• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

成田のオッサンのブログ一覧

2017年07月29日 イイね!

ミースの残像

ミースの残像さすがに鳥さんも夏枯れ。久しぶりに野鳥以外のお話を。

見ず知らずのお方のお住まい(住宅で間違いないと思うんですが)を承諾も得ずにアップするのは、ちと躊躇もありましたが、ま、こんな状態の家ですから、いいんではないかと。

と、その前に、明日から知ったかぶりできる現代建築史のお勉強から。
世界の3大建築家と呼ばれた方々についてです。
一人目は、過去のブログ「カマキン」でもご紹介したル・コルビジェ。



現代建築に与えた影響は3人の中でも彼がダントツでしょうね。彼の国内唯一の作品である国立西洋美術館が世界遺産に認定されたことも話題になりました。この国立西洋美術館を世界遺産に推薦したのはフランス政府だってご存知でしたか?



もう一つ代表作を挙げておくなら、パリ郊外にあるサヴォイ邸でしょうか。アメリカ人の富豪のために建てられた別荘です。大学1年の大学祭用にこれの大きな模型を作りましたっけ。



二人目は、フランク・ロイド・ライト。



この人の作品は国内にも多数あります。一番有名なのは愛知県の明治村に移設保存されている帝国ホテルのエントランス。



この人が他の二人と違うところは、作品が装飾に満ちていることと、アメリカのプレーリーハウスという様式に沿って設計したことでしょうか。他の二人は時代の趨勢として装飾を断ち、様式から離れた普遍性のある建築を目指していました。建築の大衆化が運動として(これを「モダニズム」と呼びます)進められていた時代だったってことです。
で、改めてこの人の生涯を調べてみると意外に壮絶な人生を送ったようで、施主の奥さんと不倫して再婚して子供を儲けたのはいいけれど、その新しい奥さんと子供を使用人に殺されてしまうという経験をしています。建築家として大成したのはそれ以降のむしろ老年期。
代表作は落水荘(Falling Water)。富豪の別荘です。室内も美しいですよ。興味がある人は調べてみてください。



そうそう、彼の他の作品とはかなり異質な感じのニュウーヨークのグッケン・ハイム美術館も有名ですね。もう20年以上前になりますが、ニューヨークに観光で出かけた時にここを訪れましたが、あいにく改修工事中で中には入れませんでした。螺旋状の回廊に絵画が並べてあるのが有名ですよね。
そう言えば、サイモン&ガーファンクルのヒット曲「スカボロフェアー」の歌詞にも彼の名が登場してます。



そして3人目が今回ご紹介する住宅に影響を与えたと思われる、ミース・ファン・デル・ローエ。ドイツからアメリカへの亡命組の一人です。



彼の才能は鉄骨建築で光りました。代表作の一つはシーグラムビル。ここもニューヨークに観光で出かけた時に見ています。残念ながら彼の作品は国内にはありません。



もう一つ彼の代表作を選ぶとしたら、誰もが間違いなく選ぶのがファンズ・ワース邸。どうです、タイトル画像に似てませんか?



田んぼの中にこのファンズ・ワース邸に似た住宅を見つけた時は度肝を抜かれました。しかし、よくぞやったな。
真上からも。もちろん、グーグルさんからお借りしてきた画像です。



季節は秋ですね。稲の収穫が終わった田んぼにコンバインの軌跡が残っています。
この田んぼ全部を埋め立てて敷地にすることもできたろうし、田んぼの一部しか使わないとしても、道路に寄せて建てることもできます。いや、むしろ普通はそうしますよね。でも、施主と建築家はそうはしなかった。道路に寄せて駐車場だけは設けましたが、住宅へのアプローチは道路と直角に設けた細いコンクリートの通路。そして手前に稲の緑を配して奥に住宅。もちろん周りは田んぼですから、住宅は持ち上げて。裏にも回ってみましたが、壁は無く、4面がガラスで覆われています。私はミースのファンズ・ワース邸を意識した住宅だと確信しています。
ミースは構造を表に出して表現することにこだわりました。ファンズ・ワース邸を見ていただくと、鉄骨の柱が外に出ているのが分かります。でもこちらは、柱は中に隠れて見えませんし、ガラスの内側の室内も白いカーテンで覆われて伺い知ることはできません。正直、中も見てみたい・・・。

