• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年04月26日

2012 勝手に「道場破り」 in 鈴鹿ツインサーキット (ドラテク編)

2012 勝手に「道場破り」 in 鈴鹿ツインサーキット (ドラテク編)













いやはや、大変遅くなりましたが、

今夜は、3月に強行軍にて行いました、2012 勝手に「道場破り」。

最終章  鈴鹿 ツインサーキット(G)コース です。











ここは、昨年も訪れており、そのときのタイムは、40秒0

(この時点での「道場破り」成立!)





しかし、道場破り以降に、「道場破り」破り? にて、ブレイクされていましたので、

なんとしても、負けられない 戦いだったのであります。










では、はじめましょう。










最終コーナー(⑨)を2速で立ち上がり、

ある程度、距離のあるストレートの半ばにて、3速にシフトアップ。





ストレート区間は、

1コーナー(①)のアプローチのために、コースの左側 ギリギリを走ります。








ストレートエンドの最高速は、



昨年 →  125km/h

今年 →  125km/h



エンジンは、同じノーマルエンジンなので、違いはありませんでした。

(それなのに、0.6秒も速くなったんですよね~~!!)







そして、1コーナー(①)に向けて、ブレーキング & 3→2 へシフトダウン。




少々、早目から、ゆっくりとステアリングを切り、

ややナナメに、ブレーキをリリースしながら進入します。



1コーナー(①)は、出口が、ワイドになっているのですが、

クリップをカスメルぐらいでは、曲がりきれないので、

縁石付近で、少しだけクルマが曲がってくれるのを待ち、

その後、アウト縁石(縁石のようなもの??) ギリギリを狙って立ち上がります。

















1コーナー(①)を立ち上がると、

ライン的には、③コーナーへの進入までの区間、

①コーナー出口 ②コーナー ③コーナー入口を ひとつのコーナーと見立て、

同じRで、旋回できるようなライン取りをします。






これで、ずいぶんと、S字コーナー(③④)が、楽になるんですね~!







S字コーナー(③④)は、全開でクリアーできますが、


縁石をショートカットすると、クルマはかなり不安定になりますので、

慣れるまでは、アクセルOFF にて走り、レイアウト、縁石の状況が

詳しく、理解できれば、全開にトライしてみてください。






また、このS字コーナー(③④)は、シフトアップのポイントが

かなり、悩ましい・・・・・・。






この部分は、昨年のドラテクにて、詳しく書きましたので、



こちらをご参考に!








