• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

KK900ssのブログ一覧

2016年05月19日 イイね!

燃費偽装について

三菱だけでなくスズキまで。
スズキは、測定方法を守っていなかっただけということですが、黒に近いグレーじゃないかと考えてしまいます。
法律自身が、性善説に基づいていて、測定する事業者が正しくやることが前提です。
もっと言うと、法律がザルなので、実車での測定を燃費がよくなるような条件で測定することも可能です。(路面の粗さや平坦度、温度、風、タイヤの銘柄、トレッドの状態、空気圧など、許される条件で一番よくなるようにできる余地があります。お金持ちの会社なら、測定用の完璧な試験コースを作ることも可能でしょう。お金がない場合は、実験場で最適条件を作り出して、ちょっとでも良い値を出そうとするでしょうねぇ。このような法律を作るときは、業界団体がお役所のお手伝いをしているはずなので、甘くなっているのかもしれません。それを自ら破るぐらいなら、法律をちゃんと改正するようにした方がよいのに)
スズキは、実車での測定を1ヶ月でやり直したそうですが、だったら最初からやっておけば良かったのにとも思うし、やっぱりやらなかった理由があるんじゃないのと考えてしまいます。また、実車でやり直した測定結果が誤差の範囲だったので、燃費は訂正しないとのことでしたが、誤差は何%と考えているのでしょうか。30 km/Lの1%は、0.3 km/Lです。0.1 km/Lの争いをしているのに、再測定は1%の誤差もなかったのでしょうか。

また、三菱と日産については、軽自動車の共同開発について、ガイアの夜明けで密着取材されていました。清水和夫さんのFBで、番組の内容を記載したページを取り上げていて、番組を見たのを思い出しました。
(現在、ガイアの夜明けの番組のページからは、この番組は削除されています。圧力がかかったのでしょうか)
これを見たときの感想をブログにしようと書いていたメモを見つけました。もうちょっと調べてからブログにしようと思っていたか忘れましたが、お蔵入りにしてました。今回色々なニュースで試験条件とか分かってきた部分もありますが、当時思っていたことは、あまり、変わっていなかったので、敢えてそのまま、載せます。
燃費のチャンピオンデータをカタログ値にしているのではという疑念を持った訳ですが、一応複数回の試験結果の平均値を取るというのが、正しいやり方であるというのは、今回の件で分かったことではあります。(ここで出ていた社内での測定結果も走行抵抗を操作して測定していたんですね)。
しかし、カタログ値が平均値でよいのかと思います。カタログ値は性能保証値であるべきで、性能のばらつきの下限値を使うべきだと思います。
欧米は消費者やメディアが強くて、テスト等で本当にその性能が出てないと叩かれます。日本の消費者ももっと言うべきですね。景品表示法違反で訴えてもいいんじゃないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2013/8/21記
日本車の燃費測定について

夏休みの宿題として、録り貯めたTV番組を見て消化してます。

その中で気になったのが5/28放送「ガイアの夜明け」の「人気沸騰!軽自動車ウォーズ  ~なぜ今"軽"なのか... 知られざる舞台裏~」の中で出てきた燃費の測定方法でした。内容は、日産Days/三菱ekワゴンの開発の中で、ワゴンRがエネチャージ搭載でワゴンタイプ最高燃費を出したのに対応して、燃費の目標を28.2 km/Lから29 km/Lに変更し、細かい積み上げで、29.2 km/Lを出したというものです。(その他、N-ONEやスズキの店舗改革など)
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber3/preview_20130528.html

気になったのは、番組内の燃費測定で出た値(おそらく社内設備での計測)がそのままカタログ値になったということです。(カタログ値を決める過程は放送されませんでしたが)
燃費の測定はシャシダイナモ上で行われるのもどうかとも思いますが、それは置いといて、問題だと思ったのは、たった一回の測定で出た値がカタログ値で良いのかということです。放送で出てきた測定値がたまたまカタログ値と同じだったのかもしれませんが。テスト車は、量産型で、量産ラインを通ってきたものだとは思いますが、例えば、エンジンは特別に組んだものを使うことも可能なのではないかと思ってしまいます。(厳密に制御プログラムも量産車と同一であるかも保証されているのかとか)

