• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nonchan1967のブログ一覧

2013年03月31日 イイね!

駆け抜けてみたいぜ。

駆け抜けてみたいぜ。本日、無事父の四十九日法要と納骨を滞りなく終えることが出来まして、一応一段落ついた感じでしょうか。
普段はあまり実家に寄りつかなかった私ではありますが、さすがにこの一ヶ月半の間はかなりの回数を往復しましたね。
まあ、ドライブには最適な距離ではありましたし、海沿いの道からワインディングまでルートを選ぶ楽しみもありましたから、案外苦にはなりませんでしたけどね。
これからも多少は顔を出さないといけないなぁ、という感じではありますから、せいぜい運転を楽しみたいと思っております。


さて、今日は函南の実家を朝に出発して千葉県某所のお寺まで向かったわけですが、十国峠から箱根峠を抜けて、箱根新道を通って来ました。
昨日同様、霧は少し出てましたけどね、それでも楽しく走れました。
非力なATの我が愛車ではありますが、これがなかなかどうしてオンザレール感覚で気持ち良いんですよねぇ。  
マニュアルだったらもっと面白いんだろうなぁ。
なんというかですね、人生何があるかわからないし、嫁のことや家計のことは気にせず好きなクルマ、そう、マニュアルのスポーツカーをセカンドカーとして買ってしまう、というのもありかなぁ、なんて。
自分で稼いだ金を自分の楽しみのために使って、何も悪いことはないはずですよね!
いや、言ってみただけなんですが、でも、金は天下のまわりものですから、買っちゃえば何とかなるでしょう、きっと。
甘いですかね。
あ、画像は実家のそばのレストランから見た富士山なんですが、雄大な富士を眺めながら真っ赤なポルシェあたりで駆け抜けたいものです。
Posted at 2013/03/31 19:03:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日常生活 | 日記
2013年03月30日 イイね!

霧の箱根ターンパイク。

霧の箱根ターンパイク。今日は函南の親の家に来ているんですが、いやー、道が混んでて埼玉から4時間半はたっぷりかかってしまいました(汗)
首都高も東名も事故渋滞、それでなくてもレジャーへ向かうクルマが多い土曜日ですから、まあ仕方ないですな。
小田原から先は海沿いの道も箱根新道もいずれも渋滞していましたから、ここは迷わず箱根ターンパイクへ。
あ、今はトーヨータイヤターンパイクですね。
全線走ると850円かかりますけど、ま、時間短縮の対価と思えば許せる範囲でしょうか。
いつでも渋滞知らずのようですしね。


ターンパイクといえば、これは存分に駆け抜けるよろこびが味わえるぜ、ってところかと思うんですけどね、残念ながら霧がすごくて。
全く視界が開けないものですから、本当に慎重にセンターラインを頼りに走った次第です。
晴れていれば走りも景色も楽しめたんでしょうけど、それは次の機会にとっておきましょう。
しかし、それでも大観山の駐車場には走りを楽しむために来たであろうクルマやバイクも多かったです。
霧が晴れるのを待っていた感じですが、外気温は2℃くらいだったし厳しい状況だったんじゃないですかね?
既に夏タイヤに履き替えた私、雪でも舞ってきたらどうしよう、なんて思ってドキドキしていましたが、さすがにそこまでにはなりませんでしたね(笑)
あ、画像でもわかると思いますけど、こんな状況では行灯みたいにボンヤリしたハロゲンヘッドライトでは、明らかに実力不足であることは否めませんなぁ。
かといって、今さらイカリングキセノンにするつもりもなかったりしますけどね。


そうそう、渋滞中の車内でラジオを聴いていたのですが、文化放送ラブな私は、菊池桃子さんの番組を迷わずチョイス。
ライオンミュージックサタデー、だったかな、番組名。
その昔、もう30年近く前にも菊池桃子さんの番組を聴いてたんですよね、私。
タイトルは、菊池桃子 あなたと星の上で、かな?もちろんAMでやってたんですけど、その頃から好きなんですよね、菊池桃子さんの声とか話し方。
ホワホワしてて、フニャッとしてて、可愛げがあって、ホント癒やされるなぁ。
デビューした時は、こんな美少女がこの世に存在するとは!なんて驚愕したものですが、43歳の今でもキレイですよねぇ。
素敵な歳の取り方をされているなぁ、と。
そんな菊池桃子さん、今や大学教授ですもんね。
大学院で修士課程を終えられて母校の客員教授に就任されたとのことですが、そんなアイドルの枠を超えた活躍も素晴らしいです。
お話されていることもしっかりしてらっしゃいますよ。
いいなぁ、菊池桃子さん、ああいう方とお付き合いしたいなぁ…
Posted at 2013/03/30 18:43:36 | コメント(7) | トラックバック(0) | BMW E90 | 日記
2013年03月29日 イイね!

