• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年01月24日

田中ミノル式  FF 機械式 LSD 完全解説   「曲げるための LSD 有効活用法」⑤

田中ミノル式  FF 機械式 LSD 完全解説    「曲げるための LSD 有効活用法」⑤
















では、今回は、LSD が装着されていて、はじめて活用できるドラテクのお話です。

(そうです! この部分が、LSD 装着における最大のメリットなのであります!!)





LSD を 「コーナリングパーツ」 として活用する

田中ミノル式 「曲げるための LSD 有効活用法」 

それは、タイトコーナーのクリッピングポイント周辺におけるドラテクにあります。







そして、いよいよ、そのドラテクを伝授したいのですが・・・・・、

その前に、まず、オープンデフと、LSD の 「トラクション配分の違い」 を

理解いただく必要があります。






オープンデフ →   いつでも、左右均等に トルク (トラクション) を伝える

LSD       →   伝える トルク (トラクション) が、状況により左右で変化する 







重要なこと、それは、LSD を装着した場合、

直進状態では、エンジンの トルク (トラクション) は両輪に均等に振り分けられますが、

コーナリング & 荷重移動 により、タイヤのグリップに左右差が発生すると、

分配されるトルク (トラクション) は、左右均等ではなくなるということです。






ちょっと、混乱しますよね・・・・。

だって、LSD が装着されているほうが、いつも左右のタイヤが同じ強さ (トルク) で、

駆動されている、イメージがありますからね・・・。





でもね・・・、よ~く考えてください。

コーナリング中、左右のタイヤのグリップは、いつも、同じではありませんよね?




たとえば、100馬力のエンジンを搭載していて、

ストレートでは、左右のタイヤから、

各々50馬力分のトラクションを路面に伝えていたとしましょう。



この状態から、コーナーに進入すると、外輪には、大きく荷重がかかり、

グリップは向上しますが、内輪は、荷重が抜けた状況となり、グリップは低下します。



こうなると、たとえ デフロック 状態であっても、

タイヤのグリップ分しか、トラクションは路面に伝わりませんので、

内輪 30馬力分  外輪 70馬力分 といったように、

エンジンのトルク (トラクション) は、タイヤのグリップによって、左右に分配されてしまうのです。







そうです! ここで言う、トルク (トラクション) の強弱とは、

「路面に伝わるトルクの強さ」 となりますので、

タイヤのグリップ状態によって、変化することになるのです。





問題は、この左右のタイヤに伝わるトルクが、どのように、振り分けられるかですよね。





それを カンタンに理解するためには、もうひとつ覚えなければならない法則があります。





その法則とは・・・・・、

LSDでは、 「負荷が低い方から、負荷が高い方へ、トルクは流れる!」

ということです。









要するに、エンジンから発生したトルクは、負荷が高いタイヤには、多く割り振られ、

負荷が低いタイヤには、あまり割り振られないということです。





コーナリング中、大きく荷重移動されている状態 (外輪→荷重大 内輪→荷重小) では、

タイヤのグリップが左右で異なり、大げさに言えば、外輪 275幅のタイヤ、 

内輪 125幅のタイヤ といった感じとなり、圧倒的に外輪のグリップが高くなります。



この状況で、アクセル(加速)や、エンジンブレーキ(減速)を使用すると、

外輪の負荷(グリップ)が大きいことから、内輪にかかっていたトルクが、

外輪に振り分けられることになります。





結果、外輪の方が強いトラクションを発揮する・・・、

というのが、LSDの正体 (田中ミノル式 ドラテクには、一番欲しい特性) なのであります。



だって、クリッピングポイントからの加速中に、

外輪のトラクションが強いということは、すご~く曲がることにとっては、好都合です!









たとえば、直進状態であっても、

駆動輪の 右に 275幅のタイヤ、左に 125幅のタイヤ (外径は同じと仮定)

を装着した場合、大きなトラクションをかければ、クルマは左に曲がろうとしますよね?





ですから・・・、コーナリング中、外輪へ振り分けられるトルクが強い状況では、

とっても曲がりやすい環境が発生するのです。











では、ここまでの解説を図によって、おさらい してみましょう!







