• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

りん@エボ6のブログ一覧

2016年12月28日 イイね!

今年は激動の年でした

3月の全日本開幕より前に発表されたβ02を見たとき、今年はターニングポイントになるかもと思いました。

そのβ02、実際の実力は去年秋に恐らくラリー用として発売されたDIREZZA ZⅡ★ β02(255/40R18のみ)と同じトレッドパターンながらグリップ力は全くの別物で、脅威の性能を発揮しました。

結果、PNクラス、NTクラスともに猛威を振るったのみならず、YHさんからA052、BSさんからRE-05Dと言う競合商品を生み出させることにもなりました(YHさんは以前から企画されていた感じですが)。

当初の勢いの状態では「このままタイヤ競争が熾烈になれば最終的にはSタイヤと同等になり、NTクラスは消滅して再びSタイヤのみの時代になるのかも知れない」と予感したものでした。

しかしそこは自浄作用が働いたようで、結局年末には各地で鬼グリップタイヤのNTクラスでの使用を禁ずる動きとなりました。

JMRC関東では「複数コンパウンド不可、全周にわたる縦溝2本以上、タイヤサイズ30以上」と言うNTタイヤ規程となり、事実上今ある鬼グリタイヤは使用不可となりました。
でもPNでは全日本準拠なので、今日現在は使えると言う何とも言えない矛盾感・・・。

この一年、「NTクラスが消滅するかも」から始まり、「鬼グリタイヤは禁止(JMRC関東では副作用もあり)」と言う激動の流れとなりました。

まあある意味当然の流れと言うか自然な着地点のような気もします。

ですが個人的に未だに懸念と言うか気に掛かっているのが、「いつかまた今の規程を楽々クリアした鬼グリタイヤが登場してくるのではないか」と言うことです。

今年の鬼グリタイヤ、特に皮切りのβ02と対抗馬のRE-05Dはまさに全日本ジムカーナのPNクラスで覇権を争うために生み出されたタイヤで、このようなマーケティング動機は今後そうそうあるものではないだろうとは分かっています。

でも、もし、全日本も「タイヤサイズ30以上」を規程したら・・・。

どこかがやりかねませんよね。商売になるか分かりませんが(そのときは完全受注生産でしょうね)。

今年のタイヤに対する各種不満のうち、「サイズが少ない」についてはJMRC関東は回答を出して下さいました。

一方、もう一つの深刻な問題である磨耗の早さについては手が打たれていません。

ただ、グリップの向上と磨耗は恐らく比例するものなので、磨耗に制限を設けないことでタイヤの性能向上にも制限を設けなかった、と好意的に解釈すべきなのかも知れません。

ともかく、今の規程だともしかしたらまた鬼が登場するかも知れません。そのときはどうするんだろう?

(実際、もしRE-71Rが本気を出してMCしたら、あるいはZⅢが★に進化したら、相当なものになり得るのではないかと思っています。)




今年のもう一つの激動は自分の車を再び買ったことでした(笑)
Posted at 2016/12/28 13:05:56 | コメント(0) | ジムカーナ | 日記
2016年12月15日 イイね!

【売れたそうです、ありがとうございました】β02、255/40R18初期ロット新品あります

昨日ZⅢのプレスリリースがあった訳ですが、ラベリングを取らないと言うことでPNクラスには使えない模様ですね。

一方C(関東甲信越)地区のPNタイヤ規程は全日本規程に倣うとのことらしいですね。
全日本の規程がまだ変わっていない現在は、β02、A052、RE-05Dが使えると認識しています。

前段が長くなりましたが、もし全日本規程が変わらずにβ02などが来年も使える前提での情報です。

PN4(エボXなどのクラス)で主流の255/40R18のβ02の新品タイヤ在庫がタイヤセレクト足立加平店さんにあるそうです。

それも初期ロットだそうです。私もスカラで頂いた後期ロットと履き比べましたが、初期ロットの方がグリップ、特に寒冷グリップやWETグリップが良いような気がします。気のせいかも知れませんが(笑)

僭越ながら私からの紹介だと同店の神山さんに言って頂ければ、価格及びサービスについて特段のご協力が提供されるそうです(中身は私も存じ上げません)。

まだ全日本の規程がどうなるかはっきりしていない感じですが、もしβ継続OKになった場合はこの情報がお役に立てますと大変幸いに存じます。
Posted at 2016/12/15 16:32:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2016年12月06日 イイね!

