• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

田中 ミノルのブログ一覧

2012年12月31日 イイね!

ラティオス はじめての 京都散策 

ラティオス はじめての 京都散策 
















今年は、ハイエースに乗って、帰省しましたので、

ラティーも、同行です。























で、今日は、

「宝ヶ池」 に、散歩に行き、





































(なんだか、インターナショナル?)















それから、東山 で、食べ歩き・・・・・・・。























雪が ちらつく 大晦日の京都東山。

いいですね~。





ラティーも、食べ物屋さんの 前で、

イイ香りを 楽しんでました(笑)







ということで、お正月は、

今年も、京都で、ゆっくり した時間を 楽しんでおります!!















Posted at 2012/12/31 16:56:11 | コメント(5) | トラックバック(0) | ブログ | 日記
2012年12月29日 イイね!

2012 勝手に「道場破り」 in TC2000 (ドラテク編) ②

2012 勝手に「道場破り」 in TC2000 (ドラテク編) ②







さあ、今日は、TC2000 ドラテク編 の2回目です。



前回お話した、

「バンク」 のレールに、ガッツリ タイヤを はめ込むための ノウハウ

ご理解いただけましたでしょうか?







ということで、今回は、

1ヘアピンの立ち上がりからの続きを!





「バンク」 のレールに乗って、クリッピングポイント付近まで、 

ハイスピードで進入してきたら、


これまた、一番 縁石に近づく、ほんの少し手前から、

アクセルを少しだけ ON!




このアクセルで、しっかり、LSD を効かせて、

もうひと曲がりしてから、徐々に加速を強めていきます。

(まだ、この部分でも、レールに乗っています)






でもって、アウトの縁石が見えてくるあたりで、

アクセルは100% となります。

















このアウトの縁石は、

使い方に、ちょっとした 「コツ」 があります。




1ヘアピンは、かなり 「バンク」 が強く、

この 「バンク」 は、出口に向かって 緩やかになり、

縁石のある あたりでは、フラットとなります。





ですから、インの縁石と、出口の縁石を 

直線で結んだようなラインで、アクセルの踏み込み量が多い場合は、

想像以上に、クルマがアウト側に膨らみ、カンタンに縁石の外側まで行ってしまいます。






田中ミノル式 の立ち上がり方は、


イン側をしっかりクリップした後、

雨ラインのように、少々ワイドっぽく、立ち上がり、


アウトの縁石付近では、

できるだけ、縁石に対して角度が付かない(縁石と平行)状況で、

ガッツリと、縁石の上もラインにする 作戦です。


















1ヘアピンの立ち上がりは、

TC2000 で一番、タイムに影響する部分ですので、


ステアリングの切り角を少なくし、トラクションを路面に伝え、

立ち上がりスピードを稼ぐことと、


出口では、「バンク」 がなくなり、

急に路面がフラットになる という状況に、しっかり対応できる、

この作戦が、有効だと思います。









また、一部エキスパートの方々は、

イン側の縁石をガッツリ使って(時にはタイヤを引っ掛けて)

走る方法もあるようですが、



スプリングレートが高いと、

この作戦では、アクセルを踏んだ状態にて、縁石から下りる時、

トラクションが抜けてしまします。



このトラクションが抜けない場合は、縁石ガッツリ 作戦も有効ですが、

正式競技では、縁石の内側(グリーンの部分)にタイヤがタッチすると

ペナルティーになりますので、かなり微妙な感じですよね・・・・・・。



















1ヘアピンを強烈なトラクションで立ち上がると、

③ ダンロップコーナーに向けて、

素早く、コース左側にクルマを移動させます。


















なぜ素早くかというと、

ダンロップの進入前に、荷重が大きく変化している途中で、

ステアリングを切り出すことを避けたいからです。






たとえば、1ヘアピンを立ち上がって、一番スムーズなラインで、

コースの 右側から、左側に、クルマを振ると、





1ヘアピン立ち上がり   →   右荷重

コースの 右側から左側に、移動する時   →   少し右荷重




この状態で、ダンロップコーナーに向けてステアリングを切ると、

右側にいた荷重が、一気に左側にかかることから、

クルマが、不安定になってしまいます。











でも、少し早めに、クルマを左側に振ると、




1ヘアピン立ち上がり   →   右荷重

コースの 右側から左側に、移動する時   →   少し右荷重

早めに、左に振ることで、少し ストレートがある   →   左右均等の荷重




となります。


この状態だと、荷重が左右均等の状況から、

ダンロップコーナーへ向けて、ステアリングを切ることができます。

(ダンロップコーナー手前で、2→3 とシフトアップしてくださいね!)