まず、直線状態では、左右均等にトラクションはかかります。

(ここは、LSD 装着車でも、オープンデフでも同じですね)
            

















でも、コーナーで荷重移動が発生すると、

内輪のグリップが減少し、外輪のグリップが増加します。



すると、LSD の場合、トルクが外輪に振り分けられますので、

とっても曲がるのに、有利な状況が発生するのです。




















              
ただ・・・・、この曲がりやすい環境を作るには、ドラテクが必要となります。



なぜなら、LSD を装着すれば、どんな状況でも、クルマは曲がりやすくなるのではなく、

ドラテクを駆使し、ある一定の条件を満たしたときに

この 「曲がりやすい環境」 が作れるからです。









では、ドラテクを交え 

順を追って、タイトコーナーにおける LSD有効活用方法を伝授しましょう!





まず、「トラクション性能の向上」でも解説しましたように、

ブレーキングを伴うコーナーの場合、ドライバーの作業は、





① アクセル OFF

② ブレーキング(減速のためのブレーキング)

③ 徐々にブレーキリリース(曲がるためのブレーキング)+ ステアリング

④ 完全にブレーキリリース + 最大舵角






の順です。





たとえば、FF 車両 & 左コーナー で考えると、

グリップの100%をヨコ方向に使用している 上記④ の状況では、

大きな荷重移動が発生していますので、

タイヤのグリップは、右フロント → 大  左フロント → 小 の状況となります。





そして、この状況から車速が落ちる等、少しでもグリップに余裕ができれば、

ドライバーは、ヨコ方向のグリップが不要になる分のみ、

ほんの少しアクセルを踏み、タテのグリップを使用することが可能となります。



もちろん、ここで、ドライバーが少しでもアクセルを踏み過ぎると、

曲がる(ヨコ方向のグリップ)と、加速する(タテ方向のグリップ)の両方を要求される

フロントタイヤは、グリップの限界を越えてしまいアンダーステアが発生してしまいます。

(グリップの80%をヨコ方向に使用している状況で、30%のトラクションを加えた状況等)



ですから、グリップのギリギリを狙って、ほんの少しだけアクセルを踏み始めます。




すると・・・・・、このアクセルにより、LSD のロックが始まります!




そうです! 

荷重移動により、外輪に荷重が片寄っている状況で、LSD がロックされることで、

トルクを負荷の強い外輪に振り分けますので、外輪のトラクションは、内輪より強くなり、

「一気にクルマは曲がり始めるのです!」



このクリッピングポイント周辺で、ほんの少しアクセルを踏む (アクセル開度5%~20%レベル)

テクニックこそが、「LSD乗り」 と呼ばれるドラテクなのであります。









ポイントはアクセルを踏む量です。


もし、クルマが加速するぐらいアクセルを踏めば、

タイヤの限界を一気に超えて、アンダーステアとなります。


だから、ここのアクセルは、加速のアクセルではなく、

LSD をロックさせるためのアクセルが必要となります。



また、ここでアクセルを踏むために、進入のスピードを控えたり、

スローインファーストアウトのラインを使用すると、アクセルを踏むタイミングで、

荷重の移動量が少なくなることから、効果が半減します。






ですから、しっかりコーナーへ飛び込んで、

クリッピングポイント直前に、十分に荷重移動している状況を作り、


「ここからアクセルを踏んだらアンダーになるだろうなぁ・・・」 というポイントから、

LSDをロックさせるために、加速させないように、ほんの少しアクセルを開く。


このテクニックこそが、「LSD乗り」 の正体であり、

LSD を最大限に曲げることに、有効利用するドラテクとなります。









ポイントをまとめますと・・・・、


1) タイヤがグリップしていること

2) 大きな荷重移動が発生していること

3) 早いタイミングで、ほんの少しのアクセル



という組み合わせが必要となり、一番曲がりやすい状況を作るには、

荷重の移動量、アクセルを踏む量とも、かなりピンポイントです。

(ここは、いろいろなパターンをトライして、一番曲がるパターンを探してください!)










