• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年05月11日

ハイグリップラジアルタイヤのインプレ

ハイグリップラジアルタイヤのインプレ 私が今まで履いた事があるハイグリップラジアルタイヤについてのインプレのまとめです。それ違うんじゃないの?と思われる点が多々あるとは思いますが、私の主観で書いていますので、その辺はご了承下さい。


■BS POTENZA RE-01R 225/50R16
使用ホイール:RAYS VOLKRACING TE37 16×7.5J インセット30

当時ハイグリップラジアルタイヤと言えば、BS POTENZA RE-01RかADVAN NEOVA AD07かと言われるほどの代表格。ライバルのNEOVA AD07とハイグリップラジアルタイヤのシェアを激しく争うほどであった。

私が初めて履いたハイグリップラジアルタイヤがこのRE-01Rだった。サーキット走行してブロック飛びなどトレッドがボロボロになったPlayzとは大違いで驚いた(当たり前)。縦グリップが強力でサイドウォールは硬い。当時サーキット初心者でアンダーを出す走り方ばかりしてタイヤに大きな負担をかけたにもかかわらず、トレッド面がボロボロになる事はなかった(ショルダー部を除く)。

ハイグリップラジアルタイヤはもっとハードで、乗り心地が悪かったり街乗りには不快なタイヤだとイメージしていたが、それほどでもなかった。約2年間使用し、スリップサインが出るほど溝が減ってもグリップ力はあまり落ちなく、むしろその時の方がタイムが出た事があったぐらいで、2007年6月の初参加のマツスピカップ岡山でRX-8 CLOSEDクラス優勝した時がそうであった。思ったより長持ちした。非常に良いタイヤだった。


■DUNLOP DIREZZA SPORT Z1(以下Z1無印) 245/45R17
使用ホイール:RAYS グラムライツ57C 17×8.5J インセット40

とにかく横グリップが弱く、DSC介入しまくりで困惑した。一度DSCをOFFにすれば、コーナー毎にリアがズリズリ出る。16→17にインチアップして前より太いタイヤのサイズにしたのも関わらず、全然自己ベストを更新する事が出来ずに悪戦苦闘。何度かスピンしてコースアウトもした。トレッドのブロック飛びも発生し、RE-01Rと比べると絶対的な性能の低さは否めない。

ダンロップのタイヤはドライバーを育てるタイヤだと聞いていたが、私の腕ではタイヤの特性をうまく引き出す事ができず、溝がなくなる前に手放した。ダンロップのハイグリップラジアルタイヤの性能は、BSやADVANに遠く及ばないという印象が強く残る結果となった。


■TOYO PROXES R1R(TRAMPIO→PROXESに切り替わった直後の製造モデル) 245/45R17
使用ホイール:RAYS グラムライツ57C 17×8.5J インセット40

(一世代前の)インチキラジアルタイヤとも呼ばれ、最強のハイグリップラジアルタイヤ言えばR1Rだった(R-S3が出る前は)。R1Rの使用が禁止の走行会もあるほど。熱が入りやすく、アウトラップ1周でタイヤが暖まるので即タイムアタック可能。連続周回には不向きで、熱ダレすると大幅にグリップ力が落ちるので、一発勝負のタイムアタッカーに多く好まれる。国産メーカーのハイグリップラジアルタイヤの中では一番安いのも人気の一つ。

R1Rのファーストインプレッションは、何だこのタイヤ、全然リアが出る気配がしないぞ、であった。横グリップが強烈で、多少アンダーが出ても吸収してしまう。R1Rは初心者は使っては駄目と言われる所以はこの辺にあると思う。コンパウンドのネバネバ感は段違いで、砂利の駐車場に停めた後に車を発進させると多くの小石や砂を巻き上げてタイヤハウスに当たる。

ゴム自体が柔らかくサイドウォールも同様。しっかり荷重をかけ、タイヤを路面に押し潰してグリップ力を発生させる感じ。サーキット走行するとトレッドの角が立ってタイヤハウスに干渉した。トレッドパターンはこの中で一番かっこいい(私の主観)。思った以上に乗り心地がよく、この中では一番良い。ウェットの性能は段違いに良く、ウェット最強といっても過言ではないほどの性能の高さは私でも体験できた。磨耗が早くてライフは短い。まさに消しゴムタイヤ。思った以上に懐は広かったが、自分の未熟な腕では使いこなすには難しいと感じた。

TRAMPIO時代のR1Rはもっとグリップ力が高かったそうで、未だにTRAMPIO時代のR1Rを求めている人は多い。細かいマイナーチェンジする度にグリップ力が低下しているという噂もある。HANKOOK ventus R-S3の登場でR-S3に買い換える8オーナーは多く、マツスピカップの上位陣はR1Rだらけという人気ぶりはすっかり過去のものとなり、現在R1Rを履いている8オーナーはかなり少なくなった。それでもR1Rが良いという人や、他のタイヤに浮気しものの、やっぱりR1Rが自分には合うというR1R愛好家も徐々に増えているようだ。


