• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くにじろうのブログ一覧

2013年07月31日 イイね!

妻が初めて作ったシュウマイ、ウマイ。

妻が初めて作ったシュウマイ、ウマイ。妻が新聞かなにかのレシピを見て、初めてシュウマイを作ろうかという。そういえば、妻はよく餃子を作ってはいるが、確かにシュウマイはいままでなかった。で、作ろうとするシュウマイはニラシュウマイだそうな。ま、餃子とは皮とカタチが違うくらいで、中身は似たようなものかもしれない。夕食にそのシュウマイが登場してきた。緑色の断片が、シュウマイの具の中に散らばっている。確かにニラシュウマイだ。ま、ニラ餃子と似たようなものだろう。ほくっほくのニラシュウマイを、ちょびっとカラシ醤油に浸してから口の中に入れる。うむ、パサパサしているわりにはなんかおいしい。味になんだかふくらみがある。パサパサしているのは、豚肉じゃなくって鶏肉を使っているためで、脂分が少ないから。さらに擂ったエビも使っていないため、粘りが少ない。でも、おいしいんだよね。ところで、減塩中なんだけど、久しぶりに醤油を使った。う〜ん、醤油ってこんなものかなあ。ま、醤油の話しはまた後日に。へえ〜、豚肉やエビを使わないで、このおいしさなんだ。じゃ〜、豚肉とエビを使ったら、どんな味になるんだろうね。これは、次回の楽しみに。しかし手作りって、おいしくなるもんだねえ。
Posted at 2013/07/31 23:02:35 | トラックバック(0) | 日記
2013年07月30日 イイね!

ベジョー、ベジョーと、キッチンから音がする。

ベジョー、ベジョーと、キッチンから音がする。「あ、目玉焼きだ」と私は妻に向かって言った。「よく分かったわねー」と妻が返す。フライパンに卵を落として焼くときは、独特の音がしますよね。フライパンに広がった玉子。その白身の下から熱せられた空気が勢いよく吐き出す音が、ベジョー、ベジョーとキッチンに広がる。それにしても黄身をうまく白身が覆ってきれいに焼けています。妻の焼き方も上手だろうけど、さすがのフライパン。これは大阪の百貨店、伊勢丹で買った錦見鋳造製の魔法のフライパンですから。もう使ってほぼ2年になる。いい道具は調理を楽しく、料理をおいしくしますね〜。で、その目玉焼きに妻は醤油をかけた。私は思わず「え〜、醤油をかけるの〜。普通はソースでしょ」という。妻は「私はずっと醤油よ」という。以前もそんなことを言ったような。でも、ま、いいか、人それぞれなんだから。でもね、あとでネットで調べてみたら、圧倒的に醤油が多かった。目玉焼きにかける調味料のアンケートで、醤油54%、塩16%、ソース13%、胡椒5%、マヨネーズ4%、ケチャップ3%だとか。あとはわさび醤油とか、ソースとマヨネーズとか、ポン酢と粒コショウ、さらには醤油にマヨネーズに洋カラシもいいそうな。なるほどねえ。ちなみに私はただいま血圧高めの減塩中なので醤油や塩はだめ。そうか、半熟の目玉をご飯に乗せて、目玉焼き丼というのもありますね。その場合はやっぱり醤油なんだろうな。そういえば、玉子かけご飯専用の醤油があるそうな。だったら、目玉焼き専用の醤油があってもいいのではないか。
Posted at 2013/07/30 22:50:18 | トラックバック(0) | 日記
2013年07月29日 イイね!

心地良い風に、風鈴が揺れる夜。

心地良い風に、風鈴が揺れる夜。我が家では、まだそんなに暑くもない午前中から、犬の陸のためにリビングのエアコンを稼働させる。陸はエアコンから冷気が吹き出すのがわかると、まずエアコンの冷気が床に当たる場所に寝そべり、そこを基点にして近くの場所を点々と移動する。夕方になり、外の気温が下がってくると、食事後にはエアコンを切り、少し涼しくなった外気を取り入れるために、リビングの外に面したガラス戸を開けて網戸にする。そこのカーテンレールに例の、おふさ観音で買った南部鉄器の風鈴がぶら下がっている。ところが夕方以降って、風がほとんど動かないんだよね。だから、ガラス戸を開けて外気を取り入れても、風がないから風鈴はチリンとも音がしない。せっかくの風鈴なのに。ところが、昨日の夜は、よく風が入った。チリリリリンとよくいい音を響かせてくれる。こうでなくっちゃ、日本の夏は。外から流れる風が涼しい。風鈴の音も涼しい。すると、今日は雨になった。まあ、しょうがないのか。各地で豪雨の被害が出ております。皆さん、お気を付けて。それにしても、私たちの住んでいる奈良県北部は、浸水や洪水などの災害がないんだよね。ありがたいことです。だから、皆さん、奈良にいらっしゃいな。
Posted at 2013/07/29 23:16:27 | トラックバック(0) | 日記
2013年07月27日 イイね!