そして、FF 車両の場合、駆動輪と、操舵輪が同じですよね・・・・・。


ということは、ハンドルが切れた状況で、

LSDがロックし、外輪のトルクが強くなりますよね・・・。



そうです、この曲がるのには、とても好都合な

そして、特殊な状況によって、クルマは、驚くほどグリグリと曲がり出します!




















         
ですから、はじめは、LSD をロックするためだけに、ほんの少し踏んだアクセルは、

「クルマが曲がること」 によって、どんどん開けることが可能となり、

「アッ」という間に、全開となります。






では、この一連の操作をドライバーの心境を元に解説すると・・・、




① レイトブレーキ気味に飛び込んで、うまくブレーキリリース

   (コーナーのボトムスピードを上げるイメージ)


② 完全にブレーキリリースするポイントを ほんの少し早めに設定 


③ ここからアクセル踏んだら、絶対にアンダーになるなぁ・・、というポイントと

  スピードで、ほんの少しだけアクセルON(なぜだか、身体にちょっとだけ力が入る・・・・)


④ するとLSD がロックされ、クルマはどんどんインを向く!

  タイヤのグリップを超えた、なんだか異次元の曲がり!!  


⑤ クルマは強烈に曲がるので、アクセルも一気に開いていく 


⑥ えっ・・・、こんなハイスピードのまま、曲がれちゃった




といった感じとなります。

(伝わりましたでしょうか・・・?)





かなり、複雑な話となりましたが、これが、FF 機械式 LSD のメリットであり、

「曲げるための LSD 有効活用法」なのであります。







ですから・・・・、

曲げるためにLSD を活用するには、上記のような独特のドライビングと、

このドラテクに完全リンクした LSD のセットアップ が必要となり、


この両方が そろわない と、、いくらLSD を装着しても、

「タイムが速くならない・・・」といった状況が発生してしまうのです。












ドラテク的に、よくあるNGパターンとしては・・・・、



オープンデフの時と同じように、

アクセルがガッツリ踏める状況になってから、一気に アクセルON! とか・・・・、

(クリッピングポイント付近にて、ほんの少しだけのアクセルが踏めない)



ブレーキリリースの精度が悪く、

クリッピングポイント手前で、アンダーステアを出してしまう とか・・・・、



進入スピードが甘く、

クリッピングポイント周辺で、大きな荷重移動状態を作れない とか・・・・、



アクセルを早く踏みたいので、立ち上がり重視のラインで進入・・・・では、

まったくLSD を有効に使用できませんので、上記のドライビングに心あたりのある方は、

ぜひぜひ、田中ミノル式 LSD ドラテクを試してみてくださいね!











では、次回(最終回)は、減速時のメリットを解説します!









ブログ一覧 | TM-SQUARE | クルマ
Posted at 2015/01/24 19:01:21

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

2015/01/24 19:19:56
西洋式バランススロットルのような操作ですね。
自分はこのイメージが出来てから、急激に速くなったような気がします。
コメントへの返答
2015/01/25 14:04:45
やっぱり、速い人は活用してますよね~。
この、LSD の特性を!
2015/01/24 19:23:22
ありがとうございます。
明日美浜の1コーナー、フェニックス、定常円、最終コーナーあたりで試してみます(^o^)v
コメントへの返答
2015/01/25 14:05:59
いかがでしたでしょうか?
もし、ラップタイムが、劇的に短縮されたら、
今度、何かご馳走してください!(笑)
2015/01/24 19:45:02
詳しすぎますよ・・(笑)

僕わ曲げるときアクセルを少し入れてLSDでタイヤを転がして曲げるイメージで運転してます。

タイヤのグリップ縦横10の割合とか考えながら運転してるだけで楽しいですよね!!!
コメントへの返答
2015/01/25 14:07:49
LSDでタイヤを転がして曲げるイメージ

まさに、このイメージですね!!

