• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

成田のオッサンのブログ一覧

2018年04月30日 イイね!

青山でテスラ・モデルXに試乗

青山でテスラ・モデルXに試乗既にGWに入っていますが、今回のブログは先週の金・土・日のお話になります。

ジャニーズのTOKIOの山口某のしでかした事件が世間を騒がせていますが、そんなことはお構いなく、またしても、我が家の女性陣(女房と次女)と元我が家の女性陣(嫁いだ長女)は、東京ドームで行われるKAT-TUNのコンサートへ行くとぬかして、私にアッシーをさせようとたくらみ、私も孫に会えるという餌にまんまと釣られて行ってきました。

まずは第二東名から見えた富士。



第二東名を走るのは、ひょっとすると10回以上かも? でもこれほどきれいに富士が見えたのは初めて。今までは夜中やら悪天候の中を走らされてますからね。
撮影は私。運転しながら撮ったのかって? いや、アッシーと言いながらも、今や半分以上は次女が運転しています。私の車の保険は35歳未満不担保ですから、家を出てすぐにコンビニで一日保険に加入して、SAで私と交代して運転してくれます。24時間で500円。帰りも同様。これで長距離ドライブも随分と楽になりました。

ホテルは浅草。浅草寺にも行きました。初めてではありませんが、相変わらず凄い人出。



中国人だけじゃありませんね。ホントに多種多様な外国人がいます。確実に日本人より多い。



こういうのがあると顔を出さずにはいられない孫。
「いい顔して~」というとこういう顔をします。

以前、テスラの観光地での1泊試乗会の企画があって応募したことがありました。ま、こういうのは購入の可能性が高い人に当たるもんだということはよく分かっています。当然、外れましたが、その後、ちょくちょくショールームで試乗しませんか?てなメールが来てまして、その内に電話がかかってくるようになりました。それも東京から。

あまり憶測でものを言っちゃいけませんが、テスラは今、苦しいと思います。ユーザー層の拡大を狙って販売を開始した普及車種のモデル3の生産が軌道に乗らず、キャッシュフローがかなり厳しいのではないかと囁かれています。私にまで何度も電話してきたのはその苦しさの表れだと思っています。

試乗はもちろん名古屋でもいいんですが、都合が合わなかったり、買う可能性が0の私が行ってもなぁ・・・てな気後れもあったりして、「その内にね」てな生返事をしていたんですが、東京に行く直前にまたお誘いの電話があり、いい機会だから、いっそ東京・青山で乗ってやれ!と試乗を申し込みました。

ショールームは意外に狭かった。新興メーカーはこんなもんなんでしょうか? 
最初に、狭い階段を上って二階に上がり、元BMWに居たと言う髭のイケメンのお兄さんからパソコンの動画を見ながら説明を受け、その後にいよいよ試乗。





これが試乗車。モデルXには3列シートもありますが、試乗車は2列シート・5人乗りのタイプ。ホテルに帰ってから調べたんですが、これはモデルXでは一番下のランクですが、それでも1千万を少し超えます。
知ってる人には説明の必要もないことですが、リアのドアは屋根の中央付近から跳ね上がります。しかもドアにセンサーが付いてて、障害物に当たらないように開きます。ここがモデルXの最大の特徴でしょうか。

まずはお兄さんが運転して私が助手席。後の家族は後席。
東京の地理に詳しくないのでどこを走ったのかは説明できませんが、お天気もよく、絶好のドライブ日和でした。迎賓館の前を通ったのだけは覚えています。
途中で自動運転の実演(白線を読み取りながら前の車に追従しながら、自動操舵)の時には勝手に動くハンドルを見て、我が家一同「オーッ」と歓声。

広い道路との合流地点で、一時停止すると、お兄さんが「ここで、ちょっとジェットコースターみたいなことをしますね」と。車が来ないことを確認すると一気に加速! 比喩でなく、背中が背もたれに強烈に押し付けられる感覚! 未体験の加速でした。また「オーッ」と歓声。
確か、モデルXの重量は2tを超えたはず(因みに車幅は199㎝)。それをいとも簡単に加速させるこのトルク!

