• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

りん@エボ6のブログ一覧

2015年10月21日 イイね!

バンコクにて

アユタヤはまだ行っていませんが、近所にて。





でもこんなメニュー表記もある街です(笑)




Posted at 2015/10/22 01:27:35 | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年10月21日 イイね!

にちようび

この記事は、11/1にICCで練習会を開催します♪について書いています。

11月1日(日曜)、この練習会がありましたね。

行く人多いのかな?

見に行こうかなー

から揚げのやけ食いは胸焼けするので、つくば市に戻って珍来かどこかでやけ食いかな?
(ランランってまだあるのか?)
Posted at 2015/10/21 19:31:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2015年10月14日 イイね!

全日本本庄感染ε-(´∀`; )

あ・・・ありのまま 今起こった事を話すぜ!

「おれは 点滴を打つだけだと思ったらいつのまにか入院していた」

な・・・
何を言っているのかわからねーと思うが
おれも 何をされたのかわからなかった・・・

頭がどうにかなりそうだった・・・
催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・・・・





つーことで、
日曜に全日本本庄をYouTubeで観戦していたら、


次第におなかが痛くなって行って、

日曜夜はもんどりうってもだえて、
もうおなかだけでなく全身が痛くなっちゃって熱も出て、

月曜朝になって病院に駆け込んだら、
(つーても恒例の渋滞で車の中で死にそうでした)

先生から「まずは点滴打ちましょう」と言われて、


気付いたら入院することになってました(笑)


点滴は良く分からん、多分生理的食塩水か何かを2.5リッターと


抗生剤を2本


30時間くらいかけて打たれました。

病院での検査は、
問診、触診
検尿、検便
レントゲン
採血
定期的な血圧、脈拍、体温計測

となにやら人間ドックみたいな状態で、

何か別な病気でも見つかったらやヴぁいな、と思わせるに十分なものものしさでした。

入院翌日のお昼過ぎにやっと先生が診断結果を教えてくれて、

「感染症による急性腸炎と思われます」
「抗生剤の投与で回復しているようです」

と言ってくれて、
その日の午後に退院して良し、とのお達しが出ました。
(つーか病室空けたかったんでしょう)

入院中は当然ながらずっと点滴してるしベッドもそんなに広くないので、
寝返り打つに打てなくて背中がもう限界でした(笑)
点滴から解放されただけでうれしー

おなかがずっと張っていて痛かったので、
入院食も当日昼、夜、翌日朝、昼と出たのですが、
ほとんど食べられず。

麺だけすすって鶏団子と分厚いかまぼこは手が出ませんでした。

別に悪いものは食べた覚えは無いのですが、
木金あたりから土日は身体を休めたいと思っていたので、
免疫力が落ちていたのでしょう。

そこへあの本庄の激戦を観たものだから、
選手の皆様の熱に当てられて、
本庄走りたい熱が出てきちゃったんでしょう(笑)


その本庄ですが、
WETもDRYもほぼ全てを同日中にYouTubeで観戦させていただいたのですが、
素晴らしい戦いで感動しました。

まず、
WETでもDRYでもあんな高いコーナリングスピードで車を曲げていることに対し驚愕しました。
特にノーマルタイヤクラスは自分自身と比較可能なだけに、
愕然としました。
(昨年のチャンピオン戦開幕戦本庄WETと比較してみました)

それからコーナリングライントレースの凄さ。
縁石の中のコンクリート部分にがっつり入って最短距離を狙う選手の方も居れば、
縁石で姿勢が乱れて立ち上がりのトラクションを失うことを避けるため縁石ギリギリをかすめるようにトレースする選手の方も、
さらに、アウトいっぱいから入ってインのクリップにピターっと付けて立ち上がる方も。
(真ん中の半円形の島の攻め方、三者三様でした)

