• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Miyake-L880Kのブログ一覧

2018年05月14日 イイね!

等速ジョイントについて

 ユニバーサルジョイントは、入力と出力で回転速度が異なるという記事について、私になりの結論がでました。入力と出力で回転速度が異なるという表現は、間違いではありませんが、誤解を生じる表現だと思います。
 
 ユニバーサルジョイントの場合、入力側が一定角速度で回転していても、出力側が非一様角速度で回転するという表現が適切だと思われます。
 より分かりやすく説明しますと、入力側の回転速度と比較して、0~90°までは加速し、90~180°にかけて減速するという周期を繰り返しているわけです。
 しかし、これだとFRのトラックでも振動や騒音、寿命低下の原因になりそうですが、もう一つユニバーサルジョイントを入れることで、補正することが可能のようです。まあ、設置角などの条件がありますが。そのため、等速ジョイントが登場するまでは、絶妙なセッティングで設計されていたと察する次第です。

 ただ、この説明からすると、等速ジョイントが明らかに優れています。今はもう、プロペラシャフトにユニバーサルジョイントを用いる乗用車はないかもしれませんね。


Posted at 2018/05/14 19:02:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月02日 イイね!

WRC2018 ラリー・アルゼンティーナ

WRC2018 ラリー・アルゼンティーナは下記の通りとなりました。



1位 トヨタ・ヤリス オット・タナック
2位 ヒュンダイ・i20 ティエリー・ヌービル
3位 ヒュンダイ・i20 ダニエル・ソルド

 今期初優勝のトヨタ。おめでとうございます。タナックがトヨタに来てくれて、良かったです。エースドライバーのラトバラは、2戦連続のリタイヤ。チームメイトのラッピにもポイントで抜かれ、エースの座は来年心配です。

 ヒュンダイ勢は好調で、マニュファクチャラーランキングはトップ。

 でも、トヨタには、この調子でがんばって頂きたいところです。

次回は、ラリー・ポルトガル5月17~20日。
Posted at 2018/05/02 12:40:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月01日 イイね!

WRC2018 ツール・ド・コルシカ

WRC2018 ツール・ド・コルシカは下記の通りとなりました。



1位 フォード・フェイスタ セバスチャン・オジェ
2位 トヨタ・ヤリス オット・タナック
3位 ヒュンダイ・i20 ティエリー・ヌービル

 今期二勝を上げたオジェが早くも独走態勢。タナックは2位につけ、好成績をマークしました。
 タナックはトヨタの中でも好調。この状況を維持しながらも、超えてもらいたいところです。

次回は、4月26~29日 ラリー・アルゼンティーナ。
Posted at 2018/05/01 08:07:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月28日 イイね!

NTN:プロペラシャフト用小型しゅう動式等速ジョイントを開発

 NTNは、従来品比で質量17%低減、外輪外径6%低減となる世界最高水準の小型・軽量化を実現したプロペラシャフト用しゅう動式等速ジョイント「HEDJ-P」を開発したようです。



 私の中では、ユニバーサルジョイントが主流だと思っていましたが、等速ジョイントが普及しているのでしょうか。ユニバーサルジョイントは、入力と出力で回転速度差が生じる欠点があり、それを改善したのが、等速ジョイントのようです。この説明からすると、フルタイム4WDには等速ジョイントが適しているといえ、ユニバーサルジョイントはFRなどの同期が必要ない構造に用いられるといったところでしょうか。

 しかし、素人の発想では、ユニバーサルジョイントに、入出力で回転速度差が生じているとは知りませんでした。また、なぜ、回転速度生じるのか不明です。まあ、回転数は変わらないなら、私が考えている問題とは別なのかもしれません。

 車の構造については、まだまだ知らないことが多いですね。
Posted at 2018/04/28 06:48:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月16日 イイね!

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」が米国でエジソン賞

 マツダの次世代ガソリンエンジンSKYACTIV-Xが、米国ニューヨークで開催された「2018 Edison Award」の表彰式において、「Engine Enhancements(エンジンエンハンスメント)部門」の金賞を受賞したようです。



 発売前から金賞受賞とはすばらしい。また、ヨーロッパでも同じような賞を受賞しています。それだけこのエンジンに対する期待感があるという表れなのでしょうか。
 EVが進むと、中国などに市場を奪われかねない懸念があります。また、多くの部品メーカーが仕事を奪われる恐れもあります。
 これまで人類が培ってきた内燃機関の火種を絶やさぬ、希望のエンジンなのかもしれません。

Posted at 2018/04/16 20:51:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「等速ジョイントについて http://cvw.jp/b/510769/41481805/
何シテル?   05/14 19:02
Miyake-L880K
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
幸せいっぱい15年目のコペン。でも、本当は金がないので乗り換えられないだけ。
三菱 レグナム 三菱 レグナム
もてたいという理由のためだけにAZ-1から乗り換えた苦痛の5年間。
マツダ AZ-1 マツダ AZ-1
大好きだった車。泣く泣く手放した思いが湧いてきます。
ダイハツ リーザ ダイハツ リーザ
初めて所持したターボZ。ミラでない個性派。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.