なお、このS字コーナー(③④)立ち上がりは、このコースで、唯一、デンジャーなゾーンです。




④コーナー イン側の縁石に乗り、大きくバランスを崩してしまったら、

アクセルを踏むことをやめて、アウトの縁石付近は近づかないようにしてください。


もし、イン側の縁石に乗り、大きくバランスを崩した状態なのに、

アクセル全開のままなら、タイヤバリアがお待ちかねです(笑)。



ここは、ミスはミスとして、認める勇気が重要ですね。



















そして、2速ホールドのまま 次の ⑤ コーナー へと、向かいます。










このコーナー、

今回走行した、F 700ポンド  R 500 ポンド のスプリングバランスなら、

ギリギリ イン側の縁石に乗ることができました。




ただ、縁石から降りるときに、

すでにトラアクションは、かかっていますから、

ドライブシャフトには、かなり負担がかかりそうな気がします。





ちなみに、この ⑤コーナーで、

インの縁石を使用しても、しなくても、

ラップタイムは変わりませんでしたので、

いくら、ドライブシャフトが強いスイフトと言えども、

縁石にタッチするかしないか、ギリギリのラインが、無難なような気がします。

















そして、⑤コーナー出口は、アウトいっぱいまで使用し、

⑥⑦コーナーへと向かいます。








⑥→⑦コーナー のラインは、今回のセットでも、

⑦コーナー のクリップに対して、少し膨らませた方が、

⑦コーナー でのアクセルONが、早いため、今回も ⑦コーナーのアウトから進入。




また、今回のスプリングレートでも、

⑦コーナー イン側の縁石は、使用しない方が速かったため

イン側縁石には、ノータッチで走行しました。









で、昨年と今年の一番大きな違い、それは、この ⑦コーナー の曲がり具合でした。




スプリングレートのバランス、トーレスシムでの調整、

フロントキャンバーの増量?、

それに、ファイナルを 4.7 へ、 そして、フライホイールを軽量したことで、

クルマはかなり曲がり、曲がってからのピックアップも

格段に昨年より速くなったと思います。

















それから、

パワーバンドの中で、⑦コーナー をアウトいっぱいに立ち上がり、

最終コーナー(⑨)へと、向かうのですが、

ここのラインが、またまた、悩ましい・・・・・・・・。






最短距離を優先すると、⑧~⑨のラインがタイトになり、


⑧~⑨のラインをワイドに取るためには、

アプローチ区間で、最短距離が、走れない・・・・・・。






ということで、田中のオススメ ラインは、

最終コーナー(⑨)の進入がタイトにならないレベルで、

一番距離が短いアプローチラインです。






具体的には、

⑦コーナー をアウトいっぱいに立ち上がって、

コースの半分まで行くか、行かないかぐらいまで、

クルマを右に振り、⑧~⑨コーナー にアプローチします。




でもって、リズム良く、⑧コーナー を全開でクリアーし、

最終コーナー(⑨)にアプローチするのですが、

ここで、ポイントがひとつあります。








⑧コーナー のイン側 縁石なのですが、

ショートカットのため、リアタイヤを縁石に乗せると、

ABSが、誤作動することがあります。





誤作動という言葉は、もしかしたら、正しくないのかも知れないのですが、

リアタイヤが縁石に乗り、降りる瞬間に、

ちょうどブレーキの開始となることから、

ASBが、激しく介入して、ブレーキがあまり効かなくなってしまうのです。





フィーリングとしては、ブレーキペダルが、

板を踏んでいるように、カチカチ になり、制動距離も伸びてしまいます。




ですから、⑧コーナー イン側の縁石を使用するラインは、

あまりオススメすることができません・・・・。











で、優しいブレーキングにて、最終コーナー(⑨)に飛び込んだら、

少々、クルマが曲がってくれるのを待って、

少しアクセルを開け、その後、全開にて、アウトいっぱいに立ち上がります。




最終コーナー出口の縁石は、かなりガタガタなので、

使用しませんが(失敗したときだけ使用します)、

それでも、アウト ギリギリを狙って立ち上がります。

(ある面、ピットロードに入るぐらいのラインとなります)
















そして、後は、ひたすら全開でストレートを走るのですが、

ここでも、ひとつポイントがあります。




このストレート、前半部分は、登りになっていますので、

シフトアップ(2→3)の速さが効くんです!



もちろん、シンクロ付きのミッションですので、

レーシングカーのようには、シフトアップできませんが、


少しでも、素早くシフトチェンジができれば、

ストレートスピードに影響してきます。





では、下のグラフを見てください。


















最終コーナーをほぼ同じスピードで立ち上がり、

ストレートで、2→3 へ、シフトアップしている部分の

スピードのロガーですが、違いがわかるでしょうか?





