• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

でかバンのブログ一覧

2017年10月17日 イイね!

一年ぶりの“当時の雑誌”からシリーズ…再開っ。

一年ぶりの“当時の雑誌”からシリーズ…再開っ。セリカのカタログ比較シリーズを期待されていらっしゃったとすれば…ごめんなさい。
ちょっとこっちを“場繋ぎネタ”として紹介いたします。

というのも…嫁の「捨てて!」というご指示がありました。
雑誌という体をなしていない、ページの抜粋(写真の状態なので)は邪魔なので…ゴミになります。
ですから捨てる前の「有終の美」として、こうして残そうかと!?

片付けのできない男をどうか…笑ってやってくださいませ。。。




で、このシリーズ(?)の最初は、「憧れの輸出仕様を再現する」指南書!?

ドライバー誌かな?…の抜粋です。



80年代の雑誌ですからね…まだまだドアミラーも解禁前。
ですからこのミラーの変更だけでも十分に気分は“西海岸”になれたものでしたっけ。

杏里の「思い切り、アメリカ~んっ!」って歌声や、シェリルラッドの「ダンシング・アメリカン」なCM映像が脳裏をよぎるっ!!!(知っている方だけわかればいいんです…)




紹介されている車は5車種。
一つ目は…やはり「セリスー」。

オーバーフェンダーは憧れましたよね!!この特集にはそれぞれのパーツの(当時の)価格が記載されてますので、主なものだけちょっとご紹介すると…
(フェンダーガードという名)オーバーフェンダーは1セット、6万4000円
フロントスープラエンブレムが4900円
センターピラーガーニッシュが左右で2万6000円
リヤウィンドウスポイラーは6万9000円 
ドアミラーは3万4000円 等々…ここに記載のあるものだけで、およそ30万円弱!

やはり憧れは指をくわえるしかなかったかもしれません(汗)



次のクルマは、これもおなじみ

ドアミラーは、実に私好みの形してますっ!このタルボ型…4万2000円也っ。
ついでにアメリカンな装飾だったタルガバンドは3万6000円ですが…はたしてここまで付けた人いたのかしら???
これらで合計約17万円。。。



お次はヨーロッパがお似合いの2台。
まずはランタボ。

当時の日本仕様は1800ccのターボで、このエアダムじゃなかったんじゃなかったかなぁ!?(その後同じ形になりましたけど)。
だからこのシンプルかつ大胆な絶壁のフロントスポイラーは…迫力でしたっけ。
このお値段、5万4000円、それと逆文字デカールは4000円。
そして対となるリヤスポは3万4000円等々…で合計15万円。

マツダ323はおなじみファミリアですね。
こちらは前期型ですから、まだ大きなチンスポはなさそうですが…
ドアミラーは2万3000円が大きなものかなぁ? あまり見た目は変わらないけど…もともとヨーロピアンなスタイルだから、これくらいで満足かも!?



で、最後は…ちょっと変わった車種が選択されてます。
ファミリアが選ばれてりゃ、やはりこいつも…ってことでしょうか(笑)

トヨタ・ターセル3ドアハッチバック。 テニスプレイヤーのジョン・マッケンローがキャラクターを務めてたんでしたね。
こいつ…後期型でドアミラーに変わりましたが、それだけでイメージが一気にスポーティーになりましたっけ。ボーイズレーサーって言葉…すっかり聞かなくなりましたもんね、寂しい。。。
やはり輸出の場合、こいつのヘッドライトは奥まった角目で決まりでしょうか!?スプリンターカリブ用がそのまま使えるんだったっけ???
でもそれ以上に雰囲気を変えるアイテムが…ビッグバンパーっ!!!!!
お値段は…ありゃ、書いてないや(汗)




以上、今回はこれで失礼しますっ。。。
Posted at 2017/10/17 14:12:51 | コメント(15) | トラックバック(0) | 雑誌記事 | 日記
2016年09月19日 イイね!

"ど" ストライクゥ~っ!

"ど" ストライクゥ~っ!本日はお休み。
天気が悪くなりそう(午前中は不思議と晴れてましたが…)なので、ちょっと本屋さんを覗いて見ると…



手に取ったこの2冊。






見事な一撃をくらいました(笑)





まず「80年代レーシングカーのすべて」。

スーパーカーブームを経験した我々世代なら、その後で絶対に気になったハズの“シルエット・フォーミュラ”。グループ5を経由してグループCになった頃の全車種が紹介されてます。

真っ先に紹介されてるのが、日産の“三羽がらす”だった、スカイライン・シルビア・ブルーバード…なんですが、



大丈夫です、これもありますからっ!












