• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

フヂエンのブログ一覧

2012年01月27日 イイね!

アメリカのキットカーメーカー「FACTORY FIVE RACING」

いやぁ、凄い。
アメリカの元気の良いキットカーメーカー「FACTORY FIVE RACING」の
工場見学の様子です。
もっとバックヤードビルダーな感じを想像していましたが、
溶接ロボットや、トリミングロボットを導入して、自動車メーカー的な雰囲気があります。

BUFORIの工場行った時もぶったまげたけど、この会社も凄い。
BUFORIは、やっている事はだいたい同じですが、もっとハンドメイドしてます。まぁ、マレーシアは人件費安いし、そうなるでしょうね。

こういう変態向けキットカーメーカーが事業として成り立つ国が羨ましい。

Posted at 2012/01/27 12:34:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2012年01月22日 イイね!

作業日誌(VF1000Rのレストア)

フヂエンはクルマ屋ですが、自動車以外の乗り物も修理しています。
今回、ご紹介するのは、岐阜県のSさんの愛機 VF1000Rです。

VF1000Rは80年代に生産されたホンダのオートバイで、V型4気筒エンジンが特徴です。
並列4気筒のスーパーバイクには無い、「ドドド」という排気音が良いですよね。
Vツインとはまたちょっと違うというか。

このバイク、ウチの工場に来た時、なかなかキレイな状態だったので、
「ん?レストアせないかんですか?」
とも思いましたが、よく見るとカウルに割れや欠け、タンクに小さな凹み等あるので、
これらを修理しつつ、再塗装しましょう、という事になりました。

まず、レストアするにあたってカウルに貼り付けられている「HONDA」や「VF1000R」等のステッカーや、コーションラベルが部品として在庫があるか調べました。

結果は予想通り「在庫ナシ」(汗)

そりゃ、そうですね。
じゃあ、再生しましょう、という事で、まずはステッカー。

ステッカーは車体から剥がす前の状態をデジカメで撮影して、細かく寸法測定。
デジカメの画像を、ステッカー製作ソフトに取り込んで、トレースして行きます。
このソフトがなかなか不完全なヤツで、トレースデータがワリと適当。(笑)
完全に再現するには、手作業で細かくデータ修正していきます。

次に、コーションラベル。
これはウチでは再生できないので、専門の印刷屋さんにお願いしました。
一般的にはシルク印刷という印刷方法なのですが、一品モノには費用が掛かりすぎるので割りが合わないですよ。とかで何社からかお断りされて、ツテをたどって東京の印刷屋さんに相談してみると、「何とかやってみましょう。」という事に。助かった~。

ラベルを再現するには、ラベルのデータが必要なワケですが、
工具入れのカバーに印刷されているラベルが半分くらい擦り切れて読めなくなっていたので、
ネット等で調べて読めない部分も再現。

カウルの割れや欠けは、樹脂とガラス繊維で修理しました。
一部欠損してカタチが判らなくなってしまっている部位は、写真を見て再現します。
この辺はボクの得意分野ですね。

仕上げの塗装は、コダワリの「段差ナシ仕上げ」です。
トリコロールに塗り分けしたり、ステッカーを貼ると段差が出てしまうものですが、塗装する度に研ぎ出しして、段差を無くして仕上げました。
手前味噌ですが、キレイです。(笑)

だいたいいつもそうなのですが、こういうレストアや修理の作業を取り組んで行くウチに、
「このクルマ、カッコいいなぁ」とか
「このバイク、いいねぇ」てな具合に、その乗り物に感情が入り込んで行きます。
実際、今回もVF1000Rが欲しくなって、中古車市場を調べました。(笑)
いかんですねぇ。
まぁボクは、大きなバイクに乗ると死ぬタイプなので、中型までにしておきます。


ちなみにこのバイク、オーナーさんが学生時代からずっと欲しくて念願叶って手に入れた、
という大切なバイクです。
オーナーさんのそういう思い出というか、ずっと心の中にあったモノの具現化という大切な作業に取り組ませていただいて、とても光栄です。
ありがとうございました。
Posted at 2012/01/22 08:18:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年01月17日 イイね!