その辺、決まり事があるのか調べてみました。(道路運送車両の保安基準の細目を定める告示【2009.07.30】別添42(軽・中量車排出ガスの測定方法)
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/saimokubetten/saibet_042_00.pdf

試験装置の決まりはありますが、車自身に対する決まりや、試験数やばらつきに関する決まりはないようにみえます。(詳しい方、この解釈で正しいのか教えてください)。
自動車は工業製品であり、製品の性能にはあるばらつきが”必ず”存在します(例えば±10%とか)。通常、性能値は、そのばらつきを考慮してどの製品も最低クリアできる値を表示するものだと思います。
ところが、上記のような測定方法(1台での一発測定)であれば、チャンピオンデータをカタログ値にすることも可能です。(最終的にどの値をカタログに載せるのかは、各社の判断なり、社内の規則に基づいているとは思いますが)

日本車のカタログ燃費を実燃費で超えることが難しいのは、その値がチャンピオンデータであるからではないかという疑念が、ほぼ確信になりました。(これって常識?)
自分の車のGolf Variantの実燃費は、カタログ燃費を軽く超えます。これは、VWジャパンが、チャンピオンデータを出す車を用意できていないということかもしれません。

同じことが、エンジンの出力などにも当てはまるのではないでしょうか。Volkswagenなどグローバルな車は、世界共通のスペックなので、ヨーロッパでも日本でも基本的には同じです。(各国向けの仕様の差はあると思いますが)
Golf Variantのエンジンはたったの122 PSですが、日本車との比較だと、これが122 PSとは思えません。Golf GTIの200 PSも信じられないです。(トルク特性なども絡むので最大出力だけでは論じられないとは思いますが)
これは、VWのカタログ値が、最低保証値なのではないかと想像してます。(ドイツ or EUでは、表示に関する決まりがあるのかもしれません)

日本のガラパゴスな燃費測定/表示などのやり方は、もう少し考えた方が良いのではないかと思ってます。

上記内容は、私の想像もかなり含まれますので、間違っていればご指摘いただければと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Posted at 2016/05/19 23:21:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日本車関連 | クルマ
2016年05月09日 イイね!

C220小ネタ集 その2

C220小ネタ集 その2ベンツ共通のネタもありますが、小ネタ集その2です。
(ベンツオーナーにとっては当たり前のこともあるかもしれません)
その1こちら






(1) ヤナセ&ベンツオーナーになると冊子が送られてきます。
ヤナセの雑誌とメルセデスの雑誌がもらえます(タイトル画像)。メルセデスはメルセデスケアの期間中送られてくるようです。ヤナセのはディーラーと付き合う限りもらえるのでしょうか。
内容は車の話はもちろんありますが旅や食や物に関する内容で、航空会社の冊子やカード会社の冊子に似てます。

(2) やるじゃんアダプティブハイビーム
ライトをオートにして、ハイビームの位置にレバーを押し込めばアダプティブハイビームの状態になります。ロー/ハイの切り替えや照射範囲を周りの状況や明るさに応じて自動的に切り替えてくれます。
しかし、街灯の少ない田舎道でもなかなかハイビームにはなりません。
その威力が発揮されたのは、GWに新東名の照明の無い区間を走った時でした。標識や車線、ガードレールには、しっかりライトが当たって、前を走る車には、ライトが当たらないように調整されてます。追い越し車線を車が追い越していく時に、ライトの当たる範囲が変わっていくのがわかります。
アダプティブハイビームの機能がなくても、真っ暗な高速でハイビームにすれば、周りもよく見えて良いのですが、周りの車の状況によっては、ハイビームにできる時間は意外に短いし、ハイ/ローの切り替えも面倒なので、結局ローのまま、暗い道を走り続けることになります。
ここを自動でなるべく広い範囲を照らしてくれるのは、ありがたいです。暗い道路で使っていた神経を使わなくて済むのでとても楽でした。