で、次。

この雑誌はずいぶん前からちょくちょくと見てました。
「昭和40年代男」なんて名称も気になってましたが、そもそもこの年代に生まれた人って現在40~50歳。
世間的にこの年代ってのは、「懐具合も温まって、好きなことに自由に使えるお金もある」って言われてるそうですからね…私にゃ「そんなの関係ねぇ~っ!」ですが、雑誌を買うくらいの贅沢なら“なんとかできる”…ハズ(笑)

とはいえ、いつもは立ち読みで終えるところでしたが、こんなページ見ちゃったら、そりゃ買うでしょう。


歴代セリカのうち、この年代がまさに“買えそうな年齢”になった頃に発売された「60系」と「160系」のみを取り上げてるという内容ですが…まさにドンピシャ!!!

クルマに興味をもって、そして免許を取った頃のセリカと言えば、この3代目と4代目でしたからね。
もちろん新車をそのまま買えるような環境ではなかったですけどね…。




とにかく、いろんな思い出がよみがえってくるこの2冊。
買って損は無いと思われますよっ。
Posted at 2016/09/19 15:33:02 | コメント(13) | トラックバック(0) | 雑誌記事 | 日記
2016年08月20日 イイね!

古い自動車雑誌をめくってみたら…

これは1976年のカーグラフィック誌。
いいですよねぇ、たまにゃ見るのも…って、眺めるのは主に広告のページですけど(笑)


で、見つけちゃった気になるアイテムがこれ。




ルーフスポイラーって名前が付けられてますが、そのイメージは…ランチア・ストラトスみたい。
言われてみればありましたよねぇ!

その効果は…
①スタイリッシュなサンバイザー
…なるほど。
②ガラス面に汚れが付着するのを防ぐ
…言われてみりゃ期待できるかも!?
③強烈なダウンフォースを生みます
…うっそぉ~っ!?

まぁ、デザイン重視ってことで(笑)
これ、欲しいなぁ!!!




また、こんなのもありました。


リヤハッチに取り付けるスキーキャリア。
確か数年前にドライブショップの社長さんから戴いたのが、まさにこんなやつでしたね。
なかなか使う機会はないですが(滝汗)
スキーをつけたままじゃ…ハッチが開けられないという“本末転倒”な感じもしますけどね。





っと、ページをめくれば…
東京モーターショーが出てきました。
そのなかで真っ先に目に飛び込んできたのが…マイチェンしたばかりの“我が”ビッグバンパー・セリカの展示車両です。



でも、何かが違う!?
そう、気になったのがこの内装色なんですよね。


白を基調としたツートーン。
確かダッシュボードの色と合わせて、茶色系じゃなかったかなぁ?別の写真見たことあります。。。
モーターショーならではのカスタマイズが当時はあったって聞いたことがありますからね、それなんでしょう。
オリジナルはドアの内張りもシートも白のモノトーンだったはずですからね。

もちろんこの車両はショーが終わったら、そのまま売られたんじゃないかなぁ?!
良いなぁ、これっ!!!



もうちょっとページをめくると、今度は…



おぉっ、“大好物の”ロータスエスプリっ!!
そっかぁ、この年なんだ、発表されたのは。。。

で、読み進めると…こんな表記がありました。


「リヤウインドウは開閉式で、エンジン上のラゲッジスペースに繋がる」と。

一瞬、「リヤのサイドガラスが開くんだ」っていうふうに読み取れましたが…それって変??

間違いなくリヤハッチは開きますが、サイドは開かないはず。
きっとそれを言いたかったのかなぁ??って思ったんですが…じっくりと写真を見ると、まるでリヤサイドガラスがパカッと開きそうにも見えますね(笑)


天下のカーグラがこんな表現しちゃダメでしょ!!
…なんて思いましたが







…もしかして初期モデルは開くのかなぁ、特別に??


どうなの、オーナーさんおせーてっ!!
Posted at 2016/08/20 18:42:11 | コメント(9) | トラックバック(0) | 雑誌記事 | 日記
2016年07月08日 イイね!

憧れるよねぇ…オープンクルージングっ!

憧れるよねぇ…オープンクルージングっ!はいっ、相変わらずの雑誌切り抜きネタです。。。


季節は夏がいよいよ近づいてきた…とすれば、やはりオープン!
…ではないですね、最近は。
日焼け=皮膚がんの恐れあり!?なんてことになっちゃって、日焼け防止クリームが欠かせない???


でも、ちょっと前まで“紫外線は体に良いっ!”ってことで、やたらと真っ黒に日焼けしようって頑張りましたっけ。。。
若い頃は、仲間どおしで海に行けば、身体中にコパトーン(懐かしいっ)塗りたくって、泳ぐでもなくずっと砂浜でゴロゴロしてたりして。
サングラス掛けてキョロキョロと景色(?)を楽しみながらも、ビール片手にうだうだゴロゴロ。
おかげで裏も表も判らなくなるほど日焼けしてた頃が…懐かしいですねっ!



