• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

スタジオトロンのオフィシャルホームページはこちら!

alt 

【彼女のカレラGT3】コミックス2巻 11月下旬発売!

轟麗菜が帰ってきた!ドイツの長期出張を終え、日本に帰国した麗菜。そんな麗菜を待ち受けていたのは、新ウエブ雑誌の編集長という仕事だった。
そしてその中で、麗菜は人気声優の姫小路優香と出会う。
彼女にはある秘密があって・・・。
待望のカノカレ新シリーズ、ここに開幕!
alt




【ゼロエンジェル 〜爽碧の堕天使〜】

女子高生プロレーサー、岬愛華は新しい愛機、スバル WRX STI(ブルーコメット)を得て、新たな世界、横浜を疾走する!いよいよ完結!!

alt

「彼女のカレラ」からスピンオフ!新たな展開を見せる、岬愛華の走りと女子高生生活に、乞うご期待!!

単行本全4巻 発売中!こちらから!

「ニューモデルマガジンX」で連載していた、コミックによるカーインプレッション「愛華が奔る!」が待望のコミックス化!4月下旬発売!

alt



モーターマガジン社より「彼女のカレラ ファンブック」発売中!

alt

彼女のカレラ 24巻に渡るストーリーの特濃な情報量とイラスト満載!
 A4サイズ 140ページの豪華ムック本です!

麻宮騎亜グッズ ランティスショップで好評発売中!!

カノカレステッカーや原画展図録、イラスト集などレコード会社のランティスの公式ショップで発売中!!何故、ランティスさんで発売しているかというと、ランティスの名付け親が麻宮なのです。(^^)
近日発売予定の2017カレンダー、同人誌愛華の薄い本もランティスショップで通販スタート!!
詳細と購入はここをクリック!!

alt


【サイレントメビウス・クアドリガ】

講談社 月刊ヤングマガジンにて新連載スタート!! 先の大戦から17年後、復興なったリ・トウキョウで繰り広げられる、新生AMPの活躍!!毎月20日発売!!

alt

単行本1〜2巻、好評発売中!!こちらから!  最新3巻は4月20日発売!こちらから!

【彼女のカレラRS】

5巻も発売中!ネット販売はこちらから!
最終6巻発売中!!


彼女のカレラRSの単行本0〜6巻、集英社版1〜24巻も好評発売中!

彼女のカレラRS(0) (バーズコミックス)alt
彼女のカレラRS(1) (バーズコミックス)alt
彼女のカレラ 24 (プレイボーイコミックス)

 
麗菜とポルシェ964RSのゆるふわエッジなカーライフはまだまだ続く!新キャラクターや、さらにバラエティに富んだ車たち。カノカレのパワーアップバージョン、ここに展開!


 

サイレントメビウス文庫版1〜8巻 好評発売中!
こちらからどうぞ!  

 

麻宮騎亜のブログ一覧

2015年09月11日 イイね!

岬愛華 実写PV「ZERO ANGEL」、カノカレ最新話公開!!と、カレンダー情報も!

岬愛華役の佐瀬弥咲を主演に迎えて、今市勝大監督の手による実写PVがついに完成!


スバルWRX STIを駆る、現役女子高生レーサー「岬愛華」。激しくも華麗なる戦いを予感させるこのオープニング。とくとご覧あれ!!




スタッフ
 
原作 麻宮騎亜
主演 佐瀬弥咲
監督 今市勝大

主題歌 「Blue Edge 〜蒼き堕天使〜」
作曲 貴日ワタリ
作詞 麻宮騎亜
歌  佐瀬弥咲



そして本日配信の彼女のカレラRS 第31話は、「岬愛華の車と生きるということ」


愛華の前に現れた、同じフォーミュラーガイアで戦う女性ドライバー、「勅使河原 遥」彼女の挑戦を受ける愛華。戦いの場所は群馬サイクルスポーツセンター。
初秋の森に、FDと86の咆哮がこだまする!!



そしてそして、今年は来年のカレンダーが早く販売できます!しかも2種類!!(^^)
まずは岬愛華の「ZERO ANGEL 2016カレンダー」


A4サイズ 13枚綴り フルカラー リング式カレンダー
1部1500円。
マガジンXで連載している「愛華が奔る」のカラー扉をカレンダーにまとめました。

9月22日の「痛セブン」で先行販売の後、いつもの「ランティスショップ」で10月より通販開始します。

10月中旬には、カノカレ2016カレンダーも発売予定!!

諸々、よろしくお願いします。(^^)
Posted at 2015/09/11 03:33:36 | コメント(4) | トラックバック(0) | レビューな話 | 日記
2011年02月01日 イイね!

彼女のカレラ×グッドスマイルレーシング×スパーク!!




(・ω・)( ・ω)( ・)( )(・ )(ω・ )(・ω・)くるくる v(・ω´・+)キラ─ンッ

満を持して、この発表!(*^ω^)ノ∠※PAN!オメデトクラッカー♪

1/43スケールでの、彼女のカレラのダイキャスト・ミニカーシリーズが決定しました!!