(3) 9速使えます。
乗り始めのときは、法定速度内では、9速に入りませんでした。慣らし運転の距離によって、変速可能エンジン回転数を変えているのでしょうか。3000 km走った頃から、100 km/hで9速に入るようになりました。また、9速で走っていてスピードが落ちて95 km/h (1140 rpm)まで9速で走れます。
余談ですが、C220dのジャーナリストの書いたインプレを読み返していると、「9速なのでギアのつながりがよくなった」という記述を見かけます。
しかし、従来の7速とトータルのギア比を比較すると1速から7速はほとんど変わりません。9速ATは、従来の7速ATに 8速と9速を足した設定となっていて、ワイドレンジ化を図っています。9速は高速巡行時のエンジン回転数をさらに下げるためにあります。(7速だと1730 rpmのところ、9速だと1200 rpmで走ることができる)
より低回転で走ることで、燃費を良くしたり、エンジンノイズを下げることを目的にしてます。
ギアのつながりだけなら、50 km/hで7速に入るGolfのDSGのほうがギア比がクロスしていて良いと言うことになります。
ただ、ディーゼルのほうがシフトアップ可能となる回転数が低いとすると、シフトチェンジのタイミングは若干短くなります。

(4) ダイレクトステアリング
ダイレクトステアリング(可変レシオステアリング)は、中立付近はスローでハンドルを切っていくとクイックになっていきます。ロックトゥロックが2回転です。
また、ベンツの特徴であるキャスターが強くついた前輪はタイヤが切れていくとタイヤが傾いていきますが、これでグッっと曲がると営業さんは話してました。
ワインディングは慣れると楽です。ただ、ハンドルの最後の一切りでぐいっと曲がるので、これに頼って楽していると、曲がり方がついつい急になってロールも大きくなるので、やはり滑らかな運転を目指すべきですね。(家族同乗の際は、車酔いしやすいのもいるので、注意が必要です)

(5) ワインディングでディストロニック
試しに、箱根、伊豆のワインディングでディストロを使ってみました。
箱根新道のように車が連なって走る場合は、前の車について速度を調整するので、普通に走れます。ただ、ラインが見えない時に手動でハンドル操作をする必要があります。
空いている道で前に車がいない場合では、一定の速度で走ろうとするので、コーナーをスピードを落とさずに行こうとします。コーナー手前で、ディストロの速度設定をレバーを使ってやることはできますが、さすがに面倒です。
ここは、ナビと連動した速度調整と車内の横Gが制限以下となるような制御が欲しいところですね。横G/縦G(前後方向のG)は車酔いする人には影響大ですから。

(6) 燃料計
ワンタンクチャレンジャーとしては、燃費計の挙動は押さえておく必要があります。
Cクラスの場合、リザーブタンク(予備燃料)は7 Lで、これを切ると燃料警告が出ます。(余計なお世話的な機能として、ナビが近くのガソリンスタンドを探してくれます)。
その後は、約5 L以下となった時点で、走行可能距離の表示が「給油して下さい」になり、走行可能距離がわからなくなり、燃料計の最後の一目盛が点滅します(この時点の走行可能距離から燃料の残量を推定)。さらに燃料が減って約2 Lを切ると最後の一目盛が点滅から消灯に変わります(これは今回のGWで確認)。

(7) ブレーキのギー音
止まる寸前や、動き出す直前、ブレーキを緩めて、ブレーキの圧が低くなった時に、ギーというかグーという音と振動(ビビリといったほうが良いかも)がします(キーという音ではない)。
気持ちの良いものではないので、何とかならないものかと考えてます。(パッドがもっと馴染めば良い?それとも音がしないパッド交換?そんなのあるんでしょうか)

(8) やっとシートポジションが決まった。
調整箇所が多く、現状のポジションが最良なのかいまいち確信が持てなかったのですが、GWの旅行に長距離を走る間に、ちょっと腰が浮き気味なのが気になってきたため、ちょっと変更してみました。背もたれの角度を少し倒すことで、よくなることを発見しました。これに合わせてハンドルも少し下げました。
また、ディストロ使って半自動運転している時、右足をアクセルペダルから離していると、右足を支えるために右の腰が疲れてきてしまうので、右足はアクセルペダルに乗っけることにしました。(ちょっとペダルを踏んだとしても、少しのアクセル開度ではディストロの制御には影響しないので)