話が最初っから脱線してますが。


で、今回のお話は…オープンカー。


やはり憧れますよね、これ。

これはおなじみ…ですね。
(そうそう、これについては、また明日ブログで紹介しましょうか!)

でも、マニアはこっちこそ憧れますよね!?


で、記事を読んでたら…こんなことが書いてありました。
「幌を折りたたみする時は、自動的に後席のシートバックが前倒しする」んですって。


へぇ~っ、そうなんですかっ!? 知らなかった。。。

ってことは、後席に人が座ってる時には、操作はできない…の???
知ってる方、教えてくださいませ(汗)



オープンクルーズは、何もオープンカーだけしか味わえないわけじゃありません。
で、こんな特集を見つけました。


いろんな屋根の形状があったんですよね、この当時って。

で、あらためて見てみると…これってスゴイって思いません!?


ツインのガラスサンルーフですが…

かたやコンパクトなハッチバックの“ミラージュ”、かたやセダンの“サニー”。
前者はデタッチャブル…つまり、一枚ずつ脱着するというもの。
後者は、電動でチルトしそのままスライドするというもの。

今考えると…メチャ贅沢な装備ですよね。
手間がかかる、あるいは重たいし高価…なんていうデメリットばかりが先に思い浮かびますけど(笑)

これが当たり前のように大衆車クラスに装着されちゃう時代って…やはりバブル前夜なんですよね!

果たしてこの2台…今でも残っているんでしょうか?
そしてこれからの将来、この装備って復活することはあるんでしょうか???









で、もういっちょ。


こんなスペシャルな改造も当時はあったようですね。
純正然としてて…これはこれで十分“アリ”に見えますっ!!!


このTバーって…流用なのかなぁ?
気になりますね。





しかし、実におおらかな良い時代でしたっけ。
またブームにならないかなぁ!?
Posted at 2016/07/08 18:14:58 | コメント(13) | トラックバック(0) | 雑誌記事 | 日記
2016年07月06日 イイね!

新車の広告も、これまた楽し。

新車の広告も、これまた楽し。雑誌のスクラップ…少しずつ読んでますが、なかなか懐かしめのロードインプレッション等は、また後日紹介するとして、今回は広告を拾ってみました。

とはいえ、バラバラに引っこ抜いたページの構成上、見開き2ページにわたる広告はほとんど残っていません。


でも、そんななかこれが見つかりました。



まずは、おなじみ。


このキャッチコピーは衝撃的でしたね。
登場は83年2月ですから、高校生の頃。
クラスメイトとこの広告について語ったのを覚えてますよ。

こんなバージョンも見っけました。

周りにくどくど書かれているのは…性能を誇示するようなモノではなく、「余裕をもってストレスなく走ることが出来る」っていうソフト的なモノ。
ちょと意外でしょ!?

それが、この段階になると…

やはり「オーバー200馬力」の性能を強調してます。
が、それは「スムーズさを追求したら結果として出てしまった馬力」と述べられており、最後には「いかなるシチュエーションにおいても(フルアクセルを抑えるような)心の冷却装置をオンにして、クールに乗って欲しい」って締めくくるところが…お見事っ?!

史上最強ってコピーは…ちょっと早すぎたかも?!って悔やんだライターさんが居たかどうかはわかりませんが…。




対するトヨタは…というと、残念ながら見当たりません。
唯一これが出てきました。

4A-GZにスポットを当てた広告ですね。
あまり記憶にないんですけど(汗)


懐かしいです。。。
Posted at 2016/07/06 17:13:01 | コメント(12) | トラックバック(0) | 雑誌記事 | 日記

プロフィール

「さて、暑いけどまだまだ頑張ろうっと。」
何シテル?   07/13 12:58
小学生の頃に憧れたセリカ。就職してから入手し、はや30年近くが経とうとしてます。 ずっと日常的に乗り続け、だからちょくちょく機嫌も悪くなりますが…それがかえっ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

気になる車・・・(^^)339 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/09 21:30:38
トヨタ博物館にちょこっと行きました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/19 22:38:17
これは・・・・・? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/21 19:14:00

ファン

75 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ロードフォックス キツネ様 (ホンダ ロードフォックス)
これまた“不動”で入手。ブレーキ関連やスターターなどなど、部品を集めて修理し無事復活しま ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
車齢35年を向かえ、いよいよ憧れの“北米仕様”にモディファイ完了です。 純正ドアミラーを ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初代セリカLBだけでは不便だったため、無理して中古を購入。でもまだまだ“あの映画”の影響 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.