そうです、赤ラインの方が、

微妙ですが、シフトアップが素早いことから、

3速に入ってからのスピードに違いが出ていますよね~。





シフトアップは、サーキット走行の基本中の基本。




上手くいくと、0.1秒ぐらいは、平気でラップタイムを

短縮できますので、普段から 練習しておいて、損はないと思いますよ~。








ということで、

田中ミノル式 鈴鹿ツインサーキット攻略法は・・・・・、





○ 1コーナー (①)は、ボトムスピードを落とさないように、

   可能な限り 出口をワイドに取るべし。


○ S字をより効率的に走るため、①コーナー の出口から、S字ひとつ目のクリップ(③)

   までを  ひとつの大きなコーナーとして、ライン取りを考えるべし。


○ S字の中(③④)は、どのライン取り、どこでのシフトアップが、一番車速がのるか

  必ずトライすべし。


○ ヘアピン(⑦コーナー)は、インの縁石ギリギリを走行するが、縁石にはタッチせず

  立ち上がり重視で走るべし。


○ 最終コーナーは、アプローチ区間を色々なリズムで走り、どのリズムが一番

   立上り区間でアクセルON のタイミングが早いか、確認すべし。








となります。










では、動画にて、各ポイントを確認してくださいね!











車載動画のみ














車載動画 + ロガー











以上、

2012 勝手に「道場破り」 in 鈴鹿ツインサーキット ドラテク編でした!!








関連情報URL : http://twincircuit.co.jp/
ブログ一覧 | サーキット | イベント・キャンペーン
Posted at 2012/04/26 19:41:13

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

2012/04/26 20:07:54
φ(゚Д゚ )フムフム…

おっしゃってる事の1/10も理解できてないんでしょうが、5/5に走行しますんで参考に頑張ってみます!④のタイヤバリアとハグハグしない程度に(笑)
コメントへの返答
2012/04/27 09:32:18
頑張ってください!
(楽しみですね~)

S字は、縁石に大きく乗ると、あらぬところに行きますので、十分にご注意を!!

2012/04/26 20:34:20
非常に参考になります^^b

車載綺麗でみやすいです!!☆
コメントへの返答
2012/04/27 09:33:01
車載 やっぱ、GO PRO は、凄かったです。

やっぱ、軽いはエライですね!
2012/04/27 12:29:42
はじめてコメントさせていただきます
車種が違ったりはしますが、参考にさせていただいて色々試してみます
ちょうど、明日走りに行く予定です!
コメントへの返答
2012/04/27 19:51:07
こんにちわ。

明日ですか!

頑張ってきてください!!

 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「KUMHO V700 の コンパウンド について!              https://minkara.carview.co.jp/userid/496446/blog/41567944/
何シテル?   06/06 09:34
スイスポの開発と、ラップタイムにエクスタシーを感じる、元競争自動車運転手。 引退するまで、延べ47台のレーシングカーをセットアップした経験を持ち、最近は、マイ...

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

BILLION スーパーブレーキフルード Class6 新登場! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/20 16:18:08
ZONE ブレーキパッド 86/BRZ のマッチング! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 11:48:58
86/BRZ 「ドラシャ まわりの断熱」 には、エキゾースト バンテージ が オススメ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/24 20:32:05

お友達

TM-SQUARE ZONE BILLION HYPERCO CLEAR WAYS ユーザーならびに、少しでも興味があれば、ぜひ! です。

もちろん、ドラテク & タイムアタック 大好きな方、
スイフト オーナー、86/BRZオーナー、ハイエース オーナーも、お気軽に!!
1094 人のお友達がいます
スーパーオートバックス浜松スーパーオートバックス浜松 *みんカラ公認 《 ジャック 》《 ジャック 》 *
バナナ号バナナ号 * たかし@1.6スイフトNA(仮)たかし@1.6スイフトNA(仮) *
7&amp;87&8 * BP5RBP5R *

ファン

2,191 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 6号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC33S プロジェクト スタート! ジックリ、ガッツリ、TM-SQUAR ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 2号車 (スズキ スイフトスポーツ)
1号車は、開発作業が多く、ほとんど乗れない時期があったので、  買っちゃいました、もう ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 4号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC32S も、始動しました! テストを進めてみると、 ホイールベース ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 5号車 (スズキ スイフトスポーツ)
4号車が、あんな感じになっちゃいましたので、 開発のため、もう一台、買い足しました! ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.