• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

KK900ssのブログ一覧

2018年11月19日 イイね!

C220d 初めての車検


早いもので、Cクラスに乗り換えてから、3年経ち、車検の時期になりました。
タイヤ交換時に3年点検は行なっていて、オイル交換はその時に実施してます。

今回、不具合や調子が悪いという点も見てもらいました。内容は以下の通りです。

(1) リヤビューカメラの画像が乱れて、使用不能になることがある

⇒リヤビューカメラが交換されました。カラーの色味も格段に良くなりました。新しい仕様のカメラになったのか、元々のカメラが不良だったのかわかりません。(暗い場所でのザラザラな画面は変わりません)

(2) アイドリングストップしない(しばらく走って充電が十分にされたと思われるのに、アイドリングストップできない)。3年点検ではバッテリーは問題ないとのことでした。

⇒ バッテリーの交換になったようです。バッテリーは消耗品なので、メルセデスケアには含まれません。今回は不具合対応ということで、保証での交換となりました。(明細上は、電装品用バッテリー交換となってます。整備手帳ではメインB/T交換となっている)

(3) ETCカードの読み取りエラー(始動時にETCカードが認識できない。カードを入れ直すと認識する)

⇒クリーニングカードでのクリーニングを実施で、問題無くなりました。

(4) 地図データの更新をお願いしました。これはメルスデスケアに入っていると3年間で2回無料で更新できるのですが、これまで更新の案内がなかったので、こちらからお願いしました。

⇒ 地図データが更新されました。ただし、17年度版のデータのようでそれほど新しくならないです。来年早々には新しいデータが出るかもしれないので、そっちの方が良かったなあ。


その他、メルセデスケアで、フューエルフィルター、エアクリーナーエレメントを交換、Adblue追加(2L)してます。

あと、LUBE-Xというエンジンオイルの添加剤を追加しました。現在、ヤナセでしか扱っていないということで、先週Dで実演会やっていたそうです。営業さんに、燃費の記録を細かく取っている自分なら燃費への影響がわかるのではと、結構プッシュされました。ならばと入れて見ることにしました。生涯初添加剤です。

ちょっと走りましたが、エンジンの音と振動が小さくなり、滑らかになりました。燃費への影響はもうちょっと見てみます。(タイヤの影響が大きいかもしれませんが)


Posted at 2018/11/19 00:41:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | メルセデスベンツ | クルマ
2018年09月20日 イイね!

ソニックデザイン サウンドスィート導入

ソニックデザイン サウンドスィート導入Cクラス(C220d)のオーディオは、各ドアのフルレンジスピーカーと助手席の足元のサブウーハー(ただしフルレンジで鳴っている)という構成で、Aピラー近くにあるツィーターが付いていそうなグリルの位置やダッシュボード上面のセンタースピーカーが付いてそうなグリルの位置には、実はスピーカーが入ってません。

Cクラスの純正オプションに、ソニックデザインのオプションがあります(ソニックデザイン サウンドスィート)。こちらは純正オプションなのでディーラーで取り付けてもらえ、3年の保証が付きます。

(純正オプションカタログは新Cクラス用に変わってしまいました。新Cクラスはセンタースピーカーやウーハーがもう1個追加されているようですが、ツィータはまたもや搭載されずのようです。)

フランスのオーディオメーカーであるフォーカルから、Cクラス向けのオーディオアップグレード製品が出たのも気になってました。

サウンドスィートの内容は
・18mmドームツイーター(ツイーターとツイーター用のハイパスフィルタの追加)
・アディショナルコンペンセーター(サブウーハーのローパスフィルターの追加)
・アコースティックコンペンセーター(ドアスピーカー(前)用のローパス?フィルター)
・純正スピーカーアコースティックコントロールエレメント(ドアスピーカー(前/後)周辺の隙間を埋めるスポンジ?)

