• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nonchan1967のブログ一覧

2020年03月16日 イイね!

二極化だよなぁ。

二極化だよなぁ。というわけで、11時東京駅発のサフィール踊り子号であります。
いや、東京駅で上野東京ラインを降りたら、見慣れない車両が隣りのホームに停車していたものですから。
おおっ、ということで早速一番前の車両で撮影しようと思ったのですが、鉄道マニアがわらわらいてダメでした(汗)
中には自前と思われる車掌さんの帽子っぽいものを被って自撮りしている小太りの中年男性、どうみてもお前無職だろ、みたいな人もいて、なかなか車両の前からどかなくて他の人の顰蹙を買っていたなぁ。


まあ、私も鉄道好きではありますが、でも度を超した鉄ちゃんはやっぱり異様だよなぁ、と思った次第です。
日本全国に相当数が生息しているとは思いますけどね。
熱狂的な鉄道マニアの方って、あまり社会性はないよね、みたいに思うところではありますが、彼らにとっては女子との恋愛よりも鉄道との触れ合いのほうがよっぽど楽しいのでしょう。
うーむ、何事にも大切なのはバランスなのかな、と。
あ、決して鉄道マニアをディスっているわけではなく、何事においても人の振り見て我が振り直せということは重要だよね、ということを申し上げたいだけであります。
で、タイトル画像は結局最後尾で写したものですが、何というか新世代のJR東日本の特急車両という感じはしますよね。
雰囲気的にはあずさに使われている、あれは何系でしたっけ?とも通ずるイメージがあるような気がします。
しかし全車両グリーン車というのはすごいなぁ。
それにこんな車両もつないでいましたし。



おお、素晴らしいですね「サシ」だなんて。
食堂車、どうやら麺類中心の提供ではあるらしいですが、それでもサシを連結した昼行の特急なんて一体何十年振りよ?と思わずにはいられません。
詳しく調べてはいませんが、それなりに高価な鉄旅になりそうですよね。
こういう経済環境の中でも、可処分所得の高い層は間違いなくいらっしゃるでしょうし、特に私の親世代、あるいはちょっと下の世代の方は、少々高くてもこうした特別車両でゆったりのんびり旅行したいと思われる方も多いでしょうからね。
別に鉄道に限りませんが、いろいろと二極化しているというか、日本も今まで以上にお金持ちと貧乏の差が開いてきているんでしょうね。
もちろん私はびんぼっちゃまグルーブに属していることは当然ではありますが、でもこういうの乗ってみたいですね。
もっとも私がすぐに思いつく踊り子号は、このサフィール踊り子号でも、前身のスーパービュー踊り子号でもありません。



踊り子号といえば、やっぱり185系だよなぁ。
画像は三島の病院から見た修善寺行の5両付属編成ですけど、旧国鉄の面影を残すこの車両はやはり名車でありますね。
私は185系がなぜか大好きで利用したことも数知れずなのですが、新宿発のホームライナーとかでね、今までのブログの中でも頻繁に登場させていたりしております。
自分のブログ内を185系というキーワードで検索したら、28件ヒットしましたもんね(笑)
いずれにしても、新しい車両はピカピカで見ていて気持ちが良いよね、というお話でした。
サフィール踊り子号に乗って伊東でも行って、有名なハトヤにでも泊まりたいなー。
ハトヤにしてもサンハトヤにしても、今でも昭和の雰囲気を色濃く残しているということですから、非常に心魅かれるものがありますからね。
全然話は違いますが、かつて来宮にあった西熱海ホテル、私も一度だけ泊まったことがありますが、あそこも良かったなぁ。
今はマンションになっていますが、函南の家の行き帰りの際に横を通ることが多いものですから、その度に懐かしく思い出しております。
Posted at 2020/03/16 12:22:52 | コメント(5) | トラックバック(0) | 鉄道 | 日記
2020年03月03日 イイね!

パパさん、バカなの?