空いた広い道路では路上駐車の車の間に自動縦列駐車。クルクルと自動で左右に動くハンドルを見ながら、また「オーッ」と歓声。



その後に、私に運転交代。途中で誘惑に駆られてアクセルを踏み込んでみましたが、やはり加速は凄い。

全部で30分ほどの工程だったと思いますが、私も家族も十分に楽しませてもらいました。私が独断でこの試乗を申し込んだので、女房は「勝手にそんなこと決めて」とご機嫌斜めでしたが、終わってみると家族も大満足。いい体験をさせてもらいました。まあ、買う可能性は相変わらず0ですが。

試乗を終えて歩道を歩いていて気づきました。手に何も持ってない。
既存のメーカーなら手ぶらでは帰さないですよね。少なくともパンフは持たせる。何も持たせないところもテスラらしい。

どうか頑張ってほしいとは思います。買えませんが。


Posted at 2018/05/01 00:55:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | 電気自動車 | 日記
2018年04月27日 イイね!

私はボサノバと同い年

私はボサノバと同い年
音楽なんてカテゴリを作ってたんだ! 何年ぶりだろ?

「何シテル?」にも書きましたが、さっきまで小野リサのコンサートに行ってきました。コンサートなんて最後に行ったのはいつだったのか思い出せないくらい久しぶりです。小野リサは今回が初めてでしたが、多分、もう行かない。
ボサノバは声を張り上げて歌うものではないし、彼女のハスキーな声はボサノバ向きなのかも知れません。しかし、CDですら高域が出ていなくてヘタクソに聞こえるのがあるくらいですから、生のコンサートだと辛い場面もありますね。まあ、彼女の歌は雰囲気で聞くものでしょうか。

ただ、ピアニストの林正樹は素晴らしかった。小野リサも「いつもの曲を、いつも新しい曲にしてくれる」と彼を紹介していましたが、ジャジーでスリリングでエキサイティングなピアノでした。今日のコンサートは彼が過半を引き受けてたようなもんでした。

で、そのコンサートの中で、今年はボサノバが生まれて60周年という話が出ました。

そうか! ボサノバって私と同い年だったのか!

例によってWikipediaで調べてみると・・・

1950年代後半、リオデジャネイロのコパカバーナやイパネマ(Ipanema)といった海岸地区に住む白人「中産階級」の学生やミュージシャンたちによって生み出された[2]。ブラジルでのヒットのきっかけは1958年にアントニオ・カルロス・ジョビン作曲、ヴィニシウス・ジ・モラエス作詞、ジョアン・ジルベルト歌・ギターによる“Chega de Saudade”(シェーガ・ジ・サウダージ、邦題:想いあふれて)のシングルレコードによってである。ただしこの時点ではボッサ・ノヴァという呼び名はまだ生まれていなかった。


ということだったようですね。なるほど、私が生まれた年だ。

そして1963年に、あまりにも有名な「イパネマの娘」がアメリカで爆発的にヒットし、ボサノバが世界的な広がりを見せるわけですね。

あのアンディー・ウイリアムスとアントニオ・カルロス・ジョビンのコラボ(!)でイパネマの娘。


アントニオ・カルロス・ジョビンは、よくトムとかトム・ジョビンとか呼ばれていました。上の動画でもトムと呼ばれていますね。
歌詞の内容は、男たちの視線を集めるのに、全く相手にせずにイパネマ海岸を颯爽と歩く美しい女性を歌っています。

私がいつからボサノバ好きになったのかは思い出せませんが、既に予備校生だったころにはよく聞いていたことは覚えています。
特にこの曲、波。

アントニオ・カルロス・ジョビンの演奏。場所はおそらく日比谷の野音。


このコンサートをなぜ知らなかったのか、不思議です。気が付いたら終わってました。知ってたら、いくら高いチケットでも買ってましたね。そして万難を排して行ってたはず。
そして気が付いたらジョビンは亡くなってた。これもどうして時間が経ってからしか知りえなかったのか不思議です。これだけ偉大な人なのに話題にならなかったのかなぁ・・・・。

上のは音がよくないので、こちらも聞いてみてください。


私にはこの曲がどう聞こえるかってぇと・・・。もうイントロだけでやられちゃうんですよ。脳に、ごくごく細い針を無数に打ち込まれる感じ。そう、麻痺する感覚が生じるんですよ。麻薬ですね。
まあ、ただのムードミュージックにしか聞こえない方も多いでしょうね。そういう方がいらっしゃっても否定はしません。

最後にもう1曲。これも好きな曲、ワンノートサンバ。タイトル通り、最初の4小説は同じ音だけで歌われます。



Posted at 2018/04/28 01:00:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記
2018年04月19日 イイね!

