• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

田中 ミノルのブログ一覧

2012年04月27日 イイね!

6/2 ワンメイク ドライビング レッスン (エントリー状況!)

6/2 ワンメイク ドライビング レッスン (エントリー状況!)












6/2 FSWショート にて開催予定の

ワンメイク ドライビング レッスン SUZUKI SWIFT CURCUIT DAY









詳しくは、こちらのブログで!









本日、FSWさんから、連絡が入ったのですが、

な、なんと! セミエキスパートクラスは、

満員御礼 となってしまいました!










いや~、ホントありがたいです。


きっと、みなさんの ニーズに、 ピッタリ だったのかなぁ~と、

勝手に思っています。ハイ。

(よかった・・・)





ここまで、信頼いただいた わけですから、

頑張りますよ~。

みなさんのラップタイムが、バッチリ短縮できるように!!












そういえば、一説によると、

あの チャンピオン が、参加するとか、しないとか・・・・・・。






この 飽くなき探究心・・・・・・、

速くなるはずですよね~。


田中も見習わないと・・・・・・・・・。














そうだ! セミエキスパートクラスは、満員御礼となりましたが、

サーキットビギナークラスは、定員10名中、

現在、5名の方にエントリーいただいておりますので、

また、5名分の 空きがあります。







サーキットデビューを ひそかに 狙ってる方、


田中と一緒に、

安全に、

そして基本から、サーキットデビューは、いかがでしょうか?














ということで、エントリーされたみなさん、

6/2 どうぞ、よろしくお願いいたします!!











Posted at 2012/04/27 20:41:22 | コメント(6) | トラックバック(0) | サーキット | イベント・キャンペーン
2012年04月26日 イイね!

2012 勝手に「道場破り」 in 鈴鹿ツインサーキット (ドラテク編)

2012 勝手に「道場破り」 in 鈴鹿ツインサーキット (ドラテク編)













いやはや、大変遅くなりましたが、

今夜は、3月に強行軍にて行いました、2012 勝手に「道場破り」。

最終章  鈴鹿 ツインサーキット(G)コース です。











ここは、昨年も訪れており、そのときのタイムは、40秒0

(この時点での「道場破り」成立!)





しかし、道場破り以降に、「道場破り」破り? にて、ブレイクされていましたので、

なんとしても、負けられない 戦いだったのであります。










では、はじめましょう。










最終コーナー(⑨)を2速で立ち上がり、

ある程度、距離のあるストレートの半ばにて、3速にシフトアップ。





ストレート区間は、

1コーナー(①)のアプローチのために、コースの左側 ギリギリを走ります。








ストレートエンドの最高速は、



昨年 →  125km/h

今年 →  125km/h



エンジンは、同じノーマルエンジンなので、違いはありませんでした。

(それなのに、0.6秒も速くなったんですよね~~!!)







そして、1コーナー(①)に向けて、ブレーキング & 3→2 へシフトダウン。




少々、早目から、ゆっくりとステアリングを切り、

ややナナメに、ブレーキをリリースしながら進入します。



1コーナー(①)は、出口が、ワイドになっているのですが、

クリップをカスメルぐらいでは、曲がりきれないので、

縁石付近で、少しだけクルマが曲がってくれるのを待ち、

その後、アウト縁石(縁石のようなもの??) ギリギリを狙って立ち上がります。

















1コーナー(①)を立ち上がると、

ライン的には、③コーナーへの進入までの区間、

①コーナー出口 ②コーナー ③コーナー入口を ひとつのコーナーと見立て、

同じRで、旋回できるようなライン取りをします。






これで、ずいぶんと、S字コーナー(③④)が、楽になるんですね~!







S字コーナー(③④)は、全開でクリアーできますが、


縁石をショートカットすると、クルマはかなり不安定になりますので、

慣れるまでは、アクセルOFF にて走り、レイアウト、縁石の状況が

詳しく、理解できれば、全開にトライしてみてください。






また、このS字コーナー(③④)は、シフトアップのポイントが

かなり、悩ましい・・・・・・。






この部分は、昨年のドラテクにて、詳しく書きましたので、



こちらをご参考に!








