• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年01月26日

田中ミノル式  FF 機械式 LSD 完全解説   「曲げるための LSD 有効活用法」⑥

田中ミノル式  FF 機械式 LSD 完全解説   「曲げるための LSD 有効活用法」⑥














今回解説するLSD 装着のメリット。


それは、


「コーナー進入時 (減速時) と、高速コーナーで、安定感が増大する」


という 内容なのであります。

(この安定感とは、リアの安定感を指し、オーバーステアになりにくいという意味合いです)









では、まず、コーナー進入時 (減速を伴うコーナーの進入時) から解説しましょう!






減速を伴うコーナーへ進入する場合、ブレーキング + シフトダウン によって、

クルマは大きく前傾していることから、リアの荷重が少なくなり、

セットアップによっては、オーバーステアが発生しやすい状況となります。



特に、進入部分が複合コーナーになっていて、手前コーナーの 「G」 が

残ったままのフルブレーキでは、とてもピーキーな特性となりやすく、

場合によっては、クルマの安定感と相談しながら、

ブレーキの強さを決める必要もあります。





このように、コーナー進入時、リアの安定感が不足している状況では、

LSD を装着すると、大きなメリットになります。






なぜなら、LSD の装着によりロック率が上がると、

クルマは真っ直ぐ走ろうとしますので、直進安定性が向上し、

このブレーキング時の唐突なオーバーステアを抑制してくれるからです。








また、少々、余談ですが、

よく、1way タイプのLSD では、減速側の カム角が設定されていないため、

「減速時は、LSD によるロックが発生せず、左右のタイヤがフリーになる」

という話を聞きますが、これは間違っているように思います。


理由は、いくら減速側の カム角が設定されていなくても、

イニシャルトルク分 LSD は、ロックされるからです。




ですから・・・、

減速時の効きが比較的マイルドな 1way タイプのLSD でも、

コーナー進入時の安定性は、オープンデフと比較すると向上します。


※ 上記の解説は、4輪のタイヤがすべてグリップしていることが条件となります。

  タイヤが、グリップしていない状況では、LSD の効きが強い方が、

  オーバーステアのバランスになることもあります。  










では、タイヤがグリップしている状況における デフのロック率と、

減速時の安定感、そして、アンダー/オーバーのバランスを図解しましょう。


















上記のように、デフのロック率が高くなると、減速時の安定感が増し、

ドライバーは、思い切ったメリハリのあるブレーキングが可能となります。



結果、高い進入スピード & 大きな荷重移動を活用でき、

それを組み合わせて、より曲がりやすい状況を

ドライバー自身で作れることも、LSD 装着のメリットのひとつです。

(もちろん、LSD のセットアップにも左右されます)






















そして、LSD の装着による 強く安定したトラクションは、

高速コーナーにおいても、とても大きな武器になります。






なぜなら、オープンデフ等、デフのロックが弱く不安定な状況だと、

路面の小さなギャップに影響を受け、トラクションが小刻みに変化し、

オーバーステアの原因となる場合があるからです。





また、仮にオーバーステアバランスには至らない場合でも、

この不安定なトラクションは、ステアリング操作や、アクセルON/OFFに、

かなり神経を使う ピーキーな特性となり、

ドライバーは自信を持って攻めることができなくなってしまいます。









そこで、LSD を装着すると!

飛躍的にトラクション性能が向上し、連動して直進安定性も向上。



また、トラクションの変化量も少なくなる (一定のトラクションが安定してかかり続ける)

