• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SPEEDKINGのブログ一覧

2018年07月01日 イイね!

C4はこんな車です

C4はこんな車です もうずいぶん前ですが、当時地元にあったプジョー/シトロエンディーラーを訪れて営業マンと雑談した時のこと。
自身もプジョーに乗っているというセールス氏が、プジョーとシトロエンオーナーのためのいわゆるフレンチミーティングに参加したと話してくれました。
確か会場は富士スピードウェイだったと記憶していますが、四国からはるばる自走して参加したシトロエンオーナーもいたそうです。
今よりずっとフランス車が珍しかった頃、プジョーオーナーから見てシトロエンオーナーってどんな人?と尋ねると、単独行動が多いと一言(笑)。
以前勤めていた会社の後輩がBXに乗っていたことがあって、やっぱり変わった奴だったので、その答えに納得してしまいました。

月日は流れ、シトロエンに乗っているからと言って変人扱いされるような時代ではなくなりました。
しかしまさか我が家にシトロエンが来るとは思いませんでした。

さて今日はそのオーナーが京都に遊びに行ったため、一日C4のお世話係です。

alt
昨日よりも日差しが強く、また汗だくになりながら結構時間をかけて洗車をしました。

さほど珍しい存在ではなくなったとはいえ、フランス車の中ではおそらく最もマイナーなシトロエン。
そのC4をご紹介したいと思います。

まず洗車をして真っ先に気づいたのはゴルフより車高がかなり高いこと。
で、並べてみました。
alt
ディメンションはGTIが4,275×1,800×1,470、C4が4,330×1,790×1,490となっています。
たった2センチしか違わないようには思えませんが。

alt
ダッシュパネルのデザインはデビューからもう7年以上経ちますので新鮮味はありません。
ステアリングも最近の車にしては径が大きくやや細身でクラシカルな感じ?

alt
三連メーターは基本デジタルでスピードメーターのみアナログ表示併用ですが、正直あまり見やすいとは言えません。
これならタコメーターと同様にデジタルのコマで表示してくれた方がいいような気がしますが。
ちなみに表示はブルーとホワイトで色を切り替えることができます。

キャビンのスペースはゴルフ5/6と同じくらいですが、長身の私でも膝が伸び切るぐらいシートスライド量があるゴルフに比べ、全然足りないです。
このあたりは現行308の方がいいですね。

alt 

alt
これはディーラーオプションで付けたリアカメラと後方用のドライブレコーダー。ドラレコはUSB接続されているのがわかりますね。

前後にはソナーが付いていて接近する車や歩行者を警告してくれますが、設計が古い車なので自動ブレーキはありません。
同様にクルーズコントロールもアダプティブではありません。

alt
車検証とマニュアルの入ったケースはラゲッジスペースにあります。
右ハンドルなのにオリジナルのステアリングシャフト用のスペースが一部残っているため、グローブボックスの容量が小さくなってしまったそうです。

alt
ボンネットオープナーはなんと助手席側。つまり左ハンドルのままだということですが、これぐらい移設してほしい。
つまり7年前は日本輸出向けに真剣に作ってなかったということでしょう。

alt
ラジオのアンテナも今や珍しくなったロッドタイプ。
全体的にコストダウンの跡が見て取れるモデルで、前後のバンパーは押してもびくともしないほど分厚いVWに比べ、薄く柔らかい作りです。
(あえてそうしているのかもしれませんが)

一番びっくりしたのはリアハッチのダンパーを固定する部品。
alt
型抜きした鉄板を折り曲げて溶接しただけのような感じ。

alt
エンジンルームも演出はなし。

しかしプレミアムコンパクトを目指すゴルフとは方向性がそもそも違うわけで、
「え?そんなとこ気にすんの?」
と言われているような気もします。

alt
さて短時間ですが運転できたのでインプレッションを書いてみます。

まず試乗の時にやや重いと感じた出足はさほどでもないことに気づきました。
ドン!とはスタートしませんが遅いとも思いません。
エンジンは現行308と同じ3気筒1,200CCのターボ付きですが、なかなかいいエンジンです。
最初「3気筒なの?」と思いましたが、4気筒と比べてシリンダー当たりの排気量が大きいのでトルクには有利なんだと思います。
2000回転も上げればトルクは十分で、右足に即応してぐいぐいと加速していきます。
高速域は試していませんが大丈夫でしょう。
ただし大きな交差点で右折する時、対向車がハイスピードで来られるとちょっとアセリます(汗)。

ハンドリングは、まあフツーです。ある評論家が「ゴムを捩るみたい」と評していましたが、ややそんな感じがします。
ミシュランのエナジーセイバーというエコタイヤのせいかもしれませんが、ハンドリングは楽しめないかも。

さて設計は古いし自動ブレーキは付いてないし見た目は地味だし…というC4。
友人に相談されたらおそらく308かメガーヌを薦めると思いますが、クルマとしてはマジメに作られていて好感が持てます。

特にCセグメントのハッチバックでははっきりいって国産車にロクなものがない。
いや、ちゃんと作られた車はあるんだけど、オーリスやアクセラが欲しい、乗りたいという人に会ったことがありません。
(今度のカローラ・スポーツはどうかな?)