■DUNLOP DIREZZA Z1 STARSPEC(以下Z1☆) 2010年製造モデル 245/40R18
使用ホイール:RAYS VOLKRACING TE37SL 18×9J インセット45

現在のハイグリップラジアルタイヤのシェアNo.1だと思われるほどの装着率を誇る。性能が高く、R1Rほどではないけれど低価格なのも人気がある大きな理由の一つ。やっぱりタイヤの値段は重要なファクターだ。サイズも豊富に用意されている。

良い評判が多いものの、以前のZ1(無印)がイマイチだった事が頭をよぎり、実際に使ってみるまで不安だったが、蓋を開けてみればZ1(無印)とは良い意味で全く別物の性能だった。17→18へのインチアップ、新調したホイールの影響もあるが、Z1☆に変えてからは自己ベスト更新を連発。DSC ONとの相性も良くて、変な癖も感じられない。

ただ、縦グリップ、横グリップ、コンパウンドのネバネバ感それぞれはPROXES R1Rより若干劣るので、PROXES R1Rと同じブレーキポイントだと減速し切れなかったり(鈴鹿の200R→スプーンのブレーキングなど)、ターンインで減速しきれずに失敗して弱アンダーになったらそのまま外に膨らんでしまう事があるので注意が必要。それでもZ1☆の方がタイムを出せたのだから不思議である。

Z1☆の一番の問題点は、美味しい領域が狭くてタイヤのマネージメントが難しい点。タイヤのグリップ力が一番発揮できる空気圧・温度を100%とすると、経験上90%弱でタイヤがちょっと滑る位の時が一番タイムが出やすい。熱が入り一旦100%に達すると、グリップの低下は感じられないのに何故かもうその日はベストタイムが出せない。また、コースインして攻めた走りを2,3周すると自己ベスト更新ボーナスタイムが終了するような感じ。熱の入りは早く、R1R以上に早い段階でタイムを刻まないといけないような感じで、その狭い美味しいタイミングでクリアラップが取れずにアタックできないとほぼ終了なのでシビア。R1Rみたいに熱ダレによる大幅なグリップ低下はないものの、その状態で自己ベスト更新するのは困難。

タイヤのトレッドは綺麗に溶ける。Z1(無印)みたいに亀裂やブロックが飛ぶ事は現在ないのでコンパウンドはかなり進化している。新しい製造モデルはマイナーチェンジされているようで、グリップ力が上がった代わりにライフが短くなったという話。去年の10月からZ1☆を使っているが、既にフロント3部山、リア4部山と予想以上に減りが早く、2シーズン持たせる予定だったが、とてもじゃないが持ちそうもない。

Z1☆は、残り75%・50%・25%毎に溝が切ってあるので、残り何部山なのかわかりやすくてとても良い。これは他のタイヤにも採用して欲しい。

街乗りでのインプレについては、パターンノイズが煩く不快でウェット性能も悪く、タイヤの溝が半分以下になると増大するロードノイズの煩さも加わり、街乗り快適性は一番悪いと言い切れる。価格はさほど高くなく、初級者から上級者までお勧めできるハイグリップラジアルタイヤだが、サーキットを走らない人には上記の理由によりお勧めできない。

流石に残り1部山まで使うとグリップ力はかなり落ちるようなので、25%の残り溝のランドマークが四輪とも消えたら交換する予定。Z1☆は新品でもウェット性能がイマイチなので、溝がほとんどない状態で雨の日に走るのは怖い。

次のタイヤセットに交換した後に加筆してZ1☆の最終インプレとし、パーツレビューにアップする予定。


以上で今回のインプレはおしまい。次はこれ以外のハイグリップラジアルタイヤについて私が聞いている情報をまとめる予定です。
ブログ一覧 | タイヤ・ホイール | 日記
Posted at 2011/05/11 00:20:17

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

【新商品情報】T10 260lm ...
pika-Qさん

違和感w
しるしる14さん

今日は富士ショート
R Magic おーはらさん

春が来てますね〜
ふじっこパパさん

楽天スーパーセール始まります♪
REIZ TRADINGさん

150時間耐久レースの始まり始まり!
ウッドミッツさん

この記事へのコメント

2011年5月11日 0:44
参考になります。
僕は次の町乗り用タイヤを225/45-18のZ1にする予定だったんですが、町乗り用としては不向きな様で・・・(汗)やはり、NT05か・・(笑)
コメントへの返答
2011年5月11日 0:52
街乗りでのZ1☆はうるさいの一言に尽きます。新品でもパターンノイズが気になるほど。