初コマドリ

初コマドリ私のみん友さんなら こまどり姉妹 をご存知の方も多いでしょうね。このブログを書くにあたって調べてみると、デビューは1959年(昭和34年)でした(デビュー時の芸名は「並木姉妹」)。デビューは私が生まれた後だったんですね。もっと古い方かと思ってました。同じ双子デュオとして、ザ・ピーナッツとも親交が深かったようです。ザ・ピーナッツの二人は既に亡くなっていますが、こまどり姉妹のお二人はご存命です。
この こまどり姉妹、紅白歌合戦には1961年(昭和36年)から1967年(昭和42年)まで7年連続で出場しました。私の親父はこれが気に入ってたみたいで、翌1968年(昭和43年)の紅白には出場できなかったたわけですが、当時、ニュースでそれを知った私が親父に告げると、「そんなの紅白じゃない!」みたいなことを言って憤慨してましたね。



はい、例によって、本題に関係があるようなないような長いイントロでした。

最近、いろいろと立て込んでおりまして、ブログをアップできないでいました。撮影は14日(日曜日)のことになります。
例によって、またしても、懲りずに、女房と次女の買い物のアッシーとして名古屋まで行かされました。私もただでは転びませんよ。「ひょっとしたらもう来てるかも?」と女房達を降ろしてから庄内緑地公園へ。
クルマを停めて(庄内緑地公園は、この地方の公園としては珍しく駐車場が有料)当てもなく園内を歩いてると、数人のカメラマンを発見! 皆さん、同じ方向にカメラを向けて待ち構えていらっしゃる。鳥には違いないと思いつつも、何の鳥かは分からない。とりあえず、皆さんの横にそっと並び、カメラを構えつつ隣の方に小声で聞きました。
「コマドリですか?」
「そうだよ。」
程なくして現れました。

同じような写真で恐縮です。1時間程度の間に数回現れた同じ個体です。









曇天で夕方で手持ちでしたから、画質は今一つですがご勘弁を。
隣のカメラマンさんの話では、園内で他2か所でもコマドリが見られるとのことでした。

3鳴鳥の一つですから、こまどり姉妹並みの美声を聞かせてくれるものと期待していましたが、一言も発してくれませんでした。




Posted at 2018/04/25 01:06:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 野鳥 | 日記
2018年04月14日 イイね!

イギリス行くぜ!(1)・・・動機熟成編

イギリス行くぜ!(1)・・・動機熟成編マックループ(Mach Loop)を意識し始めたのはいつ頃だったろう? そんなに昔のことじゃない。ここ3年以内のこと。
え、マックループって何かって? ま、ご存知なくて当然。マックループってこんなところです。



YouTube で Mach Loop を検索すると一杯動画が出て来ますが、その中でも一番再生回数が多いのが上の動画。
この時は、たまたま米空軍のF-15が訓練してたようですが、主には英空軍が低高度の飛行訓練をすることで有名な場所。山に登れば、低高度飛行訓練をする機体が、水平か見下ろしで見られる。それも間近に。行きたい! そして、撮りたい! 段々、マックループが頭から離れないようになりました。

4月になり、私も定年退職の年度を迎えました。転職先を探すためという名目で数日の特別休暇がもらえ、定年の記念なのかわずかな金額ですが、旅行の助成券ももらえます。

よ~し、その休暇を利用してイギリス行っちゃうぞ!と思い始めたのは昨年度。

そしてタイミングよく発行されたこの本が更に強く背中を押してくれました。



模型雑誌ホビージャパンが発行する ホビージャパン・ネクストの英国特集2017。
イギリスの航空機関係の博物館の情報や行き方までまとめてあって非常に参考になりました。
よし! マックループと航空博物館巡りだ! バッカニアTSR-2も見てやるぞ!

そしてその旅行のために最初にしたのがスマホの買い替え。
機種は、老眼のせいもあって、大きめの画面のiPhone8 Plus。



拾ってきた画像じゃありません。リアルに私のiPhone。くだらないアプリを見られるのはちょっと恥ずかしいな。あ、アンパンマンのアプリは、孫を遊ばせる用ですから。

イギリス行くのに、何でスマホの買い替え?と思われるかも知れませんね。
できれば国内で使っているスマホをそのままイギリスで使いたい。そのためには、新しめの機種でないと不都合があるらしいってことを知ったからです。そして、もう一つの理由は・・・。下の地図をご覧ください。



下の方のFがヒースロー空港。ここに飛行機で着くわけですね。そして左の方のCがマックループ。国立公園の中のようです。日本では考えられませんが、イギリスじゃ国立公園内で軍用機の低高度飛行訓練をしてるようです。
で、そんな田舎ですから、車で行くしかない → レンタカーで行く → ナビがいる → スマホのアプリをナビ代わりに
ってことで、大きめのスマホに機種変したわけですね。

ということで、スマホの機種変に次いでしたことは、パスポートと国際免許の取得。



私が最後に海外に行ったのはもう30年以上前のニューヨーク。当然、パスポートは失効していますから、再申請しました。
そして国際免許証。これは自分でも初めて見ました。表紙のサインは知事の名前。県単位で発行されるんですね。手数料は2,350円。有効期間は発行から1年。

ここまで準備はしたものの、今年度中はいいんだけど、いつ頃がいいのかが決まらない。マックループの訓練も博物館も一年中やってる。寒いから真冬は避けるとしてもいつがいいんだろ?