パパさん、バカなの?タイトルの言葉は嫁さんの私に対する発言なのですが、そこまで言わなくたっていいじゃん。
いや、月末の韓国家族旅行がほぼ間違いなくキャンセルになりそうですから、じゃあ私は青春18きっぷで人生を見つめなおす一人旅に行ってくるよ!と宣言したわけなんですけどね。
私も一体何回人生見つめなおせばいいんだよ、というところではありますが、せっかく対象期間中なんですからね、これは行かない手はないでしょ?
私の長い有休も今月で終わっちゃいますし、最後に、ねぇ。


嫁さん曰く、海外じゃなかったら行っていいというわけでもないでしょ?国内でもいろんなイベントが中止になっているのわかってるよね?
そんな状況で旅行に行くって言いだすなんて、前からわかっていたけどパパさんバカでしょ、空気読めない人でしょ。
えー、でも別に人が集まっているようなところに行くつもりもないんだけどなぁ。
何となく北のほうに行ってみようかなー、くらいは思ってたんですけどね、いつも人生を見つめなおすときはどちらかというと西に向かっていくことが多い私でしたから。
だけどここまで言われてしまったら、ちょっと行きづらい部分はありますね。
別にバカと呼ばれることについては、うーん確かにそういう部分もあるよなぁ、なんて納得も出来るのですけど、空気が読めない人呼ばわりされるのはプライドが許さんばい(笑)
常に常識的な社会人でありたいと思ってますからね!
でも本当に行っちゃダメ?
まだ購入はしていませんけどね、青春18きっぷ。
ところでタイトル画像のイカした車両、先日座ってきたんですけど何系だかわかります?
わっかるかなあ、わっかんねえだろうなぁ、いぇい(by 松鶴家千とせ)


ところで、コロナの件、マジで経済活動に影響が出ている昨今ですが、個人的にも影響あるよなぁ。
私が現在3社にて運用しているロボアド投資もかなり運用成績が悪くなってますもんね、マイナスにはなっていませんけど。
もっとも長期分散投資のスタンスで行っていますし、短期的な運用成績だけでアタフタしてもしかたありませんから、ほったらかしの静観状態ではあります。
もともとそんなに大きな金額をやっているわけでもありませんしね。
それよりもヤバいのはやはり勤務先、といってももう退職するわけですが、の業績だよなぁ。
2月は全社で13.6%のマイナス、一番マイナス幅が大きい拠点は36.2%の減ですからね。
すでに業績も下方修正して発表しておりますが、このままの状況だともう一段階低い見込みの発表があるかも。
以前もネタにしておりますが、夏の賞与は前年の営業利益に連動する仕組みになっておりますので、今度の6月はみんなショボーンだろうなぁ・・・
間違いなく会社と組合で握っているラインの営業利益には到達出来ないと思いますし、というか下方修正時点で達していませんしね。
まあ、その時私はもういませんけどね(汗)
Posted at 2020/03/03 13:41:40 | コメント(4) | トラックバック(0) | 鉄道 | 日記
2019年10月25日 イイね!

私の鉄道模型への想い。

私の鉄道模型への想い。鉄道模型への想い、なんてタイトルはちょっと大げさではありますけど、小学生時代にNゲージに出会った私にとって、恐らく一生の趣味になるだろうなぁ、と思っているものの一つだったりします。
私がNゲージに出会った1977年くらいは、まだTomixがトミーナインスケール、KATOが関水金属と呼ぶほうが通りがよかった時代であります。
グリーンマックスは当時からありましたけど、マイクロエースはまだなくて・・・もっとも、今は消えてしまったメーカー、永大なんてのもあったりしましたけど。
私の初Nゲージ車両はトミーナインスケールの箱に入ったED61、これは香港製がレアということで後年売っちゃったのが惜しまれるのですが、その後買ってもらったTomixのDF50はまだ大切に保管してあったりします。