(9) ディストロニックプラスの使いこなし
ディストロでの追い越し
追い越し車線に出て追い越しをする場合、後続車がいない場合は、ディストロに任せて追い越し車線を走る(若干早い速度を指示して)のが基本です。
追い越し車線の車列の隙間に入るような場合は、アクセルを踏み込むことで、ディストロが待機状態になり、アクセル操作が優先され、必要な加速で追い越し車線に入ることができます。
ディストロの距離設定を長めにしているので、ディストロの制御のままだと前車との距離を取るためにしばらく加速しないことがあるので、アクセルを踏んで制御をオーバーライドすることで、必要な加速をさせたり、前車との距離を調整する方が良いです。ディストロ制御のオーバーライドと制御の戻しがシームレスに出来るのは楽です。

渋滞の中でのディストロ
今回のGWの旅行の中で、当然渋滞の中でもディストロを使いました。一旦停止すると、前車が動き出してもなかなかついて行こうとしないので、アクセルを踏んで発進させてしまいます。
また、前車が車間を詰めて急加速、急停止するような運転だと、それにつられてギクシャクしてしまいます。このような場合は、ディストロに頼らず、自分で運転したほうが、滑らかで、燃費の良い運転ができます。(ディストロで、渋滞の平均速度、例えば10 km/hとか20 km/hとかを設定して走れば案外止まらずに走り続けられるかもしれません。)

(10) 軽油の値段がガソリンスタンドによってかなり違う
ガソリンはレギュラー、ハイオクとも同じ地区であればほぼ横並びになりますが、軽油はかなり違います。というかエネオスと他のブランドが違うというべきかもしれません。リッター当たり¥10ほど違います。
中身(成分)が違っていたりするのでしょうか?
高い分、燃費がよくなるとか、排気の浄化にかける燃料が少なくて済むとかなら高くても選ぶ価値がありそうですが。
これについてはもう少し調べる必要があります。
Posted at 2016/05/09 22:58:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | メルセデスベンツ | クルマ
2016年05月07日 イイね!

パンダに会いに南紀白浜へ

パンダに会いに南紀白浜へ今年のゴールデンウィークは、久しぶりにパンダに会いに南紀白浜に行くことにしました。(前回は2011年のGW)

白浜に行く間に、色々寄ることに。
1日目は、今まで行くチャンスがなかったトヨタ博物館(長久手)経由で彦根城に行き、彦根に宿泊。
2日目は、奈良に寄って、白浜まで移動し白浜に宿泊。
3日目は、メインのアドベンチャーワールドでパンダに会って白浜に宿泊。
4日目は、ひたすら帰る。
という日程に。
以前、Golf V Variantで白浜に行った時は、無給油では帰ってこれなかったのですが、航続距離の伸びたC220dなら余裕で無給油で帰ってこれるはずです。

1日目 (トヨタ博物館、彦根城)
初日は、4:30に家を出て、IC近くのガソリンスタンドで給油し出発です。浜松SAで朝から浜松餃子とラーメンのセットを食し、新東名の新区間を通ってあっという間にトヨタ博物館に到着です。

開館時間の9:30よりだいぶ前に到着してしまったので、周辺を散策しました。道路を挟んだ向かいの敷地(豊田中央研究所?)のツツジが満開で見事でした。


博物館の中は、海外のクラシックカーと国産の乗用車がメインの展示となってました。
クラシックカーでは、ベンツの世界初の自動車(レプリカ)やガルウィングの300SLクーペが目を引きました。また、ブガッティのタイプ35B(カーグラTVのオープニングに出てくるヤツ)が目を引いたのと、ロールスロイスは昔から立派だったとか、アメ車の独創的なデザインが印象的でした。ただ、あまりこの時代の車は詳しくないので、もうちょっと勉強が必要ですね。




国産の乗用車は、トヨタ車だけではなく様々なメーカーの大衆車が多く展示されています。子供の頃の思い出が蘇り、懐かしい車が多かったです。
この規模の博物館を運営するのは大変だと思いますが、トヨタのレーシングカーや海外の車の展示が増えればなお良いと思いました。(ホンダの博物館はレーシングマシン主体なので、トヨタ博物館はこれで良いのかもしれませんが)