NT-05はうーん・・・って感じらしいです。
2011年5月11日 1:33
僕は今フロントのみZ1☆です。
さすがにDZ101とはグリップがダンチですね。
今はオクを毎日チェックして状態のいいものを探す日々です。リアも欲しいので。
コメントへの返答
2011年5月11日 2:11
前後のタイヤの銘柄が違うとDSCが頻繁に介入しますので、次にサーキットを走る前にリア側のZ1☆も手に入れたいですね。
2011年5月11日 4:06
この情報は凄い…(汗

完全に主観の上に成り立っているので絶対的ではないのは分かりますが、主観からの情報でも数名の方に同じようなインプレを書いて貰えると資料的価値は更に増大すると思います。

…ってか「サーキットアタッカーによるタイヤインプレ!」みたいな題でブロスに載せちゃえばいいと思うんです。
ライーザさんのこのインプレはコーナートップにコピペでOKですね(笑)

>トレッドパターンはこの中で一番かっこいい
激しく同意です。
コメントへの返答
2011年5月11日 21:42
客観的で万人向けのライターのインプレには程遠いですが、自分でお金を出して購入したユーザーのインプレにしか書けない事があると思いますので、それが少しでも伝える事ができればと思います。雑誌だとスポンサーの絡みであまりネガティブなインプレが記載されませんし。

ロータリーブロスの編集部だったら、タイヤメーカーの広報の紹介記事をそのままコピペして雑誌に載せるでしょうね(笑)

昔のタイヤのことはよく知らないのですが、私の中でのトレッドパターンのかっこよさNo.1がR1Rです。
2011年5月11日 8:45
245にサイズアップするならZ1☆と思っていたので、とても参考になります。

「美味しい領域が狭い・熱が入り易い」というのは意外でした。今使っているフェデラルと溶け方を比べるとZ1☆は穏やかなので、周回数を重ねてもそれ程タイムが落ちるイメージはありませんでした。

当然ですが、やはり自分の走るコースで一度使ってみないとわからない事ですね。

ライフが短いとわかっていても上手くなったらR1Rは履いてみたいです。
私もトレッドパターンが一番かっこいいに一票です。
コメントへの返答
2011年5月11日 21:35
Z1(無印)は熱の入りが遅いというデメリットがありましたから、それを改善するためにコンパウンドを進化させた結果がZ1☆とメーカーも謳っていますし、それ自体は体感できるレベルです。

Z1☆は連続周回をしてもタイムを更新できると聞いていて、ディレッツァチャレンジ決勝ではタイムアップ直前にベストタイム更新と言うのも見かけましたが、私の腕では無理でした。

Z1☆デビュー後の最初の課題は、適正な空気圧に合わせる事です。空気圧の調整は一番難しく感じました。

245/45R17のR1Rを注文すると、あまり出回らないサイズな故に古い製造モデルのタイヤが到着する事があります。R1Rは製造してから強力なグリップを発揮する期間が短いですので(半年以下という話も)、購入ルートや購入時期に注意してください。
2012年3月6日 20:33
はじめまして、僕もZ1☆を2set続けて使っていますが、たしかに走行会などに行くと最初のほうにベストタイムが出て、気を良くしてそのあとアタックしてもベストの0,2-3秒落ちなんてことが多い気がします。
車はロードスターでタイヤサイズは185-60-14なんですが同じ傾向があるんですかね~?なんだか納得できました。
コメントへの返答
2012年3月7日 16:03
初めまして。コメントありがとうございます。s4レッドさんもZ1☆について私と同じような事を体験されているのですね。

現在私も2セット目に突入しましたが、コースインして2,3周目でベスト、後半でベスト更新は一度もなしというのは変わりません。

Z1☆は後半タイムが落ちるという話は他でも聞きますので、Z1☆は早い段階でピークを迎え、それ以降は徐々に落ちるという特性のタイヤじゃないかと思っています。

後半タイムが出ないとなるとモチベーションをどう保つのかが一番の問題ですね(汗

おすすめアイテム

プロフィール

「@berunar 平日のサーキットいいですねー。」
何シテル?   02/26 09:30
中部地区でRX-8に乗っています。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/3 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

RX-8最速ランキング 
カテゴリ:ブックマーク
2015/03/25 16:08:13
 
目指せ、故障診断コード(DTC)マスター? 
カテゴリ:ブックマーク
2015/03/25 16:03:37
佐藤商会 ブログ 
カテゴリ:ショップ
2013/12/10 16:03:25
 

愛車一覧

マツダ RX-8 RGPX-03R (マツダ RX-8)
後10年RX-8に乗り続ける為の選択
マツダ RX-8 マツダ RX-8
A Sports Car Like No Other.(比類なきスポーツカー)
マツダ RX-8 マツダ RX-8
【車種・カラー】 ・LA-SE3P STD-5MT チタニウムグレーメタリックⅡ

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.