• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

田中 ミノルのブログ一覧

2014年07月31日 イイね!

京都 の 「お好み焼き」って、特別に美味しいですよね~。

京都 の 「お好み焼き」って、特別に美味しいですよね~。














先週末は、京都に帰省していた 田中です。




でね!

実家の近くで、超美味しい 

「お好み焼き」 を発見して しまいました!













まずは、 カリッ & トロ~ン  の ねぎ焼き!









(もちろん、おしょうゆ味!)












そして、全国ネット の お好み焼き!








(ちなみに、これは、まぜ焼き と呼ばれる タイプ なんですね~)













そして、これが、

京都のソウルフード 「べた焼き」 なのであります!!








(子供のころ めちゃくちゃ 好きでした・・・。

もしかしたら、大阪にもあるかもです・・・・・・・)













そして、田中が、今、京都で一番好きな

ラーメンも、いただいてきましたよ~。










(オヤジには、たまらん お味でございます!)












やっぱり、京都は、特別に美味しいですよね~。








まぁ・・・・、

生まれ育ったとこ ですから・・・・・・。











Posted at 2014/07/31 21:35:07 | コメント(5) | トラックバック(0) | グルメ | グルメ/料理
2014年07月30日 イイね!

TM-SQUARE TRANSPORT ハイエース ダンパー①

TM-SQUARE TRANSPORT ハイエース ダンパー①














本日は、ハイエース ダンパー の 記念すべき 第1回目。






 ストローク ストッパー

      ↓

ハイレート トーションバー





と、試作を作り、いよいよ、ダンパーに着手!








まず、試作品を作るにあたり、田中が出した 減衰リクエストは、






① 基本的な減衰は、かなり弱め

② リバウンド側に関しては、ハイスピードは弱め ロースピードは少し減衰を持たせる

③ 可能な限りフリクションロスを低減する






といった、感じの内容でした。












そして、完成した、

TM-SQUARE TRANSPORT ハイエース用

試作品 Ver.1 の走行コメントは・・・・・、

























試作品 Ver.1




車両      スーパー GL (3.0L ディーゼル ナローボディ)

タイヤ     195-80-15 バン用 ラジアル

車高      F/R 2インチ ダウン




※ テストでは、ダンパーのみでリバウンド側の動きを抑制できているかを

   確認するため ストロークストッパーは、効かない位置にセット



※ 表記されている 数字は、-10 であれば、一番強いところまで締めて、
  
   そこから10クリック 弱めた位置を意味します。 

  (試作品の減衰は、20段調整式)










積荷 「ゼロ」 での コメント




フロント は、減衰が強いほうが、レスポンス / コーナリング 性能とも向上

しかし、乗り心地的には、少々、減衰の強さを感じる。


乗り心地と、性能の妥協 ポイント は、 -8 ~ -10 あたり。



リア は、強くすると、乗り心地が悪くなり、アンダーステア が強くなる

積荷がない状況では、フルソフト が、一番良い



BEST な減衰 セット   フロント -8 ~ -10     リア -20 (フルソフト)











積荷 250kg でのコメント




積荷があっても、フロントに適合する減衰は大きく変化しない

リアに関しては、積荷があると、減衰が強くても、乗り心地が悪くならないばかりか、

ある程度強い方が、安定感が増し、乗り心地も良くなる。



BEST な減衰セット   フロント  -8 ~ -10   リア  -5










となりました。









リアに関しては、ローダウン(重心位置が下がっている)にて

かなりのレベルまで到達していたこともありますが、

なんと、一発目から 超ハイレベルな試作品となりました。










問題は、フロントの動きを抑制した時の乗り心地です。








ということで、試作品 Ver.2 では、乗り心地の向上を狙って、

フロントの動き始めの減衰を抜いてみることにしました。

(そもそも、これが、回り道のスタートだったような気が・・・・・・・笑)

















でもって、試作品 Ver.2 コメントは・・・・・・・・、





















試作品 Ver.2


積荷 「ゼロ」 での コメント







①   フロント  -10    リア  -20(フルソフト)


ゴツゴツ感が強く、乗り心地が、かなり悪い

また、乗り心地の割りには、リバウンド側にも動く







②   フロント  -18    リア  -20(フルソフト)


ゴツゴツ感は、多少改善されるが、

ピストンスピードが速いと、ゴツゴツを感じる






③   フロント  -22    リア  -20(フルソフト)