それはもしかしたら、
「だってどうしてもゴルフには勝てないんだもん」
と勝負を避けているのかもしれません。

だいたいミニバンやSUV作るので忙しいし、Cセグのハッチバックなんて誰も買わねぇじゃねぇかよ。

ヨーロッパではCセグのセダンやハッチバックを必要とするユーザーがべらぼうに多いのも事実ですが、常にゴルフが一歩先を行くなか、勝てないまでも「少しでもシェアを食ってやる」と真剣に取り組んでいるのではないでしょうか?
だからこそベンツのAクラスやBMWの2シリーズ、プジョーの308、ルノーメガーヌやアルファのジュリエッタ等、個性的で魅力的なコンパクトハッチがたくさん世に出てくるんだと思うのです。
Posted at 2018/07/01 22:09:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | シトロエンC4 | クルマ
2018年05月26日 イイね!

C4納車されました

C4納車されました娘のC4の納車の日です。
朝からマーチのタイヤ交換をし(売却のため)、今までの感謝を込めて娘と二人で洗車していたらちょっと時間かかりすぎ、11時ごろ行きますと担当セールスに伝えてあったのに、到着したら11時半でした(汗)。
alt

さて先日車を買い替えますとブログに書いたら予想以上に多くの方からコメントをいただきました。

他人の車であっても買い替えというのは興味があるからなのか、シトロエンなんか買って大丈夫か?的なものなのか。
そもそも「シトロエンのC4ってどんなクルマだったっけ?」という方も多い(私もそうだった)ので簡単に書いてみます。

C4はサクソの流れを汲むモデルで、現行型は2代目です。
ゴルフを代表とするCセグメントど真ん中の車種であり、2010年に本国デビュー、翌2011年に日本導入されました。
ですから普通ならとっくにモデルチェンジされても不思議ではなく、デザインを見てもはっきり言ってイマドキの感じはありません。
一方で2017年にディーゼルモデルが投入され、ガソリンエンジンもC3や308と共通の3気筒1,200ccターボに切り替えられています。
トランスミッションはアイシン製6AT。CVTじゃなくてよかった。
ちなみにC4はガソリンとディーゼルの2種でそれぞれ1グレードのみです。

alt

以前書いたようにこの個体はディーラーの試乗車だったもので、昨年12月登録で納車時の積算計はわずか403km。ほとんど新車です。
フィニッシュはオプションのブラン・ナクレ(パールホワイト)、これに純正ナビとドライブレコーダーが装備されていました。
これにETCとリアカメラ、さらに後方用ドライブレコーダーをオプションで装着しました。
alt

純正フロアマットとナンバーフレームはサービスで付けてくれました。
「ナンバーフレームなんて要らないのになぁ」と思ったのですが、リアの取り付け場所は天地が浅くてナンバーが斜めになる(少し上を向く)ため、フレームがあった方が見栄えはいいです。
alt

キャンバス地のトートバッグとキーホルダーもいただきました。
車検証やローン契約書等を受け取り、車についてレクチャーを受けます。
alt

いったん自宅に戻り、娘と二人で愛知県犬山市の成田山にご祈祷に向かいます。
alt

車を買ったら成田山に行くというのが父の代からの我が家の習慣なので。

納車されたのでインプレッションを…と行きたいところですが、人間の慣らしも兼ねてずっと娘が運転しましたので助手席インプレッションです。

まず乗り心地はいいです。ゴルフの1,200ccモデルには1度しか乗ったことがありませんが、ゴルフの素のモデルよりいいかも。
シートも絶妙、芯はちゃんとあるけど表面は柔らかい感じ。
こういうのは初体験で、やはりフランスとドイツは違いますね。
発進はややゆっくりですが、130psありますから踏めば走ります。
カーナビとETCはパナソニック製で、日本人としては操作に違和感なし。
alt

モニターは7インチだと思いますが、取り付け部分のせいもあって実寸以上に小さく感じます。

案内音声が流れると音楽がミュートされるのですが、前後の無音部分が必要以上に長いため一瞬何が起きたのか戸惑います。
(突然音楽が聞こえなくなったかと思うとおもむろに音声案内が流れ、しばらくするとまた音楽が鳴り出す)
あまりに違和感があったため音声案内はオフにしてしまいました。ここら辺は何とかしてもらいたいものです。

alt

成田山でご祈祷を終えた後これまた恒例の記念撮影をして帰りました。
今度の車はどこもぶつけませんように。
Posted at 2018/05/27 14:43:38 | コメント(5) | トラックバック(0) | シトロエンC4 | クルマ

プロフィール

「AUTOPLANETを覗いてきました http://cvw.jp/b/497632/41829973/
何シテル?   08/14 00:40
営業管理職をしている五十路の会社員です。 一応アマチュアドラマーですが、バンドに加入しておりません。「自称お座敷ドラマー」はそこに由来しています。クルマは...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

P ZEROに交換 22,598km 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/29 23:45:31
「リレー・フォー・ライフ」を知っていますか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/23 21:44:09

お友達

ヨーロッパ車大好きのオヤジ(もはや初老?)です。書き込みは燃費と洗車の話ですが、よろしければお付き合いください。
243 人のお友達がいます
きみセブンきみセブン * いりあんいりあん *
ゴカイゴカイ * タマゴンタマゴン *
227B コミュ227B コミュ * DunkelBlau@R32DunkelBlau@R32 *

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
5年55,000kmを共にした6GTIからバトンタッチ。あまりの多機能について行けません。
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント
ちょうど1年前にGTIを買ったばかりなのに、また新車を買うハメになってしまいました(トホ ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
3年払い残価設定ローン満了をきっかけに、もったいないとは思いつつ新型GTIに乗り換えまし ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
車検の予約に行ったはずが、値引きにつられて新車購入。しかもエートシコイテGTI。 低く ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.