2016.12.4JMRC千葉東京フェスティバル

前日練はこんな感じ。過去の住吉さんコースのエッセンスを取り入れて頂くとともにラップを取って台数を回せるようにして頂けていました。


この日なかむらさんからエボの乗り方を教わって目からうろこの連続でした。
仰っていることの根底、根源はモータースポーツのイロハのイなのですが、それを実現、実行するためのプロセスが目からうろこでした。
相当な意識改革が必要なので、当分修行と試行錯誤の日々が続きそうです。

当日のコースはこんな感じ。145台を回すため例年より少し短くなったような気はしますが、住吉さんコースのエッセンスが沢山詰まっていてとても魅力的なコースでした。


スタートしてすぐの排水溝までの間でスピンする方が続出。
左奥から島までのワタリもMC、ブレーキロックが散見(自分もロックさせました)。
島のあとのパイロン間を一直線に縫うラインも入り口で迷い無くアクセルオンして突入するのが難しい。
外周を左から右へも、右のパイロンが新舗装の奥の端っこまで上げられていたのでアクセル踏みっぱラインがかなり難しい。
バスストップからのスラロームは意外とPTが少なかったのでは?
スラロームエンドから一気に島の反対側まで大ワタリ。
折り返して本中間(折り返す前は裏中間と呼ばれます)。
嫌な小ささの三角形を巻いてゴール前折り返しの外側に規制パイロン。
ハンドルを切っている時間が長く、アクセル踏みっぱ出来る区間が前日練よりぐっと減ったため、クラスによるタイム差があまり大きくなりませんでした。

今回無理を言ってなかむらさんに教えを乞うべくWで乗って頂きました。


NT4クラスは例年のEX4クラス切り出しをやめたお陰で14台と多目のエントリー。


なかむらさん1本目

これがNT4優勝の走りとなりました。

自分1本目

走っていて何となくピリッとせず、走り終わったあともいんなみさんはじめ皆様から何三味線弾いてんだとかヌルイとか色々とご指導賜ってしまいました。

なかむらさんと自分の1本目を比較したら大きく2点劣っているところがありました。
一つは外周左奥から踏み始めてスラロームに入るまで。やっぱり前日練のご指導が上手く実行できていませんでした。
もう一つはスラロームエンドからトライアングル入り口パイロンまで。確かにぬるかったような気がしますし、なかむらさんは徹底して最短距離狙いだったそうです。
これらを潰して1.7秒くらいは上がりそうなので、路面コンディションの向上を抜きにしてもターゲットは最低58.5秒。でも路面温度が上がる分皆さんも1秒は上げてくるだろうから気が抜けない状況。

なかむらさん2本目

何故かタイムダウン。でも路面は明らかに良くなっているとのこと。

自分2本目

ワタリのあとの島入り口でブレーキロックをやってしまいました・・・。
今までABSの付いた車で楽をしていたツケが回ってきてしまいました。去年もマルチでまっちゃん号を前日練で盛大にロックさせているし、ロックを回避するブレーキングがど下手くそです。
ロック後吹っ切れて挽回目指して頑張りましたが0.4秒ダウン。ロック区間だけで1秒失っていますが、折り返しターンでのストールやテクニカルが雑になって、目標タイムには届きもしませんでした。

リザルト



表彰対象の皆様


楽しかったと言うよりは、悔しさが山のようにつのり、この冬エボとのシンクロ率を上げるため猛特訓が必要だと胸に刻み込んだ一日でした。


これほど大量のエントリーがあったイベントを全てたった一人で準備してこなした片山さん、当日の段取りと差配を振るって無事円滑にイベントを終えた大原さん、そして何よりこのコースが楽しみでこのフェスに来ている人が居ると言っても過言でない素晴らしいコースをいつも作って下さる住吉さん、年末のお忙しい中オフィシャルを担当下さいました全日本をはじめとするお歴々の皆様、本当にありがとうございました。

来年は12月3日とのことで、今からリベンジを狙いたいと思っています。
Posted at 2016/12/06 16:41:39 | コメント(0) | ジムカーナ | 日記

プロフィール

「もてぎ南で03G,S5コンパウンドをおろしました。βより減らない気がします。おくいさんがβより溝が深いって驚いてました。」
何シテル?   02/10 19:07
フォローなさる方はお気軽にどうぞ(フォローは承認制にしておりません)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

2017.8.28ビギナーズジムカーナ筑波#4 TC1000 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/30 23:18:56
DUNLOP ZⅢ、β02の比較 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/13 10:01:55
関東ジムカーナ チャンピオン戦のPN1とNT1500クラスを考える 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/02 19:28:14

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
2016.11に引き継ぎました。
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
3年落ち中古、走行1万kmを平成20年9月に購入しました。 前のオーナーさんが綺麗に乗っ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.