DRYでの火の玉のような渾身のアタックも、観る者を感動させるに十分でした。

何より凄いのが、
YOKOHAMAさんのレポートがあまりに的確に表現されていますが、
最後の最後に設定されたサイドターンセクション。

このコース唯一のサイドターンセクションがよりによって一番失敗できない最後の最後に設けられていました。
(唯一某氏は他でもサイド引いてましたが)
このセクションに飛び込んでいく選手の皆様の心臓がバクバク言っているのが画面から聞こえて来そうでした。

コース図を最初に見たときは、このサイドの後半、立ち上がりのわずか0.5秒で勝負が決まるかと思っていました。
しかし実際は全てが勝負どころであり、見どころ満載の最終戦に相応しい名イベントでした。
これも全て、全選手の皆様が全てを懸けて懸命にアタックされたからに違いないと思っています。
選手の皆様、本当にありがとうございました。
この動画は何度も見返させていただく宝物になると思います。
(当日は音声不調でしたが全然問題なく観戦できました;音声修正版アップ、ありがとうございました)

こういう、素が出てしまう、全人格が出てしまうコースだと、
やっぱり全日本選手って凄いんだと思ってしまいます。

重ねまして、
選手の皆様、主催の皆様、オフィシャルの皆様、そして運営に携わられた全ての皆様に感謝致します。




Posted at 2015/10/14 15:32:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2015年10月07日 イイね!

しんえぼさん号(メモ)


先々週しんえぼさん号に初乗りさせていただきましたが、前日練7本、当日2本の合計9本も乗らせていただいたので、メモしてみました。

パワーがもの凄いのは既に書いたとおりでした。
何もタイムを削る走りをしなくても直線区間で十分貯金が出来ました。

パワーが凄いのは四駆乗りの方ならアジャストできると思います。
難しいのはエンジンのピックアップが鋭いことでした。
顕著な例が、当日の真ん中に設けられた4本パイロン区間の内部でした。
まず、ギアがクロースしたしんえぼさん号だと1速吹け切り寸前の悩ましい距離感なので、ブレーキロックを回避することも考えるとどこまで踏んで行って良いのか分からずアクセル全開を躊躇させられました。
加えてナーバスになったのが、向きを変えての立ち上がり後にあまりのアクセル反応の鋭さにテールが動いてしまい思い切り踏めない悩ましさがありました。
総じて、短い区間での向きを変えながらの全力疾走は非常に難しいと感じました。
そう考えると同じように短い区間で向きを変えまくりの筑波でしんえぼさんがオーバーオールを取りまくりだったのはもの凄いテクニックだったのだと思いました。

パワー&ピックアップに関してですが、GDBスペックCのマフラー交換程度のローパワー&もっさりピックアップでは、パワーを振り絞り使い切ってコースをギリギリの精度で攻めていくことはそう難しいことではなかったのだと、しんえぼさん号に乗ってみてあらためて振り返ることが出来ました。
そう考えるとローパワー車で自分の限界まで攻めて行くのは楽しいことだとは思いますが、しんえぼさん号のようにバケモノのようなモンスターカーを手中に収めて自由自在に高精度にコントロールしていくことも、四駆乗りとしては憧れざるを得ないと思いました。

パワー以外の気付きで言うと、意外や向きを変える反応がシャープだったことでした。
前述の短い区間のなかでもトレッドが広いはずの割にはアクセリングの難しさと相まって意外とナーバスな挙動を出してしまいました。
一方当日の左奥の2速の低い速度で小さく回るコーナーでは、しんえぼさんはブレーキングでテールを積極的に動かして素早く向きを変えていました。
わたしはそこをつい自分の車のように大きく回していってしまったので同じ挙動は出せませんでしたが、一方で真ん中四本パイロンの最後の出口前で、アクセリングで向きを変えることが出来ており、その気になれば自由自在に動かせる車だったのだ、と振り返っています。