博物館を出た後は、近場で昼食を取り、彦根に向かいます。少し渋滞がありましたが、14時前に到着しました。駐車場も何とか空いてました。
彦根城は、15年以上前に、一度来たことがありました。まだ「ひこにゃん」もおらず、大して期待していなかったのですが、現存する木造の天守閣とガイド付きで回った博物館が思いの外面白かったのでした(当時は井伊の赤備えも知りませんでした)
天守閣への入場が60分待ちだったので、先に博物館から見ることに。ひこにゃんのモデルになった兜や能面、あと、屋敷など興味深かったです。
博物館から出るとちょうどひこにゃんのお出ましの時間でした。昨今のゆるキャラブームの中では、ちょっと忘れられた感がありますが、カワイイ仕草も相まってなかなかの人気でした。


次は、天守閣に向かいます。高台に天守閣があるため、堀や城壁に沿って登って行く間には天守閣は見えません。天守閣の待ち行列は、30分に短くなっており、それほど待たずに天守閣に登れました。規模はそれほど大きくないのですが、中の造りは立派です。
天守閣からの眺めは、琵琶湖が一望でき、ここに城を建てたくなる気持ちが分かります。


ここからは時間の勝負でした。17時で全ての施設が閉まってしまうので、櫓や庭を急いで回りました。庭は初めて行ったのですが、池に天守閣が映り込んで素晴らしかったです。
彦根城は、外堀から内堀、城郭のほぼすべてのスペースが残っていて、貴重だと思います。


彦根城を見ながら思いが至るのは、やはり地震で被害を受けた熊本城です。規模で言ったらはるかに大きく、荘厳な雰囲気に感動した熊本城の今の姿を見ると心が痛みます。何とか再建して欲しいです。
また、今回の地震で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

夕食は、どうしても近江牛が食べたいという人がいるので、なるべくリーズナブルに食べられる店を探して行きました。満足していただけたようです。


2日目 (奈良、白良浜)
翌日も盛りだくさんなので、4:30にホテルを出発し、途中で朝食を食べて、奈良に7:30過ぎに到着です。1回¥1,000の県庁近くの駐車場に余裕で停めることができました。
まずは、東大寺の大仏さんに会いに行きます(東大寺は7:30開館)。自分は、数年前に修学旅行以来で訪れており、3回目ですが、他の家族は初めてです。
南大門の金剛力士像(あぎょう、うんぎょう)は何度見ても素晴らしいし、大仏殿の大きさには改めて感心します。そう言えばブラタモリでもこの辺り来てましたね。タモリさんは大仏殿の屋根裏に上がってました。
前と変わらず、大仏さまはいらっしゃいました。





東大寺のあとは、歩いて春日大社へ。(最近、JR西のCMで散々やっていた影響もあります)
朱色が青空に映えます。式年造替を記念した御本殿特別参拝を実施しており、新しい本殿にも参拝できました。また、藤の花が見ごろになっています。


この辺りには、至る所に鹿がいます。誘惑に負けて鹿せんべいを買って写真を撮ろうとしましたが、脇腹を噛んでくるヤツまでいて、完全に鹿の勢いに負けました。

最後に、下から見えていた若草山に登ってみることに。若草山の展望台までの往復で¥520とちょっとお高いですが、急坂を登って行った先の見晴らしは素晴らしかったです。天気は良かったのですが風がとても強かったです。


色々歩き回ってみたかったのですが、時間に余裕がなかったので、山を降りて白浜に向かうことに。
途中のマックでサクッと昼食を済ませ、天理から高速に乗ります。泉佐野JCTあたりで渋滞があった以外は、順調に行きました。紀勢道は、最近、南紀白浜の先まで伸びました。アドベンチャーワールドや南紀白浜空港へアクセスする道路も新しく作られたようです。だだ、紀勢道の新しい路面でかなり大きな段差がある部分が複数あり、車が上下に大きく揺すられます。作った後に沈んだのか、そもそもの施工に問題があるのか。これは直す必要があるのではないかと思います。

まず向かったのは、白良浜です。真っ白なサラサラの砂がきれいな砂浜です。


その後は、ホテルに向かい、温泉と食事を楽しみました。

3日目 (アドベンチャーワールド)
3日目は、アドベンチャーワールドです。開園直前の時間だと駐車場の入り口は渋滞してました。
入園後は、真っ先にパンダに会いに向かいます。入場ゲートからお土産物屋エリアを抜けてすぐのところにパンダラブという施設が新たにできていて、若い世代のパンダがいます。子供のパンダ(桜浜と桃浜、子供と言っても体は大人と同じ大きさ)が外で遊んでます。やはり朝が一番活発です。とにかく遊ぶのが大好きで飽きずに色々やってくれます。パンダは無条件にカワイイです。


