• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

フヂエンのブログ一覧

2011年06月26日 イイね!

レーシングカーの作り方(S-FJ挑戦) @フヂイ

前回のブログで、日本にはレーシングカーの作り方のハウツー本や学校が無い!
と書きました。

こんなに楽しい娯楽なのに、なんで誰も世に広げようとしないのだ?
レーシングカー作りを知らない人生なんて、ノンアルコールビールみたいなもんだ!
と不思議で仕方ないのですが、無いものは仕方ない。

こうなったら僕が人柱?人体実験?だ!
このブログでレーシングカーの作り方を1から10まで紹介します。
もし内容が面白くて、社会的に価値があるモノだったら書籍化お願いします。
ふふふ、夢の印税生活・・・。(アホ)

もし、万が一、日本のどこかで「俺(私)、レーシングカー作りたい・・・。」と思っているけど一歩を踏み出せないままでいる絶滅危惧種的に奇特な若者がいたとして、このブログを読むことで、何か未来が開ける事なれば良いな!という思いで書きます。
(僕にとって未来が開けるとは限りません。どちらかというと転落人生まっしぐらかもしれません)


で、どんなレーシングカーを作るかと言いますと、

SUPER FJ

です。
SUPER GTとは違いますよ。
日本のレースはSUPER GTやらSUPER耐久、そしてSUPER FJにスーパーアグリに至るまで、やたらスーパーを使いたがるややこしい傾向があります。
何でですかね?

まぁ、なぜSUPER FJという微妙なネーミングなのかは置いておいて、なかなか面白いカテゴリーではあります。
F1を頂点とするフォーミュラのピラミッドの最下段に位置する、フォーミュラレースの登竜門です。
F1をプロ野球とすれば、SUPER FJ(以下S-FJ)は、中学校の野球部、といった感じでしょうか?
でも、中学校の野球部と言うにはお金かかるな。通常、300万円~400万円の年間予算。
まぁ、お金の話はゲンナリするだけなのでやめておきましょう。

で、このS-FJの面白さは、コンストラクター同士の競争が有る、という事に尽きます。(僕にとって)
F-ニッポンやF3は残念ながらワンメイクなので、クルマ好き的視点ではほとんど興味をソソられません。
F4はS-FJ同様にシャシー開発が自由なので、これも面白いのですが、さすがに年間1千万円超えの予算では、あ~無理無理って事で諦めました。(またお金の話してるし)
技術的には超興味深くてやってみたいんですけどね。(次に取っておきます)

という事で、フヂエンはまずS-FJに挑戦することになりました。
自社で車体を設計&製作して参戦します!

ニューマシンの投入目標は、12月の日本一決定戦@鈴鹿です!

これからの5ヶ月は超タイトなスケジュールになりますが、やるって決めちゃったので、やります。
明日から設計作業を始めます。

チーム体制は、

僕(フヂイ)が、設計&製作
大賀が、メカニック&設計助手&テストドライバー
木下が、レースドライバー&メカニック助手&設計助手

の3人がメインで、その他いつもの仲間にもいろいろと(問答無用で)お手伝いしてもらいながら作ります。

これからはフヂエンブログ内で、僕以外の二人も日記を更新しますので、ぜひお読みください。


この企画は僕ら3人の密かな楽しみとしてスタートした話ですが、こっそりやっていても意味ないし、どうせならより多くの方々にレーシングカー作りの楽しさ、素晴らしさを知っていただこう!という事で包み隠さず公開する事にしました。

ぜひお楽しみください。
Posted at 2011/06/26 02:10:31 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2011年06月22日 イイね!

レーシングカーの作り方

レーシングカーの作り方レーシングドライバーを目指そうと思い立つと、ちょっと調べるといろんな方法がある事を知ります。


メーカー系のレーシングスクールに行く

ZAP SPEED等のスカラシップの充実したチームに加入する

などなど。


しかし、レーシングカーを作ろうとすると、いったいどうすれば良いのかお手上げ状態(笑)
日本にはレーシングカーを作ろうなどと言う変態はほぼ居ないので、ハウツー本も無いし、レーシングスクールに「レーシングカー作りたい人」部門も存在しないのです。

って事は、日本のレース界はドライバーは毎年そこそこ優秀な人が輩出されるけど、レーシングカー作る人が出てこないじゃないか!
って事は、需要と供給(作る人と乗る人)のバランスが取れないじゃないか!
なんて事を思いながら、めぼしい資料も無いし、やむを得ずamazonで「How to build racing car」なる本をイギリスから輸入して、英和辞書をひきながら読んだワケです。

「How to build racing car」にはロールセンターの計算方法や、チューブラーフレームの冶具の理論、コンポジットの積層の考え方、などなどの方法論は充実していますが、それはエンジニアリング的な方法論に過ぎません。
レーシングカーを作るには、もっとトータル的な人間力、資金集めをするチカラ、段取りをするチカラ、自分が持っていない技術を持っている人に協力を請うチカラ、トータル的な能力を要求されます。

こればっかりは本には書いてないし、やっぱりお手上げ状態(笑)


そんな時、僕はネットで(たぶん童夢のHPだったと思う)林みのるさんを知ったのです。
コラムを読み進んでいくウチに、レーシングカー作り希望の僕には目からうろこの情報満載で、
「うわぁ、この人すげぇ!」
と完全に心酔してしまいました。

いてもたってもいられなくなった僕は、「僕、レーシングカーを作りたいんです!」という意味不明なメールを送信してしまいました。
辛口なコラムと、独特の立ち振る舞いで知られる林さんですから、まぁ当然無視されちゃうだろう、でもいつか童夢の入り口で出待ちしてでもお話を聞きたい!そんな気持ちで送信しました。
すると、あっさり返信が。
うわぁ、ビックリ。
それがキッカケでお話を伺ったり、お相手して頂くようになりました。