個人的にはオーバー傾向よりアンダー側に少し寄ったニュートラルステアの方がスタイルに合っています。と言うか、EF8でテールが動き過ぎるのに懲りたので、極力テールを動かさない走りがすっかり身に染みていたせいかと思っています。
オーバーは比較的容易に向きを変えられるかと思いますが、今回のしんえぼさん号のようにパワーが有り余っていると、向きがしっかり変わるまではテールアウトが怖くてアクセルを入れられない「待ち」の時間がわずかながらも発生してしまう感じを今回受けました。
一方少しアンダーの場合、パワー&トラクションをしっかり掛けながら立ち上がれるので地味ながらもその先の到達速度は速いのではと思っています。
個人的には前述のようにアンダー寄りの車でアンダーを出さないように走る方がラクなのですが、しんえぼさん号のように挑戦的な車を乗りこなすことも楽しいだろうなと思いました。
ちなみに以前乗っていたGDBは鷹の目さんに言わせると酷いアンダーでとても乗れない代物だったそうですが(笑)、私はちっともアンダーを感じたことはありませんでした。これは前述のように立ち上がりのイメージの違いから来るものもあるのでは無いかと思っています。

しんえぼさん号で最大の難しさはその強烈な加速力をどう瞬時に最適速度まで制御するか、つまりブレーキングでした。
前日練午後に調子に乗って奥までアクセルを踏んで行って盛大にロックさせて以降、戦闘モードでのMAXスピードを如何に瞬時に的確に落とすかにずっと悩み続けました。
そのためロックさせて以降は結局MAXスピードは抑制せざるを得ず、またブレーキングも相当早めのタイミングから弱く長く行うことになり、思い切り攻め切れなかった大きな主因となりました。
ブレーキングは全ての動作の始発点なだけに、全ての動作がギクシャクした原因となってしまいました。慣れの問題かも知れませんが、アクセリングと並んで難しさを実感しました。

長々と書きましたが、まとめてみるととにかく凄い車でセッティングに関しては完成された車だったと思いました。
ただ前述のように性能をフルに発揮させるのももの凄く難しく、チャンピオン戦、ビ筑、しのい、送別千葉東京(笑)で無敵のパフォーマンスを発揮させたしんえぼさんの腕前はもの凄いと言うこともしみじみ実感しました。

そう考えると、しんえぼさん号にとって有利な条件が少なかったチャンピオン戦iccとFSWで優勝を果たしたえぼしんさんはさらに凄かったのだと思いました。
でもしんえぼさん号のタイヤがもし71R、あるいはせめて255/40R18と細かったら結果はどうだったのかと興味があるところです(笑)

今年のチャンピオン戦は本気のしんえぼさんが本気で準備したしんえぼさん号と戦えたと言うことでNT4参加の全員にとって非常に価値があったのではなかったかと思っています。
特に、生で見れていませんが北ショートと関越はその最たるものだったのではなかったでしょうか。
ぶっちぎられた人も多かったかと思いますが、何が足りなくて何が追いすがれそうだったのか、振り返られてみては如何でしょうか(笑)きっと実りのある反省と次への狙いが得られるかと思います。

しんえぼさん号はJAFCUP後に売りに出されるかも知れないとのことで、どのような方が引き継がれるのかは分かりませんが、是非その実績と栄光とを引き継いで輝き続けて欲しいと願っています。

しんえぼさん号のJAFCUPでの有終の美をお祈りしております。
Posted at 2015/10/07 12:47:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記

プロフィール

「もてぎ南で03G,S5コンパウンドをおろしました。βより減らない気がします。おくいさんがβより溝が深いって驚いてました。」
何シテル?   02/10 19:07
フォローなさる方はお気軽にどうぞ(フォローは承認制にしておりません)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

2017.8.28ビギナーズジムカーナ筑波#4 TC1000 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/30 23:18:56
DUNLOP ZⅢ、β02の比較 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/13 10:01:55
関東ジムカーナ チャンピオン戦のPN1とNT1500クラスを考える 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/02 19:28:14

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
2016.11に引き継ぎました。
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
3年落ち中古、走行1万kmを平成20年9月に購入しました。 前のオーナーさんが綺麗に乗っ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.