• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

田中 ミノルのブログ一覧

2011年05月30日 イイね!

「きびだんご」 のお話

「きびだんご」 のお話















昨日、岡山からトーションビーム交換にいらっしゃった、

スイフトオーナーさんに、いただいた、「きびだんご」。






弊社、佐藤に、「欲しい?」 って聞いたら、

「欲しい!」 と言うので、ひとつ あげました。






これで、佐藤は、一生 田中の 子分です!

働いていただきますよ~(笑)







Posted at 2011/05/30 19:51:13 | コメント(7) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2011年05月30日 イイね!

バックアップ体制に、感動です!

バックアップ体制に、感動です!












大盛況だった、週末の SA京都ワンダー イベント。




台風の中、たくさんの方々に、ご来店いただき、

本当に、ありがとうございました。





でも、今回のイベント、S田さんをはじめ、京都ワンダーさんの気合を感じました。





だって、お店のいたるところに、

大型の、POP が・・・・・・・・・・・・・・・・。

































ありがとうございます!















でも・・・・・・・・・、















今日は、なにやら、ぶっ倒れて、休んでいるらしい・・・・・・・・(笑)。










Posted at 2011/05/30 16:51:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | イベント | イベント・キャンペーン
2011年05月29日 イイね!

SA京都ワンダー イベント ご来場ありがとうございました!

SA京都ワンダー イベント ご来場ありがとうございました!














台風の中、単独ベントにもかかわらず、

たくさんのみなさんにご来店いただき、本当にありがとうございました!





しかし、SA京都ワンダーさんの駐車場で、

こんなにたくさんの、スイフトを見たの 初めてです・・・・!





岡山からの 大人買い集団?や、

埼玉、神奈川からの インテークBOX 装着隊 を筆頭に、

たくさんのみなさんに、ご来場いただき、感謝、感謝です!!


(だって、今日の段階で、このインテーク売ってるの SA京都ワンダーさんだけですから・・・・)






悪顔と、イカツイ吸気音と、図太いトルクに、包まれた、

みなさんのワクワクした顔を見ていると、

「がんばって、開発してよかった!」 と、つくづく思い、

田中は、とっても、幸せな気持ちになれました。
























また、インテークBOX 以外も、たくさ~ん、買っていただきありがとうございました!



どれもこれも、田中の思い入れと、こだわりが詰まったものばかりですので、

スルメのように、ジックリと、テイストを噛み締めていただければ、

開発者としては、この上ない幸せでございます。













でも、このお三方は、燃え尽きて、廃人のように・・・・・・・・・・・。










(ご存知、京都ワンダーのスイスポマニア S田さん)







(スーパーメカニック 米津さん  写真右)








(そして、完全に、燃え尽きた 弊社、佐藤)






いやはや、本当にお疲れ様でした!














そう言えば、本日はこんな方にも、

ご家族で、ご来店いただきました!!

























ハイエースまで、カーボンボンネットとは・・・・・・、恐れ入りました・・・・・・。


でも、軽くしたいなら、もう少し、小さいクルマの方が・・・・・。


カッコはいいけどね・・・・・・・・・・・・・・・・!













ということで、SA京都ワンダー でのイベントは、大盛況の中、幕を閉じましたが、

関東からの遠征組みのみなさんをはじめ、台風の中、長距離ドライブのみなさん、

十分に気をつけてお帰りくださいね!






田中も、明日は、朝から元気に、東京で、仕事していますので!!







今週末、天気の悪い中、ご来店いただきましたみなさん、

本当に、本当にありがとうございました!!!
















(悪顔、かなり、増殖中・・・・・)












Posted at 2011/05/29 22:26:14 | コメント(4) | トラックバック(0) | イベント | イベント・キャンペーン
2011年05月28日 イイね!

SA京都ワンダー イベント  スタートです!

SA京都ワンダー イベント  スタートです!

















みなさ~ん!  準備万端です!!




今回は、ホント工賃が・・・・・、ハンパないです。



仕掛人は、ご存知 S田さん!
























と、今朝、ここまで書き始めたブログですが、



続きがこの時間になりました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。











いや~、工賃激安パワー 恐るべしです・・・・・。





今から、ECU書き換え後の試乗に、行ってきます!

















Posted at 2011/05/28 18:24:37 | コメント(11) | トラックバック(0) | イベント | イベント・キャンペーン
2011年05月27日 イイね!

勝手に「道場破り」 Vol 7  in  FSWショート (ドラテク編)

勝手に「道場破り」 Vol 7  in  FSWショート (ドラテク編)













では、本日は、告知どおり、ドラテクを!




