• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年04月06日

2012 勝手に「道場破り」 in モーターランド 鈴鹿 (ドラテク編) ①

2012 勝手に「道場破り」 in モーターランド 鈴鹿 (ドラテク編) ①









モーターランド 鈴鹿は、初日にタイムがブレイクできなかったので、

服部兄ちゃんのお掃除を手伝いながら、コースをジックリ観察しました。





ということで、ドラテクと一緒に、コースに隠れている秘密?も、

説明したいと思います。


題して、「モーターランド鈴鹿 の解体新書」 なのであります。ハイ。









(あっ、今回はあまりにも、超大作となりましたので、

2回に分けてお送りします)












では、はじめましょう。













まず、1コーナー(①)は、ブレーキング区間が、下っています。

乗っていると、さほど感じないのですが、ガッツリと 下っているのです。

















そして、コーナーのクリップに向かって、軽くバンクが付いているのですが、

ブレーキング区間のアウト縁石の近くだけ、バンクが付いていません・・・・・・。

(いや、反対に付いてるかもです)

















ですから、あまりアウト側で、ブレーキを開始すると、

ハンドルが、右方向にとられますので注意が必要です。

少なくても、アウトの縁石から、1mは、離れていた方が良さそうです。











でもって、クリップ が、一番低い位置にあり、

立ち上がりは登っています・・・・。




















立ち上がりの縁石から、反対に、1コーナー(①)を見ると・・・・・・、

こんなにも、登っているのです!






















入口が下りで、出口が登りのヘアピンの鉄則。

それは、「立ち上がり重視!」



だから、1コーナーは、飛び込めても、飛び込みません。




なんといっても、


1m でも、早くブレーキを終了させ、

1m でも早く、クルマを曲げて、

1m でも早く、アクセルに足を乗せる ことが重要です。






でも・・・、アクセルに足を乗せたら、ほんの少し 「待ち」 ます。






理由は、減速状態から、急激にアクセルを踏むと、

ギアのバックラッシュをはじめ、ドラシャ、クラッチ等々、

いろんな小さなクリアランスが集まり、一瞬フリーな状態から、

「ガツン」 とトラクションがかかってしまうからです。





そうすると、タイヤは限界を超え、

また、フロントの車高も急激に上がり、アンダーステアとなってしまします。



ですから、

ほんの少し、アクセルを踏んで、軽くトラクションがかかった状態にしてから、

全開にした方が、アンダーステアが抑制されると いうわけなのです。

(深いなぁ~・・・・・)












1コーナーを上手くトラクションをかけて立ち上がれれば、

少々、凸凹ですがアウトの縁石もしっかり使用して、

高速セクションへと向かいます。





3速にシフトアップし、最初に浅い右コーナー(②)となりますが、

ここは、問題なく全開でクリアー。





このコーナー(直線?)は、どこを走るかに、ポイントがあります。















少し、インを空けて、大きなR で走った方が、

次の高速コーナーへのアプローチは、「ラク」です。



でも、パワーがあまりないクルマの場合、

そのラインでは、走行距離が長くなり不利になるなることがあります。




田中は、いろんなラインをトライしましたが、

あまりインに張り付いていると、高速コーナー(③)で、曲がり難いので、

大外のラインと、インラインの ちょうど真ん中あたりで、走りました。












そして、お次は、モーターランド鈴鹿名物?の高速コーナー(③) です。











このコーナーは、セットさえ合っていれば、さほど難しくないと思います。






まず、コースの特徴で説明すると、


コーナーへのアプローチは登りになっており、









(ちょうど、服部兄ちゃんのクルマ? あたりに、

運転席がくるのが、スイフトのレコードラインだと思います。ハイ)