でも、まぁ~、ハードだけではなく、
そのハードを活用するためのドラテクは、本当に重要で、奥が深くて、楽しいですよね~!
2015/01/24 22:06:20
以前、元全日本ジムカーナドライバーの方からデフの使い方で今回の内容に似たことをアドバイスされたことがあります。そのときは理論的な話は無かったので、解説していただけるととても助かります!
ほんのわずかなアクセル開度領域でデフを利かせて曲がる、言葉では簡単ですが実際にタイムアタックするときにはとても難しいです・・・

31から32に乗り換えてオープンデフに戻ってしまいましたが、いずれまたLSDは入れる予定ですのでそのときにはまた意識してみたいと思いますw
コメントへの返答
2015/01/25 14:11:38
大きな 「G」 フォースと、振動の中、完全にコントロールした状態で、チョットだけアクセルを踏むのは、やはり、トレーニングが必要ですね。

でも、意識してトレーニングすれば、すぐに出来るようになると思います。
(田中的には、この過程が楽しいように思います!)
2015/01/25 01:20:19
解説してもらったからすぐできるというものではないでしょうけど、現役なら絶対ばらさないテクニックでしょうね。
でももし、ミノルさんに切迫したタイムを出す人が、こういったドラテクのウンチクで開眼してミノルさんのタイムをぶっちぎったら・・・また意地になって巻き返そうとするんでしょうねw
まさしくエンドレスw
コメントへの返答
2015/01/25 14:14:19
現役なら絶対ばらさないテクニック・・・・・。

もちろん、田中が現役なら、絶対に言わないと思います(笑) ・・・・、だって、メシのタネ ですからね・・・・。

そして、この精度で勝負するところが、
やっぱり、一番楽しいです!!

ぜひ、サーキットを!
2015/01/25 08:58:08
よくわかりませんが、凄そうですね〜〜笑

オープンデフも同じ操作だと思うのですが…
足がしっかり出来てなくてイン側の接地圧確保できないなら、たしかに有効なのかなー

難しいです〜

んー

FFで凄い領域までいかないとわからないのかな?

車って、楽しいですね!

さらなる、解説楽しみにしてます!



コメントへの返答
2015/01/25 14:18:01
少々・・・、いや、かなり複雑な話ですよね・・・・。

LSD は、クルマのキャラクターを決めるパーツだけに、投入してから、セットアップも、もう一度、合わせ込む必要がありますね。

さらなる、解説、頑張ります!
2015/01/25 12:58:59
時折覗かせていただいて勉強させていただいております
少し疑問に思ったので質問させていただきたいのですが、「LSDロック時の左右回転数は同じ=リングギアの回転数と同じ」ということは旋回時でも左右のタイヤにかかるエンジンからの出力は均等だと思っていたのですが違うのでしょうか?
それとも外輪と内輪のトルク差というのは概念的なもので実際はタイヤのグリップ限界を超えない範囲で内側のタイヤの荷重を抜いて引きずりをなくすことで擬似的にトルクべクタリングを使うという感覚なのでしょうか?
わかりにくい文章で申し訳ないですがご教授頂けると嬉しいですm(__)m
コメントへの返答
2015/01/25 14:47:35
さて、ご質問の件ですが、

LSD(デフロック)の場合、走行中の左右の回転数は同じとなります。
ただ、エンジンの出力は、左右に振り分けられることがあるように思います。

たとえば、デフロックのクルマをジャッキアップして、アイドリング + ギアを入れた状態だと、左右のタイヤは同じ回転で回ります。

この状態から、人間の力にて、このタイヤ回転を止めようとすると・・・・・、2人で左右のタイヤを止めようとする場合と、ひとりで片側のタイヤを止めようとする場合では、ひとりの方が、エンジンをストールさせるには、強い力が必要ですよね?
(危険ですので、実験は行わないで下さいね)

これは、アイドリング時のエンジンパワーが、負荷の大きい片側のタイヤに集中(移動)したからだと考えられます。

このように、走行中、グリップしているタイヤの方が、トラクション(地面を蹴る力)が強いことから、エンジンのトルクは、負荷が低い方から、負荷が高い方へ、流れる(移動する)ことになります。

説明が ヘタ ですいません・・・。
2015/01/25 17:31:52
LSDを入れたらアクセルの踏み方を
『バチコーン!』
から
『ク、クゥ~~ん!』
にしなきゃ、てワケの判らん説明を今までしてましたが、このシリーズをプリントアウトして見せた方が早いですね(笑)
この最初の『ク、』の部分が踏む量が少なすぎて時間も短すぎるので、説明に手間取ってました。
コメントへの返答
2015/01/26 01:49:20
『ク、クゥ~~ん!』
解説、完璧です!!