ゴツゴツ感は、OK レベル

コーナーでの 安定性 ↓

フロント レスポンス ↓

リニア感 ↓

リバウンド側への動きが大きくて、NG






④   フロント  -26   リア  -20(フルソフト)


ゴツゴツ感は、解消

リバウンド方向への動きが大きく、超カンタンに、リバウンド側に動く。

かなり、フワフワ感が強い










総評


ピストンスピードが速いと、ゴツゴツ感が強く、

それを解消するレベルまで減衰を下げると、

レスポンス、リニア感とも、大きく悪化する。


減衰を弱くした状況では、コーナーリングの限界スピードが低く、

高速道路のギャップで、フワフワと純正ダンパーのように大きくリバウンド側に動く。


この試作品は、バンプ側/リバンプ側ともに、初期がカンタンに動くことがNG

特に、リバウンド側の動きが十分に抑制できていないことと、

ピストンスピードが速くなると、バンプ側で急激に減衰が立ち上がることも、NG でした。




難しいですね・・・・・・。

ハイエースの場合、フロントの初期減衰を弱く設定すると、

コーナーが遅くなるばかりか、乗り心地まで、悪くなるという結果となりました。








つづく!










Posted at 2014/07/30 23:31:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | ハイエース | クルマ
2014年07月29日 イイね!

TM-SQUARE TRANSPORT ハイエース サスペンション② 

TM-SQUARE TRANSPORT ハイエース サスペンション② 
















少々、バタバタしており、

なかなか、ブログが 書けませんでしたが、







そうです・・・・・、

今夜も、ハイエースネタ です。


それも、超マニアックな サスペンション のお話となります・・・・・・・・・(笑)








このお話が、みなさんに求められているかどうか・・・・・・・、

かなり、不安ではありますが、今夜も、ガッツリ お伝えしたいと思います。ハイ。










前回の アラスジ は、 




ハイエース は重心が高いことから、

車高を下げる、メリット は、大きいのですが・・・・、

デメリット も、発生してしまう・・・・・・・・・・。




特に、フロント は、かなり、乗り味がよろしくない・・・・・・・。

(とにかく、リバウンド 側の動きが・・・・・)







それを、どうやって、抑制するか・・・・・・・・。





といった感じですよね!













では、はじめてみたいと思いますが、

その前に、もうひとつ ハイエース の

乗り味、乗り心地を攻略するため とても重要な ポイント があります。







それは、乗用車(車体の中央付近に ドライバー が着座する クルマ)では、

たとえば、フロントサスペンション が、50mm ストローク しても、

ドライバー と、フロントタイヤ には、ある程度、距離があることから、

この ストローク を ドライバー は、さほど大きくは感じません。






しかし、ハイエース のように、

フロントタイヤ の真上に、ドライバー が着座する タイプ の車両では、

同じ 50mm のストローク でも、

シート 位置が ダイレクト に 50mm 動くことから、

ドライバー は、このストローク 量を かなり大きく感じてしまうことです。












よって、田中が ハイエース に求めた





怖い思いをすることなく、高い平均速度でクルージングしたい!


妥協することなく、究極の乗り味にて、ハイエースとのスポーツドライビングを楽しみたい!






といった、ニーズ を具現化するためには、






ローダウン 時の 「リバウンド 側の動きをどのように抑制するか」 

ということが、とっても、重要な ポイント になるわけです。










                          図③

















まず、我々が行った アプローチ は、

自分たちで ストロークストッパー を作って、






① リバウンド 側の ストロークストッパー を長くして、

   リバウンド ストローク を抑制。

   (リバウンド ストロークを短くする) 





写真は、純正のリバウンド ストッパーです。










② バンプ 側の ストロークストッパー を短くして、

   バンプ ストローク を確保。 

   (バンプ ストロークを長くする)





写真は、純正のバンプス トッパー です。









という作戦です。

















そして、ストローク ストッパー にて、

抑制/確保 された ストローク を 図で説明すると、こんな感じです!










                       図④















これで、1G から、上下の ストローク 量を 

ほぼ均等に設定することが可能となります。














ということで、早速 走ってみると・・・・・・・、






ストローク の バランス は、とっても良い感じになったのですが、

田中は、どうも・・・、この乗り味を好きになることが できませんでした・・・・。

(あくまでも個人的な感想です)







もちろん、ストローク ストッパー の高さも、いろいろ試してみましたが、

ストローク 的に、イイ感じに調整すると、

リバウンド 側の動きを ストローク ストッパー により、抑制することから、

少し ゴツゴツ 感が、発生してしまうのです。




(リバウンド 側の ストローク が大きい状態よりは、

ドライバビリティ は、格段に良いのですが・・・・・・・・・)








ということで、メリット と、デメリット の両方を感じた

リバウンド 側の ストローク ストッパー は、取り外し、


ストローク 拡大による メリット のみを感じた

バンプ 側の ストローク ストッパー は、そのまま、KEEP しました。



(ちなみに、現在でも、究極の乗り味を求めて、開発は続けています!!)






