ことから、独特の 「ドッシリ感」 が生まれ、高速コーナーにおける安定感が増大します。






この安定感は、ドライバーの恐怖心を大きく抑制し、

躊躇なくアクセルが踏めるというメリットとなりますので、

特に、トラクションが安定しない車両、

トラクションを掛けづらいハイパワー車両においては、

ドライバビリティを大きく向上させることが可能となります。







それに、トラクションが強く安定していることで、

同じスピードで高速コーナーに進入し、同じようにアクセルを踏んでいても、

エンジンパワーが、より効率よく路面に伝わることから、

コーナーの出口では、スピードが少し速くなるというメリットも加わります。












以下は、デフのロック率と、高速コーナーでの安定感、

そして、アンダー/オーバーのバランスを図解しています。

















デフのロック率が高い場合は、

高速コーナーで安定しているというメリットはありますが、

少々曲がりにくくなり、バランス的には、アンダーステア方向へ。



そして、LSDのロック率が低い場合は、

曲がりやすいというメリットはありますが、

安定感が弱くなり、オーバーステア方向のバランスとなります。


















以上のように、減速時/高速コーナーともに、

デフのロック率は、クルマの安定性に対し大きく関与しています。


そして、安定性が向上すると、クルマは、アンダーステア方向のバランスとなることから、

どれぐらいの強さでLSD を効かせるかによって、そのクルマのキャラクターも

決定付けられてしまう とても重要なパーツなのであります。








また、減速時/高速コーナー における LSD セットアップアップ の 「キモ」 は、

アンダーステアは、さほど強くない状況で、

十分な安定性がある 「ちょうどイイ効き」 に設定することです。











さぁ~、今まで、6回に渡りお届けしてまいりました

田中ミノル式  FF 機械式 LSD 完全解説 「曲げるための LSD 有効活用法」





LSDの解説をメカニズムの図解や、複雑な計算式を使用するのではなく、

ドライバー目線(ドライバーが感じ取るフィーリング)のみで、解説を行うという 

かなり無謀な企画でしたが、みなさん、ご理解いただけましたでしょうか?





LSD を使用すると、ドライバーは、どのように感じ、

LSD をどのように活用すれば、速く走れるのか・・・。




ということを、一部でもご理解いただけていたら、田中は嬉しいですね~。














最後に、もう一度、おさらいすると・・・、

みなさんに活用していただきたい LSD のメリットは、




① オープンデフでは、反応してくれない、タイトコーナーのアクセルを踏み始めるポイントで、
  
   的確にトラクションが反応してくれる


② タイトコーナーのクリッピングポイント周辺で、ほんの少しアクセルを開くと、

   アンダーステアが抑制され、急激にクルマが曲がり始める (LSD乗り)


③ コーナー進入時(減速時)と、高速コーナーで、安定感が増大する




といったことです。


















そして、田中の個人的な見解となりますが、

LSD を装着したことに対して、少々注意が必要な部分は、





① ミッションオイルの交換頻度が高くなる


② アクセルON にて、LSD の ロック率が変化する状況で、

   少しだけ、直進安定性が悪くなる部分がある

   (ステアリングをホールドしていれば問題ない範囲です)


③ LSD がロックすることにより、少し走行抵抗が増えることから、

   LSD のメリットを有効活用できないと、ラップタイムにアドバンテージがない


④ LSD のセットアップ、使用するオイルによっては、チャタリングが発生し、

   ストリート走行での快適性が失われる


⑤ キャンバーがガッツリと付いている場合、内輪の内側角の磨耗が進みやすい







と、なります。



なかなか、書きにくい部分ではありましたが、

みなさんが、今後、LSD を投入するかどうかの判断材料として、

メリットだけではなく、注意点も必要かと思い、誤解を恐れず、書いてみました。
















いや~、かなりの 長文となりましたが、

以上が、田中ミノル式  FF 機械式 LSD 完全解説 

「曲げるための LSD 有効活用法」 となります!














最後に、本ブログを書くために、

たくさんのみなさんに、ご協力いただきました!




TOM’S  レーシングエンジニア の TJ  さん

モーターファン イラスト レーテッド 編集部の M さん

モータージャーナリスト の S さん

内容を確認いただきました K 先生





心からお礼申し上げます。

ありがとうございました!










そして、長編ブログに、

お付き合いいただきました みなさん!!

ありがとうございました!!