この家の写真をもう1枚ご覧いただきましょうか。



タイトル画像とどこが違うの?と思われるかも知れませんね。この写真でご注目いただきたいのは、右端のポール。引込柱と言います。このポールで電話線や電力線を受けて、住宅までは地中配線で引き込みます。実は、我が家もそうなんですが、それらの線を軒先や壁で引き込んでいる家がほとんど。みっともないですよね。いや、元々、電線が全て地中化されていれば、自動的にそうなるんですけどね。

いや、田舎にも凄い家があるもんだ。
Posted at 2017/07/29 21:37:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 建築 | 日記
2017年07月15日 イイね!

で、オオタカはどうなってるのかってぇと・・・

で、オオタカはどうなってるのかってぇと・・・暑いですね。以前にも書きましたが、この部屋にエアコンはありません。扇風機のみ。ぬめっとした空気をかき回しているだけのような気がします。

めったに遠征しない私の最近の野鳥撮影は、サンコウチョウ、ハヤブサ、オオタカをローテーションさせているだけ。この中で最近、触れていないのはオオタカですね。
今年は、昨年のように巣の中まで覗けるような場所には営巣してくれませんでしたが、今年の営巣場所もその近くであることには違いが無く、実家に寄る度に見に行ってはいます。カメラマンの数は去年と比べるべくもありませんが、それでも少しはいます。

まずは、6月25日夕方の様子。この日は私より先に一人だけカメラマンがいました。



ヒナですね。ヒナと言ってもこんなに大きくなってますが。
昨年は4羽いましたが、今年のヒナは2羽。猛禽類と言えでも、繁殖は決して容易ではないようです。今年だって卵が二つだけってことは考えられないので、おそらくは卵の段階か孵化してからかは分かりませんが、2羽程度のヒナはここまで成長する以前に死んだと考えるのが妥当じゃないでしょうか? 金華山のハヤブサだって昨年は0で、今年も1羽しか確認できるヒナはいませんからね。
ところで、昨年のオオタカのヒナたちはどこでどうしてるんでしょうね?



上がヒナで下が親。ヒナはこんなに大きくてもまだ親に餌をもらって、依存した生活を送っています。



親にもらった餌をついばむヒナ。



私の他に一人だけいたカメラマンさんの解説によると、ここにいない方のヒナはよく餌をもらえる方のヒナとのこと。つまりこの時に餌を食べていたのは、あまりもらえない方のヒナだったようです。

続いて、7月9日のお昼頃。私の他のカメラマンは二人。



この日は遠く離れた枝に、兄弟で(性別不明なので、ひょっとしたら姉妹? とりあえず、ここでは兄弟ってことにしときます)とまっていました。

そしてこの日の夕方。今年としては最大の人出。10人ほどのカメラマンがいました。

今までで一番近くにヒナが。





枝から舞い降りるヒナ。





やがて親が餌を持って現れました。足元に餌を掴んでいます。



餌をもらって、それをついばむヒナ。











そこに現れたもう一羽。「餌の取り合いでもしてくれると絵になるのに」との声もありましたが、どうやら、ここまで来ると一羽ずつ餌を与えているようですね。









また覗いてみる気持ちはありますが、もうここにいなくなる日も近いでしょうね。




Posted at 2017/07/16 01:12:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 野鳥 | 日記
2017年07月08日 イイね!