確実に老化現象が(汗)

確実に老化現象が(汗)画像は私のイカしたセカンドカー、スクーテックちゃん近影ってやつですけどね、相変わらず特に不具合なく好調を維持しております。
面倒くさがりやの私ですから、ガソリンスタンドに行く必要がなく、オイル管理なんかもしなくて良い電チャリは本当にマッチングが良かったですね。
ただいまの走行距離は約2200km、まもなく来る2222km時点ではぜひ写真を撮りたいものだと思っております。
忘れないようにしなきゃ。


さて、そんな電チャリですが、実は先日ヘッドライトが点灯しなかったんですよ。
朝の段階で気付いていたのですが、時間もなかったですしウインカーは作動してましたからそのまま最寄り駅まで向かったのですが。
まあ多分ちょっとした接触不良だろう、なんてそんなに心配はしていなかったんですけどね、今までもそういうことはありましたから。
こういった場合、ハイビームとロービームの切り替えボタンを何回かパチパチすれば復活するんですよ!
それって造りが悪いんじゃないの?ということかも知れませんけどね(汗)
ま、とにかく帰宅時にパチパチやりながら復活を試みたのですが…
何度やっても点かない。
バッテリー残量は充分にあるし、ウインカーはちゃんと光るんだけど、なんでだろう?
もちろん走れるのは走れるんですけど、さすがに無灯火はまずいよなぁ。
ウインカーを点滅させっぱなしで走るというのも周囲のクルマに混乱を与えそうだし、仕方ない押して帰るか3kmの道のりを。
この電チャリ、ボディサイズも結構大きいですし、重量も100kgあるんです(泣)


とりあえず1km近くは押して歩いたでしょうか、もういい加減イヤになった時に気付いちゃったんですよ、私。
ライトスイッチ、オフじゃん。
そりゃあ、点くわけないですよ。
ライトスイッチはオフとスモールと点灯のスライド式なんですけど、朝、雨で濡れたハンドル周りやミラー周りを雑巾で拭いている時にやっちゃったんですね。
トラブルではなくてホッとしましたけどね、でもこんなんじゃオチにもなりません。
なんでスイッチのことに気が回らなかったんだろう。
全くチェックしませんでしたし、その存在すら忘れていたかも知れないです。
要するにこれも老化現象の一種なんでしょうね、つまり視野が狭くなるというか、ひとつの考えにとらわれてしまうとそこから離れられないというか。
困ったなぁ、まだ自覚があるだけいいと思いたいですけど、でも自覚した時はかなり進行している、とも言いますしね。
うーん、これくらいは正常な加齢の範囲内ですよね?
ちなみにこのことは嫁には話してません。
バカにされる、あるいは困惑させるだけのような気もしますからね。
Posted at 2013/03/29 09:07:31 | コメント(7) | トラックバック(0) | 原チャリ | 日記
2013年03月28日 イイね!

次も中国ピレリでいいか。

次も中国ピレリでいいか。昨日はスタッドレスタイヤの履き替えに行ってきました。
自宅近所のスーパーオートバックス、同じ考えの方が多いのか、平日にもかかわらず思いのほか混んでましたね。
結局待ち時間含めて2時間かかりましたから。
まあ2100円でやってくれるわけですし、自分で交換する手間を考えると安いと思いますからね、多少はガマンすることにしましょう。
3ヶ月振りの夏タイヤですが、あんまり違いが良くわからない私ではあります。


さて、私が履いていたスタッドレスタイヤ、中国ピレリのウィンターアイスコントロールという製品ですが、のべ4日間のボードへの行き帰りや関東地方における積雪時にも、全く不安を感じる部分はありませんでした。
積雪たっぷりの関越道もある程度のアベレージで安心して走れましたし、比較的リーズナブルな製品ではありますが充分以上の性能を発揮してくれたと思っております。
限界性能を追求するのでなければ、高速走行時のグニャグニャ感みたいなものを体感することもありませんでしたし、まずは正解だったなぁ、と思っております。
オートバックスのWeb通販でMSWのアルミ付きで10万ちょいだったわけですから、通販専業の格安ショップと比べたとしてもお得意はたっぷりあったと思いますし。
えーと、これを履いての走行距離は2500km程度?3000kmくらいかな?
もちろんあと2シーズンは活躍してもらわないと、というところですから、しっかり保管することにしましょう。
タイヤラック、買ったほうが良さそうですね。
とか言ってみたものの、カバーを含めると数千円はするみたいですから、ちょっと躊躇しているケチな私です(汗)
こういうところでケチると、あとのツケは大きいということが、いつまでたっても学習出来ないんですよね…