そんなNゲージ、一時期はかなりのペースで車両もストラクチャー関係も集めていたのですが、仕事が忙しくなったこともあり一旦全て売却しちゃったんですよね、何度かに分けて。
車両そのものだけでなく、トミーテックが出しているバスコレクションやカーコレクションも発売と同時に箱買いしてたもんなぁ。
ヤフオクでのそれらは結構な売却金額になって、それが当時乗っていたE39ちゃんのアルミ代に化けたようなこともあったなぁ。
大昔の私のみんカラブログにはそんな内容も多かったわけですが、定年後には必ず鉄道模型復活するぞ!と心には誓っているわけであります。
復活時はHOゲージがいいな、なんて思っていた部分もあったのですが、現実的にはやっぱりNゲージですかね、バリエーションやスペースやコストを考慮しても。
私は「昭和50年代の国鉄大宮駅」及び「昭和50年代の東急大井町線沿線、特に大岡山から緑が丘のあたり」の情景をNゲージで再現したいと心に決めておりますので、そのことを考えると心が弾むよなぁ、というお話であります。


あ、それでですね、タイトル画像のお話なのですが、今ってガチャガチャ用の製品で「Cゲージ」というものがあるらしく・・・
なるほど車輪は鉄球になっていてそれで転がる感じのおもちゃなんですね。
ディテールもそれなりではありますが、それでも雰囲気は悪くないという感じですね。
私が一番注目した点はそのスケールでして、ふむふむこれって1/400サイズなのね。
いや、何が言いたいかというと私が今集めている「JAL旅客機コレクション」と同じスケールじゃんみたいな。
要するに、クラシックジャンボやかつての昭和の名機を配置した空港ジオラマの端っこに、高架で走り抜ける0系新幹線をレイアウトできるんじゃないかしら?なんて思ってしまいまして。
これはなかなかに夢が広がりますよ。
アマゾンあたりで販売しているCゲージも、もともとがカプセルトイだけにかなりリーズナブルでありますから、大人買いもありかなぁ、なんて思っている次第です。
ああっ、妄想が止まらない(笑)
Posted at 2019/10/25 13:32:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | 鉄道 | 日記
2019年08月17日 イイね!

令和でも昭和。

令和でも昭和。まあ103系自身もまさか令和の時代に2両編成で走ることになろうとは、昭和の時代には思いもしなかったことだとは思いますけど。
もっとも内外装はかなりアップデートされていますし、この播但線の103系が特に古く見えたりはしませんね。
これは先月人生を見つめ直す一人旅(笑)に出た際に姫路駅で撮影した一枚ですが、でもホームには結構な人数のお客さんがいらっしゃいましたよ。
高頻度運転をするための短編成なのでしょうか。
まあ、我が埼玉県でも30年前には大宮から高麗川までの川越線区間を3両で走っていましたけどね、103系。


旧国鉄の車両どころか平成年代に製造された車両の廃止も進む中、やはり昭和30年代から50年代くらいまでの間に設計、製造された車両は耐久性が現代のそれよりも優れていたのでしょうか。
修理して使い続けるというのが前提なんですかね、昭和の車両。
今は耐用年数を短く設定して、なるべく新しい車両を導入する考えなのでしょう、特に首都圏では。
きっとそのほうが省エネ性にも優れていて、経費的にもかからないのかなー、なんて思うところもありますが、確かに趣味性を排した毎日の通勤にはなるべく新しい車両のほうが快適ですからね。
首都圏のお古の車両が行く地域においては、ちょっと微妙だなー、なんて部分もありそうですけどね。
しかし、私は今出勤途中でE231系に乗車中なのですが、初期型なので平成12年に東急車輛製造となっていますね。
今が31年とすると19年前、2000年製造とはギリギリ20世紀時代の車両なのかぁ。
車内の表示版がオレンジと赤しか表示出来なかったり、さすがに古さも感じるようになってきましたね。
ま、それも贅沢な話でありますな。
私は通学、通勤時の電車における非冷房車の地獄をギリ知っている世代でもあります。


