• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

成田のオッサンのブログ一覧

2017年06月25日 イイね!

とりあえずここまでのサンコウチョウ

とりあえずここまでのサンコウチョウサンコウチョウ関連のブログも数が多くなり、タイトル付けに苦労します。

で、タイトル画像のサンコウチョウ、背景のボケもきれいでうまく撮れてるでしょ? 自分で言うな?
撮影は5月28日ですから、一月近く前。ISO3200でSSは1/60秒の手持ち撮影です。もちろんよく撮れてるのを選んでアップしてますが、D500は手振れ補正も優秀だと思います。

スクエアなトリミングの別バージョンも。



GWの飛来以来、毎週、例の森に通ってサンコウチョウを撮ってます。
これまで、この森のことを「例の森」だとか「サンコウチョウの森」だとか書いてきましたが、地元の野鳥カメラマンにはもちろん周知の場所であり、隠す必要もないような気もしてますが、最近はまたカメラマンが多いんですよ。関西方面にも知れ渡っているようで、最近は駐車場で大阪や京都ナンバーを見かけることもよくあるとか。意味がないとは思いつつも、これ以上カメラマンを呼び寄せるのもどうかとおもうので、今まで通り「例の森」で行きます。

昨年のブログで「サンコウチョウのとまりものはもういい」なんて生意気なことを書きましたが、飛来直後は物珍しさからとまりものも撮りましたが、やはり食傷気味。こうなると飛び込みですよね、やっぱ。
と言うか、ほとんどのカメラマンがそれしか狙ってません。
例年ですと、私の知る限りで森の中に2,3か所の飛び込みポイントがありますが、今年は雨が少なくて他のポイントに水が無く、1か所に限られること、そこそこ安定した時間帯に来てくれることから、池にサンコウチョウの飛び込みを狙うカメラマンが集中しています。
この日もざっと数えてカメラマンが40人。しかし、考えてみるとサンコウチョウも対岸とは言え、40人ものカメラマンがひしめいてる池によく来るわ。
最近は女性も増えました。遅めに行った私は三脚を立てる場所もなく、手持ちで挑戦。



枝を離れる瞬間のサンコウチョウ。ISO6400、1/250秒。暗いとこんなもんですね。被写体を止めたいところですが仕方ない。

手持ちでしたので、水から上がったところが中心になります。























水から上がって枝に戻ると、儀式のように体を震わせたり尾羽を咥えたりしていわゆる「水切り」をします。その姿がまた絵になる。











で、飛び込みはどうなんだってことですよね?





どうにかお見せできるのがこの2枚。ISO10000!、1/1000秒。ISOは1000とはちゃいますよ、10000。今までにISO10000で撮った写真なんてアップしたことあったかなぁ? それでも被写体は止まってくれませんからね。

子育ての方はどうなってるのかてぇと。



これが5月11日の撮影で、抱卵中のオスです。

そして、昨日。もう孵化してました。



4羽のヒナがいますね。









お父さんも頑張ってる・・・と言うか、どうしてもオスの方が絵になるもんですから。お母さんごめんね。






Posted at 2017/06/25 15:12:52 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月17日 イイね!

愛北模型倶楽部2017

愛北模型倶楽部2017もう1週間近く前のことになりますが、昨年に続いて、mixiのお友達である 青の6号 さんが主宰されている愛北模型俱楽部の展示会に行ってきました。
実は今年はみん友の のんパパ さんもご一緒に。のんパパさんは、のんパパさんでFacebookで青の6号さんと知り合われたそうで、世の中狭いですね。まあ、近いところで、同年代で、同じ趣味で、SNSなんかやってると、どうしたって知り合っちゃうってことなんでしょうね。

タイトル画像は青の6号さんのフォッケウルフ。エンジンが細部まで丁寧に作りこまれています。
青の6号さんはジャンルに捕らわれず多彩な模型を作る方です。



車も、フィギュアも。





他の方の作品もかいつまんでご紹介します。

昨年のサニートラックの方の作品。フォルクスワーゲン タイプ2。



雰囲気がいいですよねぇ。作者の方に直に聞いてみましたが、普通にクレイオスのカラーで塗装し、タミヤカラーで汚して、最後に艶消しクリアで全体の艶をそろえるとのこと。



このスーパーカブもいい。スポークが細いんで、ステンレス線などで置き換えらえたのかと思って聞いたら、キットのままだとのこと。こんど買ってみるかな。



キャンターでよかったですか? これも渋いでしょ。



1/6のストームトルーパーとバイク。



アニメ風フィギュアも何点かありましたが、こうしたものは、どうしても巨乳にしなきゃいけない法律でもあるんでしょうか?



かつて雑誌「丸」にイラストを連載されていた方の絵画。広島に原爆を落とした直後のエノラゲイですね。

観覧を終えて展示会場内の喫茶店で、のんパパさんと模型談議に花を咲かせましたが、今は無き、クセが強い店主で伝説となった模型店でアルバイトをされていたことがあるとか、模型通販はどこを使ってるだとか、興味深い話を聞かせていただきました。

フォトギャラリーにもっとあります。ご覧ください。

Posted at 2017/06/17 00:51:10 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月06日 イイね!

その後のハヤブサ

その後のハヤブサ弟ががんばってくれたお陰で田植えの拘束も1日だけで終わり、最近の土日はサンコウチョウかハヤブサを追っかけてます。

二つ前のブログでお伝えしましたが、ハヤブサの撮影では、望遠レンズ付きのカメラの他に三脚も背負って片道20分ほどの山道を登ります。最近は割とさわやかな日が続いていて、例年に比べると虫も少ないようですが、たった20分の登山でも辛いことは辛い。また、撮影ポイントは崖に迫った場所で、足場が狭くて、遅く着くといい場所は先客に占められていて三脚をセットするにも一苦労。それでもハヤブサ2年目の私にはまだまだ新鮮なアイテムですから。

珍しく、獲物を嘴に咥えての登場。





新緑をバックに旋回するオス。



ちょっとピントが怪しい。日本画でこんな瞬間のハヤブサを見たことがあるような気が。



左上が切れているのが残念ですが、杉の木のてっぺんにとまるメスの上を、獲物を持って旋回するオス。



ここから4枚は杉のてっぺんのオス。なかなかイイ男です。











餌を持ち帰るオス。速度が落ちるために比較的追いやすい。





↓これはメス。





2羽が同時に杉の木にいるのは珍しい。



飛び出し連続写真。









段々近づいてきます。







まだ、まともに餌渡しが獲れていません。しばらく週末に通いそうです。


Posted at 2017/06/06 23:25:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | 野鳥 | 日記

プロフィール

「@kumi1961 地元のバス停の近くの街路樹が倒れててビックリ!」
何シテル?   09/05 22:08
昔、メルマガで漫画のコラムを書いてました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

全日本模型ホビーショー 2015 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/30 22:59:15
 
クリーンでエコなnonchanとしては。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/06 20:04:24
ダイヤペット、1/40、日産ブルーバードU 個人タクシー、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/23 22:46:37

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
E39の大人しさの中にもキリッとしまったところのあるデザインが好きです。アメリカでは不人 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.