そして、

次に、我々が行ったトライは、フロント スプリング の ハイレート 化です。




















田中の知り合いである 某氏にお願いして、

純正の トーションバー より太い、26.0φ と、27φ の

ハイレート の トーションバー を作っていただきました。









(もちろん、国産品!)

(そして、リリース予定!!)








この ハイレート 化 により、

全体の ストローク 量を少なくし フワフワ 感を制御することと、

荷重の移動 スピード を上げることを狙った作戦です。














でもって、

田中の極秘 セッティングノート の内容をご紹介すると・・・・、








① 26φ


リバウンド 側の動きが大きく抑制されており、

車高 ダウン 特有の フラフラ 感も大きく抑制されている


ハンドル の切り込み時、および最大 ロール 付近での ロール 角が小さく、

フロント の入りが ◎ (かなり良く曲がる)


ブレーキ での、フロント の ダイブ (沈み込み)が抑制されている


バネ 鋼の特性なのか、純正より、しなやかに感じる








② 27.5φ 


タイヤ のたわみが多く、直進安定性が、悪化している


初期の速い入力に関しては、硬さを感じる


ロール 量は、大きく抑制され 最大 ロール 付近での

フロント の グリップ は向上している ( フロント が入る)


少し、ピーキー な部分を感じる (特に初期)


26φ のような、しなやかさを感じない










トータルコメント


積載量 250~300 kg 以下 純正 サイズ の タイヤ なら 26φ

積載量 300 kg 以上 + ワイドタイヤ なら 27φ の可能性がある (未確認)


以上の コメント となりました。







ちなみに、テスト 時の車両の スペック は、


車両    スーパー GL (3.0L ディーゼル ナローボディ)

タイヤ   195-80-15 バン用 ラジアル

車高    F/R 2インチ ダウン


です。






















いや~、このフロントの シッカリ 感は、かなり ◎ ですね~。

ステアリング の レスポンス が大きく向上したことで、

コーナー が、かなり速くなりました!!





だって、よく考えてみると、

ハイエース の フロント/リア の スプリングレート バランス は、

荷物を積むことを前提に設定されていますから、

どうしても、リア の方が高い・・・・・・・。





ですから、フロント の ハイレート 化 は、

バランス を取るためにも、非常に有効で、

セットアップ 的にも、乗り心地が、大きく損なわれることもなく、

かなり、狙った方向の足回りになってきました。














しか~し!

リバウンド 側への動きは、ハイレート になって、大きく抑制されたものの

まだ、十分とは思えませんでした・・・・・・・。















そこで、次の手段として、ダンパー 開発を スタート しました。

(この段階では、市販するなんて、まったく・・・・・・・・・)








で、なぜ、ダンパー かというと、

リバウンド 側の ストローク 量を抑制すると、

どうしても乗り心地に硬さが出るので、

ストローク 量ではなく、ストロークスピード を抑制する作戦なのであります。



そして、ダンパー 開発は、スイフト (TM ダンパー) で、お世話になっている

高橋氏の知り合いにお願いすることになりました。


(そうです、最近、超高額な ダンパーテスターを購入した 

TDS? 代表 高橋氏 の お友達なのであります)











ただ・・・・、ここからの道のりが、かなり長かったです・・・・・・・・・・・(苦)















ということで、次回は、ダンパー開発の お話です!








つづく!












Posted at 2014/07/29 21:11:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | ハイエース | クルマ
2014年07月24日 イイね!

2014-07-18 「匠工房」 京都から 86 が、やってきた!?

2014-07-18 「匠工房」 京都から 86 が、やってきた!?
















先週・・・・、

祇園祭の翌日に・・・・・・、












(写真は、祇園祭 宵山 の京都駅です!)










町田倉庫に、

1台の 86 が、京都から、やってきました!!



