Cクラスに乗り換えた当初は、遮音性が良くなったこともあり、オーディオの音がよく聞こえるようになったと思ってました。
先日、ワンタンクチャレンジで長時間一人で運転しているときに、景色を見るか、音楽を聞くぐらいしか楽しみがないところで、オーディオの音がやっぱり気になってしまいました。それでこのオプションを取り付ける決心がつきました。

レビューを見ると、そんなに変わらないとかいう意見もありましたが、少しでも良くしたいということで、逝っちゃうことにしました。

タイヤ交換の相談のついでに、Dに聞いてみたら、タイヤ交換と合わせて半日預ければできるとのことだったので、お願いしました。

作業はDのメカがやるのではなく、電気屋さんがDに出張してきてやるとのこと。

作業は問題なく終了し、車を受け取って、早速聞いてみます。
まず、高音が綺麗に聞こえるようになりました。レンジも伸びてます。ただ、ちょっとキンキンする感じもあり、エージングが必要かもしれません。
ドアのスピーカーとの距離が近く、2wayとして一体感のある音に感じます。
中低音はボワボワした感じがなくなりました。以前はすごく強調される周波数域があって、こんな音入っていたっけというぐらいに強調される部分がありましたが、スッキリしました。
低域は量感が減った印象ですが、低音のキレが良くなった気がします。
ボリュームを上げると、効果がよくわかります。一人で乗るときは、ついつい音を大きくしがちになります。前は、ボリュームを上げると、ボワつきも大きくなって、中音域が聞きづらくなりましたが、改善されました。
タイヤも交換して静かになったので、余計にオーディオの音が良く聞こえます。
ちょっと値は張りましたが、満足です。
家族には、まだ言ってません。
外見はツィーターがのカバーにSonic Desginのロゴが追加されるだけなので、気づかないかもしれないです。ほぼ自己満足です。

ただ、オプションではなく最初からこれくらいつけておいて欲しかったという思いもあります。
Posted at 2018/09/20 12:11:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | メルセデスベンツ | クルマ
2018年09月19日 イイね!

ランフラットからノーマルタイヤへ交換(ミシュラン Primacy 4へ)

ランフラットからノーマルタイヤへ交換(ミシュラン  Primacy 4へ)先月末のストイックモードでのワンタンクチャレンジ(その1その2)で3万キロまで走行し、スリップサイン寸前までタイヤが減りました。満3年となる11月末の車検を待たずに交換することにしました。
リコール修理の際にもらった見積もりが、値引きもしてくれてそこそこの価格だったので、Dで交換することにしました。まあ、この見積もりは期末限定という意味もあったようです。

車を預けるついでに、もう一つのアイテムを取り付けることにしました。そのため半日車を預けることに。代車はB180でした。

B180の試乗記は、こちら
もう一つののアイテムについてはこちら

新車時の装着タイヤはグッドイヤーのEfficient Grip Performanceという銘柄のランフラットタイヤでした。(ベンツ承認タイヤでMOExtendedの刻印あり)

初めてランフラットタイヤに乗る前は、ゴチゴチの硬い乗り心地かと思っていましたが、実際はそうでもなく、ちょっと硬さは感じるものの、乗り心地はそれほど悪くはないという印象でした。ミシュラン、ブリヂストンやハンコックといった他のメーカーのランフラットタイヤも試乗で経験しましたが、どれも同じようなレベルでした。営業さんによると、ベンツ承認タイヤはどのメーカーも同じレシピで作られているとのこと。(内部構造やコンパウンドの性質など)
しかし、清水和夫さんがどこかで、現行のCクラスを国内に入れる時は絶対ノーマルタイヤにすべしとの記事を書いていたのを読んでいたので(動画だったかも)、ずっと気になっていたのでした。

[9/21追記]
清水和夫さんがランフラットタイヤについて話している動画見つかりました。3:50過ぎから乗り心地の話になります。


リコール修理の際に、営業さんに確認すると、パンク修理キットを積めばノーマルタイヤへ交換も可能とのことだったのと、メルコネ東京(メスセデスミー東京)に行った際、新Cクラスは、ノーマルタイヤになっていると聞いたので、ノーマルタイヤにすることにしました。(脱ランフラット決定です)

