• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くにじろうのブログ一覧

2010年08月31日 イイね!

和歌山県が、人口100万人を割る。

和歌山県の推計人口が、1955年の国勢調査以降、初めて100万人を割ったそうな、8月1日現在で、前月比263人減。前年同月比6508人の減少で、推定人口は99万9823人。かわいそうだから、どなたか和歌山県に移住してあげてください。実は40年くらい前は、奈良県は和歌山県よりずーっと人口が少なかった。奈良県は1970年では93万人だったのが、その25年後には143万人と、50万人も増加した。しかし今は、奈良県だって徐々に人口は減少しているんです。

09年10月1日時点で、推計人口100万人未満は、鳥取県、島根県、高知県、徳島県、福井県、佐賀県、山梨県、香川県の8県。ちなみに人口が一番少ないのは鳥取県で58万8000人。

ところで4月に発表された、2009年10月1日現在の人口推計での前年対比の人口増減率では、なんと、沖縄県がプラスで0.45%(0.21%)で、増加率が全国でトップだったそうな。2位が神奈川県0.29%(0.42%)、3位が千葉県0.28%(0.39%)、4位が埼玉0.24%(0.31%)、5位が東京都0.23%(0.63%)。さすがに首都圏の南部は強いですね。(%)は前年の増減率で、いずれも増加率は下がっています。

私が住む近畿地方はというと、一番が全国順位6位の滋賀県で0.22%(0.43%)ここが近畿で唯一の増加。9位がそれぞれ大阪府の−0.06%(−0.06)と兵庫県の−0.06%(−0.05%)15位に京都府で−0.26%(−0.25%)、20位の奈良県は−0.34%(−0.45%)、39位は和歌山県で−0.70%(−0.77%)。去年、滋賀県が奈良県の人口を追い抜いたんだけど、増加の要因はなんだろうね。そんなわけで、近畿地方では和歌山県が最悪。なんとか県の魅力づくりをしないと、人口の減少に歯止めがかからないよ。
Posted at 2010/08/31 17:01:26 | トラックバック(0) | 日記
2010年08月31日 イイね!

早過ぎる48歳の死。

早過ぎる48歳の死。今日の昼過ぎに、25年以上も前に同じ職場で働いていた元の同僚から、いい話じゃないんだけどという前置きで、電話が入った。柏木さんが亡くなったという。48歳で、死因は肺ガン。彼女は、グラフィックデザインを中心に活動しながら、近年は布と紙を素材にして和小物を制作していた。年に数回はグループ展や、クリエーターの作品をサポートするための和小物を作ったりしていた。

http://www.kashiwa-gi.com/

彼女もホームページを持っていて、上記のアドレスで、自分の作品を紹介したりしていた。ところが、そのお知らせが、2009年で停止している。ちょっと前にそれに気付いて、何かあったのかなと思っていたが。ちょうど1年前から彼女の闘病生活は始まっていたらしい。ガンに冒されたため、仕事を続けることもできず、東京の事務所を引き払い、郷里の病院に入院していたらしい。

25年前に職場に入社した彼女は、目がキラキラと輝いた女性だった。その後は数々の経験を積み重ねて、これからの渋い作品に期待して、関西でも個展かグループ展をしてくれないかなと楽しみにしていたんだけど、残念。柏木江里子さん、享年48歳。ご冥福をお祈りいたします。その目の輝きは永遠に忘れることはないだろう。今は、安らかに。

Posted at 2010/08/31 02:46:48 | トラックバック(0) | 日記
2010年08月30日 イイね!

やっとキーボードを買った。

やっとキーボードを買った。先日、わざわざ大阪のビックカメラまで行き、奈良では売っていないアップルのキーボードを買うことができた。で、その時、マックの販売コーナーを見ると、マックのパソコンに置かれているキーボードが、すべてテンキーなしの小さいキーボードだった。ワイヤレスのキーボードや、ワイヤレスのマウスがあるのは知っているけれど、テンキーがなければ不便じゃないかい。

ところで、買ったキーボードは4800円。あれっ、こんなに安かったのか。キーボードを単独で買ったのは、10年以上ぶりかも。確かリュード社のRボードという親指シフトキーボードだった。3万円以上したような記憶がある。それを最後に、リュード社のRボードは生産が中止となった。親指シフトって便利なのになんで普及しないのかな。とうとう私もローマ字入力になってしまった。マックで使える親指シフトのキーボード、また出るといいんだけど。

そうそう、その頃に、恐竜キーボードというのも買ったことがある。まるでお子さま用の、恐竜をモチーフにしたJIS配列のキーボードだ。カラフルな色使いで派手なんだけど、キーのタッチがカタカタと軽快に打てたスグレモノだった。おまけに恐竜のお腹のところに手を乗っけられるので、とっても打ちやすい。サードパーティーでは、結構優れたものを売っていた懐かしい時代です。あの恐竜キーボードも今売っていれば直ぐに買いたい。確か1万円以上してかなり高かったけれど、ボコボコしたメイドイン・チャイナのキーボードよりはずっと良いシロモノです。

ところでアップルの4800円のキーボードもメイドイン・チャイナですね。これも、3年くらいしか使えないのかな。たかがキーボードだけど、しょっちゅう使うものだから、もっと使いやすさにこだわって作ってほしいものですね。
Posted at 2010/08/30 02:08:35 | トラックバック(0) | 日記
2010年08月29日 イイね!

