• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コータロの"レッドアイ" [三菱 アイ]

ストラット底部の縮減衰バルブ

カテゴリ : 足廻り > サスペンション関連 > オーバーホール
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2018年04月16日
1
ダンパーを改造するにあたって、最も影響を受け、その記事をバイブルのごとく読み込んだ四国のいちろうさんの記事に、

ストラット式ダンパーの底に縮み減衰を司るベースバルブがあり、それを封印することで、
「底付きの心配が無く、ハンドルの切り始めが甘いけれどスポーティなサスができる」という一文があり、寝ても起きても気になること3ヶ月。

やりました。待ってました!
先日、ついにフロントダンパーを1本壊しました。いくらエアを入れても伸びてこず、伸びも縮みもユルユルスカスカ。
2
うなれ、我が斬鉄犬!

グラインダーで底の部分をカットします。
わくわくしますね。これで僕もやっと童貞卒業です。
3
三菱アイ・三菱アイミーブ フロントダンパー
外筒内径 40mm
内筒内径 25mm
ロッド径 8mm
ストローク 約140mm

外筒厚 2mm
内筒厚 1mm

ダンパー中央に直径10ミリのボタン電池みたいな突起が見えますよね。硬いもので押すと縮み、手を離すと戻ります。スマートフォンのホームボタンみたいなバネが入ってます。円の左側に傷がついていますが、これはエアバルブの穴を開けたときに勢い余って接触した跡です。

ちなみに、アイ・アイミーブ共通で、
ダンパー底部に穴を開け、
このホームボタンに触れるまでは、
計算上12mm必要。そしてこのホームボタンのストロークが約1mmなので、
13mm以上のボルトが必要です。

このバネが、いちろうさん曰く縮み減衰を司るバルブ。
こいつを押し込むことでバルブが常時開放されることとなり、縮み減衰を殺すことができるらしいです。
4
横に向けると、
内筒とロッドが出て来ます。
左端が外筒、真ん中の光っているのが中央のロッド、右側が内筒。

ロッド中央の少し右側に青色のシールらしいものが見えます。その右側にある黒いゴムみたいなものが、伸び減衰のバルブ。その名の通り、ロッドが伸びる時にオイルの抵抗によってバルブが開き伸び減衰を出します。
5
先程のバネというかバルブを取り出します。
6
先程のバルブ部分を、反対側から、内側から見てます。
わかりにくいですが、中央に+ネジ。
その周りに3段階くらいの円形の薄い皿のような物が見えます。
7
ここではフロントダンパーを分解しただけですが、

縮み減衰を殺すということは、縮み中のゴツゴツ感が消えるということです。
ローダウンスプリングはノーマルよりバンプタッチしやすくなりますのでNGですが、たっぷりとストロークがありながらもハイレートなバネを組み合わせれば、縮みはバネに任せ、ダンパーがゆっくりとそれを伸ばす。
僕の理想がそこにあります。

アイの純正ダンパーに組み合わせる、
たっぷりとしたストローク量を持つハイレートなスプリング。
アイミーブ用以外にありません。

もちろん車高は上がります。
=縮みストロークは増えます。
=ハイレートですから縮み量は減ります。

一方で伸び減衰はノーマル+になりますから、コーナリングでイン側の伸び上がりが押さえられることによってロールが減り、
凸凹道ではバンプタッチとは無縁、
縮んだスプリングがノーマル+でゆっくり伸びることによる高級感アップになればなあと妄想します。

ハンドルの切り始めは甘くなります。
つまり、ハンドルをきってアウト側がロールしてからヨーが立ち上がるフィーリングなのでスポーツ走行とは真逆です。

忙しい時期が過ぎたら、
この妄想を実現したいと思っています。


関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

あるオイルをアイのリヤショックへ

難易度:

ある改造ショックの構造とオイルを

難易度:

車高調組み付けDIY

難易度: ★★★

ダウンサス導入

難易度: ★★

リヤショックをいじってアレコレ

難易度:

リジカラ取付

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「それは大変ですね。なんとかご無事であります様に。@神聖 ノンタマ 」
何シテル?   10/15 19:52
2000cc直列6気筒FRから 660cc直列3気筒MRへダウンサイジング。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

サスペンション編が一息ついて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/14 23:05:06
スバル(純正) 純正改ダンパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/30 12:14:45
愛車GPが無事に終了しました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/03/25 19:13:29

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アイ レッドアイ (三菱 アイ)
軽自動車でありながら、軽自動車離れした、 のびのびとした作りと優雅で骨太な走り。 1日1 ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
ハードな乗り心地で有名な初期型フィットです。 高剛性ボディと余計な制御をしていないシン ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
僕の工作好きは、この車があってこそでした。 コンパクトなサイズに大人5人を乗せ、ブ厚いス ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
キュートでどこか抜けてる表情のなかに、 広大な空間とかゆいところまで手が届くユーティリテ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.