タイヤの候補ですが、ほぼ迷わずに、出たばかりのミシュランのPrimacy 4にすることに。Dでは、コンチネンタルの新しいMax Contact6も勧められましたが、前のゴルフでPrimacy 3をはいていて、グリップ、排水性、燃費、乗り心地のバランスのとれた良いタイヤだったので、ミシュランを選びました。(ミシュランの試乗会の記事はこちら、Primacy 3への交換の記事はこちら)

製造週は4本とも2018年21週(2118)で、生産国はドイツでした。Dでは、4本の製造週を揃えるよう発注するとのこと。
今回交換したタイヤは、ベンツ承認タイヤではなく(Primacy 4版はまだ出ていない)、一般に流通しているものです。既にDでも交換した方がいるとか。


これまでは、ランフラットタイヤで、スペアタイヤが積まれていないため、ノーマルタイヤに変更する際は、パンク修理キットを積む必要があります。ついてきたのは、スライムというやつです。アマゾンでも売ってますね。



交換後のファーストインプレッション

静かで乗り心地はかなり良くなり、ランフラットのゴツゴツ感はなくなったと言って良いです。(ノーマルに換えてみて、やっぱりランフラットタイヤはゴツゴツしてたなと感じます)
音も静かになり、音色は「ガー」が「ゴー」になり、耳障りな高めの音が小さくなりました。
静かで当たりが柔らかくて滑らかな乗り心地に、思わずニンマリです。
(交換直前、ワンタンクチャレンジに向け空気圧を上げていたため、ゴツゴツ感が強調されていたのと、代車のB180の足回りが硬かったので、余計そう感じるというのもあると思います)

まあ、「畳とXXとタイヤは新しいほど良い」といいますので、良くなって当然です。(XXは自主規制)

燃費も良さそうな車の進み具合です。
1000 kmぐらい走ったらまた報告したいと思います。
Posted at 2018/09/19 06:44:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | メルセデスベンツ | クルマ
2018年09月18日 イイね!

新Cクラスの燃料タンク41L問題 → 解決(66Lに訂正)

新Cクラスの燃料タンク41L問題 → 解決(66Lに訂正)この記事は、日本導入の新型Cクラスの燃料タンク容量は...について書いています。

前回のブログで、新Cクラスの燃料タンク41L問題について書きましたが、メルセデス ベンツから正式な訂正が発表されてます。41Lではなく66Lとなるととのことです。

まあ、ひと安心です。

が、欧州参考値と但し書きがあるとは言え、このような重要な情報が公式な発行物に載ってしまったのは問題だと思います。
訂正の発表があっただけで、仕様表はまだ更新されていません(9/18現在)。

あと、この発表は8/10付となっています。
前回のブログを書いてからWebの仕様表が更新されていないか気になって何回も見に行ったはずですが、今日初めて気づきました。
これもどうなんでしょうか。

ちなみに先週末Dの営業に聞いてみたんですが、66Lが正しいという確証は得ていないようでした。

まあ、とりあえず解決したのでよしとしますか。

[2018/10/8追記]
仕様表の訂正版が出てます。燃料タンク容量だけではなく、燃料消費率JC08モードの値が追加されています。

[2019/1/8追記]
やっと仕様表が改定されました。(欧州参考値の表記が取れた)
1/1付で改定されたようです。

Posted at 2018/09/18 11:11:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | メルセデスベンツ | クルマ
2018年07月27日 イイね!

新Cクラスの燃料タンク41L問題(とランフラットタイヤ問題)

新Cクラスの燃料タンク41L問題(とランフラットタイヤ問題)この記事は、フェイスリフトしたメルセデスCクラスのある一点に驚いた!について書いています。


みやもっちゃんさんからの情報で、フェイスリフト後のCクラスの燃料タンクの容量が、現行の66Lから41Lの変更されたことがわかりました。
Dセグメントの車は、小型車に比べ、車体が重く、排気量が大きく、燃費が落ちるので、燃料タンクが60L以上と大きいのが当たり前でした。
燃費が良いエンジンとの組み合わせなら、航続距離が伸び、ワンタンクチャレンジャーとしては、魅力的でありました。(こんな検討したこともあります)
41Lという数値は、結構衝撃的で、嘘だろと思い、Mercedes UK(英語なので)で調べると、41Lでした。マジです。
日本のカタログ(仕様表)
イギリスのカタログ