もちろん、荷重が右から左に変化することで、

キッカケになり、曲がりやすいという 意見もあるかと思いますが、

それは、アクセルを いったん戻して、進入する場合です。





ダンロップコーナーを 

全開 もしくは、ほんの少しだけ

アクセルを戻した状態 (アクセル開度 70~80%)で、走る場合は、

ステアリングを切る時、静かな荷重状態が、なんと言っても有利です。









また、このダンロップコーナーは、ドラテクというより、

ステアリングを切った瞬間から、クルマがどれぐらい曲がってくれるかが、

ある面すべてとなりますので、シッカリ曲がるように、セットアップすることが、

ドラテク以上に重要です。


決して、根性や、勢いで、全開にできるコ-ナーではありませんので、

お間違いないよう・・・・・・・。





なお、ドラテク的に、重要なことは、

絶対に、インの縁石にはタッチしないことと(タッチするとクルマが大きくジャンプ!)、

アウト側縁石の上で、ステアリングを切らないことです。






もし、アンダーステアっぽく、立ち上がり、

根性?で、全開状態を続け、アウト側縁石の上に、

ステアリングを切った状態で乗ると・・・・・・・、


オクトパスダンス(別名 タコ踊り・・・笑)が、待っており、とっても危険です。






万が一、ステアリングを切った状態で、

アウト側縁石に乗らなければならないなら、

潔く、ステアリングを戻して(ストレート状態にして)、

アウト側縁石の外側(芝生の上)に出て行ったほうが、キズは浅いです。





この状態は、アウト側縁石より手前で、「ヤバイ!」 と思った瞬間に、

アクセルを戻せば、イイだけですので、

往生際の悪さが、大きなダメージになることをシッカリ理解してください。









そして、③ と ④ の中間である、80R へと続きます。



















パワーのある車輌なら、ダンロップコーナーの立ち上がりは、

アウトいっぱいまで行かず、この 80R を可能な限り、

アクセル全開で走れるようなラインを取りますが、





ノーマルエンジンのスイフトなら、

ダンロップコーナー出口をアウトいっぱいまで使っても、

問題なく、80R は、全開のまま走れると思いますので、

重要なドラテクは、ありません。




しかし、スピードもかなり高いので、

急激なアクセルOFFは、とっても危険です。




ですから、しっかりコースが把握できるまでは、

徐々に、全開にできるよう ステップ BY ステップで、走ってくださいね。










そして、お次は、④ 2ヘアピンです。























このコーナーも、強烈に「バンク」 が付いていますので、

ポイントは、1ヘアピンと同じ。







3→2 とシフトダウンをして、

ブレーキング区間を ナナメ にとって、

早めに、ブレーキリリースを行い、

「バンク」 の中にある レール に、ガッツリ はめ込むだけです。




また、2ヘアピンでは、

立ち上がりの 「バンク」 は、1ヘアピンより、長めですので、

通常のラインで立ち上がって、OKです。






 



そして、ひたすら、裏ストレートを全開。

4速までシフトアップした状態で、⑤ 最終コーナーを迎えます。

















最終コーナーのポイントは、

曲がらないクルマなら、頑張って飛び込んで、

フロント荷重の状態で、向きを変える必要がありますが、



ダンロップコーナーが、

全開か、ほんの少しアクセルの角度が緩むレベルぐらい、

セットアップが進んでいれば、

入口を飛び込まなくても、コーナーの中で、クルマは、グイグイ曲がってくれます。




また、クルマがある程度曲がる場合、

アクセルオンのポイントは、かなり手前となることから、

最終コーナーでのボトムスピードは、かなり高くなります。









イメージ的にお伝えすると、




曲がるクルマの場合、


1) ナナメに軽いブレーキング

  (ブレーキより、ステアリングの方が、先です)


2) 4→3 にシフトダウン

  (コーナリング中のシフトダウンです)


3) この段階で、待つことなく、クリップより、遥か手間で、アクセルON

  (完全に全開には、なりませんが、ほぼ、全開のイメージです)