ところで夏タイヤなんですけどね、今履いているコンチネンタルのプレミアムコンタクト、恐らく3万kmちょっとくらいの走行距離だと想定されるんですけどね、記録簿なんかを見てみると。
溝はまだありますし、オートバックスのお兄さんもまだまだイケます、とのことではあったんですが、夏の某ナースさまが出たら買い換えても良いくらいの状況ではありそうですね。
びんぼっちゃまの私ゆえ、安いアジアンタイヤでもいいかな、なんて思っていたのも事実なんですよ。
かつての愛車E39に履いていたインドネシア産のフェニックス、これが案外良かったせいもあるんですけどね。
でもオートバックス、中国ピレリのP4フォーシーズンというタイヤを専売しているらしく、それだと205/55R16で一本1万円程度なんですよね。
北米向けの減らないタイヤらしいんですが、まあ、これでも良さそうだな。
Web上の評価を見ても、どうしようもないレベルかといえばそうじゃないみたいですし、送料なんかも考慮したら通販とも価格的な差はあまりなさそうですしね。
さあ、どうしましょ?
ドバイ製の1本3000円くらいのタイヤも、メチャ魅力的なんですけどね(笑)
Posted at 2013/03/28 12:12:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | BMW E90 | 日記
2013年03月27日 イイね!

憧れのリトラクタブル。

憧れのリトラクタブル。まあ、あのスーパーカーブームの頃に小学校中学年から高学年を過ごした私ですから、カッコいいクルマ=リトラクタブルヘッドライト!みたいな認識というか、刷り込みがあるわけなんですよね。
当時の小学生における一番のヒーローであった風吹のロータスヨーロッパや、そのライバル早瀬のポルシェこそ違いますけど、全体的に見た場合はやはりスーパーカーはリトラクタブルじゃないと…という感覚が私と同年代の方々には根強いんじゃないでしょうか。
初代RX-7が発売になるまでは、日本車ではほとんどありませんでしたからねリトラクタブルのクルマ。
そういう点も憧れの気持ちを増幅させることにつながっていたと思いますけど、とにかくリトラクタブルLOVEな私です。
以前も表明したことあるかもしれませんけど。


そんな私ですから、当然リトラクタブルのクルマを愛車としていた時もありまして、例えばピアッツァとかね。
厳密にいうと、あれは私のイメージするリトラクタブルではなかったですけど。
ヘッドライトの上部がちょっと上昇するだけのセミリトラクタブル、もちろんそれでも萌えてましたけどね。
でもその次に乗ったスタリオンは完全リトラクタブルでしたから、まあ大げさにいえば夢が叶ったような気もしたものです。
高速道路の追い越し車線を走行中に、おもむろにライトを上げてパッシング、なんてあまり上品とはいえない行為をしたこともあるかと思います。
いや、誠に申し訳ございません、若気の至りということでご容赦くださいませ(汗)
しかし、一時期はコンパクトカーまでどこもかしこもリトラクタブルでしたよね、ターセルとかコルサにも「リトラ」ってありましたもんね。
何でなくなっちゃったのかなぁ、あんなにカッコいいリトラクタブルなのに。
実用的でないだとか空力的にはむしろ悪影響だとか、いろんな理由はあるんでしょうけど、あの見た目はやっぱりイケていると思いますからねぇ、今販売すれば若者のクルマ離れにストップをかけられるかも?
そんなに甘くはないですね、きっと。


で、ここからが本題なんですけど、いつものように中古車サイトサーフィンをしていたら、というかネットサーフィンって単語、もはや完全に死語ですね(笑)、あ、それですごく気になるクルマを発見してしまったというお話です。
それが画像のポルシェ944なんですけど、もちろんスーパーカーではありませんが、でも小学生時代の私だったらそのスタイリングといいポルシェというブランドといい、間違いなくスーパーカーと捉えていたであろうクルマですね。
これの後継の968もカッコいいですけどね、ライトが928っぽくてスタイリングもより現代的で。
でもやっぱりリトラ最高という観点からいうと超魅力的だよなぁ、944。
しかも私が大好きな赤いボディカラーだし、それにもっと重要というか心魅かれるポイントとして右ハンドルなんですよね、この個体。
感覚的にどうしても左ハンドルが苦手な私は(以前実家の190Eでそれなりに経験済みです、左ハンドル)、もう右ハンドルの真っ赤なリトラクタブルのポルシェというだけで昇天しそうです(笑)
走行7万km程度で車両105万円の個体ですけど、一瞬電卓をたたく自分がいたりします。
買えませんけどね、妄想だけならオッケーオッケー。
Posted at 2013/03/27 08:22:50 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ全般 | 日記

プロフィール

昭和42年生まれのサラリーマンです。 見た目も含めてまだまだ若いつもりでいるのですが、最近加齢を強く意識するようになってきました。 幼少期からクルマに限...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント
フォルクスワーゲン社のキャンペーンで、ゴルフ購入に使用出来る50万円クーポンに当選! こ ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
嫁さん用のクルマです。 でも私も楽しんじゃいますよ !
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
エコでクリーンな男を目指す私は、それはもうこれしかないでしょ! ってことで購入。 いろい ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
中古で買った前車E39、とても良いクルマでいろいろと楽しませてもらったのですが経年による ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.