価格.comのCクラスのクチコミでも話題になってました。
そこでの情報によると、もともと41Lタンクバージョンはドイツで存在し、オプションで66Lタンクが選べるというのがわかりました。(約60ユーロなのでそんなに高くない)
また、イギリスの自動車情報サイトAUTOCARの記事も紹介されてます。イギリスでも衝撃をもって受け止められていたようです。(supermini sizeやa tiny 41-litre fuel tankという表現になっている)

41Lとなった理由については、やはり届け出る燃費を良くするためということのようです。燃費測定時の燃料量の規定があり、タンクを小さくすることでタンク自身と燃料の重量を軽くすることができるとのこと。(新型は75kg軽くなったが、その内の16%がタンク容量によること)
メルセデス側は、燃料が軽くなった分、荷物が多く詰めるメリットがあるとも言っている。
メーカーとして、CO2の排出量の総量規制の中で、燃費の数字を少しでも良くしなければならない事情があるということなんでしょうか。

マイクロハイブリッドになったC200と新世代ディーゼルとなったC220dは燃費の向上は期待できますが、燃料が約2/3になれば、航続距離が2/3になるということです。(ワンタンク900km走れていたのが600kmぐらいになる)

今日、メルコネ六本木(メルセデス・ミー東京)に寄る暇があったので、新型Cクラスを見てきました。

係のお兄さんと少し話をしましたが、お兄さんは41Lのことを認識してませんでした。

街乗りがメインのユーザなら航続距離は気にならないかもしれませんが、長距離を走るユーザにとっては重大な問題です。(街乗りメインでもガソリンスタンドに行く回数が増えるのは面倒ですね)
自分としては41Lのタンクだったら、買わないです。燃料を軽くしたい人は、給油量を減らせば良いわけなので、長い航続距離の可能性を奪われたくないです。

それにしても、新Cクラスの発表会の記事や、海外での試乗記事でも燃料タンクについての記述は全くありませんでした。そもそもメーカー側から発表されていないんですね。(ジャーナリストも気付いていないか、気付いていたとしてもあえて書かなかったのか?)
カタログに載って初めてわかった。なんだか潔くないです。
これから、色々な論争が起きるかもしれないし、案外、長距離乗らないから良いというユーザが多くて、問題ないのかもしれません。しばらく、成り行きを見ていきたいと思います。

あと、メルコネでの話で新しくわかったことは、タイヤがランフラットではなく、ノーマルになるということでした(受注生産のC180だけはランフラット)
これも、ちょっとWebで調べると、すでに車種やグレードによってはノーマルタイヤになってきていたそうです。
ということで、次のタイヤは脱ランフラットタイヤでほぼ決定です。

[9/18 追記]
41L問題に対して、メルセデスベンツから正式に訂正が発表されています。
Posted at 2018/07/27 21:26:57 | コメント(3) | トラックバック(2) | メルセデスベンツ | クルマ

プロフィール

「C200試乗、BSG初体験「思ってたんと全然ちゃう」 http://cvw.jp/b/484646/43474837/
何シテル?   11/20 10:21
車 Mercedes Benz C class station wagon C220d バイク Ducati 900ss(1989) に乗ってます。よろしく...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

愛車一覧

ドゥカティ 900SS ドゥカティ 900SS
Ducati 900ss (1989年式) 車ではありません。バイク(イタ車)です。 こ ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
2015年12月6日に乗り換えました。初のメルセデスベンツ、ディーゼルエンジンです。
日産 マーチ 日産 マーチ
嫁の車で,結婚する前も含めて8年弱乗ってました。嫁は,中古で購入しており,93年製ぐらい ...
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント
Trendline(シングルターボTSI+7速DSG)です。 色は、サルサレッドで、日中 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.