インの縁石を過ぎたあたりで、フラットとなり、





















2つ目のクリップに向けて、下りになっています。


















このように、コーナーの入口が登りで、

コーナーの出口が下りの場合、重要なことは・・・・・・、







① コーナーへの進入スピードが高いこと

② フラットな路面までに、しっかり向きが変わっていることです








ですから、ドラテク的に話をすれば、


可能な限りハイスピードで飛び込むことなりますが、

重要なポイントは、減速の仕方にあります。






ノーマルエンジンのスイフトの場合、高速コーナー(③)への到達スピードは、

105~107km/h レベルです。







まず、最悪なのは、ハイスピードで飛び込んでから、

「ギュッ」と、強めのブレーキを踏んでしまうことです。





この走り方なら、必ずや、O/Sとなり、

最悪の場合、そのまま、スピン → クラッシュ となってしまいます。








そうです、ブレーキにより、急減に前荷重となり、

リアのグリップが薄くなるから、O/S となるわけですから、



ハイスピードで飛び込むための ポイントは、

できるだけ、クルマを前荷重にしないことなのです。






前荷重にしない = ブレーキを強く踏まない





ということですので、

飛び込んでも、ブレーキペダルに、「足を乗せるレベル」 のブレーキが、MAX です。





セットアップが合ってくると、

ほぼ、ノーブレーキ(アクセルはOFFにします)でも、曲がれるコーナーですので、





この高速コーナー(⑧)の攻略方法は、

強いブレーキを踏まないように、トレーニングすることです。










まず、最初は、

かなり手前から、アクセルをOFFにして、加速の恐怖心を取り去ります。



スピードが、どんどん上がっていく状況で、飛び込むと、

どうしてもブレーキが強くなってしまうので、

そこで、加速というプレッシャーを取り去るのです。



すると、しっかりと、まわりも見えますので、

恐怖心なしで、曲がることができると思います。






そこから、ステップ By ステップで、

アクセルをOFFにするポイントや、量を調整しながら走ると、

とっても、カンタンに、そして安全に、攻略できると思います。ハイ。














また、クルマの向きを変えるのは、

進入スピードさえ、しっかり保つことができれば、あとは、クルマと路面がやってくれますので、

向きが変わった分だけ、アクセルを踏んでいけば、OKです。








ライン的には、③コーナー ④コーナー とも、シッカリとクリップしますが、

両コーナーとも、イン側の縁石には、タッチしません。




スプリングレートにもよると思いますが、500~600ポンド であれば、

必ず弾かれて、クルマ一台分、外に飛ばされてしまいます。



特に、③コーナーの進入スピードが上がると、クルマが曲がりやすくなりますので、

④コーナー のイン側縁石は、注意が必要ですね・・・・。









あと、④コーナー 出口 アウト側の縁石は、

コースレイアウト的に、ちょっと変な位置にあります。




よって、④コーナークリップから、出口 アウト側の縁石に向かって立ち上がると、

コースが足りなくなってしまいますので、この、アウト側縁石より、

少なくても、クルマ一台分は、イン側に向かって、立ち上がるようにしてくださいね。


この部分は、マジで要注意です!










そして、ヘアピンコーナー(⑤)に向かいます。












いや~、長文にお付き合い いいただき、ありがとうございます・・・・・・。




次回は、モーターランド鈴鹿 タイムアップのキモとなる 

インフィールドセクションの攻略法 お伝えしますね!









ブログ一覧 | サーキット | イベント・キャンペーン
Posted at 2012/04/06 16:01:54

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

2012/04/06 16:18:48
車種・パワーが違うので丸々と言う訳には行きませんが、参考になります!
後半期待しています
コメントへの返答
2012/04/06 17:16:35
ありがとうございます!

後半分も頑張って書きたいと思います!!
2012/04/07 07:53:52
ふんふん・・・
何かとよく行くサーキットなので参考になります。
今の車両になってからはまだ走ってないので早く走りに行きたいなぁ~
コメントへの返答
2012/04/07 21:18:34
なかなか、奥の深い、サーキットですよね~。

ご活用いただければ、幸いです!!
2012/04/07 11:42:13
はじめまして

明日、モーターランド鈴鹿走るので参考になります
セッティング等はよくわからないですが減衰をソフトにして試して見ます
コメントへの返答
2012/04/07 21:20:21
減衰ソフトは、必須ですね!

TMダンパーは、かなり、低い減衰の仕様ですが、それでも、もっと、ソフト方向にしましたからね~。

頑張って下さい!

 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「KUMHO V700 の コンパウンド について!              https://minkara.carview.co.jp/userid/496446/blog/41567944/
何シテル?   06/06 09:34
スイスポの開発と、ラップタイムにエクスタシーを感じる、元競争自動車運転手。 引退するまで、延べ47台のレーシングカーをセットアップした経験を持ち、最近は、マイ...

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

86/BRZ 「ドラシャ まわりの断熱」 には、エキゾースト バンテージ が オススメ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/24 20:32:05
TM 6号車(ZC33S) TC2000 TEST! & 参戦表明!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/06 13:53:21
BILLION OILS の WEB サイト が、リニューアル しました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/12 09:20:13

お友達

TM-SQUARE ZONE BILLION HYPERCO CLEAR WAYS ユーザーならびに、少しでも興味があれば、ぜひ! です。

もちろん、ドラテク & タイムアタック 大好きな方、
スイフト オーナー、86/BRZオーナー、ハイエース オーナーも、お気軽に!!
1090 人のお友達がいます
つかおおつかおお * はっちzc33sはっちzc33s *
EVOMANIAEVOMANIA * ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認
す けす け * カーランド バーデンカーランド バーデン *みんカラ公認

ファン

2,180 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 6号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC33S プロジェクト スタート! ジックリ、ガッツリ、TM-SQUAR ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 2号車 (スズキ スイフトスポーツ)
1号車は、開発作業が多く、ほとんど乗れない時期があったので、  買っちゃいました、もう ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 4号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC32S も、始動しました! テストを進めてみると、 ホイールベース ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 5号車 (スズキ スイフトスポーツ)
4号車が、あんな感じになっちゃいましたので、 開発のため、もう一台、買い足しました! ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.