室内は、「バシッ」 と、ASM のシートで、 

















決めてあるのですが、

どうも、オーナーさんの様子が・・・・・。












(この後姿・・・・、どこかで見たような・・・・・)













でもって、作業の方は、

ZONE ストリート ブレーキパッド 86/BRZ専用品 (F/R) の ご装着と、






















BILLION BB4 ブレーキフルード への交換。

そして、BILLION OILS 5w-40 エンジンオイル への交換も行いました。

(そうです! 富士フイルム さん の ソフトマター が入っている オイルです!!)














それから、現在、極秘? 開発中の ・・・・・・、


BILLION OILS 

FR専用 ミッションオイル & FR専用 デフオイル の

開発も、お手伝いいただくことになり、


















FR専用 ミッションオイル (試作品 × 3種類)

FR専用 デフオイル (試作品 × 2種類)





を投入して、テストコメントも、

ガッツリ と、いただくことができました!!






(素晴らしい コメント ありがとうございました!)






いままで、サーキットを中心に、かなりの数のテストを繰り返し、

作り上げた試作品 ですから、自信はありましたが、

その自信が、確信に変わりましたね~!!





























しかし、なんだか、デモカーのような 

サイド シルエット ですよね・・・・・・・・・。

























えっ~! 

ということは、もしかして・・・・・、












S田 さん・・・・?















(やっぱり・・・・・・・)











そうなんです!



じつは、スーパーオートバックス 京都ワンダー さんでは、

86 のデモカーが、追加され、


その試運転と称して、S田さんが、

「匠工房」 まで、やってきたのであります!!











そして、S田さん から、


現在開発中(もうすぐ、リリースですよ~!)の 

BILLION OILS FR専用 ミッションオイル & デフオイル の テイスト を

S田さん自身で、「リリース前に確認したい!」 と、強い ご要望があり、

今回、町田まで ご足労いただくことに なったのであります!!









いや~、

BILLLION OILS 販売No1 店舗の やる気は、

ハンパないですよね~。


さすが、S田さん・・・・、いや、S田様 でございます。ハイ。









ということで、


BILLION OILS FR専用 ミッションオイル & デフオイル の 

S田さんのインプレッションは・・・・・、

スーパーオートバックス京都ワンダー店 にて、ぜひ、ご本人 から!!




ちなみに、現在、86 のデモカー には、

S田さん が、チョイスされました、

ミッションオイル & デフオイル が、投入されてております!!
















(あっ、また自分のクルマ用に、何か買っちゃった・・・・・・・笑)



















それから、作業時間中に繰り出した

S田さん との ランチは・・・・・、江戸の お蕎麦 でした!!




























S田さん いわく、

今まで食べた お蕎麦の中で、No1 だったそうです。



(なにやら、チームワンダーのメンバーと一緒に、

必ず、このお蕎麦を また食べにくる! と、豪語されていましたので、

チームワンダーのみなさん、ぜひ、お楽しみに!!














しかし、新名神 新東名 が、できたと言えど、

サラッと日帰りで、町田まで来てしまう

S田さんの行動力に、脱帽でございます・・・・・・・。









これからも、関西の スイフトマイスター として、

(もしかして・・・・・、86 マイスターも??)

そして、BILLION OILS 特約店 として、どうぞ よろしく お願いします!!

 











PS  スーパーオートバックス京都ワンダー店 では、

    エンジンオイル (5w-40 10w-40 & TM 「M16A」

    FF ミッションオイル  FF-730(機械式LSD 専用)  FF-315 (OPEN デフ専用)

    ベアリンググリース MFX-1300   ドライブシャフトグリース MFX-6080

    の 常時在庫 が、いつでも、「◎」 です!!










Posted at 2014/07/24 23:21:04 | コメント(3) | トラックバック(0) | 匠工房 | クルマ
2014年07月23日 イイね!

2014年8月 月刊 「匠の日」 開催のお知らせ!

2014年8月 月刊 「匠の日」 開催のお知らせ!








梅雨も終わり

いよいよ、夏本番 ですよね~。






ということで、猛暑の町田倉庫にて開催する

月刊 「匠の日」 の お知らせ なのであります!








日時



8月2日 (土曜日)

8月3日 (日曜日)



両日とも、10:00~18:00 の開催となります!









場所は、みなさん よ~く ご存知の!

弊社の町田倉庫となります!!

