話がそれましたが103系、関連情報URLのところに10年前の自分のブログをリンクしました。
京都在住の頃に奈良線の103系に萌えー、という内容です。
前面に白いラインを入れた旧山手線色の103系4両編成は、これはなかなか味わい深いと思ったものです。
今はもう新型車両になっているのでしょうか。
京都も気がつけば随分訪れておりませんが、もうそろそろ遊びに行きたいものです。
あ、そうか、昨日はそういえば五山の送り火だったんですね。
京都のオフィスからは4つくらいは見えたんだよなー、ああ懐かしい。
何度も申しておりますが、人生の中でほんの一時期だけでも京都に住めたというのは、日本人としてやはり良かったなー、というところでしょうか。
あの4年間は公私ともに充実していましたからね、まだまだ若かったしなぁ。
若気の至り的な行動、行為も多かったと思いますが、それも後になって思い出せば貴重な何かがあったよね、みたいな。
もちろんそういうのって、少し良い感じに補正されちゃうものですが(汗)
いやだなー、もう老人みたいなことを言っていますね、私。
Posted at 2019/08/17 09:08:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | 鉄道 | 日記
2019年08月03日 イイね!

次の発車は5分後か。

次の発車は5分後か。えーと、次の発車は5分後ですかね。
暑いから車内で涼んでよう、って、全然涼しくないって冷房車じゃないのかー。
だけど終電が17時台って一体どういうことよ?
営業努力が全く感じられんばい。
ええ、スミマセン、くだらないことを申してしまいました。
先日訪れた姫路モノレールの資料館的な建物でありますが、まあ、これだけのために訪れるのはちょっとツラい感じですかね。
でも姫路駅を降りてからここまでの間に40年以上放置されたままの高架跡なんかもあって、個人的には萌えました(笑)


モノレール的な乗り物としては実は我が地元にもニューシャトルなる新交通システムが走っておりますから、そんなに目新しいものでもありませんが、やはりこうした遺構のような存在には心魅かれますね。





ところで純粋なモノレール、今の日本には10路線あるらしいですよ。
私はその中では今のところ東京モノレール、千葉都市モノレール、多摩都市モノレール、舞浜リゾートライン、東京都交通局(上野動物園)、大阪高速鉄道、北九州高速鉄道、沖縄都市モノレールに乗車済みですな。
おお、8割制覇しているのね。
残りは湘南モノレールと広島スカイレールですが、広島のほうは画像を見る限りモノレールというよりはスキー場のゴンドラみたいな雰囲気だなぁ。
湘南のほうはいろいろ楽しいというお話もよく聞きますので、いずれ乗りに行きたいものです。
昔は各地の遊園地内や遊園地へのアクセス用に複数の路線が存在していたようですが、向ヶ丘遊園とかね、それらの乗車経験がないのは誠に残念なことであります。
ま、いずれはモノレールに限らず、全国各地のいわゆる新交通システムを乗りに行く旅、なんてのもしてみたいものです。
そういうことを趣味とされる諸先輩方もどうやら多くいらっしゃるようですが、でもそのうちケーブルカーやロープウェイへも興味の対象が広がっちゃうのかしら。
Posted at 2019/08/03 08:29:19 | コメント(3) | トラックバック(1) | 鉄道 | 日記

プロフィール

昭和42年生まれのサラリーマンです。 見た目も含めてまだまだ若いつもりでいるのですが、最近加齢を強く意識するようになってきました。 幼少期からクルマに限...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント
フォルクスワーゲン社のキャンペーンで、ゴルフ購入に使用出来る50万円クーポンに当選! こ ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
嫁さん用のクルマです。 でも私も楽しんじゃいますよ !
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
エコでクリーンな男を目指す私は、それはもうこれしかないでしょ! ってことで購入。 いろい ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
中古で買った前車E39、とても良いクルマでいろいろと楽しませてもらったのですが経年による ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.