コースは、A1 B3 C2 といった、走行会や、スポーツ走行で、

一番メジャーな、レイアウトで、お話しますね。













このレイアウトは、①②③ の A1 区間

⑤⑥⑦⑧ の B3 区間

そして、⑨⑩ の最終コーナー の 3つによって、構成されています。





じつは、各々の区間によって、求められることが違い、

とっても、奥の深い、コースなのです・・・・・・。





さすが、関谷校長 監修コース ですね。

(田中も、コースの監修には、かかわっていたりします・・・・・・・)











では、はじめましょう。





まず、3速全開で、ストレートの右側を走り、①コーナーを目指します。

①コーナーは、減速と、ステアリング、どちらが先かと訪ねられれば、




ステアリングの方が、先です。

(BIG パワー車は、もちろん、減速の方が先です)








ですから、クリップに向けて、ステアリングを切った瞬間に、

減速開始(3速のままです)。




ここのブレーキのポイントは、あまりフロントをダイブさせないようなイメージで、

「ツー」 っと、かける感じです。







で、①コーナーのイン側をクリップするのですが、

セットアップ編で、書いたように、

インの縁石を利用するかどうかは、使用しているスプリングレートで、違ってきます。





縁石に乗っても、弾かれないレベルなら、ガッツリと縁石を利用し、

弾かれて、クルマが不安定になるなら、イン側の縁石には、タッチしないラインをとります。











そして、クリップ直前あたりから、

田中は、アクセルをON (全開じゃないです)。



このアクセルの意味は、クルマを前のめりの状態から、

水平に保つためのアクセルです。



この①~②の区間で、クルマが前のめり過ぎると、

挙動が不安定(オーバーステア)となり、速く走ることができません。




ただ、アクセルが入ることから、クルマは、より外にラインを取ることになりますので、

①コーナーのクリップから、②コーナーのイン側に向けて、かなり直線的なラインとなります。

(①コーナーのクリップから、②コーナーのクリップを直線でつなぐようなラインです)





すると、②コーナーは、ライン的にはかなりタイトとなりますが、

このラインの方が、圧倒的に、①コーナーのボトムスピードが上がります。








そして、②コーナーの手前で、アクセルOFF と同時に、

短いブレーキング & 3 → 2 へ、シフトダウン。





このブレーキで発生する、フロント荷重により、

ライン的には厳しい、②コーナーを 「クルッ」 と、曲がります。



曲がったら、また、少しアクセルに足を乗せますが、



②コーナーの出口は、コース中央あたりで、何とかこらえて、

再び、減速と共に 2速のまま ③コーナーのクリップを目指します。





でも・・・・・、

この ③コーナーの出口は、ありえないぐらいの上りとななっており、

アクセルオンのポイントが、少しでも遅れれば、そのラップのタイムは、

絶対に望めません・・・・・・・・・。






ですから、アクセルON が、遅れないようなラインを取ることが、とっても重要。


間違っても、進入優先で攻めると、0.5秒は、タイムがダウンしてしまいます・・・・。




また、このコーナーは、コースの中で、一番スピードが落ちるコーナーで、

2速を使用すると、かなり回転も低くなります。




おまけに、すごい上りとなりますから、

ボトムスピードを保ちつつ、アクセルを開けるタイミングが遅れないように、

細心の注意が必要なのです。



なお、このコーナーのイン側の縁石は、低いので、使用してもOK です。






それと・・・・、

このコーナーには、やっぱ、LSD が必要不可欠となります。



だって、こんな、シチュエーションで、イン側のタイヤが空転したら、

やっぱ、好タイムは望めませんからね・・・・・・。









 







でもって、お次! B3  コーナーに向かいます。


ここで、田中が思うことは、⑤コーナー のラインがとっても重要だと言うことです。




⑤コーナーは、なんとな~く、いつまでも曲がっていて、

ハンドルを切るタイミングもわかりにくく、コースの先も見えづらい・・・・・・・。




だから、ここは、男らしく? 

アウト → アウト →  真ん中 で走ります。





もちろん、アクセルは全開のままですので、フロントタイヤのグリップも薄く、

気持ち的には、インに寄りたいところですが、グッと我慢して、

ひたすら、コースのアウト側を走行します。


(現在、発売中のレブスピードで、

片岡先生は、アウト側はNG だとおっしゃってましたが・・・・・・)