しかも、スタジオトロングッドスマイルレーシングスパークの超協力タッグ!詳細は、2月6日の幕張メッセで開催されるワンダーフェスティバル、グッドスマイル・レーシングさんのブースで公開!!
外装はもちろん、内装も本編の各車のディテールを忠実再現!

リリースは、夏予定!期待して待っててね〜!!
どうぞ宜しゅう(o^▽^)o)ペコッ

速報!この、ミニカーシリーズは、なんとポルシェAG公認の正規商品となることが決定!
合わせて製作メーカーも、スパーク社に変更になりました。(^^)
Posted at 2011/02/01 01:31:20 | コメント(18) | トラックバック(0) | レビューな話 | 日記
2010年08月08日 イイね!

SENNA VS PROST セナVSプロスト マルコム・フォリー著 三栄書房



今年は,アイルトン・セナ生誕50周年,没後15年。生きていれば50歳になったろうし,あのときからもう15年もたってしまったのかと、ちょっとした驚きもある。

歴史というのは,ある一方的な物になりがちだ。それは常に、歴史を書き留める立場の人間によって作られてきた(かも)しれないからだ。今歴史書籍に綴られる事柄は全てそうだったのか。歴史の教科書に書かれている事柄は,勝ったモノたちの視点でのみ書かれた物ではないのか?

例えば,あるアニメ誌が創刊何十周年を振り返るとした時,あれほど当時アニメ誌をにぎわせた「作品」も「キャラクター」一言も言及されていなかった。コレをみた時に,少しぞっとした。こうしてレコードできる立場の人間にのみ、歴史を残す事が出来るのか,と。

セナプロ対決と言われ,当時のF1をにぎわせたアイルトン・セナとアラン・プロスト。
この本の大きな特徴は,プロスト側からのコメントを載せている点。セナを中心に扱う書籍は多かったが,こうして,同等にプロストのコメントを扱う事が何よりも当時の状況と歴史を伺い知る大きな物になるのではないか。それに加えて、セナとプロストを取り巻く関係者のコメントも,予想以上に多いのに驚かされる。

ただ,コメントのピックアップには危険も存在する。僕には当時の出来事や記憶をさかのぼる事でしか判断は出来ないが,全体の印象としては,著者のある一定の現場への距離感が、読んでいて伝わってくる。これは大事な事だ。

プロストの口から語られる,その当時の事,セナの事。セナの口が語った,その事。関係者や他のドライバーのコメント。その小さなモザイクにも似た、ピースが重なり合い,時系列で並べられた時,知らなかった事,知っている事がおぼろげながら浮き出てくる。
全く別の人生を歩んできた二つの光が交わった時,大きな波動をF1界に巻き起こしていく。実に丁寧に,詳細に描かれ,一気に読破させられる。

そんな本だと僕は思う。セナとプロスト,当時のあの興奮,あのF1を舞台にした人間模様を体感した人は必読の一冊。

ただ、この日本版のカバーの一節は不快である。およそ,内容に即してはいない。どうしてこうなのか。どうしてこの一節なのか。

(史上最速の悪魔は誰を愛したのか?!)

「アイルトンよ。誰かを殺してもタイトルが欲しいのか!?」

何故,こうなのか。全くもって悲しい。売るための手段かとは思うがこうもキナ臭い言葉を並べなくてもよかったのではないか。

本編中の各ドライバー,関係者のコメントには、素晴らしい発言も,はっとさせられる物も多数ある。その中のいくつかは今に生きる人へむけても大きな光になる言葉があるかもしれない。

この一冊の中で,興味深い言葉の一部を紹介して締めくくりたい。

「人生は一回きりだ。リハーサルなしの本番勝負だ。」(アラン・プロスト)
Posted at 2010/08/08 02:15:17 | コメント(10) | トラックバック(0) | レビューな話 | 日記
2010年02月01日 イイね!

コエエコ旗揚げ公演「おいしいごはん」を見にいってきました。

コエエコ旗揚げ公演「おいしいごはん」を見にいってきました。先週末、サイレントメビウスの香津美や、コンパイラを演っていただいた声優の松井菜桜子さん主催による、コエエコ旗揚げ公演「おいしいごはん」を見に行ってきました。

オムニバスの朗読劇。約90分、休憩なし等始まる前のアナウンス。年寄りの僕は、トイレが近いので大丈夫だろうかと思ったのですが、とても充実していて、なおかつ内容の濃い、ハートフルな90分でした。もちろん、トイレに立ち上がることもなく、芝居にのめりこみました。

最後に来場者の方々の中から抽選でお菓子の詰め合わせセットが5人の方に当たるんですが、すいません、当たってしまって。(^^;)やっぱりこういうのは一般のお客さんに当たるべきですよねぇ。でも、ありがたくいただきました。