でも、LSDを投入しても、
『バチコーン!』
の方が、意外と多いんですよね~(笑)
2015/01/25 20:37:11
ご回答いただき有難うございます
ない頭ひねりながら理解してみます(´Д` )
シーズンイン(現在積雪でドライターマック走れないので)まで脳トレして考えながら走れるよう頑張ります!
コメントへの返答
2015/01/26 01:55:52
いや~、LSD の解説は、本当に難しいです・・・。

きっと、助手席で動きを感じれれば、数秒で理解できることでも、活字で解説すると、複雑になりますよね・・・・・。
2015/01/25 22:39:29
今までの自分の運転が不安になってきました(汗

次回サーキット走行時は参考にして意識してみます(滝汗
コメントへの返答
2015/01/26 01:59:36
ご無沙汰いたしておりました・・・・・・。

そんな・・・・、
このドラテク理解しないで、あのタイムは・・・・・、
出ないと思いますよ~。
2015/01/26 14:08:32
なるほど~

筑波の車載で
他車よりインでクイッと曲っているのには
そんなドラテクがあったんですね~
コメントへの返答
2015/01/26 19:36:18
そうなんです・・・。

あのドラテクなしで、あのタイムは、やっぱ、出ないです(笑)
2015/04/26 23:32:42
ご無沙汰してますTMエキマニぞっこんLoveです(笑、音質・音量・トルクなど文句の付けようがありませんです

最近コーナリング中にアクセルちょい開けしといたほうが早く行けるのでは?と思ってましたがやっぱLSD入れないと茂原サーキットは難しいです、でもオープンデフで1分切れたのは嬉しかったです

もうちょいで念願のTM製LSD&クラッチの費用が貯まるのでその時はよろしくお願いします、すっかりTMにはまってきてます
コメントへの返答
2015/04/27 12:07:16
ありがとうございます!
(いや~、嬉しいですね~!)

OPEN デフの場合、このチョットだけアクセルというドラテクを使用できませんが、LSD を投入されると、ガッツリ活用いただけますよ~。

そして、このテクニックが使えるようになったら、
もっともっちお、速くなりますよ~~!

 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「KUMHO V700 の コンパウンド について!              https://minkara.carview.co.jp/userid/496446/blog/41567944/
何シテル?   06/06 09:34
スイスポの開発と、ラップタイムにエクスタシーを感じる、元競争自動車運転手。 引退するまで、延べ47台のレーシングカーをセットアップした経験を持ち、最近は、マイ...

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

2018 スイフトマイスター決定戦 & ワンメイクドライビングレッスン 直前状況! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/17 18:53:22
BILLION スーパーブレーキフルード Class6 新登場! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/20 16:18:08
ZONE ブレーキパッド 86/BRZ のマッチング! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 11:48:58

お友達

TM-SQUARE ZONE BILLION HYPERCO CLEAR WAYS ユーザーならびに、少しでも興味があれば、ぜひ! です。

もちろん、ドラテク & タイムアタック 大好きな方、
スイフト オーナー、86/BRZオーナー、ハイエース オーナーも、お気軽に!!
1098 人のお友達がいます
あきら@あきら@ * アリ@黄色アリ@黄色 *
EVOMANIAEVOMANIA * ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認
がちょう乙がちょう乙 * 三十爺三十爺 *

ファン

2,198 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 6号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC33S プロジェクト スタート! ジックリ、ガッツリ、TM-SQUAR ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 2号車 (スズキ スイフトスポーツ)
1号車は、開発作業が多く、ほとんど乗れない時期があったので、  買っちゃいました、もう ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 4号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC32S も、始動しました! テストを進めてみると、 ホイールベース ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 5号車 (スズキ スイフトスポーツ)
4号車が、あんな感じになっちゃいましたので、 開発のため、もう一台、買い足しました! ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.