Upside Down

Upside Down前回に引き続きハヤブサ。撮影は7月1日です。

念のために申し上げておきますが、タイトル画像の向きはこれで合ってます。

この日は午後から金華山に登りましたが、これだけ暑くなると、たった20分の登山と言えども、かなりしんどい。タオルを首にかけて汗を拭き拭き撮影ポイントにたどり着いても、なかなか息が落ち着かない。
三脚とカメラをセットしたら今度はハヤブサに動きがない。親もヒナも表れない。これじゃ何のために苦労して登ったのか・・・。
3時頃にようやく動きがありました。ハヤブサを撮りに行ってるんですから、遠くから近づく猛禽類らしき鳥が見えたらハヤブサだと思いますよね。当然フォーカスを合わせて撮り続けました。



これをハヤブサを間違えても許されると思います。(トリミングしてますから実際にはもっと小さくしか見えてません)



上空で旋回。



ん? 視界に別の鳥が。



上の写真のすぐ次のコマです。ファインダー越しに肉眼では二羽の鳥が絡み合ったのを確認していましたが、カメラはその瞬間は撮れていない。因みにD500は最速で1秒で10コマ撮れます。つまり1/10秒未満のホンの一瞬のできごとだったってことです。

そして下の鳥をトリミングしたのが、これ↓(タイトル画像と同じ)



この辺で私もようやく、「これおかしいぞ」ってことに気づきます。ハヤブサ一家であればこんなことは起きない。以下は連続写真。







ここでようやく体を捻って元の体勢に戻ります。それまで、ほとんど背を下にして自由落下。おそらく10m以上落下したんじゃないでしょうか。
ハヤブサの縄張りを侵犯したトビが一撃で落とされたんですね。一体トビのどこをどのように攻撃したのかは謎。残念ながら撮れてませんから。



敗れたトビはただ去るのみ。よく見ると尾羽も傷んでいて、哀れを誘います。

しかし、珍しい場面が撮れて、結果的に登った甲斐がありました。

これに味を占めて実は今日も登りましたが全く収穫なし。オスが岩場の日陰で何時間も同じポーズでいるだけ。
ハヤブサももうこれ切りにしておこう。

Posted at 2017/07/08 22:15:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | 野鳥 | 日記
2017年07月02日 イイね!

ハヤブサ最接近

ハヤブサ最接近昨日は雨が上がってから例の森に出かけ、サンコウチョウを待ちました。天候のせいか先客のカメラマンは二人だけ。しかし、時々近くまでは来るものの飛び込む様子はさっぱりなし。後から来た人に聞いたところでは、水・木曜日も一度も飛び込みはなかったとのこと。しかも、ヒナは蛇に食われてしまったとのこと。こりゃ、完全に環境が変わりましたね。もう飛び込みを待つのは無駄でしかないかも?

と言うことで、今回はハヤブサの方。

今年は巣が見えないこともあって、いつの間にかヒナはこんなになってました。撮影は6月18日。



他のカメラマンの方に聞くと、巣から出て、撮影できるところに出てきたたのはこの日が初めて。ここで声を上げて親を呼んでいますが、下をのぞき込むだけで、まだ怖気づいていて飛び立てそうにありません。









続いて6月25日。例によってちょっとグロい部分があります。





この日の母親です。この木の下の方の枝にヒナがいたんですが、葉に隠れて撮れませんでした。上の写真は、そのヒナに餌を運ぼうと飛び立ったところです。

そして、この後、今までで最も近い距離でハヤブサを撮ることができました。



ノートリミング。レンズの距離ゲージを見ると、約14m。



頭部をトリミング。



飛び出し。

最後に、ハヤブサのおまけの定番、オオルリ。囀っているところを撮りますから、以前のと似たり寄ったりになってしまいますが。







Posted at 2017/07/02 10:47:32 | コメント(4) | トラックバック(0) | 野鳥 | 日記

プロフィール

「@ひろ@XC60 大変でしたね。瓦はご自宅のではないのでしょうか?」
何シテル?   10/01 21:54
昔、メルマガで漫画のコラムを書いてました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

全日本模型ホビーショー 2015 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/30 22:59:15
 
クリーンでエコなnonchanとしては。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/06 20:04:24
ダイヤペット、1/40、日産ブルーバードU 個人タクシー、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/23 22:46:37

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
E39の大人しさの中にもキリッとしまったところのあるデザインが好きです。アメリカでは不人 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.