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

全日本模型ホビーショー 2015 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/30 22:59:15
 
クリーンでエコなnonchanとしては。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/06 20:04:24
ダイヤペット、1/40、日産ブルーバードU 個人タクシー、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/23 22:46:37

ファン

41 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
E39の大人しさの中にもキリッとしまったところのあるデザインが好きです。アメリカでは不人 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.