で、何がきっかけだったか忘れましたが、ファーンボロー国際航空ショーを思い出したんですよ。フランスのパリ国際航空ショーと交代でやってる航空ショーですが、今年はイギリスの開催年。
これだ!と思いましたね。これに合わせて渡英してこのショーも見ればいい。

で、以前からマイファンに登録させていただいてる渥美格之進さんが、ファーンボロー国際航空ショーに行かれたことをブログにしていらっしゃったはずと思い、改めて検索してみると、これは私の記憶違いで行かれたのは2年前のRIAT。

「RIATって何なの?」でしょうね。
RIATは、Royal International Air Tatoo の略で、世界最大の航空ショーです。
ここで気になるのは Tatoo の意味でしょうね。もちろん、おなじみの刺青の意味もありますが、調べてみると・・・

1 【陸海軍, 軍事】 (夜の)帰営らっぱ[太鼓]
2 (警戒などの)太鼓の音; ドンドン[コツコツ]たたき続ける音 ⇒ devil's tattoo.
3 《主に英国で用いられる》 (軍隊で)夜間の催し物 《音楽・行進などを行なう》

このうちの3の意味でしょうね。語源はオランダ語だそうです。

ここで昨年のRIAT2017の様子をYouTubeから。離陸シーンばかり集めたものです。



もうワクワクしてきます。こうなると、RIATがこの旅行のメインになりそう。
しかも! 本当に事前には知らなかったことなんですが、偶然にも、今年はRAF(Royal Air Force:英国空軍)100周年! これを知った時は、天が私に行けと言ってると感じましたね。

これは渥美格之進さんに根掘り葉掘り聞かねばと思い、さっそく友達申請をし、快く承諾していただきました。

2年前に渥美格之進さんがRIATに行かれたときの様子はRIAT2016 1日目その1 地上展示編 あたりから読んでいただくとよく分かりますが、読売旅行のツアーに参加して行かれたとのこと。そして今年はその時点で既にツアーは売り切れのこと。
このツアーはRIATの観覧に特化したツアーで、一番いい席で連日観覧。ホテルも一流で会場まではバスで送迎で言葉の問題もなし。私も最初からこのツアーのことを知っていて、RIATが目的だったら申し込んでいたかも。

とにかく、RAF100周年ということであれば、早めにチケットを確保せねば! そう、空自の航空祭に慣れた私には戸惑うことですが、RIATは有料でチケットがいります。
RIATのホームページでチケットを確保。ちょっと奮発してスタンド席も予約しました。入場料と合わせると、日本円で1万3千円以上です。安くはない。でもこの機会ですから仕方ない。
因みにRIATの会場になるフェアフォード空軍基地は、上の地図のAです。

よしっ! これで核となる日程が決まった。後はマックループと博物館の日程をどう配置するかだな。
Posted at 2018/04/15 15:01:56 | コメント(4) | トラックバック(0) | 飛行機 | 日記
2018年04月09日 イイね!

岐阜コクピット 2018

岐阜コクピット 2018毎年ご報告している「岐阜コクピット 2018」に今年も行ってきました。
例年、各務原市の桜まつりと合わせての開催で、今年もその通りではありますが、ご承知のように今年の桜は既に葉桜。実は私、大きな声では言えませんが、この展示会を見る時はいつも路駐。今年はちゃんと駐車場に停められるだろうと思って出かけましたが、駐車場に入るのに少し待たされました。皆さん、何しに来てんだろ?