終わってから、楽屋に挨拶に行きましたが、これが僕の大きなまた別の目的だったのでほっと一安心。
思い起こせば、あまり舞台とかライブとかいった経験が少ない僕なので、楽屋に顔を出すという習性が付いていないのでした。なので、松井さんに前に怒られたことがあります。招待を受けて、楽屋に顔を出さないのは、その舞台(あるいはライブ)が面白くなかったと言う意思表示と同等ですよ、と。

ガーン!し、知らなかった・・・。(;;)だって、こんなむっさい男が、係の人に「楽屋に行きたいんですけど」って言っても、止められるのが関の山・・・。と思っていたので。(^^;)
そう思うと、今まで楽屋に行かなかった方にお詫びとざんげを繰り返す日々。

桑島法子ちゃん、行かなくてすいません。せっかく地元の凱旋ライブだったので、色々と来客も多いだろうから、邪魔してはいけないと思ったもので・・・。(^^;)

本多千恵子様、川村万梨阿様、ライブ後にいくら締め切り当日で時間が究極になかったからとはいえ、申し訳ありませんでした。(^^;)永野護にーさん先生、ぜひまた今度。(^^)

今回松井さんの楽屋にいけたので、少し・・・ほんの少し、ほっとしたのは本当の話です。
Posted at 2010/02/01 10:04:24 | コメント(13) | トラックバック(0) | レビューな話 | 日記
2009年09月23日 イイね!

スターウォーズ・クローンウォーズ

スターウォーズ・クローンウォーズぽちぽちと、自分のマンガのこと以外のことも書いていこうかと思っています。

先日、遅ればせながらみました。スターウォーズ・クローンウォーズ
スターウォーズのアニメ版のデフォルメはかなり好きで、アクションフィギュアやスタチューとか買わないんですが、(そりゃ昔は集めてましたけどね(^^;)ジェントル・ジャイアント社のアニメ・マケットのシリーズだけは買うくらい本当に好きなんですよ。アニメ版は。

で、クローンウォーズはAPⅡからAPⅢの間を埋めるエピソード。クラシック・トリロジーで語られていた伝説の戦争です。

で、感想ですけど、配給が20世紀FOXではなくワーナーなので、あの20世紀FOXのファンファーレはありません。そこがちと寂しい。
日本語版は映画のオリジナルの吹き替えメンバーですので、ヨーダの永井一郎さんや、ドゥークー伯爵の羽佐間道夫さんがあてているのがやっぱりポイント高い。
話し全体はなじみのキャラがたくさんでてきて、SWファンとしては見とくべき内容なんです。

ただ、ひとつ、ドゥークーの策略で、アナキンたちは罠にはめられ、あらぬ濡れ衣を着せられてしまいます。実はこの映画に限らないんですが、僕はこの「いわれの無い疑い」や「濡れ衣」が精神的にダメで、かなり見ていてつらく、息苦しくなるほどそわそわしてしまいました。
最もアクション・サスペンスはそういったことが多いので、精神的にかなり疲れます。面白くても。最後にそれが覆っても。覆ってハッピーエンドになると、喜ぶよりほっとしてしまいます。

やっぱり実社会にでて、同じような目にかなり合って来ているからかなぁと自己分析はするんですけどね。本当につらいことですよね。は~あ。(--)

ありゃりゃ、暗くなってしまいました。(^^;)でも、やっぱりスターウォーズはいいですね。メカデザインについては、好き嫌いが分かれると思うんですが、うーん、やっぱりクラシックトリロジーのほうが好きだなぁ。もうじきシリーズのBOXがでるそうなので、買うかどうかはともかく、見たいなぁと思います。
Posted at 2009/09/23 21:29:37 | コメント(16) | トラックバック(0) | レビューな話 | 日記
みんカラセレクト

プロフィール

「新年あけましておめでとうございます! http://cvw.jp/b/518151/43614718/
何シテル?   01/05 16:43
「ゼロエンジェル?爽碧の堕天使?」ヤングキングアワーズで、「サイレントメビウス・クアドリガ』月刊ヤングマガジンで好評連載中! 代表作:「サイレントメビウス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

プロジェクトAMP 
カテゴリ:麻宮騎亜関係
2011/04/05 09:21:29
 
麻宮騎亜のtwitter 
カテゴリ:麻宮騎亜関係
2010/05/10 18:16:39
 
クレフ・モータースポーツ 
カテゴリ:Recommendation Links
2010/02/18 02:49:02
 

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
このクルマを初めて見たのは、モーターファン別冊のスペシャルカーズ・インターナショナルの記 ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
初めてのオープンカー。これによって、僕のオープンカー中毒は始まった。初期型。納車後、AM ...
マツダ ランティス マツダ ランティス
かなり昔なので,写真が・・・。(;;) マツダ・ランティス タイプRのマツダスピード・ ...
ホンダ NSX ホンダ NSX
初期型NSX。市販されて幸運にもすぐに手に出来た。要はキャンセル車が回ってきたのだけど。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.