でもって、今回のオススメ商品は・・・・・・・、














① TM トーションビーム(ZC31S) & リア スタビライザー




よく、在庫が切れて、みなさんに、ご迷惑をおかけしている

TM-SQUARE トーションビーム の在庫が、

今回は、珍しく ◎ となりますので、

少しだけですが、お買い得プライスに変更して、お届けしたいと思います。





パーツ & 作業の内容は、




TM-SQUARE トーションビーム 

TM-SQUARE リア スタビライザー 
(28~40φまで、5アイテムの中からフリーチョイス!)

純正新品 の トーションビーム ブッシュ

BILLION スーパーブレーキフルード 
(ブレーキラインの一部を外しますので、4輪ともブレーキフルードの抜き替えを行います)

装着工賃一式






をトータルして、

通常は、165,000円 となりますが、

今回は、162,000円 で、対応が可能となります。






また、純正のトーションビームが、

弊社の下取り基準をクリアーしている場合は、

20,000円 で、買取も行えますので、

実質 142,000円 が、トータルプライスとなります。




※ トーションビーム装着後、トーインを確認して、

   キャンバーシム トーレスシム を投入される場合は、

   部品代のみで、OKです(工賃無料!)。















② TM 新型コア採用 の オイルクーラー KIT




先日、コア部分を へビィーデューティー タイプ (HDタイプ)

に変更し、新製品としてリリースしました、TM-SQUARE オイルクーラーKIT。























今回のイベントでは、



この TM オイルクーラー KIT 

(新型 HDタイプ コア  製品価格 ¥87,000) に、


TM エンジンオイル 「M16A」 & オイルフィルター 

そして、装着工賃 のすべてを含んで、

¥108,000 となります。




こちらは、ZC31S ならびに、ZC32S の

各々、専用タイプ が、装着可能となります!!















また、上記以外の 商品 ならびに、作業は、

「匠工房」 プライス に準じます!






「匠工房」 プライス は、こちら





(当日中に作業が終了しないアイテム、および、作業時間が長い

アイテムに関しては、当日対応ができない場合があります)














そして、すべての ご予約 は、こちら から!



予約フォーム  








どんなことでも、お問い合わせに関しては、



お問い合わせ フォーム 






から、よろしくお願いいたします。







もちろん、



TEL  03-5706-1888 (月~金 9:00~19:00)

メール mail@tm-square.com



にて、ご連絡いただいても、OK です!









ということで、




パーツ導入 のみなさん!!

お打ち合わせ のみなさん!!

デモカー同乗予定 のみなさん!!

じゃ~、とりあえず町田に といった感じ のみなさん!!




熱い町田を ぜひぜひ、満喫下さいね!







みなさんのご来店、お待ちいたしておりま~す!!!













Posted at 2014/07/23 21:11:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 匠の日 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「KUMHO V700 の コンパウンド について!              https://minkara.carview.co.jp/userid/496446/blog/41567944/
何シテル?   06/06 09:34
スイスポの開発と、ラップタイムにエクスタシーを感じる、元競争自動車運転手。 引退するまで、延べ47台のレーシングカーをセットアップした経験を持ち、最近は、マイ...

ユーザー内検索

<< 2014/7 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

86/BRZ 「ドラシャ まわりの断熱」 には、エキゾースト バンテージ が オススメ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/24 20:32:05
TM 6号車(ZC33S) TC2000 TEST! & 参戦表明!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/06 13:53:21
BILLION OILS の WEB サイト が、リニューアル しました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/12 09:20:13

お友達

TM-SQUARE ZONE BILLION HYPERCO CLEAR WAYS ユーザーならびに、少しでも興味があれば、ぜひ! です。

もちろん、ドラテク & タイムアタック 大好きな方、
スイフト オーナー、86/BRZオーナー、ハイエース オーナーも、お気軽に!!
1090 人のお友達がいます
トモクルトモクル * あっくん@チャラ汚あっくん@チャラ汚 *
クロウサギ(元クロビビオ)クロウサギ(元クロビビオ) * そいそい太郎そいそい太郎 *
デカトーデカトー * シロタ@JTCC-EXiVシロタ@JTCC-EXiV *

ファン

2,180 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 6号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC33S プロジェクト スタート! ジックリ、ガッツリ、TM-SQUAR ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 2号車 (スズキ スイフトスポーツ)
1号車は、開発作業が多く、ほとんど乗れない時期があったので、  買っちゃいました、もう ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 4号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC32S も、始動しました! テストを進めてみると、 ホイールベース ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 5号車 (スズキ スイフトスポーツ)
4号車が、あんな感じになっちゃいましたので、 開発のため、もう一台、買い足しました! ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.