ブログ一覧 | TM-SQUARE | クルマ
Posted at 2015/01/26 19:01:45

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

2015/01/26 20:11:12
ミノル師匠(^o^)vありがとうございます。
昨日の美浜走行は、師匠の教えだけをイメージして走行しました。結果は今までのベストより0.5秒も更新しました。詳しくは私のブログ見てください。

最終枠、最終周回で更新(^o^)v
最後は矢吹丈が、「明日のためのその1」で言葉を言いながら、「やや内側をえぐるように、打つべし」のように言葉にだして、LSD活用極意を注意して、アタックしました。
出来てたか?わかりませんが、努力は無駄ではないと痛感しました。
やっと47秒切りが出来ました(^o^)v
ありがとうございましたm(._.)m
コメントへの返答
2015/01/26 20:41:23
47秒0 → 47秒0 → 46秒9  が、ステキです!

しかし、まぁ~、0.5秒更新は強烈ですね~。

それと・・・、走行中に口に出して、重要なポイントが言えるということは、それだけ、頭の中にスペースがあるということですね。

この「考えられるスペースが」タイムアタックには、
何よりも大切な気がします。

しかし、スゴイなぁ~!!!!!!!!
2015/01/26 21:30:03
いやあ
凄い解説のオンパレードでした! S田さんに組みつけてもらってから間もなく規定の慣らし終えそうなんですよ 1月始めにつけてもらってなんとか1000いきそうです! なかなか解説通りにはもちろん難しいでしょうけど まずはセントラル 続いてツイン 鈴鹿南といってみたいです!!
コメントへの返答
2015/01/27 00:10:16
いよいよ、慣らし終了ですか!

慣らしが終われば、オイルを交換して、ガッツリと、サーキット走行、楽しんでください!

そして、サーキットで、TM LSD が、走りに、タイムアップに貢献したら、また詳細 教えて下さい!!
2015/01/27 09:27:44
はじめまして。Initial Rと申します。LSD解説シリーズ、興味深く読ませていただきました。今まで見たLSDの説明の中で最もわかりやすく、大変勉強になりました。
最近自分の車(4駆なのですが)にもフロントデフを導入し、その使用法を模索しているところだったので、非常にタイムリーな内容でした。

デフを表した表現としてよく言われる「トラクッション向上、でも曲がりにくくなる(アンダーが出る)」というのは聞いていたのですが、どう乗ると曲がらず、どう乗ればコーナリングアイテムとして使えるかイメージできました。

LSD乗り、意識してマスターしたいと思います。このような素晴らしい解説、本当にありがとうございました。
コメントへの返答
2015/01/28 12:02:38
いや~、メッチャうれしいですね~。
こちらこお、ありがとうございます!!

LSD の解説って、機構的な部分と、条件を固定した機能の部分がほとんどで、詳しい知識がないと、なかなか理解できないですよね・・・・。

また、ドライバーサイドからの解説は、ほとんど見かけたことがなかったので、頑張って書いてみました。

ぜひぜひ、LSD乗りをマスターして、LSD をより有効に活用してください!
2015/01/27 10:41:31
\_ (・ω・!)フムフム!
.
.
\_ o(_ _o)ぐぅ.。o
コメントへの返答
2015/01/28 12:05:45
少々、長過ぎましたね・・・。
すいません・・・。
2015/01/27 16:13:05
オープンデフと機械式との比較は物凄く勉強になりましたが、1つ分からないことがあるので教えて下さい。

愛車(FF)には純正品として、スーパーLSD(コーンクラッチ)/ロック率20〜33%が装備されています。
メーカー側からの見方だと、オープンデフに若干のパーツを足すだけで作れるLSDだということは調べて分かったのですが、この純正品は使い方が分からないので困っている次第です。

機械式ではないLSDは位置づけ的にどう考えれば良いでしょうか?
教えて頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。
コメントへの返答
2015/01/28 12:29:13
いや~、難しいご質問でございます・・・・・。

ひとことで、機械式ではないLSD と言っても、いろいろなタイプがあり、田中もすべてを理解 & 使用していませんので、的確なコメントができません・・。すいません・・・。

まぁ~、一般的には、機械式より、ロックは優しい方向となると思いますが、どんどん新しい製品も出てきており、機械式のセットアップによっては、どの条件でも、機械式よりロックが優しいとは言い切れないかも知れないですね・・・・・。