なお、このS字コーナー(③④)立ち上がりは、このコースで、唯一、デンジャーなゾーンです。




④コーナー イン側の縁石に乗り、大きくバランスを崩してしまったら、

アクセルを踏むことをやめて、アウトの縁石付近は近づかないようにしてください。


もし、イン側の縁石に乗り、大きくバランスを崩した状態なのに、

アクセル全開のままなら、タイヤバリアがお待ちかねです(笑)。



ここは、ミスはミスとして、認める勇気が重要ですね。



















そして、2速ホールドのまま 次の ⑤ コーナー へと、向かいます。










このコーナー、

今回走行した、F 700ポンド  R 500 ポンド のスプリングバランスなら、

ギリギリ イン側の縁石に乗ることができました。




ただ、縁石から降りるときに、

すでにトラアクションは、かかっていますから、

ドライブシャフトには、かなり負担がかかりそうな気がします。





ちなみに、この ⑤コーナーで、

インの縁石を使用しても、しなくても、

ラップタイムは変わりませんでしたので、

いくら、ドライブシャフトが強いスイフトと言えども、

縁石にタッチするかしないか、ギリギリのラインが、無難なような気がします。

















そして、⑤コーナー出口は、アウトいっぱいまで使用し、

⑥⑦コーナーへと向かいます。








⑥→⑦コーナー のラインは、今回のセットでも、

⑦コーナー のクリップに対して、少し膨らませた方が、

⑦コーナー でのアクセルONが、早いため、今回も ⑦コーナーのアウトから進入。




また、今回のスプリングレートでも、

⑦コーナー イン側の縁石は、使用しない方が速かったため

イン側縁石には、ノータッチで走行しました。









で、昨年と今年の一番大きな違い、それは、この ⑦コーナー の曲がり具合でした。




スプリングレートのバランス、トーレスシムでの調整、

フロントキャンバーの増量?、

それに、ファイナルを 4.7 へ、 そして、フライホイールを軽量したことで、

クルマはかなり曲がり、曲がってからのピックアップも

格段に昨年より速くなったと思います。

















それから、

パワーバンドの中で、⑦コーナー をアウトいっぱいに立ち上がり、

最終コーナー(⑨)へと、向かうのですが、

ここのラインが、またまた、悩ましい・・・・・・・・。






最短距離を優先すると、⑧~⑨のラインがタイトになり、


⑧~⑨のラインをワイドに取るためには、

アプローチ区間で、最短距離が、走れない・・・・・・。






ということで、田中のオススメ ラインは、

最終コーナー(⑨)の進入がタイトにならないレベルで、

一番距離が短いアプローチラインです。






具体的には、

⑦コーナー をアウトいっぱいに立ち上がって、

コースの半分まで行くか、行かないかぐらいまで、

クルマを右に振り、⑧~⑨コーナー にアプローチします。




でもって、リズム良く、⑧コーナー を全開でクリアーし、

最終コーナー(⑨)にアプローチするのですが、

ここで、ポイントがひとつあります。








⑧コーナー のイン側 縁石なのですが、

ショートカットのため、リアタイヤを縁石に乗せると、

ABSが、誤作動することがあります。





誤作動という言葉は、もしかしたら、正しくないのかも知れないのですが、

リアタイヤが縁石に乗り、降りる瞬間に、

ちょうどブレーキの開始となることから、

ASBが、激しく介入して、ブレーキがあまり効かなくなってしまうのです。





フィーリングとしては、ブレーキペダルが、

板を踏んでいるように、カチカチ になり、制動距離も伸びてしまいます。




ですから、⑧コーナー イン側の縁石を使用するラインは、

あまりオススメすることができません・・・・。











で、優しいブレーキングにて、最終コーナー(⑨)に飛び込んだら、

少々、クルマが曲がってくれるのを待って、

少しアクセルを開け、その後、全開にて、アウトいっぱいに立ち上がります。




最終コーナー出口の縁石は、かなりガタガタなので、

使用しませんが(失敗したときだけ使用します)、

それでも、アウト ギリギリを狙って立ち上がります。

(ある面、ピットロードに入るぐらいのラインとなります)
















そして、後は、ひたすら全開でストレートを走るのですが、

ここでも、ひとつポイントがあります。




このストレート、前半部分は、登りになっていますので、

シフトアップ(2→3)の速さが効くんです!



もちろん、シンクロ付きのミッションですので、

レーシングカーのようには、シフトアップできませんが、


少しでも、素早くシフトチェンジができれば、

ストレートスピードに影響してきます。





では、下のグラフを見てください。


















最終コーナーをほぼ同じスピードで立ち上がり、

ストレートで、2→3 へ、シフトアップしている部分の

スピードのロガーですが、違いがわかるでしょうか?