SFJ製作日記(シェイクダウン完了)

SFJ製作日記(シェイクダウン完了)お待たせしました。
やっとシェイクダウンのご報告が出来ます。

先週、鈴鹿サーキットにてシェイクダウン走行してきました。
まぁシェイクダウンなので、とりあえずトラブル出たり致命的な欠陥とかが出なければ良いな、と少し不安でしたが、そんなのは全くの杞憂でした。

奇抜な造形ゆえに「ちゃんと風が通るのか?ラジエター冷えるの?」と心配されたサイドポンツーンでしたが、東コースでの走行では、通常のマシン同様にガムテープで開口部を塞ぐ必要が出る程、しっかり冷やしてくれました。ひと安心。

また、肝心の実力はどうか?
まだ実力は計り知れないですが、セットアップ無しで路面冷え冷え、そして中古タイヤでコースレコードの約1秒落ち。
かなり期待できる数字ですね。
あと、客観的な数値は出ていないですが、どうやらこのクルマ、ストレートが速そうですね。
外から見た感じ、という極めて曖昧な評価ですが、他にも同じコメントの人が居たので、今後の客観的な計測結果が出るのが楽しみです。
ストレートが速ければ、ウィングと立てられる→夏場のタイヤのタレ低減、などメリット多いので、実戦投入が楽しみです。

今後はZAP SPEEDさんが先行して開発を進めて行き、フヂエンでの走行開始は未定ですが、次のシャシーが完成し次第、動き出す予定です。
これからの展開にご期待ください。
Posted at 2012/01/17 01:08:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2012年01月05日 イイね!

HYPER PRO RACERなる面白カテゴリー

HYPER PRO RACERなる面白カテゴリーネットでキットカーの新作情報を探していたら、

また変なカテゴリーを見付けました。

HYPER PRO RACER
http://www.hyperracer.com/index.html

ヤマハの450ccのモトクロッサーのエンジン&ミッションをリヤに搭載して、
パイプフレームで堅牢にドライバーを保護してカートの弱点である安全性を確保。
フロントは、パッと見はダブルウィッシュボーンぽいですが、「変形ダブルウィッシュボーン」。
アップライトの上からロアアームの根元にパイプが伸びています。
ダブルウィッシュボーンとストラットの中間的な作動するのかな。


いやぁ、衝撃ですねぇ。
この、カート以上フォーミュラ未満なクルマの構想というのは、ボクも考えたことありますよ。
まぁその程度のアイデアは世界中の変態が一度は考えたことあるはず。

でも、このオーストラリアの変態さんは、マシンを製作しただけでなく新たなカテゴリーを立ち上げようとしていますから、本気度高いです。

英連邦系の国々の方々のクルマ遊びっぷりには頭が下がります。
やりたい事を全部やってるよなぁ。


彼らと比較すると僕らのクルマ遊びの発想はまだまだ枠から出てない、そう思います。

日本はミニサーキットが沢山ある国ですから、こういう超小型レーシングカーというのは、コストも安いし受け入れられるかもしれませんね。

ボクの個人的な趣味からすると、もうちょっと「自動車」らしいクルマが好きです。
このクルマはコストやメンテナンス性の為に、限界まで簡素化されていて、それが魅力にもなっているのですが、ボクはもうちょっとメカメカしてる乗り物のほうがそそります。
Posted at 2012/01/05 23:04:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「MotorFan 007号! http://cvw.jp/b/518095/39714226/
何シテル?   05/04 19:10
三重県鈴鹿市でフヂイ エンヂニアリングというクルマ屋をやっています。 もともとは真面目な?板金塗装&整備工場だったハズですが、 どんどん大好きなクルマ造...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/1 >>

1234 567
891011121314
1516 1718192021
2223242526 2728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

SSK4 プロジェクト MotorFan第4号 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/27 11:52:58

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
08年5月のドットコム杯用に突貫工事で造ったマシンです。 (写真 手前の青いハチロク) ...
その他 その他 その他 その他
FJ1600の名車、オスカーSK96です。 25~26歳の頃、プロドライバー目指してレー ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
唯一無二の愛車だった、1973年式の240Zです。 レストアして乗ろうと思っていましたが ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
いつかはセブン乗りになりたい! と前から思っていたのですが、やっと念願叶いましたが、 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.