ほっと一息は、町家茶屋の古伊で。

ほっと一息は、町家茶屋の古伊で。ちょびっと前に書いた、橿原市今井町の続きです。そうそう、町家茶屋の古伊に入ったのでした。暑くって、とっても暑くって、お腹も減ったので、飯屋さんに。ひっそりとした通りに、やっているお店がありました。古そうな建物の入口に暖簾が掛かって、店の名前は「古伊」。ふるい、なるほど。中に入ると誰もいません。こんにちは、と声出すと、仲居さん、というか、若い係の人が来て、メニューを置いていく。決まったら、ボタンで呼び出す。お店の中は、とっても静かです。私たちが座ったのは、格子戸の玄関から続く土間に置かれたテーブル席。土間の向こうには、座敷が二間あって、それぞれが大きなテーブルになっている。昔の商家をそのまま活かした作りです。階段箪笥とか、骨董品のようなものも並んで、見上げると天井が高い。さすがの古民家というか町家。そういえば今井町で小さな商店は別にして、初めて町家の中に入ったのかもしれない。今井町には、重要文化財や伝統的建造物が公開されているのですが、こんな暑いときにわざわざ見に行くこともない、と思っちゃう。だから、町家茶屋で、のほほんと食事しながら、きょろきょろと部屋を見廻しながら、ちょっと仲居さんに話しを聞いたり。それだけでも、今井町らしい雰囲気が楽しめると思うけど。だから、気軽に立ち寄れる町家茶屋や町家商家がいっぱい増えるといいだろうな。「古伊」のかやくごはん、おいしかったですよ。そばつゆも、つゆがしっかりと濃かった。なかなかいいじゃん、うまいじゃん。だから、今井町ももっと賑わっておくれ。この前のブログでも書いたけど、「今井町灯火会」は8月2日じゃなくって、土曜日の8月3日でした。ごめんなさい。でも、紹介ページのアドレスは間違っていませんから。

町家茶屋の「古伊」の食べログはこちらですよ。
http://tabelog.com/nara/A2903/A290302/29000734/
Posted at 2013/07/27 23:02:02 | トラックバック(0) | 日記
2013年07月25日 イイね!

暑いから涼しい漢字をご紹介。

暑いから涼しい漢字をご紹介。またまた図書館で漢字の探索です。今回は、パカッと本を開けると、もちろん大漢和辞典の索引本ですが、たまたま「みず」で始まる漢字だった。みずごけ、水苔なら変換するけど、こんな漢字は知りません。草冠に、治なんてのは普通の漢和辞典を調べても載ってなかった。でも、漢字をしげしげと見ていると、なんとなくそういう雰囲気がありそうな気がしてきますよ、不思議なことに。でなけりゃ、そんな漢字を作らないだろうし。みずすまし、って、確か、漢字があったような気がする。で、水馬とか、鼓豆虫とかがあったんだけど、漢字一字で豆に支だなんて、鼓豆虫のミズスマシと構成が似ているような。どっちの漢字が先にできたのだろうね。さて次っ。みずにおちるおと、ってなんとなくゾッとすような。ドボンとか、ザブンとか、何が水に落ちたのかが問題ですが。みずにはいるさまって、やっぱり人間かな。我が家の犬、陸は川があるとよく入ります。海でも入ったんだけど、奈良は海がないからね。さらに、みずがながれるおと、なんて想像しているとひんやりしてくるでしょ。集中豪雨の濁流だけは勘弁してね。涼やかな音で穏やかに流れてほしいものです。みずのながれるさまで、やっと知っている漢字、洋が出てきたが、なるほど、大きな川でしょうね。ま、そんなわけで、図書館の片隅で、感心しながら見ておりました。なかなか、ひやっこいですよ。
Posted at 2013/07/25 18:25:27 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「夏はうちわ、池田含香堂の団扇。 http://cvw.jp/b/497851/38233254/
何シテル?   07/17 21:15
はじめまして、くにじろうです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

ファン

1 人のファンがいます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.