そうです、赤ラインの方が、

微妙ですが、シフトアップが素早いことから、

3速に入ってからのスピードに違いが出ていますよね~。





シフトアップは、サーキット走行の基本中の基本。




上手くいくと、0.1秒ぐらいは、平気でラップタイムを

短縮できますので、普段から 練習しておいて、損はないと思いますよ~。








ということで、

田中ミノル式 鈴鹿ツインサーキット攻略法は・・・・・、





○ 1コーナー (①)は、ボトムスピードを落とさないように、

   可能な限り 出口をワイドに取るべし。


○ S字をより効率的に走るため、①コーナー の出口から、S字ひとつ目のクリップ(③)

   までを  ひとつの大きなコーナーとして、ライン取りを考えるべし。


○ S字の中(③④)は、どのライン取り、どこでのシフトアップが、一番車速がのるか

  必ずトライすべし。


○ ヘアピン(⑦コーナー)は、インの縁石ギリギリを走行するが、縁石にはタッチせず

  立ち上がり重視で走るべし。


○ 最終コーナーは、アプローチ区間を色々なリズムで走り、どのリズムが一番

   立上り区間でアクセルON のタイミングが早いか、確認すべし。








となります。










では、動画にて、各ポイントを確認してくださいね!











車載動画のみ














車載動画 + ロガー











以上、

2012 勝手に「道場破り」 in 鈴鹿ツインサーキット ドラテク編でした!!








関連情報URL : http://twincircuit.co.jp/
Posted at 2012/04/26 19:41:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット | イベント・キャンペーン
2012年04月25日 イイね!

空飛ぶ ラティオス!

空飛ぶ ラティオス!











いつもは、あらぬ格好で、

爆睡している ラティオス ですが、




最近、空を飛ぶことを覚えたようです。












では、空飛ぶ ラティオスの写真を

お見せいたしましょう!!




















じゃじゃん!



























ちょうど、空を飛んでる夢から、目覚めた瞬間です・・・・・・。ハイ。







Posted at 2012/04/25 21:11:14 | コメント(4) | トラックバック(0) | ボーダーコリー | ペット
2012年04月24日 イイね!

今日は、箱根で、またまた 開発テスト!

今日は、箱根で、またまた 開発テスト!













佐藤の ガセネタ で、キャンセルになった、

箱根テストを、本日行ないました!


(もちろん、スイフトのパーツ開発も一緒にね)










でも・・・・・・、箱根に到着したら、今回は 「霧」 が・・・・・・・。
























だから・・、笑ってる場合じゃないつーの!




























おまけに、今日は、雪の代わりに、

路肩に、桜の花びらが・・・・・・・・・・・・・・・・。












(佐藤・・・、てめぇ・・・・・・)












まぁ、桜が綺麗だったから、いいけど・・・・・・・。














(ホント綺麗でしたね~)











そして、

ハイエースのパーツテストは、早々に終了し、


31 の とあるパーツの開発も、順調に進み、

次から、次へと、スケジュールどおり、作業をしていたら・・・・・・・、










知ってる人が、我々の作業の様子を写真に・・・・・・・・、

(ダレ? 誰?? だれ???)











































あっ! 4413 の社長じゃ、ありませんか!

なにやら、プライベートで、箱根に、いらっしゃったとか。



いやはや、ビックリです。

(社長! 例のホイールテスト よろしくお願いいたします!!)
















ということで、「31」 のパーツ開発 

全開の今日の田中でありました!












やるよ~、まだまだ!












Posted at 2012/04/24 23:09:33 | コメント(4) | トラックバック(0) | ブログ | クルマ
2012年04月23日 イイね!

6/2 ワンメイク ドライビング レッスン (エントリー開始!)

6/2 ワンメイク ドライビング レッスン (エントリー開始!)












今日は、6/2(土曜日)に、

フジスピードウェイ ショートコース (FSWショート) にて開催される、

ワンメイク ドライビング レッスン SUZUKI SWIFT CURCUIT DAY の告知です。
  






まず、クラスは、以下の2クラス。




① サーキットビギナー クラス (10名限定/スイフト限定)

② セミエキスパート クラス (20名限定/スイフト限定)






合計 30名様 限定となります。










で、メニューのほうは・・・・・・・・、








① サーキットビギナー クラス



サーキット走行がはじめての方を中心としたクラスで、

目的は、安全に、楽しく、サーキットデビュー していただくことです。




ですから、午前中は、コースを区切り、

途中で、STOP ポイントを設けて、平常心にて、

ひとつひとつのコーナーをジックリと、走っていただきます。


そして、午後からは、各コーナーをつなげて、フリー走行となります。



ラップタイムが、どうの というより、

タイムにとらわれることなく、落ち着いて、基本から、

ガッツリとやりたい方にオススメのコースとなります。



使用する レイアウトは、

A2 B1 C2



そう、コーナーが、たった 3つしかない レイアウト ですので、

コースや、ラインのことより、

ブレーキングや、ステアリングを切るタイミング等々、

一日中、ドラテクの基本となる部分に、ずっと向き合える

クラスとなります。




これから、「サーキット走行をはじめてみたい!」 と考え中の方には、

超オススメのコースなのであります。ハイ。







また、通常 20,000円 のFSWショートのライセンスも、

このイベントに参加すれば、参加費用 + 10,000円 にて、

取得することができる ライセンスパック の設定もありますので、

今後の予定に合わせて、うま~く、ご利用下さい。




※ ライセンスを取ると、週に2~3日ある、

  スポーツ走行枠(25分 2,500円)を走行でき、入場料も無料になります!