次は、イルカショーです。ここは、ショーをやるプールが高台にあって、背景の海の景色が絶景です。また、演技するイルカたちの頭数も多いし、2頭と人が協調してやる演技など、結構レベルが高いと思います。


あとは、サファリをバスに乗って回ったり、ペンギンやシロクマを見たりで楽しみました。

アドベンチャーワールドの後は、千畳敷に寄ってホテルに。


4日目 (渋滞の中、帰宅)
4日目は、ひたすら帰るだけです。しかし、GWだけあって、渋滞の名所は朝から混んでましたが、とりあえず出発した後に経路を決めることにして先に進みました。距離的には最短になりそうな、名阪国道から東名阪道、伊勢湾岸道を通ることにしました。しかし、名阪国道での渋滞や亀山JCTから四日市ICまでの酷い渋滞にはまりました(ここのGWの渋滞はやっぱりひどかったです。京滋バイパス - 名神の方が良かったかも)。伊勢湾岸道から先は順調に進み、特に、伊勢湾岸道から新東名まで真っ直ぐ行けるのは楽になりました。
新東名の浜松SAでまたまた餃子を夕食に食べました。

ここから先も順調に行く予定でしたが、御殿場ICより先で事故による渋滞が発生してしまいました。時間が経てば渋滞が解消するかと様子を見ながら進みましたが、渋滞の中でさらに追突事故が起こったりして、なかなか解消しません。待っていてもしょうがないので、渋滞に突っ込むことに。なんとか渋滞を抜けて、自宅に帰り着きました。その時点で、1278 km走ってましたが、まだ205 km走ることができることになっていたので、翌日に茶々丸(柴犬)をペットホテルに迎えに行ったり、買い物に行ったりして、1400 km走ったところで給油しました。

燃費の記録
以下、恒例の燃費の記録です。
高速道路では、ディストロニックプラスで100 km/h巡行の設定にして、なるべく9速で走るようにしました。当然、流れが悪く100 km/h以下となることや、追い越し車線に出て追い抜きすることもありますが、渋滞がないときは、25 km/L以上の燃費がでます。

今回は、1400.1 km走り、64.65 L給油し、満タン法で21.66 km/L、燃費計では23.2 km/Lで、満タン法との差6.6%、高速率は83.3%でした。(走行後の写真は給油後)



給油直後には航続可能距離が表示されないのですが、しばらく走った後の表示では、1545 kmとなってました。渋滞なしなら、ワンタンク1000マイル(1609 km)いけそうな気がします。(本気で1000マイルクラブ入りを目指そうかな。25 km/L X 65 L = 1625 km)


おまけで、5000kmのキリ番ゲットです。
Posted at 2016/05/07 18:49:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | ワンタンクチャレンジ | クルマ

プロフィール

「大阪で晩飯お食いそびれたまま、新幹線に乗ったおっさんの晩酌です。これはこれで食いすぎで幸せかも。
(あえて中身は見せないよ)

何シテル?   10/03 21:03
車 Mercedes Benz C class station wagon C220d バイク Ducati 900ss(1989) に乗ってます。よろしく...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

メルセデスベンツ、Volkswagenやバイクなどの情報交換ができたらと思います。お気軽にお誘いください。
61 人のお友達がいます
みやもっちゃんみやもっちゃん * きたやま(フリーダムズライ)きたやま(フリーダムズライ) *
コロワンコロワン * 室井庵室井庵
kazkaz けろさんけろさん

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

ドゥカティ 900SS ドゥカティ 900SS
Ducati 900ss (1989年式) 車ではありません。バイク(イタ車)です。 こ ...
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
2015年12月6日に乗り換えました。初のメルセデスベンツ、ディーゼルエンジンです。
日産 マーチ 日産 マーチ
嫁の車で,結婚する前も含めて8年弱乗ってました。嫁は,中古で購入しており,93年製ぐらい ...
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント
Trendline(シングルターボTSI+7速DSG)です。 色は、サルサレッドで、日中 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.