4) この状態で、クルマはどんどん曲がります


5) クルマの曲がり具合に合わせて、問題ないなら、全開のままインをクリップ


6) そのまま、アウト縁石まで全開


となります。



















また、少々、アンダーステアが強い場合は、





1) ナナメに軽いブレーキング

  (ブレーキより、ステアリングの方が、先です)


2) 4→3 にシフトダウン

  (コーナリング中のシフトダウンです)


  と、ここまでは同じ


3) アンダーステアの量に合わせて、ここで、待ちが必要


4) クルマが、出口方向を向きはじめるにしたがって、アクセルON


5) クルマの曲がり具合に合わせて、アクセル開度調整


6) インのクリップあたりからは、全開にて、アウト縁石へ



となってしまします。










また、ダンロップコーナーと同様に、

インのクリップで、クルマの向きが変わっていないのに、

強引にアクセル全開で立ち上がると、アンダーステアにより、

コースが足りなくなってしましますので、ご注意を!









反対に、インのクリップから先、全開になっているにもかかわらず、

オーバーステアが出る場合は、セットアップが間違っています。





リアに極端にグリップしないタイヤを入れたり、

リアタイヤが温まっていなかったり、

セットアップ的に、ド・オーバーのセットをした場合 のみ

アクセルを踏んでからも、オーバーステアとなりますが、



このバランスで、最終コーナーの進入を頑張ると、

ほぼ間違いなく、アクセルOFF の状態で、スピンしますので、

アンダーステアだからといって、極端にオーバーステア方向にすることも、

注意が必要です。









以上、かなりの長文となってしまいましたが、

ご理解いただけたでしょうか?







では、最後に、REV スーパーバトル にて、単独で出した、

1分 7秒 5 のラップを 動画にて、どーぞ!!























タイヤが、一番美味しい状態で、出した、

自称 スーパーラップ です!






(オイルがなければ、ダンロップは、全開で行けたになぁ・・・・・・・・・)












Posted at 2012/12/29 20:21:03 | コメント(2) | トラックバック(1) | サーキット | クルマ
2012年12月29日 イイね!

昨夜は、忘年会! 2012

昨夜は、忘年会! 2012














昨夜は、自由が丘 にある 鳥料理屋さん にて、

ミノルインターナショナル の忘年会 でした!
























そして、昨夜は、

弊社、業務の要、ハマちゃんの送迎会でもありました。




北海道から、みんカラ つながりで、入社した ハマちゃんですが、

元々いた業界の方からのラブコールを受け、

また、北海道に帰ることになりました・・・・・・・・。残念・・・・・。






ということで、みんなで、「北海道 KIT」 をプレゼント!



















そして、その姿を激写する 阿部ちゃん・・・・。



















で、田中も、ハマちゃんと ツーショット写真を撮ったのですが、




















すでに、ハマちゃんは、出来上がっていました・・・・・・。

(ハマちゃん 目が危ないぞ!!)






















そんな、こんなで、盛り上がって、

2次会会場で、帰り支度をしていたら、

田中の携帯電話が、行方不明に・・・・・・・・。













携帯電話は、先ほど、無事保護されましたが、

また、会社の近くまで、来たので、なぜだか、今日も仕事の田中です。



(今日は、ゆっくり、寝てようと、思ったのに・・・・・・・・・)












Posted at 2012/12/29 15:06:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | ブログ | グルメ/料理
2012年12月28日 イイね!

某編集長からの BIG  な お知らせ!

某編集長からの BIG  な お知らせ!













仕事納めの 慌しいタイミングに、

また、あの 某編集長が、会社にやってきました・・・・・・・。







で、早速、 「お昼でもどうですか?」 って・・・・。

(だいたい、あんた、12時ちょうどに、来たじゃない・・・・・・・・)







で、田中が、美味しい 定食屋さんがあると、言っているのに、

勝手に、「このお店にしましょう!」 って・・・・。











(オイオイ・・・・、最近、鰻は高いんだから・・・・・・)









で、またまた、勝手に、

「特上」 とか頼んでるし・・・・・・・。










(ったく・・・・・)


















それから、尾山台で一番高級な、コーヒー屋さんに、ハシゴ・・・・。


















またまた、

何とかと言う、すんげ~ 高いコーヒーを頼んでました・・・・・。















ちなにみ、コーヒーが飲めない田中は、ダージリングティーを・・・・・・。




















で、なんだかんだと、いつものように 某編集長の 「愚痴」 を聞き、

やっと、開放されました・・・・・・・・・・・。

(ホッ・・・)




















と言うのは、冗談で (冗談かよ!)