会場に入ると、なかなかの盛況。みん友のザクとは違うさんが初参加でいらっしゃることは事前に分かっていましたが、のんパパさんもいらっしゃってて、お二人を引き合わせることができました。同じ趣味の仲間の輪が広がるのはいいですね。

さて、展示内容ですが、今年のテーマは 「ラテン」 。
これまでのテーマを振り返ると、「各務原ゆかりの翼」だとか、「赤い星」だとか、「ドイツ機」だとか・・・。大体、どんな機体が並ぶか想像できちゃうテーマが多かった。そこへ行くと今回の「ラテン」は想像が広がりますね。皆さんが「ラテン」をどう解釈されるのかも見どころ。



例年通り、入り口に近いテーブルにはテーマに沿った機体が並べられています。
このテーブルの機体を一つずつ。スケールはいずれも1/48。



スーパーツカノ。キャノピーは透明度が高いので、ひょっとすると塩ビの絞りだしかも? どこの国なんだろ? 好きな機体ではありますが、1/72ではこんなにきれいには見えないんでしょうね。



ギリシャ空軍のファントム。地中海沿岸は、ま、ラテンだわな。
最近は、これくらいハードに汚すのが標準的?



F-16(スペインだっけ?)。



F-18(スペイン)。スペインはたしか空母を持っていたから、これは艦上機か? と思って調べたら、スペインの空母の艦上機はマタドール(ハリアーと同型機)でした。



ラファール(フランス)。



ミラージュ2000D(フランス)。



トーネード(イタリア)。イギリス、ドイツ、イタリアの共同開発ですからね。

テーブルは変わりますが、引き続きテーマ機を。



1/48 MC205 (イタリア)。



1/48 サボイア マルケッティ SM79 (イタリア)。強そうに見えないところがイタリア機?



ファントム(スペイン)。スペインもファントム使ってったんだ。



F-16A Block15(ベネズエラ)。南米か。なるほど、ラテン。

面白いところでは、こんなのも。



「星の王子様」のサン・テグジュペリと愛機シムーン。彼はF-5B(P-38の偵察型)で地中海上空を偵察中に消息を絶つんですよね。

まあ、イタリア、フランス、スペインなどのラテン・ヨーロッパとわずかにラテン・アメリカってことで、思い切り意外なラテンはありませんでしたね。予想の斜め上を勝手に期待した私が悪い。

ここからは、テーマ外の作品を。





1/48 F-3H デモン。好きな機体です。まとまってますね。



1/72 カーチス C-46。岐阜基地にも置いてありますね。銀色の部分はメタルホイルを貼ってあるのかな? 私もキットは寝かせてあります。



ナット。これは実機を近々見られるかな?

今回も工夫あふれる立体的な展示が。



B29の迎撃に上がった、ジェット化された震電。実はこんなことに・・・。



もう一つ。



背中に6基のエンジンを積んだ爆撃機はアメリカ本土爆撃を夢見た計画機です。

私が1/72でやりたいことを、1/32でやってらっしゃいました。





岐阜大学病院のドクターヘリ。マーキング類が手書きなのが惜しい。でも機内は細部までよくリサーチされてます。資料を分けて欲しい。

もう二つヘリを。沖縄で窓枠を落としたのと同型機だそうです。





CH-53E シースタリオン。ローター基部など、細部までよくできてます。



1/32 カマン・ハスキー。隣り合った別軸の2枚のローターがぶつからずに回転するという変わり種ヘリ。

これも凝った展示台でした。



バイクも。



タミヤ 1/6 ホンダCB750でしょうか? タイヤのスポークは金属線に置き換えてあるようですね。迫力があります。本物をみているよう。

ここからは、キャラもの。



宇宙戦艦ヤマトに出てくるアンドロメダ。



パジャマソルティックだそうな。センスがいい。

会場でお会いした、大学時代からの友人のSさんの作品。



スタートレックに出てくるサイロンの宇宙船。水性塗料をキムワイプ(毛羽の出ないティッシュ)に含ませて表面をポンポンと叩いて仕上げるんだそうな。真似してみたいが、うまく行くんだろうか?



何のキャラクターか知りませんが、プロの方のフルスクラッチ作品。材料はケミカルウッド。

最後に、みんカラですからカーモデル。



フェラーリの何か。いい艶出てます。



今年も痛車の数々。中でも目を引いたのが・・・・



市販のデカールだと思いますが、ついにオッパイが! これが実車だったら外を走れるのか?

てことで、私らしい締めで、おしまい。



Posted at 2018/04/11 00:20:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「小出し(2)・・・RIAT」
何シテル?   07/21 01:34
昔、メルマガで漫画のコラムを書いてました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

全日本模型ホビーショー 2015 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/30 22:59:15
 
クリーンでエコなnonchanとしては。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/06 20:04:24
ダイヤペット、1/40、日産ブルーバードU 個人タクシー、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/23 22:46:37

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
E39の大人しさの中にもキリッとしまったところのあるデザインが好きです。アメリカでは不人 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.