そして、今回は、こんなクラスも、設定してみました。




  

② セミ エキスパート クラス (20名限定/スイフト限定)



3回以上 サーキットの 走行経験がある、中級者をターゲットにしたクラスです。

(全国 どのサーキットでもOKです)



で、今回、のテーマは、

「タイムアップのロジックを徹底的に理解する!」 となります。






田中が思う、タイムに伸び悩んでる方のほとんどが、




 A 道具の使い方を理解できていない

 B タイムアタックへのアプローチを、間違えている






だと思うんですよね~。






特に、 A 道具の使い方を理解できていない  という人は、

かなり、見かけますね~。








ここで言う、道具の中で、一番大きなポイントは、「LSD」 です。



チューニング誌には、「LSD は、こんなパーツだー」 とは、書いてありますが、

「LSD は、こう運転しろ!!」  とは、書いてないですよね・・・・・。

ですから、「LSD」 を有効に使用できている人って、かなり少ないと思いますよ~~。



もちろん、車高調(ハイレートスプリング)や、

ハイグリップラジアルも、投資した金額の 1/5も、タイムとして回収できていない人も

かなり、いるような・・・・・・・・。




ですから、この道具の使い方 をバッチリと理解して、

道具に投資したお金を シッカリとタイムとして、回収していただこうと思います。










また、 B タイムアタックへのアプローチを、間違えている  人も、

すごく多いような気がします・・・・・。



タイムを出しにかかるとき、どのようにアプローチすることが一番有効か、

どう考えれば、一番タイムが出やすいかのポイントを 伝授しますので、

その考え方にて、アプローチしていただきます。





もちろん、「イチかバチか」 的な考えは、一切なく、

根性、勇気、度胸も、まったく必要ありません。



安全に、自分の実力の範囲で、

タイムの壁を越えていただくメニューをご用意しました。ハイ。





使用する レイアウトは、

A1 B3 C2




言っときますが、

今回の セミ エキスパートクラス の内容は、ありえなく濃いです。

  



ですから、メモ用紙 & 筆記用具 持参にて、


今までと、まったく違った角度からのアプローチで、

どれぐらいタイムが詰まるのか、ぜひぜひ、実践してみてくださいね!














ということで、本日から、FSW の WEB サイトで、

エントリーの受付もスタートしましたので、みなさん、どーぞ よろしくお願いします。

(連休明けって言ってたのに、早いなぁ・・・・・・・)









エントリーの受付





 



今回は、募集人数が少ないので、

少々、早めのエントリーがよろしいかと思います!






タイムスケジュール等は、

また、後日、ご連絡しますね!!







関連情報URL : http://www.fsw.tv/
Posted at 2012/04/23 19:12:54 | コメント(9) | トラックバック(0) | イベント | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「ラップタイムを削り取る! KUMHO V700           https://minkara.carview.co.jp/userid/496446/blog/41183990/
何シテル?   03/23 15:10
スイスポの開発と、ラップタイムにエクスタシーを感じる、元競争自動車運転手。 引退するまで、延べ47台のレーシングカーをセットアップした経験を持ち、最近は、マイ...

ユーザー内検索

<< 2012/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

TM 6号車(ZC33S) TC2000 TEST! & 参戦表明!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/06 13:53:21
BILLION OILS の WEB サイト が、リニューアル しました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/12 09:20:13
BILLION OILS FR-355 (FR/4WD OPEN デフ 専用 オイル) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/05 10:35:16

お友達

TM-SQUARE ZONE BILLION HYPERCO CLEAR WAYS ユーザーならびに、少しでも興味があれば、ぜひ! です。

もちろん、ドラテク & タイムアタック 大好きな方、
スイフト オーナー、86/BRZオーナー、ハイエース オーナーも、お気軽に!!
1077 人のお友達がいます
す けす け * 勅撰番長勅撰番長 *
cockpitcockpit *みんカラ公認 ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認
☆もっち~☆☆もっち~☆ * ☆☆ムー☆☆☆☆ムー☆☆ *

ファン

2,162 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 6号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC33S プロジェクト スタート! ジックリ、ガッツリ、TM-SQUAR ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 2号車 (スズキ スイフトスポーツ)
1号車は、開発作業が多く、ほとんど乗れない時期があったので、  買っちゃいました、もう ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 4号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC32S も、始動しました! テストを進めてみると、 ホイールベース ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 5号車 (スズキ スイフトスポーツ)
4号車が、あんな感じになっちゃいましたので、 開発のため、もう一台、買い足しました! ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.