• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年12月26日

アルト・ワークス(4WD) ラテラルロッド調整!!!

アルト・ワークス(4WD) ラテラルロッド調整!!! さて、アルト・ワークスで、調整式ラテラルロッドの交換をやってみました。













ラテラルロッド交換と言えば、過去の愛車であります、JB23ジムニーが連想されます・・・


↑これは、ショップさんのWebから持ってきた写真ですけど・・

JB23ジムニーでは、車高のハイトアップがよくやられており、その際に行われるのが、ラテラルロッド調整ですね。



要は、純正の長さのままのラテラルロッドを使って、スプリング交換などハイトアップすると、左右のタイヤの軸がボディーの中心から、左右のどちからに偏ってしまうわけですね。

私も、当時のスズキスポーツの2cmほどハイトアップしていましたが、ラテラルロッドの調整はやってませんでした・・・ま、あまり、そこまで関心が及ばなかった・・というのが正直な所ですが、そのまま4年近く乗りましたが、全く問題なしでしたが・・

後付理論のお話となりますが、JB23ジムニーは、前後のサスペンション形式(3リンクリジッドアクスル式サスペンション)が同じなので、前後にラテラルロッドが搭載されてます。

JB23フロントサス


JB23リアサス


同じ形式と言っても、前後で形状はえらく違いますが・・・・

という事で、JB23は、前後、同じ高さでハイトアップしている場合、前後共、同じような偏りが生じるので、極端なハイトアップしなければ、特に問題ないのでは?という風に考えています・・・・


一方で、HA36Sアルト・ワークスですが、FFと4WDでリアのサスペション形式が違いますね。

これが、柿本さんのHPで分かりやすい写真がありましたので借用させて頂きます。


↑結構、違いますね・・燃料タンクの位置や形状まで全く違うのは驚きですが、まぁ、当たり前と当たり前なんでしょうか・・

FFでは、最近のスズキ車のリア・サスペンション、標準的な形式となってきたトーションビーム式ですね。
左右のトレーリングアームを中央のクロスビームで結合してあり、クロスビーム自体がねじれるように動くサスペンションで、他メーカーの軽やコンパクトカーの標準的なリアサスペンションで、寧ろ、他社の軽は、疾うの昔からトーションビーム式だったのに、スズキは、頑なにトーションビームは使ってませんで、事実上、JB23と同じような3リンクリジッドアクスル式サスペンションでしたね。
I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式と呼ばれている形式です。

何故?、FFは、このI.T.L.を止めて、トーションビームにしたか?というのは、部品を減らして軽量化のため・・となってしますが、恐らく、コストダウンの意味性の方が強いのでは?と推測していますが・・・




一方で、HA36Sアルト・ワークスでも、4WDでは、I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式のままになっています。



このI.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)とは、左右の後輪が連結されたクロスビーム(4WDなので、リアアクスルハウジングとなる)と前後位置を司る左右のトレーリングアーム、 横位置を司るラテラルロッドで構成され、一見普通の3リンクリジッドアクスル式ですが、クロスビーム(リアアクスルハウジング)とトレーリングアームの連結部に独自の工夫???があるそうで、ここが、スタビライザー効果を発生するとのことで、I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)という名前を付けているとのことです。(???????、良く分かりませんが・・結局、単なる3リンクリジッドアクスル式に、ちょこっとした工夫だけで、無理くり、独自名称を付けただけな気も・・・・)


それはさておき、この4WDのリアに搭載されている、ラテラルロッドが、ある意味では課題があるわけでして・・・

ラテラルロッドは、その支点を中心として振り子運動をするため、車軸(車台)の上下動の際に、車軸の横動によりタイヤが地面を横方向に「こする」力が発生するそうで、この現象は、その名のとおり「対地スカッフィング」と呼ばれ、安定性や乗り心地が悪化する原因となるそうです。

因みに、ラテラルロッドが短い場合は、上下動に対する角度変化が大きくなり、車軸の変位(移動距離)も大きくなるため、それを軽減するため、ラテラルロッドはできるだけ長くされ、乗員や貨物の荷重のかかった、実際の使用状況で水平に近くなるように設計さているそうです。

HA36Sアルト・ワークスの4WDでは、確かに、なるべく水平になるようにしている感じはします・・



さて、HA36Sアルト・ワークスの4WDのリテラルロッドですが・・・

↑何だか、取っ手みたいな物が付いていますが、これは、何なのでしょうか?

Webで調べた感じですと、「マスダンパーとか、ダイナミックダンパー(オモリ入りゴム)がリテラルロッドに装着されており、それが音振対策となっています・・・・・」となっていますが、よく分かりません・・

マスダンパーという事で、こんな説明の図をWebから見つけましたが・・


うーん、本当に、これを狙った機構が、リテラルロッドに装着されている・・というのは、よく分かりませんが・・・・


という事で、偉く、前置きが長くなりましたが・・・


ローダウンによるリテラルロッドの調整ですが・・・



ということで、ローダウン分、純正のリテラルロッドだと、タイヤ左右の車軸がずれてしまいます・・・


という事で、調整式のリテラルロッドの登場ですが、私は、信頼のクスコの物を選びました。



取り付けはDIYでもそれほど大変ではないですが、問題は、ラテラルロッドの長さの調整です。




やり方は、色々と有ると思いますが、私は、タコ糸と5円玉という、何ともローテクな方法で測定して、調整してみました。


↑リアの左右それぞれのタイヤの位置をボディーからの入り具合を測定して、左右均等になるようにラテラルロッドの長さを調整しました。




これが、なかなかうまく合わず、結局、5回位「左右測定→調整」のやり直しでやっと、左右均等となりました・・・・
ブログ一覧 | アルト・ワークス(HA36S) | クルマ
Posted at 2017/01/08 01:00:22

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

アヴァンツァートの走りを再現出来る ...
エンジンスワッパーさん

かっとびのサスペンション講座  今 ...
かっとび@ツインズさん

2月25日(日) 悩むなぁ....
シルヴァ王子さん

ZZ-R1100 リア車高調整(ロ ...
旅スクさん

20170507黒ワークス復元移植 ...
アルトワークスRさん

アライメント調整 AE86編
ktsさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[パーツ] #ジムニー LEDドアミラーウインカーランプ シーケンシャルタイプ  https://minkara.carview.co.jp/userid/519118/car/2629401/9468773/parts.aspx
何シテル?   10/06 10:38
免許を取って以来、15台の車を乗り継いで来ました。 考えたら、今のところ、全部、マニュアル車です! カーオーディオやカーナビ位は、ほぼ自分で取り付けちゃい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

スズキ(純正) 39105-80P00 USBソケット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/09 23:43:04
フォグランプLED化!2色切り替え式(^^)v 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/09 23:36:16
JB64Wバックライト、テールランプLED化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/09 23:34:53

お友達

是非、お気楽にお誘い下さいませ!
994 人のお友達がいます
いっくん@ha36sいっくん@ha36s * ロクまるロクまる *
47224722 * ガレージエルフガレージエルフ *みんカラ公認
XGista(じすた)XGista(じすた) * cockpitcockpit *みんカラ公認

ファン

131 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S660 ホンダ S660
納車日は、2015年9月12日です。 コンセプト段階から注目しておりましたS660です ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
JB23に5年以上乗りましたが、3年近く経った後、JB64にて、ジムニーに返り咲きました ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
2008年式の7型ワイルドウィンド 5MTです。色は特別限定色のダークパープルです。 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
写真を整理していたら出てきたので、今更のアップです。 セカンドアニバーサリーが出始めの頃 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.