ギア的には、スイフトの場合、チューニングECU で、

レブが引き上げてあるものなら、2速キープ。




ノーマルECU の場合、1型なら、いったん3速にシフトアップ。

2/3型なら、アクセルはレブによって戻されますが、2速キープのほうが速いと思います。










そして、アクセルOFFの状態で、⑥コーナーのクリップを取りに行くのですが、










ここのアクセルOFF は、ちょっとした コツ が、必要です。






もし、ズバーッ と、全開から 全閉にすると、

クルマは、間違いなく、オーバーステアになってしまいます・・・・・・。




ですから、注意深く、アクセルを踏み込むときと同じように、

全開の状態から、少し時間をかけて、アクセルを抜いていくのです。




それでも、荷重はフロントに移りますから、クルマは、どんどん曲がっていきます。




で、ある程度、曲がりだすと、アクセルは、踏み込むほうに変わりますので、

⑥コーナーのアプローチから、アクセルは、




全開  →  だんだん閉じる(全閉にはならない)  →  だんだん開く




といった感じになります。






ライン的にも、⑦コーナーでは、コースの真ん中あたりまでしか膨らないようにして、

⑧コーナーにアプローチ。





アクセルを短く全閉にして、フロントに荷重を移し、

⑧コーナーのクリップを取りに行きます。









また、⑧コーナーイン側の縁石も、

スプリングレートによって、利用するかしないかを決めますが、

激しく、左から右へ、Gフォースが変化するタイミングで、縁石がやってきますので、

エキスパートになるまでは、ちょっと控えた方が、無難かな と、思います。





そして、クルマの向きが変わったら、アクセルを踏んで、

⑧コーナーを立ち上がります。




立ち上がる位置は、アウトの縁石が終わって、

コースの外の地面が掘れているあたりに、立ち上がれれば、BEST です。





それから、短いストレートを走り、最終コーナーに向かいます。











最終コーナー(⑨コーナー)の手前で、ギアは、 3速へ、シフトアップしますので、

ブレーキングと同時に、3 → 2 と、シフトダウン。





フロント荷重をうまく使用し、⑨コーナーを、「クルッ」 と、曲がります。

⑨コーナーのイン側縁石は、かなり高く、絶対に、タッチは、NGです。

(クルマが壊れます・・・・・・・・)





このコーナーのポイントは、



ブレーキングの位置が、上りになっていることから、コーナーの中にスピードを

持ち込むことが、とっても難しんです。



自分では、飛び込んだつもりでも、コースが上っていることから、

コーナーの手前で、減速が終了し、どうしてもボトムスピードが落ちてしまいます。




でも、それを見越して、思い切って飛び込むと、

今度は、どうしてもブレーキリリースが遅れ、アンダーステア となりやすいコーナーなのです。



 





ですから、このコーナーのポイントは、思い切って飛び込んで、

ブレーキリリースを早目から行うこと です。


すると、上りが効いて、うま~く SPEED が、合ってくれるんですね~。






こうなると、クリップ付近まで、うまく SPEED を 持って進入できますので、

荷重が効いて、コーナーの中で、「クルッ」 と、曲がって、くれるのです。










また、立ち上がりの ⑩コーナーの縁石は、このコースで一番危険な箇所です。



向きが変わった状態で縁石に乗っても、まったく問題ありませんが、

コーナーの中で、向きが変わる前に、

強引にアクセルを踏んだ状態 (通称 アンダーステアライン) で、縁石に乗ると、



アッという間に、オーバーステアとなり、イン側に巻き込み、

コンクリートウォールに、撃沈・・・・・・・と、なってしまいますので、

くれぐれも、ご注意を!













と、いうことで、田中の 36秒2 の動画を どうぞ!!






















少々画像は悪いですが、

ドライバーの込みの画像は、こちらでどーぞ!




















以上、FSWショート の攻略法でした!












Posted at 2011/05/27 19:12:31 | コメント(6) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「KUMHO V700 の コンパウンド について!              https://minkara.carview.co.jp/userid/496446/blog/41567944/
何シテル?   06/06 09:34
スイスポの開発と、ラップタイムにエクスタシーを感じる、元競争自動車運転手。 引退するまで、延べ47台のレーシングカーをセットアップした経験を持ち、最近は、マイ...

ユーザー内検索

<< 2011/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

BILLION スーパーブレーキフルード Class6 新登場! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/20 16:18:08
ZONE ブレーキパッド 86/BRZ のマッチング! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 11:48:58
86/BRZ 「ドラシャ まわりの断熱」 には、エキゾースト バンテージ が オススメ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/24 20:32:05

お友達

TM-SQUARE ZONE BILLION HYPERCO CLEAR WAYS ユーザーならびに、少しでも興味があれば、ぜひ! です。

もちろん、ドラテク & タイムアタック 大好きな方、
スイフト オーナー、86/BRZオーナー、ハイエース オーナーも、お気軽に!!
1095 人のお友達がいます
まぼーまぼー * エンジンスワッパーエンジンスワッパー *
まぁくん。まぁくん。 * ANYOKiNG 【DRiViSiON】ANYOKiNG 【DRiViSiON】 *みんカラ公認
Red LeoRed Leo * かぁ~ずかぁ~ず *

ファン

2,193 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 6号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC33S プロジェクト スタート! ジックリ、ガッツリ、TM-SQUAR ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 2号車 (スズキ スイフトスポーツ)
1号車は、開発作業が多く、ほとんど乗れない時期があったので、  買っちゃいました、もう ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 4号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC32S も、始動しました! テストを進めてみると、 ホイールベース ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 5号車 (スズキ スイフトスポーツ)
4号車が、あんな感じになっちゃいましたので、 開発のため、もう一台、買い足しました! ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.