また、レスポンスと、ロックの強さ という問題は、あるかもしれませんが、使用方法としては、機械式と同じです。
2015/01/28 18:29:36
長編の解説お疲れ様でした。

分かり易い解説でしたので、早く走りに行きたくなってしまいましたよ。(笑)
まあ、その前に1000キロの慣らしをしないとですが…
解説されていた事を、次のサーキット走行時に実践してみたいと思います。

ただ元々はSW20に乗っていて、極力アンダーを出さないように走っていたので、LSDを生かした走りができるようになるまで、暫く時間が掛かりそうですが…

導入したLSDを有効活用できるよう、頑張って走り込みたいと思います。
コメントへの返答
2015/01/28 20:21:40
ありがとうございます。

まさに、このドラテクを元に、セットアップされた 
LSDですので、解説どおりに走ると思いますよ~!

そして、まずは、TC1000 で、驚きのラップタイムを刻んじゃって下さい。田中の想像では、最終セクションが、劇的に速くなるように思います!!

乞うご期待です!
2015/02/01 09:27:54
先行して
装着し悩んでいる知人に
教えて上げたい内容でした

LSDに何を求めているのか
本人自身解っていなければ
セットアップも走り方もないですからね~
コメントへの返答
2015/02/01 12:15:39
トラクションパーツ としてだけの使用であれば、ロックが強いこと で、すべてOKなのですが、
コーナリングパーツとして使用する場合は、セットアップがとっても重要ですね。
2015/02/01 09:33:17
追コメ失礼しますm(_ _)m

オイルの問題もあるかもしれませんが
普段乗りでバキバキしてるLSDは
減速時、コーナリング時に
求めるより早くロックして
ドライバーに不安定感
コーナリングを強アンダーにしてしまっている
可能性があるのでしょうか?
コメントへの返答
2015/02/01 12:19:35
チャタリングが発生している LSD は、
アンロック → ロック がリニアではないように田中は思います(急激に、ガッツン とロックするイメージです)。

ですから、ドライバーが、このLSD の ロック を遣いづらいことが、少々気になりますね・・・・。

 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「KUMHO V700 の コンパウンド について!              https://minkara.carview.co.jp/userid/496446/blog/41567944/
何シテル?   06/06 09:34
スイスポの開発と、ラップタイムにエクスタシーを感じる、元競争自動車運転手。 引退するまで、延べ47台のレーシングカーをセットアップした経験を持ち、最近は、マイ...

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

BILLION スーパーブレーキフルード Class6 新登場! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/20 16:18:08
ZONE ブレーキパッド 86/BRZ のマッチング! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 11:48:58
86/BRZ 「ドラシャ まわりの断熱」 には、エキゾースト バンテージ が オススメ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/24 20:32:05

お友達

TM-SQUARE ZONE BILLION HYPERCO CLEAR WAYS ユーザーならびに、少しでも興味があれば、ぜひ! です。

もちろん、ドラテク & タイムアタック 大好きな方、
スイフト オーナー、86/BRZオーナー、ハイエース オーナーも、お気軽に!!
1096 人のお友達がいます
TRIAL@大阪TRIAL@大阪 *みんカラ公認 cockpitcockpit *みんカラ公認
CAR-CLINICCAR-CLINIC *みんカラ公認 ジーピースポーツ&ギャラリィジーピースポーツ&ギャラリィ *みんカラ公認
スーパーオートバックス浜松スーパーオートバックス浜松 *みんカラ公認 EVOMANIAEVOMANIA *

ファン

2,192 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 6号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC33S プロジェクト スタート! ジックリ、ガッツリ、TM-SQUAR ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 2号車 (スズキ スイフトスポーツ)
1号車は、開発作業が多く、ほとんど乗れない時期があったので、  買っちゃいました、もう ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 4号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC32S も、始動しました! テストを進めてみると、 ホイールベース ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 5号車 (スズキ スイフトスポーツ)
4号車が、あんな感じになっちゃいましたので、 開発のため、もう一台、買い足しました! ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.