みなさんに、お知らせがあります!












来年のハイパーミーティングの開催は、




4月6日(土曜日)

4月7日(日曜日)





そうです!

来年のハイパーミーティング2日間の開催となり、






なんと、

4月6日(土曜日) には、

田中ミノル の ドラテクライヴ in TC2000 を開催することになりました!

(スイフト オンリーです!!)











今のところ、田中からのオーダーは、




① 全部で、3セッション (1セッション 20分)


② 参加台数は、MAX 30台 
  
  (TC2000 のMAXは、45台ですが、やっぱり少ない方が、走りやすいので!)


③ セッションの合間に、田中のドラテク講座 開催



となります。








もちろん、セッション間で開催する ドラテク講座は、

ダイレクトにタイムアップにつながる 内容としたいので、

田中の車載動画 を見ながら、

TC2000 を徹底的に解説したいと思います。










ですから、筑波エキスパートの方から、

はじめて、筑波を走る方まで、


きっと、楽しんでいただけると、思いますよ~!





まぁ~、いつも、FSWショートで行っていることを

TC2000 で、開催してしまおうという企画なのであります。ハイ。









詳細は、今後、もっともっと、詰めた状態で、

みなさんに、お知らせできると思いますので、



ご参加いただける方は、

来年 4月6日 の日程は、空けておいて下さいね~!!








以上、たまには、仕事をする 某編集長からの

ご連絡でした!!!











Posted at 2012/12/28 19:43:41 | コメント(5) | トラックバック(0) | レブスピード | クルマ
2012年12月27日 イイね!

REV SPEED 2013年2月号 発売中です!

REV SPEED 2013年2月号 発売中です!











今回の REV SPEED は、なかなか、楽しめますね~。








まずは、こちら!


















白黒 ページですが、

全6ページ の特集となりました!!





そして、マイスタークラス レッスンクラスとも、

全車の写真が、掲載されております。ハイ。



ご参加いただいた方、必見ですぞ~。











それから、REV スーパーバトル の

詳細が、掲載されています!!
















いや~、頑張った、甲斐がありましたね~。

















そして、こちらも・・・・・・・。















なにやら、打ち合わせと称して、

また、あの編集長が、明日、会社に来るらしいです・・・・・・・・。














記事の内容は、REV SPEED にて、

ジックリ ご確認下さいね!















Posted at 2012/12/27 20:03:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | レブスピード | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「KUMHO V700 の コンパウンド について!              https://minkara.carview.co.jp/userid/496446/blog/41567944/
何シテル?   06/06 09:34
スイスポの開発と、ラップタイムにエクスタシーを感じる、元競争自動車運転手。 引退するまで、延べ47台のレーシングカーをセットアップした経験を持ち、最近は、マイ...

ユーザー内検索

<< 2012/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

2018 スイフトマイスター決定戦 & ワンメイクドライビングレッスン 直前状況! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/17 18:53:22
BILLION スーパーブレーキフルード Class6 新登場! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/20 16:18:08
ZONE ブレーキパッド 86/BRZ のマッチング! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 11:48:58

お友達

TM-SQUARE ZONE BILLION HYPERCO CLEAR WAYS ユーザーならびに、少しでも興味があれば、ぜひ! です。

もちろん、ドラテク & タイムアタック 大好きな方、
スイフト オーナー、86/BRZオーナー、ハイエース オーナーも、お気軽に!!
1094 人のお友達がいます
ワークスセリカワークスセリカ * まぼーまぼー *
カックラ@銀結晶カックラ@銀結晶 * おごおごおごおご *
すてお@4GR_Nすてお@4GR_N * す けす け *

ファン

2,195 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 6号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC33S プロジェクト スタート! ジックリ、ガッツリ、TM-SQUAR ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 2号車 (スズキ スイフトスポーツ)
1号車は、開発作業が多く、ほとんど乗れない時期があったので、  買っちゃいました、もう ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 4号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC32S も、始動しました! テストを進めてみると、 ホイールベース ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 5号車 (スズキ スイフトスポーツ)
4号車が、あんな感じになっちゃいましたので、 開発のため、もう一台、買い足しました! ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.