(アンチの人には信じてもらえないかもしれませんが)、林さんはお会いするたびにイメージを覆される、モーターレーシングと周囲の人への深い愛情をお持ちの素敵なおじ様です。
たぶんネットや業界内で変な「林みのる」像がひとり歩きしてるんだろうなぁ。


って前置きが長くなりましたが、

昨日、童夢にお邪魔してきました。
レーシングカー作りのご相談に。

後半は京都の大原の旧社屋に行って、使う予定の無いレーシングパーツを分けて頂きました。

ありがとうございます。

昨日もいろいろお話を伺って、現実的な方法論はもとより、エネルギーというか、決心、覚悟のようなモノを抱いて帰路に着きました。


さぁレーシングしますよ!
いったいどんなレーシングカーがフヂエンから生み出されるのか!?

今まで僕が手掛けてきた車は、M01にしてもハチロクにしても、
純粋にスピードを追求した車かというと、ちょっと違う目的で製作されました。
それは楽しさであったり、耐久性であったり。

これから作る車は、問答無用に速くないと「負け」です。
もう言い訳できません。

この道30年~40年のコンストラクター相手に、技術も経験も無い僕らが何処までやれるのか?
新しいアイデアだけが武器です。


ご期待ください。
Posted at 2011/06/22 06:40:23 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2011年06月15日 イイね!

トランピオレビンの鈴鹿テストオンボード映像

ドライバーの中村さんが走った際のオンボード映像をyoutubeにアップしてくれました。
ご覧ください。

Posted at 2011/06/15 07:46:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2011年06月13日 イイね!

JOY耐前の鈴鹿テスト(6月5日)

JOY耐前の鈴鹿テスト(6月5日)JOY耐前テストとして、 6月5日に鈴鹿サーキットを走ってきました。
今年のドライバーが全員揃うのは今回が初めてです。

ドライバー : 津々見 友彦(ご存知、グループA当時のエース!)
         吉田 直樹(レビンのオーナー&藤井の学生時代からの友人)
         木下 広志(現在FJ練習中&昨年のチームファステスト)
         中村 竹士(現在鈴鹿クラブマンFJに参戦中)

今回は3セッションしか走るチャンスが無いので、まずはドライバーにマシンに慣れてもらうこと、基本セットの確認、ドライバー交代の練習が主な目的です。

以下、前回同様に備忘録的に書いたメモを転載しておきます。


<<1本目 >>9時50分~10時25分
天候:晴れ 22度
路面:DRY

スタートドライバー 直樹

ポルシェがオイル散布して赤旗中断
10時15分頃再スタート。
タイヤ 冷間1.8kgスタート
前回のテスト後、デフの分解、バックラッシュ調整
7500rpmシフト

完熟走行→デフは問題無さそう(異音、振動の発生なし)


直樹コメント
デフは問題無し。
エンジンの回転が重たい。4速から伸びてくれない。
(ハチロクなので仕方ないのかもしれないけど)
ブレーキング時は相変わらずステアリングに振動出る。
スプーンでタイヤが動く印象。
入り口アンダー、出口オーバー。

中村さんにドライバー交代

コメント
ブレーキング時のステアリング振動が凄い。

ロアアームのブッシュ交換で対応


<<2本目>>
午後2時20分~
ドライバー 津々見さん
天候:曇り 25度
路面:DRY

1周目すぐにピットイン。
シート位置がステアリングが近く、ペダルが遠い。
腰に詰め物して対応。

津々見さんコメント
ブレーキング時のステアリングジャダー改善していない。

ロアアームブッシュの要因ではない、ということ。
タイロッドブッシュを交換して、さらにキャスターを寝かしてみる事にする。

木下君に交代


木下君コメント
ブレーキング時にジャダー出ているが、直線でも微小な振動が出ている。


テンションロッドのブッシュを確認したところ、ウレタンブッシュがヤセてカラーの長さよりも短くなってガタが3mmくらい発生していた。

TRDの強化ゴムブッシュに変更。
ガタは無くなった。

<<3本目>>
中村さん

完熟走行での感触ではジャダーはなかり減っているものの、振動は少し有る。

中村さんコメント
ジャダーは劇的に改善。
ブレーキングに集中できるようになった。

津々見さんに交代


津々見さんコメント
ブレーキングに集中できるようになった。
ほぼ気にならない。
もし出来るならより硬度の高いモノに変更してフロントの剛性感を高めるとより良い。


photo by tomoya
Posted at 2011/06/13 16:50:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「MotorFan 007号! http://cvw.jp/b/518095/39714226/
何シテル?   05/04 19:10
三重県鈴鹿市でフヂイ エンヂニアリングというクルマ屋をやっています。 もともとは真面目な?板金塗装&整備工場だったハズですが、 どんどん大好きなクルマ造...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/6 >>

   1234
567891011
12 1314 15161718
192021 22232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

SSK4 プロジェクト MotorFan第4号 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/27 11:52:58

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
08年5月のドットコム杯用に突貫工事で造ったマシンです。 (写真 手前の青いハチロク) ...
その他 その他 その他 その他
FJ1600の名車、オスカーSK96です。 25~26歳の頃、プロドライバー目指してレー ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
唯一無二の愛車だった、1973年式の240Zです。 レストアして乗ろうと思っていましたが ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
いつかはセブン乗りになりたい! と前から思っていたのですが、やっと念願叶いましたが、 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.