議員定数減らしてから解散してね。

小沢さんが、民主党の代表選挙に出馬した。私的にはちょっと早いんじゃないかと思う。確かに小沢さんは、凄い政治家。民主党の中では、抜群の政治力を持っている。前原さんがなんといおうが、岡田さんがどうのこうのいおうが、遙か上の存在だ。だって、小沢さん以外は、まともに政治というものを仕切ったことがないでしょ。現実的にも、今の民主党は、マニュフェストをほとんど実行に移せずにいる。たとえば衆議院定数だが、比例区を180から100に減らすと言ったが、未だになんの動きも見せていない。

さてさて、小沢さんが出馬することで、民主党が2つに割れるという人がいる。ま、別に割れたっていいじゃないか。現実的に今の民主党の政治は、ひたすら混乱ばかりを招いているから。円高、株安だって、政治の混乱が一因にあるかも。仮に小沢一派が100人以上の国会議員を引き連れて離党したとしよう。そこで、自民党も分裂しなきゃ。かつての田中派だってくすぶっているわけだから。それに自民党だって、いつまでも公明党のご機嫌伺いばかりをしながら議員活動をやっているから、国民から見放されたのを忘れちゃいけない。

そして自民党から出た議員と小沢さんがくっついて、新しい党を作ればいい。自民党に残された連中は公明党とくっついて新しい党でも作ればよい。そう、いわゆるガラガラポンですよ。そうなったらおもしろいかも。ま、なんにせよ、衆議院を解散するのなら、議員定数を削減してから解散してね、ついでに参議院の定数も250から200に削減すればいい。いままでの自民党はそんなことも言わなかったし、実行もしなかった。今度は、各政党からミニ政党まで定数削減を言い出した。しかし一向に、実行しないんだよね。民主党の代表選挙も大事だろうけど、しっかりと政治をやってほしい。株が8000円を割り込んだら、どうするんだい。円が70円台に入ったら、どうなるんだい。一向に、解決策が見えないんだよね。
Posted at 2010/08/29 17:06:18 | トラックバック(0) | 日記
2010年08月29日 イイね!

1カ月遅れで、食べる鰻重。

1カ月遅れで、食べる鰻重。土用丑の日のちょっと前に、そのうちに鰻丼を食べに行こうね、と妻に言っていた。いつよ、と妻は聞き返す。わ、私が答えるパターンは、そのうちだよ。いつかだよ。気がむいたらね。の、どれか。だから、妻もアホらしくて、いつか、なんて聞き返さなかった。私が考えるのは、土用丑の日の当日や、その前後には絶対行かない。そういうのに、操られるのが嫌いだから。かといって、秋風が吹く頃もなあ。ウナギの旬てのは、春半ば。もしくは、水温がちょっと下がって気持ち良くなった秋頃。だってね、暑いときは、うなぎだって夏バテしているんだから。そりゃ〜何年か前に仕上がった輸入物の冷凍蒲焼きなら、旬もクソもないだろうけど。

そんなわけで、残暑厳しき今のうちだ、ということで、いろいろネットで調べて奈良市椿井町の二鶴というお店に決めた。入ったのは、午後の1時半くらい。昼飯時も終わったのか、店内は誰も客がいなかった。その日も奈良は猛暑日で、餅飯殿通りは歩く人も少なかった。あんまり暑いから、出掛ける人も少ないのだろう。で、メニューを見ながら、注文しようとする、肝焼きがない、ということだった。おそらく昼時に、注文する人が多かったのかも。ま、私たちは鰻丼、または鰻重と決めているから、大奮発して特上を注文。しばらくすると待ちに待った、鰻重が運ばれてきた。妻は、鰻屋入ったのは初めてという。鰻重を配膳したのは、何年かあるらしいが。

さて、蓋を取る。ぎっしりと鰻焼きの切り身が並んでいて、ご飯が見えない。鰻の色づきも思ったより薄い。タレをかけて、サーッと焼いた感じだ。その分、香ばしい匂いが立ち上る。鰻を一口、頬張る。表面はカリッとして中はふっくら。味は申し分ない。むしろタレが薄い分、アツアツ鰻の味わいが存分に楽しめるというものだ。よく鰻にべっちょりと濃厚なタレがかかっているのがある。タレの味ばかりが強調されて、鰻本来の味が味わえないものが多い。たとえばスーパーや、コンビニで売っている鰻重がそんな感じ。鰻より、タレを味わっているような感覚にさせられる。ま、それはその程度だろう。

さて、二鶴の特上鰻重。鰻を一切れはがすとご飯があらわれた。ご飯にタレがしっかりとかかり、上には刻み海苔がかけられている。ふっくら鰻をしっかりと味わい、タレご飯で鰻を包み込む。もう、最高の幸せ。やはり、鰻の専門店でなければ楽しめない独特の味わいだ。とにかく、おいしい。蓋を取って、肝吸いを味わう。薄い。でもしっかりとほのかに出汁が効いている。私は、こういうのが大好き。よくお吸い物で、塩味をちょっぴり効かせているのがある。ガッカリする。出汁に自信がないんだね。そんなわけで、鰻重を堪能しました。

そうそう、もう30年以上も前だけど、名古屋で2年間暮らしたことがある。その時に、鰻屋さんに行って、特上の鰻重を注文すると、箱は高かったんだけど、それほど大きくない重箱で、ご飯の上に大きめの鰻がどでんと乗っていた。で、食べ進めると、さらにご飯の中にもまた大きめの鰻が埋もれている。これにはびっくりした。とにかく二重の鰻に感激した。いまでも、名古屋の特上鰻重はそうだといいな。

ところで、二鶴の住所は
奈良市椿井町51 椿井小学校の北の通りにあります。
二鶴のホームページはこちら
http://www3.kcn.ne.jp/~nikaku/
定休日や営業時間を調べてお越しくださいね。

Posted at 2010/08/29 02:35:29 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「夏はうちわ、池田含香堂の団扇。 http://cvw.jp/b/497851/38233254/
何シテル?   07/17 21:15
はじめまして、くにじろうです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/8 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

ファン

1 人のファンがいます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.